居酒屋「SAKURA」

sakura.jpgグァムを経由してコロール空港に辿り着いたのが夜8時。凸凹道にサスの軋むタクシーに揺られて、コロール中心街の安ホテルに荷を落ち着かせてから、近くの居酒屋「SAKURA」に繰り出しました。ひとまず、地ビール「Red Rooster」のアンバーを…。ん~、不味い!。気を取り直してあれこれ注文しようとすると、「ナイ」ものも多い。そんな中で選んだのが、「カンクンいため」「バナナの天ぷら」「シャコ貝のレモンソテー」など。「カンクン」とは、空心菜のようなほうれん草のような地野菜で、ニンニクを利かせた炒め物がけっこうイケル。もっさりした衣に包まれたバナナの天ぷらは、まさに想像通りのお味。かけられていたソースはバルサミコ酢ベースのものでしょうか。ぶつ切りにされたシャコ貝は、コリコリとして、ビールのお供にもいい感じ。キリンもアサヒもバド、サンミゲル、コロナまであるからそこから選ぶべし(笑)。パラオ産ワインに冒険する手もあったけど、明日を考えて自重する。「こうもりのスープ」がちょっぴり心残りかな。点在する日本人経営の居酒屋のひとつ、です。 「SAKURA」 680-488-8793
column/01627

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*