「八丁堀界隈の日常」カテゴリーアーカイブ

創作カレー「ロダン」でロースかつホールスパイス日替り挽肉もカレー堂からの人気店

時間を遡ること10年余り。
平成通りの一角に「カレー堂」というカレーショップがありました。
螺旋階段を巡って二階へ上がるレイアウトのお店が、突如なくなったかと思ったら、その隣の建物で「仮オープン」の貼紙を見付けた、なんてこともありました。
その店は今「ロダン」という名に代わって、鋭意営業中。
いつもお世話になっています(笑)。

八重洲通りから平成通りを「ど・みそ」方向に歩くと、
「創作カレー」と書かれた黄色い提灯が見付かる。縦張りの壁にある木製看板には、
“スパイスとハーブ料理”、
そして”世界のビール”「ロダン」と標されています。

カウンターから頭上を見上げれば、
整然と並んだヱスビーカレーの紅い缶々の列。棚の上にはいつぞやのように、
大振りなボトルに収めたスパイスたちが居並ぶ。

まずいただきたいのはやはり、
「ロースかつカレー」でありましょう。とんかつ屋さんではないのでそれ相応に。
というよりも、カレーのトッピングとしてのカツとしての、
大きさ、厚み、揚げ口がいい。

黄色いソースの彩りをスプーンで溶き、
カツとご飯とカレーとをバランスよく整えて、口へと運ぶ。シャバシャバインドカレーでも、
濃密なる洋風カレーのそれとも違うカレーには、
薫香しっかりの煮玉子もよく似合います。

ロースカツのトッピングを海老フライに代えれば、
それが勿論「海老フライカレー」。いつも「あけぼの カラメルソース」の容器に入れて使われているのは、
カシューナッツを用いた店特性のソースであるらしい。
黄色い線の描写は、茶色い料理になりがちなカレーに、
見た目の彩をも添えてくれています。

「特製ビーフカレー」はというと、
少々趣が異なってココット的容器でやてくる。白い器から掬ったソースなぞをゴロッとライスの上に着地させ、
カツよりも直截な肉々しさを愉しみます。

「ロダン」のカレーの中で最もホットなものとされているのが、
「ホールスパイスカレー」であります。シナモン、カルダモン、クローブ、鷹の爪等が、
まるごと入っているという。
オニオンスープ的シャバシャバなスープに、
その名の通り、ホールのスパイスがそこここに交錯する。
大辛仕立てなのにも拘わらず、その辛さは刺々しくなくて、
辛いモン不得意の自分にもすんなり爽やかに、
美味しくいただける逸品であります。

これまた”大辛”マーク付きのひと皿が、
「パクチーグリーンカレー」。
自家菜園のものと謳うパクチーがライスにトッピング。レモングラスの風味も利いて、
コクもありつつさらっと旨いグリーンカレー。
こぶ蜜柑の葉であるところのパイマックルーやグリーンチリ等が、
これまた丸ごと入っているという。
“タイ料理店よりも美味しく仕上がりました”という謳い文句に、
思わず微笑んでしまいます(笑)。

どうやらオーナーの気まぐれらしいのだけれど、
時折日替わりメニューに出会える。
この日はなんとかつての人気日替わり「子羊挽肉カレー」!「ロダン」のラムのキーマなんていいかも!
と期待しつつ待っていると、
パクチー、アーチャルにいつもの素揚げじゃが芋、
燻製玉子にチェダーチーズとトッピング総動員のお皿がやってきた。
ルー皿にはこれまたたっぷりのラムのキーマ。
ラムの香りがスパイスの風味と交差して旨い。
気まぐれメニュー故に再度これに出会えるのは、
きっといつことやら判らないのです。

八丁堀は平成通り沿いに創作カレー「ロダン」はある。並びにあった「カレー堂」を現店舗に移し、
その名を「ロダン」と改めて今に至る。
「ロダン」と云えば彼の仏彫刻家にして近代彫刻の父、
「考える人」のオーギュスト・ロダンを真っ先に思い浮かべるところ。
訊ねればやはり、オーナーがロダンの大ファンで、
そのまま店名に戴いたものなのだそう。
ただ、店内にロダンの彫刻のレプリカが幾つも飾られている!
なんてことはないようです(笑)。

