レストラン「香味屋」根岸本店

kamiya00.jpg老舗洋食店のひとつに挙げられる「香味屋」の本丸に出掛けてみました。昭和通りから人影も疎らな根岸通りへ。ポール建ての看板を目に留めているにもかかわらず通り過ぎてしまいそうになるほど、素っ気ない店構えにちょっと驚かされました。いつ頃成された建物か分かりませんが、質実にそして変わらず、といった身上を暗に語るかのような表情です。窓際のテーブルへ。メニューには、「A定食」や「ステーク定食」といったコース料理から、肉料理、魚料理、そしてゴハンもの、スパゲティと立派なお値段の料理たちが居並びます。う~ん、えっと~と悩んで、「メンチカツ」にライスと「コンソメスープ」を添えてとお願いしました。あれれ?。贅沢な心持ちで啜った「コンソメスープ」ですが、何度慎重に味わってみても、中華料理店のスープを連想してしまう。そう、チャーハンにくっついて来る小皿のスープを想起しちゃうんだ。お醤油使ったりなんかしてないのに何故だろね。そのコンソメを干した頃、メンチカツのお皿が届きました。肌理の整った外殻はあくまでカリリとしていて、さらに力を入れてナイフを切り入れるとジュンと肉汁が溢れるつくりになっとります。上品な味付けのデミソースをナイフで添えて口へ。ふむふむ。普通に美味い。美味いけど、もしかして町場のお肉屋さんのメンチでもほぼ同じように旨かったりしちゃったりなんかして~と思いついて、ちょい複雑な心境に。あ、帝劇のお店で注文んだのも「メンチカツ」だったことを思い出しました。 「香味屋」 根岸本店 台東区根岸3-18-18 03-3873-2116 http://hayamimi.net/mall/kamiya/
column/01895

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*