すみ処「寺田屋」でぽてサラごまサバあじフライにウチワエビ美味しいじゃありませんか

teradaya赤坂の居酒屋「さきと」もその日はお休みという日曜日の博多のひる下がり。
天神の地下街”てんちか”を右へ左へと徘徊すれば、それは成る程なかなかの規模。
全長600メートル、150を超えるテナントがあるという。
地上に出て警固公園を通り抜け、岩田屋本店の脇を往き、親不孝通りを漫ろに歩く。
ひと息入れてから今度は、けやき通り近くの知人宅をこっそり眺めたり(笑)、警固の信号近くのスペインバルの止まり木で0次会。
開店時間を見計らうようにして、大名地区の裏通りにあるすみ処「寺田屋」へとお邪魔しました。

行燈点る格子戸の白暖簾を払って靴を置く。
板廊下をずいっと進んだ奥のカウンターへとご案内。teradaya01teradaya02掘り炬燵式に足を延ばして座り、
視線を右に振れば小上がり風の座敷が窺える。
正面には硝子ケースがでんと構えて、
その中にはぎっしりと食材が出番を待っています。

硝子ケースの中身を眺めつつ、
麦酒と一緒に「ぽてサラ」をご註文。teradaya03ほっこりとしっとりのテクスチャのバランスが絶妙で、
過ぎないコクに旨味をそつなく湛えてる。
ポテトサラダの出来映えで、
その店の手腕を測るなんて云い回しがあるけれど、
そんな意味からは、期待を高めてくれる逸品と云えましょう。

この日のお刺身ラインナップから、
目敏く「ごまサバ」を見付ける。teradaya04大分空港に降り立った時から頭の片隅にあった、
関さばへの思慕(笑)がまたまた頭を擡げてくる。
周囲を固めるは、たっぷりと摩り下ろした白胡麻に、
細やかな刻み海苔、醤油タレに山葵、浅葱。
でも中央のスターの存在感は揺ぎない。
脂の甘さとともに鯖独特の香り旨味が真っ直ぐ届く。
美味しいじゃありませんか。

「かきフライ」をと思いつつも選んだのは「あじフライ」。teradaya05それは開きではなくて、半身を二片とした揚げスタイル。
関鯵とは謳っていませんが、
今度は鯵らしい香りが揚げ立ての細やかな衣の中から、
ふわんと湯気を上げて華開く。
美味しいじゃありませんか。

舐めてるのは、芋焼酎「坊の津」。
硝子ケースの中からのご対面は、ウチワエビ。teradaya06teradaya07ゾウリエビでもセミエビでもなくてウチワエビ。
ゾウリエビはぺったんこで、
あまり食べる身がなかった記憶があるけど、
焼いてくれたコイツは身のつまりもよく、
しかもその身が甘くて旨い。
あれま、美味しいじゃありませんか。

店の名に冠たる炭焼きモノは、
黒毛和牛に豚に鶏などなど。
品書きに豚も鶏も”やきとり”と呼んでいるらしきところを見付けて、
東松山を思い出す(笑)。teradaya08鶏の「四つ身」に「砂ずり」をいただい後、
こんなん如何と受け取ったお皿には、こんな串。
お手間をお掛けして申し訳ない気分も交錯しながら、
炙り立ての一粒ひと粒を口に含めば、
期待以上の甘い弾ける芳ばしさ。
なはは、美味しいじゃありませんか。

右目の隅でずっと気になっていたのが、おでんの湯殿。teradaya09teradaya10teradaya11選んだ具は「大根」に「ぎょうざ」。
水餃子みたいなことかと思った「ぎょうざ」は、
コロコロした丸天の中に餃子がインしちゃった感じで面白い。
そして、おでんにレタスと柚子胡椒。
うんうん、美味しいじゃありませんか。
いただいていた日本酒「寒北斗」にもよく似合います。

勢いあまって〆ちゃおうと「牛ねぎやきめし」。teradaya12刻んだソバは入っていないけど、
三宮の春日野道駅の高架下にある、
お好みハウス「ひかりや」の「そばめし」をちょっと上品にした感じ。
美味しいじゃありませんか。
ご馳走さま。

