めん屋「八蔵」

hachizo.jpg世田谷通りの松蔭神社入口信号近くにある「八蔵」へ。”魚だし”のフラッグを始め、店の至るところに手造り感が漲っていて、それが温かみに昇華している感じだ。「坦々麺」にぐぐっと惹かれるのを堪えるように、「らぁ麺」を中盛りでお願いしました。魚だしを楽しもうと思うと、辛味が邪魔かもしれなくて。最後に魚粉を振ったりして、これでもかぁと魚の香り満載にしてしまうお店もある中、ナチュラルな仕立てで脂も強過ぎず、これはこれで悪くないね。壁のパネルには、鰹・鯖の節類に真鰯・鯵の煮干の魚出汁に豚のゲンコツと鶏のうまみから抽出、とある。麺は、手打ち風の平打ちちぢれ麺。ピロピロとスープを纏う麺だ。レンコンを練り込んでいるという「つけ麺」も気がかりだぞ。店をあとにした足取りに、「な~んか、聞き覚えのある店名なんだよなぁ」と思って調べてみた。あ。以前お邪魔したことのある幡ヶ谷のお店の移転先だったのですね。 「八蔵」 世田谷区若林3-16-1フジビル1F 03-3418-2145
column/01774

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*