米麦粟黍豆酒「五穀家」日本橋本店

gokokuya.jpg第六回を迎える「蔵元を囲む会」に寄せてもらいました。西の蔵元が続いていたというこれまでと違って、今回の蔵元は「亀の尾」米発祥の地、余目の「鯉川酒造」。享保十年(1725年)の創業だという山形の老舗です。会場時間にきっちりテーブルに着いてしまい、会が始まるまですっかりオアズケ状態。麦酒呑んじゃいたいね、かなんか云ってたりして(笑)。蔵元による蔵の紹介に続いて、若い「五穀家」店長に唱和しての乾杯。乾杯の酒は、地元米に拘っている鯉川酒造にあっては少数派の、秋田の酒米を使った「純米吟醸 美郷錦」。口中の後半がキッとドライで残り香のクセが個性的。アイラ?なんて連想も少々。乾杯酒としてはどうかと思うものの、口に運ぶたびに面白くなってきて、のっけから呑み過ぎる。仕込み水で口を荒い、「秋刀魚の一夜干し」や「あん肝アボカドポン酢ジュレ」などの前菜をつまみつついただくのは二杯目の「純米大吟醸 阿部亀治」。酒米「亀の尾」を発見・育種したという翁の名を冠したもので、辛口がすんなりと旨く、呑むほどに華やいでくる。ふむふむ。「鮪・真鯛の昆布〆、〆秋刀魚」でいただくのは、「純米吟醸 亀治好日」。これは燗にした方が断然いい。「生牡蠣」を追加。「大和豚西京焼」で純米酒、「小蕪の含ませ煮 蟹あん掛け」で純米吟醸と続くも、だんだんなんだかワカラナイ状態になってきた(笑)。揚げ物「万願寺惨薯射み揚げ 裏白椎茸」には「純米大吟醸 出羽燦々」。燗酒の香りが重々しく、冷で啜るとまったりしていい。〆に「五穀米麦とろ御飯」をいただいて大団円。ふ~、やっぱりこういう場ではくいくい呑まないで、最後までシャキッとしてなきゃいけないと反省(あたりまえか)。次回はどこの蔵元かな。 「五穀家」日本橋本店 中央区日本橋茅場町1-9-2稲村ビルB1 03-3639-3155  http://www.gokokuya.com/nihonbashi/ 口related column:>米麦粟黍豆酒 「五穀家」 日本橋本店(過去記事[1] 過去記事[2]
column/

「米麦粟黍豆酒「五穀家」日本橋本店」への3件のフィードバック

  1. 遅ればせながらTBさせて頂きました
    まさぴょんの書かれている通り
    最後まで味を堪能しきるつもりなら
    シャキっとしてなければいけませんが
    呑み介にはそれは難しい注文っすね ^^
    なにはともあれ次の機会もよろしうに・・・です

  2. Re;方寸さま
    どうもですっ。
    ええ、反省しつつも結局ぐいんと呑んでしまう予感ありありですえ~。
    その節は共に酔いましょう(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*