福岡は大名の裏通りに、
炭火焼と行燈に点した居酒屋、すみ処「寺田屋」がある。teradaya13すみ処「寺田屋」は、
狭い路地の奥にあって、
まさに”隠れ家”と謳われる本家「寺田屋」の新店であるらしい。
「寺田屋」と云えば「寺田屋事件」。
ただ、寺田屋騒動も坂本龍馬襲撃事件も舞台は京都。
此方の店名が、その「寺田屋」由来なのか、
それとはまったく関係のない、
寺田さんちの居酒屋、なのかの謎解きは、また今度。
この後、余裕をかまし過ぎて、
飛行機にギリギリで飛び乗ったことは内緒です(笑)。

「寺田屋 炭処」
福岡市中央区大名1-4-22-101 ドリーム大名 [Map] 092-714-4886

column/03679

Bistro「2538②」で4種ワイン野菜たっぷりポトフにカスレに牛ホホ肉赤ワイン煮込

2538日曜日というのはやっぱり、定休日にしている飲食店が多い。
キリスト教でいうところの安息日は土曜日を指すようで、その翌日の日曜日は礼拝を行う日であり、一般に休日であるとされてきている。
日本の官庁は、幾つかの法律により日曜日および土曜日・祝日等を休日と定められていて、民間企業においても日曜日が休日であると、一般には認識されている。
だから、休日の日曜日に飲食店がお休みしていても当然といえば当然のことなのだ。
そんなことを今更のように考えてみると逆に、休日の日曜日に営業している飲食店が実に多いことに気が付く。
土曜日よりは圧倒的に選択肢が狭まるのも事実だけれど、日曜日に営ってくれているお店にはちょこっと感謝しなければなりません。

北千住は荒川の堤防際に建つ学びピア21では、
七階にあるレストランさくらのバルコニーが素晴らしい。
恒例の講座からの打ち上げに絶好のロケーションなのだけど、
その日に限って貸切されてしまっていて、残念無念。
已むなく打ち上げの店を探しつつ、
北千住駅方面へと漫ろ歩きしたのでありました。

いつぞやの牛串煮込み「藤や」はまだしも、
そのお向かいの有名店「徳多和良」は立ち呑みの店で団体さまお断り。
居酒屋「大はし」は勿論のこと「千住の永見」も日曜はお休みだ。
どうしてこう、居酒屋みたいなところしか知らないのだろう(笑)と、
苦笑いしながらサンロードという裏通りを歩いていたら、
横張りした板の空色が印象的な店のファサードに立ち止まる。
駅前の路地でも見たような気もする記号は「2538」。
ここなんか、いいのじゃないでしょか。

そんなこんなで、開店直後の店の二階に上がり込む。
253801女性受けもしそうな、どこか可愛らしいインテリア。
その隅っこのテーブルを囲みました。

グラスワインの4種セットなんて嬉しいタイトルを目に留めて、
早速白ワインで註文してみるい。253802説明によれば、仏蘭西の「フラマン」に、
西班牙の「ファウスティーノ7世」。
ブルゴーニュのシャルドネ「レ・ロジェ」に日替わりのもう品。
地域も葡萄品種もあれこれ異なるグラスを愉しめて、
グラスの凸凹変化もまた一興。
それで楽しくなってくるのは酔った所為(笑)?

俎板お皿に一緒盛りしてくれたのは、
「お肉の前菜盛り合わせ」。253803253804「パテ・ド・カンパーニュ」や「鶏白レバーパテ」「豚のリエット」、
生ハムや自家製ピクルスなんかの上に、
炙ったバゲットが被さるように載っている。
当然のようにワインが似合うお皿に、
これだけでいっか!みたない気分なってきます(笑)。

奥の壁に提げられた黒板を見上げると、
その筆頭にあったのが、この日のキッシュのご案内。253805253806今日のお題は、ほうれん草ズッキーニ。
うんうん、ジャガイモの甘さも、
ズッキーニの歯触りも悪くない。
そして勿論、グラスのワインがよく似合う。

2583(ニコミヤ)っつーくらいだからやっぱり、
煮込み料理をいただきましょうとお願いしていたお皿のひとつが、
2538オリジナルの「野菜たっぷりポトフ」。253807トマト風味のスープとしているところが特徴で、
煮込んでくたっとなった野菜と歯触りを残した野菜とが協演してる。
エキス滲むスープはスープで美味しくて、
ほろっとしたお肉はお肉であっさりといただけます。

煮込み料理5品のうちのもうひと品が、
ご存知「カスレ」。253808ソーセージ、塩豚と白インゲン豆の煮込みと副題があるように、
熱々のお皿目一杯に腸詰や豚の肉塊なぞが詰まっていて、
隙間を白隠元豆が埋めています。
太いソーセージを引っ張り出してから、
お豆がメインよとばかりに摘んではワインのグラスを傾けます。