「ロダン」
中央区八丁堀3-8-4 [Map] 03-5541-5777

column/03751

九州炉端「かてて 八丁堀はなれ」でたたきたっぷり知覧とりまぶしにだご汁定食

八重洲通りと市場通りが交差する地点が、八丁堀交叉点。
八重洲通りが新川に向かって亀島川を渡る橋が、亀島橋。
八丁堀交叉点の亀島橋側の区画に建つホテル、ホテルサードニクス東京は嘗て、ホリデイ・インでありました。
Holiday-Inn Tokyoの建物が内外装を改めて、新しいホテルに生まれ変わってからもう10年も経つらしい。
ホリデイ・イン前の路上で、女優・かたせ梨乃が颯爽とタクシーに乗り込む様子を偶々目撃したことを今でも憶えています(笑)。

そんなホテルサードニクス東京の裏手にあるのが、
九州料理の居酒屋「かてて」。
「長崎ちゃんぽん」や「皿うどん」に大分「だご汁」、
「高菜炒飯」「チキン南蛮」などなどのランチも盛況のよう。
最近ご無沙汰しちゃってるなぁと思うそんな矢先、
おひる処を求めて鈴らん通りを徘徊していた時のことです。


和菓子「伊勢屋」の並びにも「かてて」の文字を発見。“炉端”とあるのが少々趣を異にしていて、
特に”炉”の文字が黄金に輝いています。

囲炉裏端を模したかのようなコの字のカウンターが調理場を囲む。
カウンターには、和ぎ水と呼ぶ瓶入りのお冷。総じてサードニクス裏の「かてて」と同じ路線のお品書き。
「とりまぶし」が真新しい件かもしれません。

然らばとお品書き筆頭の「知覧とりまぶし」を所望する。如何にも櫃まぶし風の器に盛り込んだ、
薩摩知覧鶏のたたきがたっぷりと。

地鶏風のしっかりした歯応えの身を、
ご指南に従ってまずはそのまま味わってから、
茶碗によそったご飯と知覧鶏の切り身の上に、
おろし生姜と山葵をトッピング。続いて温泉玉子を割り裂いて黄身のコクを添えたりして、
最後は鶏ガラスープを注いで茶漬け風にして愉しむ。
たたきそのものの味わいが濃くて、なかなかいい。
知覧鶏というのは、鹿児島・宮崎を主な産地とした、
ブロイラーの親鳥となる種鶏やレイヤー成鶏と呼ばれる採卵用の鶏で、
玉子を生まなくなるまで長期飼育されたもののようで、
Web上には商標登録の「さつま知覧どり」のページも見つかる。
所謂ブランド地鶏ではなくても、
それに引けをとらない鶏があるのだね。

翌週が明けたところでまた鈴らん通り伊勢屋隣へやってくる。
「しょうが焼き定食」を註文すれば目の前の厨房で上がる湯気。もやしをたっぷりと戴いた豚ロースには、
おろし生姜の柔らかな辛味を含んだ風味もたっぷりだ。

本丸の方でも定番の郷土料理「だご汁定食」は、
こちらの”はなれ”でも健在。近頃の若けぇもんは「すいとん」なんて知らんだろうけど、
なーんて頭の中でぶつぶつ云いながら(笑)、
程よい大きさに千切った「すいとん」の素朴さを味わう。
ゴロゴロと大振りに刻んだ野菜たちも主張してくる。

下揚げしてあった鶏をもう一度フライヤーに投入。
衣をパリッとさせて「鶏からあげ定食」がやってくる。「知覧とりまぶし」「鶏からあげ定食」の他にもさらに、
「チキン南蛮定食」もあって迷わせる(笑)。
タルタルがよく似合うのは皆さんご明察の通りであります。

“九州の定食屋”としては勿論、
「ちゃんぽん」もあれば「皿うどん」もある。桜橋「長崎菜館」の皿うどんがこの界隈では出色であるけれど、
和出汁風のこれはこれで悪くない。
それにしても、
皿うどんには練り芥子がどうしてこうも合うのだろうね。

九州料理居酒屋「かてて」が鈴らん通りに”はなれ”を建てた。
それはその名も九州炉端「かてて 八丁堀はなれ」。厨房を囲むカウンターの雰囲気もよし、
その奥に設えたテーブル席もきっと居心地は悪くない。
ただ願わくは、ランチタイムに流しているBGMの大音量、
それだけはなんとかして欲しいところであります。

「かてて 八丁堀はなれ」
中央区八丁堀3-18-11 八丁堀サウスビル1F [Map] 050-5594-7903
http://www.katete.co.jp/

column/03745

にっぽんの洋食「新川 津々井」で冬のご馳走カキフライに定番トロトロオムライス

中央区新川で洋食屋と云えば、ご存知「新川 津々井」。
ところは、亀島川を渡る霊岸橋信号と永代通りの新川一丁目信号を結び、箱崎湊橋通りへと繋がる道路沿い。
よくよく見ると、珊瑚色したファサードはなかなか珍しいのではあるまいか。
そんな壁に掲げたアクリルのサインには、”にっぽんの洋食”と標されています。

