魚河岸「丸天」卸団地店

maruten.jpg久々に伊豆で潜ってみようと黄金崎へ。台風一過のようなクリアな空気が清々しく、海の中も大雨の翌日とは思えないくらい穏かで澄んでいた。お昼抜きの状態で2本潜り、沼津近くまで辿り着いた頃には満月がくっきり拝める時間になっていました。も~、腹ペコ(笑)。目指すは、卸団地の一角にある「丸天」。真ん中のテーブルに陣取って、まずはやっぱりビールでしょ。こゆときドライバーは辛いっすよね、とか云いつつグイといく。おばちゃんサービスの「魚一口唐揚」がそのビールに良く合う。マグロの唐揚げだ。そして店内の壁に貼られた黄色い品書きとテーブルのメニューを交互に凝視しては、迷いに迷う。特許製法だという「丸天名物 かき揚げ」から、「生イワシ」に「生シラス」「あま海老」その他刺身類諸々、素朴に「あじフライ」「海老フライ」「ほたての浜焼き」、「まぐろのテールシチュー」なんてぇのも旨そうだ。う~ん。そうかやっぱり(なにが?)「かきフライ定食」だ。中身がちょっとパサついている感じがするのが残念だけど、かまわずガツガツ食べちゃいます。あ、そうそう、「生がき」もいっときましょう。一見大ぶりな牡蠣をスルンとひと口に。身が少々薄いかもしれないけど、ま、いっか。お隣は、新鮮でちょっと小ぶりな「あじフライ」6片と、さらに隣ではでっかいまぐろのカマと格闘中。なにかにつけてダイナミック。帰りにこんなお店に寄れるってのも、西伊豆でのダイビングの醍醐味だってことを再認識しちゃった感じ 。沼津漁港のお店には行ったことがあるのを帰り際に思い出しました。 「丸天」 静岡県駿東郡清水町卸団地203 055-973-2115 http://www.uogashi-maruten.co.jp/
column/01996

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*