ワイン吞み切っちゃったのでどうしようと悩んで、
選んでみたのが「シロックハイボール」。253809「シロック」というのは、葡萄でつくられたウォッカであるという。
ブランデーともグラッパともちょと違う葡萄の蒸溜酒であるらしい。
云われてみれば、葡萄の香りがするような柑橘の風味がするような。
あれ?でも、なかなか強いのかも(笑)。

そしてそして、煮込み屋名物と謳うは、
「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」。253810それはもう、期待通りの柔らかさと、
赤ワインやブイヨンの旨味を煮含んだ艶やかなコク味。
ハイ、赤ワインを貰いましょうね。

北千住の裏通り、サンロードの中程に、
煮込み料理を軸に据えたビストロ「2538②」がある。253813駅前の丸井の前から宿場通りに抜ける路地にあるのが、
北千住ワイン酒場・ビストロ「2538」で、
宿場町通り沿いのビル二階にあるのがItalian Bar「2538」。
そして、当のBistro「2538②」はその後、
和牛肉バル「2538」と変化を遂げているらしい。
黒毛和牛を一頭買いしての、
より肉々しい店になっている模様です。

「2538②」
足立区千住4-19-16 [Map] 03-3870-5600
http://www.c-second.com/

column/03678

長浜屋台「長浜とん吉一休」でご無沙汰の屋台街の静けさに焼酎お湯割り〆のラーメン

tonkichiずっとずっと昔の博多の思い出の一番は、タクシーで乗り付けた長浜の屋台街。
クルマを降りたところからその先に広がる屋台の連なりにまず驚いて。
おずおずと通りの両側に続く屋台の行燈看板を右へ左へとキョロキョロしながら歩き進んで、一番奥から今度は来た道をまたまたキョロキョロしながら引き返す。
結局どの屋台に入ったらよいのかまったく判らず、目に留まったお店にエイヤと飛び込んだ。
つまんで呑んでつまんで呑んでラーメン食べて、なにをどう計算したのか判らない少な過ぎるお愛想の金額にも吃驚したっけ(笑)。

何年振りかもう憶えていない、
長浜の屋台街へとふたたびタクシーで乗り付けた。
往時には確か、道の両側に屋台が居並んでいた筈なのだけど、
港に向かって右側には屋台がない。tonkichi01左手の屋台の数も随分と減ってしまって静かな印象です。

並びの屋台が兄弟店で、注文したツマミによっては、
別の屋台からそれが届くってなこともあったと思い出す。tonkichi02三つ並んだ「長浜とん吉」の屋台の、
真ん中の屋台に隙間を見付けて、
相棒と一緒に潜り込みました。

足許からスースー冷えるのでと、
焼酎のお湯割を所望する。tonkichi03ブロック塀の際に置かれた寸胴は勿論、
長浜ラーメンのスープでありましょう。

焼酎のお供にと一番最初に届いたのが、
「いわし明太焼き」。tonkichi04明太子を鰯のお腹に挟んで焼いたという、
ただそれだけのことなのだけど、
焼けた鰯の皮目の脂と独特の風味が、
半焼けの明太子に良く似合ってなかなかイケる。

串物類から「豚バラ」「味噌ホルモン」「つくね塩焼き」。tonkichi05恐らく冷凍してあるものを焼いたのだろうと、
そんな風にも思うけど、
こんな屋台にコップの焼酎とに良く似合います。

お代わりしたお湯割り焼酎を舐めているところへ、
自家製「餃子」のお皿が届く。tonkichi06ねっとりしたあんの餃子の、
薄手の皮の焼き目が芳ばしい。
焼き立てはなんでも嬉しいものでと、
また焼酎のコップを傾けます。

ここへ来たならやっぱり、
ラーメンをいただかない訳には参りませんと(笑)、
3つの屋台の背後を行き来するお兄さんに声を掛けます。tonkichi07以前の味はもう憶えていないけれど、
ややあっさりにも思うスープ。
やはりあんまりこってりしたり、獣が匂ったりするのは、
特に女性陣には受けが悪いのかもしれないと、
そんな修正がされてきているような気もします。

