Ristorante「Aroma-fresca」で 深夜の仔牛の脳のソテー

aromafresca.jpg深夜近くまでやっているものの予約の取れないことでも有名なリストランテ。 有名人になってしまった原田シェフが繰り出すイタリアンを目指して、明治通り広尾5丁目信号近くまで。 半地下への階段を降りて臨む店内は、洗練を感じさせるモダンなインテリアが、けっこう明るめの照明に照らされていました。
奥にも右手にもお近くのシロガネーゼのセレブ風なおねーさま方がテーブルを占めています。 どこか落ち着かない心持ちがしてたことに合わせて、なんといっても印象深いのは、狂牛病が騒がれ始めているというのに、仔牛の脳をソテーしたプレートを口にしてしまったこと(笑)。

その後「アロマフレスカ」は、2003年3月でひとまず閉店し、品川へ。

「Aroma-fresca」  渋谷区恵比寿2-22-10 広尾リバ-サイドG. [Map] 03-5449-4797
column/00275

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*