Bar「lii」で チョコレート×ヘーゼルナッツの洒脱とグラッパの酩酊

gojyuniban.jpg青山霊園脇の「鹿角」を離れて、 霞町の交差点を渡り、アマンドを回り込んで、 西麻布の通りを進む。 カウンターでもうちょっと呑もうと訪れたのは、その通り沿いの1階にあるバー。 通りから店内の様子が見渡せるバーというのは、そう多くない。 扉の透明硝子に刻まれているのは、 「lii」という記号。 ゴジュウニバン、と読むようです。
硝子扉を開け入ったバーの雰囲気は、籠るようなものではなくて、和やかな空気。 カウンターの一番手前に腰を据えてふと入口を振り返ると、通りを行き交う男女の姿が硝子越しの風景になっています。 あ、そうそうと思い付いて、モーツァルトリキュールはありますか、と訊く。 すると、ゴールドならばございます、とバーテンダー。 では、とおまかせで、チョコテルと洒落込みます。 バーテンダーが取り出したボトルは、 ヘーゼルナッツのリキュール「フランジェリコ frangelico」。 なるほど、チョコレートリキュール×ヘーゼルナッツリキュールだと考えると相性の良さがイメージされてくる。gojyuniban01.jpggojyuniban03.jpgそこへ、定番ラムの「マイヤーズラムMYER’S RUM」、 サトウキビのシロップ「Carib CANADOU」と業務用のミルクとで、 シャカシャカとシェイク。 おー、うまーい。gojyuniban02.jpgふたつのリキュールの相乗の背後でラムの風味が多層な奥行きを齎してくれている。 チョコとナッツの名コンビが、甘ったるいノリでなく、洒脱なデザートとして愉しめるグラスがあるなんて、ね。 gojyuniban04.jpgもう一杯だけ、とお願いしたのがグラッパ「カポヴィッラCapovilla」。 ちょうどボトルの最後のところというのもあったのか、たっぷりと注いでくれた透明な滴。gojyuniban05.jpg濃縮した果実香が柔らかにそして圧倒するように揮発する。 忽ち葡萄の残り香アロマに脳幹が巻かれはじめて、酩酊の淵が近くなる。 ああ、このまま倒れるように眠りたい(笑)。 Bar「lii(Gojyuni-Ban)」の店の名は、カクテルの通し番号52番に因んでる。gojyuniban06.jpg西麻布の老舗バー「ウォッカトニック」が生んだといわれるカクテルの符号を店に名に使うアイデアとそれをローマ数字に置き換えるセンスにもニンマリです。 □関連記事:  BAR「WODKA TONIC」で 暗がりのオーセンティックひそひそ話(02年08月)  秋田の味「鹿角」で 子持ちずし鰰とんぶり長芋きりたんぽ鍋(10年01月)

「lii」 港区西麻布4丁目10-3 ヴィラ麻布1F[Map] 03-6861-0052
column/02929

「Bar「lii」で チョコレート×ヘーゼルナッツの洒脱とグラッパの酩酊」への10件のフィードバック

  1. 先日ミニインタヴューさせていただいた(ありがとうございました)まさぴ。 様ほかカリスマブロガー(関東編)の皆様ご出演のインターネットラジオ「山本実樹子のクラシックハッピネス」放送日が1月19日23時となりました。 http://www.otonamazu.com/
    で聴いていただけますので、ダンディな まさぴ。ファンの方もよろしかったらチェックしてみて下さいませ。 (お声もダンディでございます)。今回はかなーり宴会中の音声が編集大変でしたが、それだけに臨場感あふれています。つきじろうさん、ゆっき〜、鮪命さん、まさぴ。さん、ちょっとlaraちん(演奏音源あり)です。生声を聴いてみたい方はぜひ。

  2. Re:鵜飼いのみっきーさま
    あれやこれやとおつかれ&ありがとーでした。
    え? 出ちゃうの?
    自分の声好きじゃないンだけどなー。
    改まって喋るの苦手だしー(笑)。
    でも、あのザワガヤの中でも音拾えてるもんなんだね。
    チェックしなくっちゃ♫

  3. ○○ぴ。さま。
    liiが、どうしてごじゅうにばんなのかいくら考えてもわからない頭のワルい私です、、
    おしえて。。。
    >ああ、このまま倒れるように眠りたい
    お答えします(誰)それはね、お酒ではなく、きっとお相手(複数?)が・・。
    次はエンターテイメント派の方と酩酊推奨☆

  4. Re;laraさま
    ローマ数字でLⅡってことみたいだよ。
    アルコールがクルクルっと利いちゃった瞬間って、そんな感じになって、そのまったりもまたいいのだけど、laraさんはそんな瞬間、ないっス?

  5. ○○ぴ。さま。○<気に入ってます
    そか。 L が、 V なのですね。 
    スッキリしました、ありがとうございます。
    そのクルクルまったりは。。。。お外では経験ありません。。
    考えてみるとそれってものすごく羨ましいことのような気がしてきました。
    で、記憶、飛んだの?

  6. Re;ララさま
    Lがfiftyね。
    ずっとクルクルしているときっと記憶が飛ぶこととなるのだと思うけど、およそ一瞬なので、いまのところ記憶がぶっ飛んだことはないよー。
    でも、遠からずそんなことになりそうな気もしてて、ちょと怖い(笑)。

  7. あっ。L が 50なのですね。 間違ってました
    な、る、ほ、ど。
    勉強になります☆
    遠からず、ぶっ飛び教室よろしく〜。
    でもだれかひとりはぶっ飛んではならない。。ですよね
    くじで決めましょう。

  8. Re;ララさま
    よろしく~♫
    ジャンケンじゃなくて、やっぱアミダクジだな。
    飛んじゃうヒトは結局、クジ引いて負けてたことも飛んじゃうかも(笑)。

  9. ●○ぴ。さんはおしゃれなお時間を過ごしていらっしゃるのですねーー。
    良いなぁ。
    ワタシのジンセイに足りないのはこういう時間だ!
    と、気づかせてくれてありがとう。
    いつの間にか名前が鵜飼のみっきーになってて腑に落ちないのですが・・・使ってしまった!

  10. Re:鵜飼いのみっきーさま
    匿名になっちゃってましたので、名無しの権兵衛でもないだろなと、勝手ながら編集させていただきました。で、すぐさま思い付いたのが、鵜飼いのみっきー。いけなかったでしょか、スイマセン(ペコ)。
    え?おしゃれ?そうかなぁ、ぽりぽり(と照れる)。
    ただ呑み意地が張ってるだけかもしれませんが、たまにはいいもんですよ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*