みそらーめん「味香美」

mikami.jpg買い物ついでに、「キッチン ブルドック」への路地のとば口に位置するみそらーめんのお店「味香美」に寄ってみました。品書きには、「白味噌」「赤味噌」「味噌辛」のみそラーメンに、カレー味なんてのもあるちゃんぽん&皿うどん、そして中華料理店だったことを偲ばせるチャーハン、シューマイ、ギョーザなどが並んでいます。そんな中から、「ナン骨角煮入り」だという「正油とん骨ラーメン」をお願いしてみました。ふと正面にあった箸箱の但し書きが目に留まる。「麺のカタメはありません。当店の麺は含水率の高い多加水麺を自家製造しています。もちもちとした食感、これを当店の特徴としています。」とある。へーそうなんだと思ったところへドンブリが届きました。とろみが出るまで煮出した本場ばりのとんこつスープだ。黒ずむほどにじっくり煮込まれたナン骨角煮は、ちょっとエグイ臭みがでてしまっている。で、こだわりの自家製麺。スープそれぞれに合わせて変えているようで、「とん骨ラーメン」には博多ラーメンよろしくの極細麺。ああ…。どういう経緯による思い込みか勘違いか分からないけれど、これじゃ明らかに湯掻き過ぎだ。中太麺、太麺での”もちもち”は分かるけど、細麺はスープの中で温められても決してクチャッとしないよう配慮する必要があると思う。カタメをオーダーしたくなる客の心情を是非分かってほしいなぁと思います。 「味香美」 品川区東大井5-4-13 03-5460-1139
column/01870

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*