長浜屋台街の真ん中で、
三つ並んだ同じ屋号の屋台のひとつが「長浜とん吉一休」。tonkichi08どうやら、長浜の屋台9軒はこの2月に、
この場所から約150メートル離れた、
市鮮魚市場南側の市道に集団移転した模様。
福岡市が定めた屋台基本条例に基づく、
再配置の第1弾であるらしい。
屋台条例は、屋台を締め出して撲滅しようというものでもなく、
博多名物として観光資源になっている屋台の存在意義を明記した上で、
今後の存続を前提としつつ、
屋台に営業ルールを守ることを求めるもの。
地元の事情や賛否はきっと色々あるものの、
ぜひ屋台の情緒と活気を存続させて欲しいと、
たまーにしか訪れないクセして勝手なことを思うのでありました。
今度は天神辺りのあの屋台に行かなくちゃだね。

「長浜とん吉一休」
福岡市中央区港1-10 長浜屋台街 [Map] TEL非公開

column/03677

Noodle Cafe 「BumBun Blau Cafe」で澄んで滋味深き翠のラーメンとズルイ氷の外輪山

bumbun六本木にあったちょっと話題のお店が旗の台に出現したと知ったのは確か、14年の夏頃だったでしょか。
所在はと云えば、旗の台駅東口から南に下る商店街の雑居ビル。
雀荘やカラオケボックス、韓国語教室に「牛角」などが正に雑居したビルの二階。
お隣は居酒屋「庄や」。
以前、どんなお店だったのか全く憶えていないけど、今は「氷」の幟も貼られたラーメンショップになっています。

知らなければ、なんだか入り難いとも思う面構え(笑)。bumbun01-01“蜂の巣”を意味する「BeeHive」が旧店名のようであります。

商店街に面した窓からの陽射しが明るい店内。bumbun02突き当りから右へL字に伸びた部分に、
カウンターと厨房が据えられています。

テーブル席でいただいたのが、
「名古屋コーチン味玉醤油」。bumbun03なんだか深みのありそうな醤油の色合い。
そんなことを思いながら口に含んだスープは、
すっきりと澄みつつも多層的な旨味がどんどん開いてきて吃驚。
あれま、めっちゃ美味しいじゃありませんか。

あんまり美味しかったので、
裏を返すようにしてカウンターにいた(笑)。bumbun04醤油タレは、弓削田醤油の高級吟醸純生醤油を軸に、
二種類の生醤油を数種類の乾物と一緒に火入れしたもの、
と説かれています。
スープは、添加物なしのハーブ鶏・霧島鶏の丸鶏を、
沖縄金城アグー、瀬戸内産白口煮干と煮込んだものとある。
化学調味料を勿論使っていないから故の澄んだ旨味なのだ。

麺はと云えば、
鮮やかな翠色が印象的なしゃっきりとした歯触りの自家製麺。bumbun05国産小麦100%に数種類のかん水をブレンドし、
スピルリナという濃緑色の単細胞微細藻類を練り込んでいるという。
麺そのものの風味旨味がスープの風味旨味と絶妙に相乗して、
一杯のドンブリ宇宙を盛り立てているのであります。

混み合う前のカウンターにふたたび。bumbun06カウンターに並ぶおひとりさま女性客が多いのもまた、
こちらの特徴と云えましょう。

お待ち兼ねの手許に届いたのは、
「アグー叉焼の塩ラーメン」。bumbun07bumbun08トッピングは、在来種血統書付きのアグー豚の腿肉と、
低温調理の鶏胸肉のチャーシューと食べ口の違う二枚が鎮座。

フレッシュなオリーブオイルを溶いたかのような、
そんな色合いのスープに用いた塩ダレは、
数十種類の乾物の旨味を凝縮し、
モンゴルの岩塩と沖縄の海塩で仕上げたものだという。
bumbun09「全部のせ」のスープも勿論、オリーブオイル色。
幾つものハーブを織り交ぜたような多彩な風味と
奥深い旨味とが濁りなくやってくる。

パッと見では違いの判らないドンブリはなんと、
「白トリュフ塩らーめん」。bumbun10自家製の白トリュフ香味油がスープを覆う。
香味油が効果的なのは、
青森・大鰐シャモロックの丸鶏をふんだんに使ったという、
ベースのスープが多くの脂を含まずに、
すっきりと旨いからに違いない。

サイドメニューはと云うと例えば、
「こだわりの卵かけごはん」。bumbun11さっぱり系アローカナと迷いつつ、
濃厚系名古屋コーチンの卵を選んでみる。
まぁ、不味かろうはずはありませんね(笑)。

