「八丁堀界隈の日常」カテゴリーアーカイブ

地酒おでん肴「フクロウ」でご存知肉吸い上品版に生姜の利いた豚汁に温まる

市場通りと鍜治橋通りが交わる八丁堀駅前交叉点。
いつの間にか、信号機にそんな名前が掲げられるようになりました。
その交叉点の角のひとつに古びた雑居ビルがある。
銀行のATMコーナーが廃止されたかと思っていたら、いつしか改修工事が始まっていました。

工事の養生が取り払われた後に姿を現したのは、
雑居ビルとしてはちょっと不思議な表示物。どなたかのサインがあるのをみると何処かのイラストレーターか、
デザイナーの手による描画なのでしょう。
そして壁面には、WISE OWL HOSTELS TOKYOとの文字。
ビルの隅切り部分に開口があって、
そこがカフェにしてホステルのロビーとなっているらしい。
コンセプチュアルなお宿が出現していました。

カフェの入口に向かって右手に回り込むようにすると今度は、
壁にモスグリーンで描いた梟の図柄が現れる。楽しいお酒で酔いませんか?と、
真っ昼間っから呑兵衛呼ばわりしてくれる(笑)。
横丁側には群青色の暖簾が風に揺れていました。

「フクロウ」の店内は、
入って右手に厨房を両側から囲むカウンターがあり、
中央にテーブル席、酒棚に向かって左手にも、
カウンターの連なりが配置されています。店内の場所場所でちょっとずつ趣の異なるレイアウト。
その随所に大振りな真鍮の薬缶が置かれています。

そんな「フクロウ」のおひるのお品書きは、
三品の定番が季節に応じてアレンジされている模様。

その品書きの筆頭にいつも掲げられているのが、
知ってるひとはよく知っている「肉吸い」であります。「肉吸い」と云えば、吉本新喜劇の舞台でもある、
「なんばグランド花月」の近くにある「千とせ」を思い出す。

澄んだ旨味をしっかり煮出した出汁が、
薄口の醤油に色づけ風味づけされたツユ。
そこへ大きめ角切りの豆腐に豚バラ肉、
おとし玉子を浮かべた器。
「千とせ」の「肉吸い」の思い出よりも断然品の良い(笑)。
気忙しい仕事の間をほっこりさせてくれるような、
そんな優しい味わいに癒されます。

決して珍しいことではありませんが、
「フクロウ」のおひるのゴハンは、
「白米」か「玄米」かを選べる。炊き加減よろしき玄米ゴハンを、
たっぷりトッピングしてくれた削り節と一緒に掻き込むのもまた、
オツなものでありますね。

時には路地側に眺めた群青の暖簾のところにも潜んでみる。「肉吸い」用にたっぷりと出汁を湛えた真鍮の鍋とか、
もうふた品ほどの大鍋が眼前に据えられています。

そんなカウンターでいただいたのが、
「生姜たっぷりの豚汁」。豚汁定番の具材に加えて、
小松菜にブロッコリーとか丸十(薩摩芋)とか長芋が参戦してくれる。
その名の通り、たっぷりのおろし生姜を頂いて、
それを様子をみながら解しつついただきます。
いやはや、温まる温まる。
ひきかけの風邪なんて忽ち治ってしまいそう(笑)。
そして、「フクロウ」の椀は、見掛け以上の大容量。
満腹満足で温まってしまうランチとなるのです。

更にもうひと品欲しいという紳士淑女におかれましては、
追加小鉢のご註文も宜しいかと存じます。揚げ立ての鶏唐揚げ二個とか、
奥久慈玉子とかね。
唐揚げは、慌てて食べると勿論火傷します(笑)。

八丁堀駅前交叉点に出現したWISE OWL HOSTELS TOKYOの一角に、
地酒おでん肴と謳う「フクロウ」がある。スタッフの応対も温かで柔らかで、なかなかどうして悪くない。
夜の止まり木としてもきっと、
その魅力を発揮してくれるものと期待しています。

「フクロウ」
中央区八丁堀3-22-9 WISE OWL HOSTELS TOKYO 1F [Map]
03-6222-8453
http://izakayafukuro.com/
https://www.wiseowlhostels.com/

column/03716

味噌らーめんの店「しなり丸」で甘め濃厚白味噌スープ赤味噌くっきり鶏がらスープ

八丁堀で市場通りを横切って亀島橋を渡った八重洲通りが、鍜治橋通りと斜めに交わる交叉点。
新川二丁目信号の角地近くには、「三好 新川本店」というラーメン店がありました。
味よし!値よし!愛想よし!と謳うオレンジ色のターポリン幕を回した外観が印象的でしたが、いつの間にか閉店してしまいました。

