ラー麺「せたが屋 雲」で 焼豚麺ポタージュ的ソースのその濃度

kumo.jpg自由が丘「大大」に続いて、「せたが屋」の前島氏が展開している3店目は品達の一角を占める「せたが屋 雲」。 構想から3年の、醤油でも味噌でも塩でも、ましてや豚骨でもないというスープが面白そうだ。 相変わらずの「なんつっ亭」の行列を横目にして右へ階段を降りると、券売機の前に数人の待ちがあるだけで、比較的すんなり席へと辿り着けました。 ちょっと待ちの、ほぼ満席。 こんな状況が一番望ましいね。
「焼豚麺+味付け玉子+のり増し」が届きました。 早速、ソースと呼んでいるそのスープを啜ってみる。kumo01.jpgありゃ、所謂ポタージュスープだね、これは。 野菜のペーストをふんだんに使ったところに、動物系の出汁、魚介系の出汁、調味のためのタレを加味した感じ。 もちもちというよりは、その独特のスープをうまく纏うようなくにゅくにゅとした平打ち麺を、直前に炙って熱々の粗切り焼豚を味わいつつ啜りこむ。 うむうむ、なるほど面白い。 ところが後半になって、その濃度を許容し切れなくなってしまった。 体調が合わなかったか、はたまた日増しに濃厚スープのラーメンが不得手になってきているのか。 複雑な心境になりながら、品達を後にするのでありました。 「せたが屋 雲」 港区高輪3-26-20 品達内 [Map] 03-3446-0831
column/01494

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*