La Cucina Italiana「恵比寿DAL-MATTO」

dalmattoebisu.jpg西麻布に行けずにいるうちに、躍然と恵比寿にも展開していた「DAL-MATTO」。恵比寿西一丁目の五叉路の奥の、ひっそりとした隠れ家エリアを探し入るように訪ねてみました。壁に浮かぶ文字を頼りに進むとその先は、正面に小さなカウンターを設えたフロアになっています。案内されるまま右手の階段を降りると、オープンキッチンに正対するゆったりとしたカウンターが臨めます。明るく清潔感に溢れてそして、潔くシンプルで華美なところがないのも好感なインテリアです。メニューはおまかせのみ。嫌いなもの苦手なものアレルギーはないかを丁寧に訊ねられてから、スプマンテで乾杯デス。前菜には豆乳のムースに雲丹をあしらった冷製。添えられているフリットもそれぞれに美味しい。皮目を炙って、洋装なたたきとも云えそうな太刀魚は、おお、予想外にとろりとした滋味に溢れている。フォカッチャには、3種のオリーブオイルが用意されます。順序は左から、ね。メルローにカベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンなどによる、しっかりしながら柔らかい呑み口の「LE SERRE NUOVE BOLGHERI 03」を。続いてやってきたお皿は、なんと桃のパスタ。濃厚で甘い香りが乳化したほどよい酸味に包まれて、絶妙な鮮やか仕立てになっている。さらに、赤パプリカ、オクラ、ズッキーニなどをブイヨンで纏めたテリーヌ。ほおずきトマトも楽しいゾ。一転メインは、透明なプレートに盛られた骨付きラム。ちょっと甘めのグレイビーな感じのソースが良く合う。焼き目の香ばしさの中にラム肉独特の薫りがと脂の甘みが重なって、旨いウマイ。自分史上一番のラムだ。もうちょっといけますか?に頷いて届いたのは見た目シンプルなトマトソース。いやはやニクイ展開だね。ここで1Fへの移動を促されます。ドルチェとコーヒーは、階上のソファー席でいただくという構成になっているのです。食後のひとときを過ごす場所と待機の場所を兼ねたスペースを用意することで、スムーズなゲストの回転を図ったものなのでしょう。見渡せば、やはり満席の「DAL-MATTO」。様々な食材を盛り込んだサプライズなお皿たちが、ただの創作に陥らずに、しっかり旨い 。西麻布にも行ってみなくちゃだね。 「恵比寿DAL MATTO」 渋谷区恵比寿西2-7-8 03-3780-9955 http://www.dal-matto.com/
column/01955

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*