そんな新川二丁目信号のところに最近、
行列を作っているラーメン店があると、
会社の同僚から伝え聞く。成る程、「三好」があった建物の並び、
正に交叉点に面して面取りしたような建物に、
「味噌らーめんの店」と題した看板が掲げられていました。

券売機のボタンを覗けば勿論、
並んでいるのは味噌らーめんのあれこれ。
白味噌か赤味噌かを選べるとホールのお姐さんが知らせてくれます。

まずは「ネギチャーシューメン」を白でいただきます。二郎張り、とは云わないものの、
なかなかのこんもり盛りが目を瞠るどんぶり姿。
でも、どうだと言わんばかりの盛り付けではありません。

下地のスープが素直に旨い。
豚に牛に鶏と動物系主体の濃厚スープだというが、
札幌系を十分に髣髴とさせつつも、
しつこくないバランスに仕立てている感じ。信州味噌だという白味噌のコクと甘さが心地いい。
そんなスープにかん水が適度に利いたわしわし麺が似合います。

裏を返すようにして今度は、
「野菜盛りラーメン」を赤で所望する。その名の通り野菜たっぷし。
成る程、赤味噌仕立てのスープは白に比べて、
きりっとすっきりと輪郭のある味わいだ。

こふいふ時はと、
久方ぶりに”天地変返し”を繰り出してみたりする(笑)。こうすると、最初は野菜ばっかりにならず、
バランスよくより美味しくいただくことが叶います。

行列を避けるようにややフライング気味に、
新川にやってきて「豚唐揚げ盛りラーメン」なんて日もあって。パーコーちっくな唐揚げにガッツリ満足の後には、
眠気来襲必至の一杯とも申せましょう(笑)。

厨房には2台の圧力釜が活躍中。
麺箱には「麺の麻生」の刻印がある。
白味噌にはワシワシ太麺、
赤味噌にはシコシコ細麺、
スープに合わせた2種類の麺は、
麻生の麺であるようです。

「しなり丸」では定番のあれこれに加えて、
週替わりと思しき限定ラーメンもスタンバイ。例えば「あんかけ味噌ラーメン」なんて日もあれば、
白味噌で「担々麺」なんて日もある。
でもまぁ、結局ベーシックな「らーめん」か、
野菜たっぷしな「野菜盛りらーめん」あたりに、
戻っていくのですけれどね。

新川二丁目交叉点に行列のある光景を生んだ、
味噌らーめんの店「しなり丸」。メニューの隅には、”成”の文字を丸で囲んだアイコンがある。
カウンター越しに店の名の由来を訊ねたら、
“しなり”は、有志竟成(志ある者は事竟に成る)の”志成”から、
当てたものだそう。
柔らかそうな響きの店名は、
何気に想いと意気込みの滲んだものだったのですね。

「しなり丸」
中央区新川2-12-12 [Map] 03-6222-1175
http://www.grast2009.co.jp/

column/03715

蕎麦「茅場町 長寿庵」で牡蠣南蛮牡蠣フライに柚子切蒸篭茅場町の街角で百余年

市場通りと永代通りが交叉するのが、茅場町交差点だと思い込んでいたことがある。
茅場町交差点は、東京証券取引所前に至る平成通りと永代通りとが交わる処で、そこからひとつ永代橋寄りにある信号機は、そこが茅場町一丁目交差点であることを示している。
そんなことどうでもいいことのようにも思うけど、永いことこの辺りを彷徨っているのに、兎に角ずっとそこが茅場町交差点だと思い込んでいたのだ(笑)。

そんな茅場町一丁目交差点の角。
ビルの地階を覗き込めばそこに見つかる暖簾が、
「茅場町 長寿庵」の暖簾なのであります。

秋も深まった頃に足を運べばテーブルの上に、
こんな二行の短冊がある。毎年のこと乍らこうして今年も、
「長寿庵」にも牡蠣の季節がやってくるのです。

真ん中に酢橘の輪切りと紅葉を象った麩を浮かべた「カキ南ばん」。用いている牡蠣は広島産。
やや醤油強めの甘汁にひたっとした牡蠣を口に含めば、
昼からのお酒が欲しくなります(笑)。

蕎麦そのものはやっぱり蒸籠の方が似合う仕立て。でもそこに、伊達に歴史を刻んでいないなと思わせる品格が、
どうしても滲んでしまうようです。

ランチ限定の牡蠣メニューがご存じ「カキフライ定食」。細やかなパン粉を丁寧に纏わせた牡蠣フライに、
偶にはとうどんを合わせてみる。
そば屋のうどん、という例え話がどこかになかったっけ?
なんてことをふと思ったりなんかいたします(笑)。