“にっぽんの洋食”というショルダーフレーズにはどこか、
洋食界を背負って立つような意識も含まれているのかな。そんなことを毎度思いつつ、硝子越しの厨房を横目に、
上階のフロアへとアプローチするのです。

冬の時季の特筆メニューと云えば、
それは勿論「カキフライ」。飾り切りを施した檸檬を戴いたフライ達は、
端正な揚げ口で「つつ井」と刻印したお皿に佇む。
サラダがたっぷりなのも毎度嬉しい処であります。

玉子タマゴしてはいないけれど、
これまたたっぷり目に添えてくれるタルタル。三重県は、浦村湾や的矢湾から届く牡蠣のフライに、
お醤油を少々垂らしてタルタルたっぷりが実に佳い。
ふと、鳥羽の先の浦村「中山養殖場」でいただいた、
焼き牡蠣の旨味を思い浮かべたりなんかいたします。

此処にもやっぱりGingerちん御用達のしょうが焼きがある。何気に、どーだっ!と主張する「ポークジンジャー」の肉厚ロース。
ただただ柔らかい代わりに脂ぎってる、なーんて肉質ではなくて、
割としっかりした繊維質の間に旨味が詰まった感じがいい。
勿論、おろし生姜の風味たっぷりのソースで御座います。

“にっぽんの洋食”「新川 津々井」のスペシャリテのひとつが、
ご存じオムライスのラインナップ。「トロトロオムライス」と呼ぶお皿には成る程、
トロトロねっとりとしたテクスチャー。
ご飯のひと粒ひつ粒が玉子なぞに均質に包まれている。
そんな船体を浮かべた、
トマトの酸味が心地いいソースの働きも見逃せません。

通りにも入口通路にも硝子窓を面している厨房。
思わず覗き込むとちょうど「オムライス」の調理中。偶には「ハムオムライス」を更に豪華にして、
ポークの「オムハヤシ」を奢ってしまう時もある。
ポークやビーフをトッピングしてのハヤシソースなので、
そうか、それでオムライスの中身がチキンライスではないのかと、
そう独り言ちることもありました(笑)。

“津々井名物 三種の丼”の一翼を担うのが、「ステーキ丼」。ステーキ肉のみならず、下のご飯にもたっぷりと滴るは、
バルサミコ的酸味を加味したお醤油基調のとろとろタレ。
シェフが修行したホテルオークラのフレンチのエスプリが、
何気にどこかに潜んでいる、のかもしれません。

そして”津々井名物 三種の丼”の筆頭が「ハンバーグ丼」。繋ぎの決して多くないパテとか、
何より濁りなき味わいのドミグラスがやはり、
正当なる「洋食」を想わせてくれます。

それら名物たちの陰に隠れるように、
やや控えめに註文を待っているメニューのひとつが、
ポーク、チキン、ビーフと揃ったカレー三種。小麦粉を丁寧に炒めた形跡は十分に伝えつつも、
バシャバシャっとしたカレーは、油脂を控えた印象もする。
カレーもまた名物と自ら呼ぶような高みに至るのは、
どうやらこれからのことのようです(笑)。

にっぽんの洋食「新川 津々井」の創業は、
今から70年程を遡る1949年(昭和24年)のこと。終戦から数年後の混乱期にもう、
当地新川に飲食店を興していたことにまず敬意を払いたい。
少々お高いなと思うのも毎度のことなれど、
それでも通ってしまうのは、
それだけの気風を感じさせてくれるからなのです。

「津々井」
中央区新川1-7-11 [Map] 03-3551-4759

column/03743

和食「松うら」で一品勝負の天丼の湯気と六月の晦日の夏越ごはん

市場通りと鍛冶橋通りが交叉する八丁堀駅前交差点。
交差点の北東側の角に建つ「WISE OWL HOSTEL」の一角には、昼に夜にお世話になっている「フクロウ」がある。
同じ区画には夙に知られたスタンドバー「maru」や大食漢たちのオアシス「八丁堀食堂」がある。
町の中華「十八番」の方へと折れ入った処には、イタリアワイン呑まぬひとお断りのワインバー「metameta」がひっそりとある。

その先の「串八珍」の脇から、
「フクロウ」の横手へと抜けて行く裏道がある。
春先のある日。
移転した居酒屋「海」の前を通り過ぎた処で、
散り掛けの花を咲かせた梅の枝振りに目を留めました。当の梅の木の前に立つとその奥の行燈に灯りが点ってる。
此処は確か、以前「日比」という居酒屋ではなかったでしょか。

