レストラン「ラグー」

ragout.jpg築地場内の「センリ軒」が開いたお店だという洋食「ラグー」でランチです。ごく普通の喫茶店的装いの店内が、OL・サラリーマンでどんどんと埋まっていきます。「ハンバーグ」「エビフライ」「ドライカレー」などのスタンダード洋食から「ステーキ重」「ヒレカツ弁当」までが並ぶ黒板のランチメニューから、定番「オムライス」を選んでみました。とろ玉子のっけ系ではなく、正調くるっと巻きのオムライスです。玉子は赤身が透けて見えそうな、極薄仕立て。ちょっと破けちゃってるのもご愛嬌ですね。中のチキンライスと合わせ食べるバランスを考えると、もちっと厚めの方がいいよーな気もしますけど。意外と肝心なトッピングの赤は、およそ普通のケチャップのよう。ラグーのお店らしいトマトソース、デミソースであったらもっと嬉しいなぁ。そう云えば、名物だという「ビーフシチュー」の記載が黒板メニューにはないのですね。外壁に貼られたプレートには、営業時間が記されていて、OPEN A.M.7:30(ちなみに土日祝は9時から)とある。さすが「センリ軒」の姉妹店だぁと思わすところだけど、市場関係者のオッチャンたちがわざわざ挙ってここまで来るとは考え難く、果たしてどんなヒトタチが客筋なのか、早朝の「ラグー」の様子がちょっぴり気になります。 「ラグー ragout」 中央区日本橋蛎殻町2-16-9 03-3663-6740
column/01922

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*