そしてまた、冬場の興のひとつとして、
「ゆず切りせいろ」なんて一行が品書きに顔を出す。例えば、同じ木鉢会に名を連ねる神田のそれも印象的だけれど、
茅場町のこれのそこはかとない風味も悪くない。
いずれにしても、就業中にはなかなかお銚子を傾けられないのが、
なんとも無粋でありますね(笑)。

茅場町の蕎麦屋と云えばまず「茅場町 長寿庵」の名が挙がる。その創業は、1907年(明治40年)のことだという。
戦前に銀座7丁目辺りにあった長寿庵の暖簾分けであるらしい。
100年前の往時をいま直接偲ぶことはできないけれど、
もしも次にビルを建て替えることがあったなら是非、
創業時の姿を模した路面店にして欲しいなぁなんてことを、
ひとり勝手に思っています。

「茅場町 長寿庵」
中央区日本橋茅場町1-9-4 [Map] 03-3666-1971

column/03708

麺酒場「まがり」で中華そばの完成度三種の煮干に燕三条熊本らぁ麺謙二郎

magari新大橋通りは、俗に”市場通り”と呼ばれている。
でも、その呼称は一体どこからどこまでに適用されるものなのかしらんなどと思うことがある。
新大橋通りは、浜離宮の角と電通本社が挟む汐先橋交差点を起点として、そこから築地市場の脇を通って、隅田川を渡る新大橋へと向かう。
その先が意外と長くて、一之江の葛西工業高校前までが新大橋通りであるらしい。

まぁ”市場に続く道”のイメージで考えれば、
新大橋の手前の浜町までとか、
日本橋川を渡る茅場橋から築地側が、
“市場通り”と俗に呼ぶ相応しいのかもとも思う。
ずーーっと先に時が過ぎればきっと、
嘗てそこに大きな市場があったから市場通りと呼んだのだよ、
なんて訳知り顔で語るヤツが現れることになる、
なぁんて風にも思ったりもする。

そんな市場通り沿いの、八丁堀の舗道の隅に、
小さなA型看板が顔を出すようになった。magari03magari04矢印に促されるまま横丁を入り、
煮込みや「大福」の朽ちた看板を横目にしつつ往くと、
その突き当たりに黒いファサードが見える。

それは、日が暮れてもなお、
脚立に跨って作業中の職人の姿を認めた場所。
それは確かついこの間まで、
小さなビストロ「TOUT(テュー)」であった場所。magari01magari02それはまだ梅雨も盛りの頃、
開店を祝う花が飾られていました。

窓硝子を飾る酒壜の、所々に配した緑が色を注す。magari05テーブル3卓にぎゅっとつめた3席のカウンターと、
「TOUT(テュー)」の頃から勿論、広がる筈もない小さな空間だ。

ふた品が白墨で書かれた黒板から、
まずはと「中華そば」を選ぶ。magari06magari07淀みない旨味が真っ直ぐ届く、
脂の程度もスープとタレの濃さとのバランスも、いい。
そんなスープをよく持ち上げる麺との取り合わせも文句なく、
どこかのお手本のような一杯だ。

後日店先のメニューを覗くと、過日とは別のふた品が並んでる。
週替わりで色々なラインナップを繰り出すスタイルなのかもねと、
独り語ちつつ選んだのは、
秋刀魚、鰯、飛び魚の「3種の煮干の中華そば」。magari08magari09銀鱗浮かぶニボニボとは違う、
澄んだ中にぐぐっと複数の煮干の旨味と風味が籠もっている。
ふと新馬場にあった「東京いまむら」のどんぶりを思い出したりします。

また別のおひるはサンマ出汁ベースの日。
「中華そば」に並んで「燕三条らぁ麺」がある。magari10magari11チャッチャした背脂にざく切りの玉葱。
なんちゃって燕三条と思わないこともないけれど、
海苔の風味もいいアクセントの悔しい哉なかなかの完成度であります。

そうかと思えば今度は「熊本らぁ麺」なんて日もあった。magari14豚骨系スープにマー油浮かべりゃ熊本ラーメンかいなと、
斜構えになりつつもテンポよく平らげてしまう自分に気づきます(笑)。


magari12

時に強く降る雨の中をやってきて、
「謙二郎らぁ麺」を所望した日もあった。magari13“野菜たっぷり醤油”との副題あり。
今度は二郎インスパイア系かいなと鼻白んでみせたりするも、
トッピングの醤油漬け大蒜にそのエッセンスを漂わせつつ、
荒ぶるような二郎のノリとは一線を画したヤツでありました。
謙二郎って誰やねん(笑)。