店先のA看板にあったように、
此方のランチは基本的に一品勝負。
カウンターから厨房の様子をぼんやりと眺めて暫し。
「天丼」が湯気を上げてやってきました。単純に海老の二尾いる光景が嬉しい(笑)。
それに茗荷の天ぷらもまた想定外の嬉しさ。
濃くて黒いヤツなんかでない、
ほんのり甘めのツユにさっと潜らせた塩梅も悪くない。

季節は移ろって空梅雨の頃。
稲庭うどんのお誘いに乗ってカウンターに就く。
するとたった3食限定にて「夏越ごはん」もあると云う。夏越と書いて、なごしと読む。
卓上に小さな冊子があってそれによると、
「夏越の祓い」とは、
一年の前半の最終日にあたる六月の晦日に行われるお祓いの神事。
神社で「茅の輪くぐり」を行うのは、
一年の前半の罪や穢れを払い、
残りの半年間の無病息災を祈るもの。
半年の区切りに行うものだとは、
恥ずかしながら知らんかったであります(汗)。

然らばということでお願いした「夏越ごはん」。
茅の輪の由来からくる粟や豆を用いるのが基本線のようですが、
ざっくり云えば夏野菜の掻き揚げ丼。夏野菜をたっぷり摂って、
夏を乗り切る準備をしようねと囁いてくれていると思えば、
それもまた有難いことではありませんか。

八丁堀駅前交差点近くの裏道に和食「松うら」はある。旬のお造りの盛り合わせから尼鯛一潮焼き、帆立香り揚げ、
蓮根餅揚げ出しに自家しゅうまい煮、ばち子等々。
或る日の夜の品書きにはそんな気取りのない酒肴の件が並ぶ。
気の置けない気分でふらっと、
宵の口にも寄ってみたいなと思います。

「松うら」
中央区八丁堀3-23-9 カネコビル1F [Map] 03-5543-6268

column/03728

酒場「酒じゃらしの唄」で古民家の風情に気の利いた酒肴と酒がよく馴染む

茅場町を抜け往くすずらん通りと平成通りの間には、幾筋もの横丁がある。
著名なご主人は疾うに門前仲町へ引っ込んでしまっているてんぷら「みかわ」も手作りのお惣菜ランチが嬉しいat home Dining「スイッチ」もワシワシ喰らう豚そばの量感で誘う大衆酒場「JUJU分家」もそんな横丁の一角にある。

すずらん通り沿いに建つホテル、
Villa Fontaine東京八丁堀の裏手路地には、
芸者さんが暮らした古民家に手を入れた落ち着いた雰囲気の中で、
気の利いたランチもいただけるお肉割烹「三つ味」。
でもその暖簾も過日降ろしてしまったことを知りました。

ある日、足を向けた件の路地。
暫くそのままだった「三つ味」の跡を覗くと、
ジビエフレンチ「NicoChelsea」なる紅い突出看板が掲げてある。
そしてその並びの壁に見付けた小さな黒板には、
「酒じゃらしの唄」という店名とも判別のつかない件が、
書き込まれていたのです。

八丁堀のカメラマン氏と待ち合わせた縄暖簾。嘗ての「三つ味」の建物と棟続き故、
迎い入れられたL字のカウンターもいい風情。
硝子越しに覗けるお向かいさんには、先輩諸氏のお姿が。
近頃のオヤジたちは、
野郎ばかりでジビエフレンチに繰り出すのだと、
心強くも感心したりなんかして(笑)。

雲丹豆腐の突き出しに始まった、
日本酒の盃愉しむひと時。時季の酒肴を黒板や壁の貼紙から探し、
店のオニイサンの話も訊きつつ、
それに合いそうなお酒を選ぶ。
それが似合って愉しい酒場であります。

また後日、同じカメラマン氏とふたたび。
今度は狭くて急な階段を上がっての畳の間。
座卓に向き合い、胡坐を掻いての小宴と相成ります。古民家の風情を満喫できる二階でのひと時もまた佳し。

茅場町の路地にある古民家酒場「酒じゃらしの唄」。雰囲気ばかりの酒場ではない処が嬉しい誤算。
Webページに「居酒屋以上、割烹未満」とあるのも頷ける。
永く永く続いてくれることを願います。

そうそう、二階にある厠は、
お隣の「NicoChelsea」と繋がっていて、
そのため両側の扉の鍵を閉めてから用を足さないと、
妙なことになりますのでご注意の程を(笑)。

「酒じゃらしの唄」
中央区茅場町3-3-3 [Map] 03-3808-5566
http://yumemania.jp/

column/03721