とんかつ「八千代」で 車海老フライ定食頭からバリバリ尻尾まで

yachiyo.jpg場内6号館の角を曲がると案の定、空席待ちの人だかりが道を塞ぐようにしていました。 手前の「寿司大」はまだしも、超人気店「大和寿司」の前には店幅の狭い空間にとぐろを巻くようにしている。 一体何時間待ちなんだろね。 その空席待ちの列の谷間に、 とんかつ「八千代」の暖簾がありました。
引き戸のガラス越しに中を覗くと、空席あり。 丸椅子に腰掛けて、「車海老フライ定食」をお願いします。 お皿には、しっかりサイズの車海老のフライが3尾。yachiyo01.jpg箸で掴んでから、一瞬考える。 頭からイケルかな? 試しにと頭から齧りついてみると、バリバリという小気味のいい音とともにすんなりと砕けて、味噌のおまけまで付いてくる。 よく見ると、尻尾なんかは透明に揚がっていて、なんだか綺麗だ。 タルタルをつけ直して、身の部分も齧る。 当然臭みなんか微塵もない、プリリとした身から口一杯に甘さに似た旨味が広がって、いい。 結局、頭も尻尾も残さず完食です。 「八千代」には、さらに特大な海老フライや、火曜日限定で肉厚焼豚と目玉焼きのコンボ「チャーシュー・エッグ定食」という魅惑的メニューもあるらしい。 再訪せねば。 「八千代」 中央区築地5-2-1 築地卸売市場魚がし横丁6号館 [Map] 03-3547-6762
column/01497

「とんかつ「八千代」で 車海老フライ定食頭からバリバリ尻尾まで」への2件のフィードバック

  1. ここ、ついに行ってきました(^_^)
    もちろん海老は頭からガブリと
    食らいつきましたし、しっぽも勿論
    ガブリです。
    いくつか行ってみたいお店も見つけたのですが
    場内はとんでもなく遠い!
    行けるとしても1ヶ月に1回位かなぁ。
    体力ないもんで(^_^;)

  2. Re:puzzさま
    八千代で海老フライ!
    今度はチャーシューエッグでお願いします。
    駅から意外と歩く場内ですが、行き慣れると近くなってくるものですよ(?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*