麺酒場「まがり」が八丁堀の裏通りで存在感を増してきた。magari15店名「まがり」の由来を訊ねたら、
八丁堀に移転する前の葛西では、
とあるバーに間借りするようなスタイルで営んでいたからという。
そう聞いてふと「つぼ八」の店名の起こりに似た、
そのまんま感ににんまりとするのでありました。

「まがり」
中央区八丁堀2-28-9 [Map] 03-6222-8873

column/03700

Brasserie「Gyoran」で蝦夷鹿赤ワイン煮鴨肉コンフィ仔牛カツレツ牛ハラミ肉に満足

gyoran八丁堀エリアと京橋エリアとをはっきりと区切っているのが、首都高の都心環状線。
深い川の下を走るようにも見える高速道路があるのは元々、楓川という風雅な名前の付いた川だったという。
川や掘割を干上がらせ、海を埋め立ててきたのも江戸~東京の歴史なのだとすればそれも已むなし。
いま渋谷で暗渠になっている宇田川の支流、河骨川が、童謡「春の小川」のモデルなのだとしたら、楓川も「秋の小川」とか「秋のお壕」とかに歌われていても可笑しくないなぁなんて思いつつ、首都高を渡る橋の脇にある公園の喧騒に佇みます。

小さな公園の近く、高速道路を背にした区画にあるのが、
Brasserie「Gyoran」の紅いファサード。gyoran01gyoran02かつて楓川の護岸だったのではとも思い、
高速道の擁壁の上に位置するのじゃないかとも思う、
いつもの中二階のテーブル席へ。
振り返れば硝子越しに首都高の京橋ランプを知らせる、
大きな標識が見下ろせます。

ギョランのランチメニューにはすべて、
自家製のパンとスープがついている。gyoran03gyoran09gyoran11或る日は牛蒡のクリームスープ、
或るお昼は、マッシュルームのポタージュ、
別の雨の日にはグリーンピースのポタージュ等々と、
素材の風味を真っ直ぐ活かした、
時季のスープがちょっとした愉しみなのだ。

ランチでいただく機会はなかなかないと思うのが、
「エゾジカの赤ワイン煮 人参のピューレ」。gyoran04gyoran05滋味を包み込むように肉塊に煮た、
蝦夷鹿のすっきりとした旨味とコク。
赤のグラスをと叫びたくなるのはお約束ということで(笑)。

ジビエをしっかりなら鴨もある。
でもローストとかではなくて、この日のメニューは、
「フランス産 鴨肉のコンフィ シュークルート添え」。gyoran06gyoran07バリッと芳ばしき皮目の魅惑は勿論のこと、
それによって包むように蒸し揚げられた身肉が旨い。
成る程、この食べ口にザワークラウトが良く似合います。

洋食的定番なお肉料理にも映るカツレツも、
此処ではやっぱりひと味違う「フランス産 仔牛のカツレツ」。gyoran08シュニッツェルのように薄めに叩いたでもなく、
仔牛の風味をしっかりと閉じ込めた、
カリッとした衣と一体となって齧らせるに適切な肉の厚み。
うん、美味いであります。

定番と云えば此方の定番のひとつともお見受けするのが、
「フランス産 牛ハラミ肉のステーキ」。gyoran10噛み応えと一緒に愉しめるのが、
焼き包んだハラミ肉そのものの脂と旨味。
ベタつかない食べ口が好ましいのであります。

春を迎えた頃に店先のA看板で、
このメニューを見つけて飛び込んだ(笑)。
「フランス産 ホワイトアスパラとパルマ産生ハムのサラダ」。gyoran12この日は、スープもアスパラガスのポタージュ。
細めのアスパラではあるものの、
歯触りとジューシーさとアスパラ独特の香りが楽しめる。
アスパラというとオランデーズソースのシュパーゲルが、
真っ先に脳裏に浮かんでしまうのだけど、
こふいふサラダ仕立ても美味しいね。

八丁堀の裏通りにあるBrasserie「Gyoran」は、
紅いファサードが目印のフレンチ。gyoran13敢えて店名「Gyoran」の由来を訊けばやっぱり、
イクラとか数の子とかキャビアとかの魚卵、ではなくて(笑)、
八丁堀への移転前に、白金高輪の魚籃坂下近くに店を構えていたから。
オーナーシェフの羽立氏は、
三田「コートドール」での修行に渡欧、
「ブラッスリーオザミ」の名物シェフを経て独立、
今に至るのだそうです。
もしかしたら銀座でもお世話になっていたのかもしれませんね。

「Gyoran」
中央区八丁堀2-1-9 川名第一ビル1F [Map] 03-5244-9523
http://gyoran.com/

column/03680