とんこつラーメン「萬福本舗」

manpukuhonpo.jpg中杉通りと交わるT字から青梅街道を少し下り歩くと、あの独特のとんこつ臭が風にのって鼻先に届いてきます。ははぁ、近いな、と(笑)。飾り気のない印象の店内へと踏み込むと、強くはないながらやっぱりとんこつの香りに全身が包まれるようです。カウンター左隅へと収まって、お品書きを一読。おや、と思い、大根おろし入りだという「みぞれとんこつ」に「味付玉子」「のり」のトッピングをお願いしました。とんこつに大根おろしが、良く合う。とんこつ嫌いのヒト向けに苦労して開発したのか、はたまた思いつきがヒットしたのか、とんこつスープのクセを見事に消化しつつ、その旨味に相乗効果を与えるかのようだ。小さな肉団子に加え、牛蒡千切りのトッピングなんてのも面白い。一途にとんこつ旧来の王道を行くようなお店かという見込みは、少々検討違いのものとなりました。店を離れた後も、髪の毛やら頭の周囲に暫らく纏わりつくとんこつの残り香が、難儀といえば難儀かな。 「萬福本舗」 杉並区阿佐谷南3-2-3 03-3392-2892 http://www7a.biglobe.ne.jp/~manpukuhonpo/
column/01736

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*