酒百味・うどん「荒木町 秋山」

akiyama.jpg人通りの少ない曙橋辺り。外苑東通り沿いの暗がりに”うどん”の文字を浮かべていたのが「秋山」です。ゆったりとした店内に、先客はひと組のみ。カウンター右隅へ。冷トマトからかき鍋まで、酒肴のラインアップも充実していて、〆にうどんがいただける居酒屋という装いです。カウンターの上には大皿料理が並んでいました。うどんメニューの、温もの12種に冷もの5種の中からグルグルと悩んでいるうちに、”仕上げ”と括られた「かまたまうどん」と「仕上げうどん」を両方とも、なんてのがいいなと思い至る。でも仕上げじゃないくて口開きだしな。さらに悩んで、温かい「高菜もちおろし」に。天ぷら状態の餅がふたつに、ざく切りの高菜をアクセントにしている。特別シコシコでもツルツルでもないうどんは、至って普通だ。やっぱり無理を云って、いきなり仕上げセットにしておくんだったかな。曙橋のライブハウス「BACK IN TOWN」での濱田金吾のライブ前に。 「荒木町 秋山」 新宿区荒木町23-15 03-5269-6093
column/01713

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*