ガッツリいっちゃいたい時には、
限定数ありの「アグー叉焼丼」。bumbun12しっとり旨いチャーシューはおそらく、
沖縄在来黒豚金城アグー。
美ら海水族館もほど近い、
今帰仁村あたりから届いたものかもしれません。

ブンブンにはまぜソバもあって、
これも醤油か塩か、場合によっては汁なし担々が選べる。bumbun13bumbun14アルデンテに絶妙に湯掻いた細麺ストレート。
スピルリナ藻の色合いや風味が、
遺憾なく愉しめるのがまぜソバでありましょう。

さらにさらに、つけ麺もそんじょそこらのつけ麺じゃない。bumbun15bumbun16ザルか空のドンブリかなにかに盛られているのが、
つけ麺の通常の姿であるのに対して、
ブンブンのつけ麺は、麺が汁に浸かってる。
それってただのラーメンじゃん!と思うなかれ。
麺を浸しているのはタレを含まない和出汁で、
トリュフオイルでゆっくりとコンフィした、
イベリコ豚の浮かぶつけ汁に絡ませていただくのだ。
そして、麺が浸っていた出汁は、
そのまま割りスープになるってぇ寸法になっている。
なははは、だよね(笑)。

そしてそしてそして、ブンブンのもうひとつの顔が、
幾多にして日々変化するラインナップを持つ氷メニュー。bumbun17bumbun18こんなに沢山食べたらコメカミキーン!やなと思いつつ、
口に含んだ氷の軽やかなことったら。
居並ぶ子女たちがペロンと平らげるその理由が、
ちょっと判った気がしました。

こりゃ負けておられんと、
大人気メニューのひとつらしき、
「いちごエスプーマソース」に挑んでみた。bumbun19どろ~んとしたソースからは、
苺の甘い香りの主張がたっぷりと放たれている。

頂上部から召し上がれというご指南に従ってスプーンを動かすと、
成る程、みっしりと氷が積まれている訳ではなくて、
謂わば、ドーム状になっていて中に空洞がある。bumbun20エスプーマでムースとなった苺のソースと一緒に、
外輪山を削るようにして、スプーンを口へ運ぶ。
削る口へ運ぶ。
削る口へ運ぶ。
削る口へ運ぶ。
削る口へ運ぶ。
ああ、止まらない(笑)。
氷そのものが練乳を凍らせて削ったもののように、
ミルクシロップが浸透している。
それをソースと一緒に口に含めばそのまますっかり、
冷たいイチゴミルク味になるというカタチ。
これをズルイと云わずして、なにをズルイと云えましょうか。

旗の台駅東口近くに澄んで滋味深き翠のラーメンを届けてくれる、
NoodleCafe「BumBunBlauCafe」がある。bumbun20どうやら白トリュフオイルをラーメンに用いたパイオニアであるらしく、
通年でかき氷を供するラーメン店という点でも、
なかなかに稀有な存在でありましょう。
空席待ちの列が出来る忙しさの中で、
併設しているという女性専用エステは果たして稼動しているのかな。
いや、利用したいということではなくて(笑)。

「BumBunBlauCafe」
品川区旗の台3-12-3 J-BOXビル2階 [Map] 03-6426-8848
http://bumbunblaucafe.com/

column/03676

カレーの店「和気藹々」でグリーン咖喱心字池渡る三橋に飛梅大宰府の参道脇で和む

wakiaiai文道の大祖、学問の神様とも崇められる菅原道真公。
道真公を祀る湯島天神(湯島天満宮)には、合格や学問成就を祈願する学生たちが押し寄せるのは、周知の通り。
藤原時平の讒言により大宰府に左遷された藤原公が京の邸宅で詠んだ歌が、
東風(こち)吹かば匂いおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ
京は北野の天神さん、北野天満宮本殿前の梅の花を愛でた時にも、いつか大宰府も訪れてみたいと思っていました。

博多の天神から初めての西鉄に乗り、
西鉄二日市で乗り換えて大宰府駅へ。wakiaiai01wakiaiai02-01天満宮へと続く参道はなかなかの賑わいでありました。

お約束とばかりに、参道の売店で梅ヶ枝餅ひとついただいてから、
北野天満宮でも撫でた御神牛を横目にさらに鳥居を潜る。

そこで早速迎えてくれるのが、心字池に架る太鼓橋。wakiaiai03wakiaiai04太鼓橋-平橋-太鼓橋とみっつの橋が連続して、
“心”の文字のカタチに形造られたという池を渡る。

♪ 心字池にかかる 三つの赤い橋は、
一つ目が過去で 二つ目が現在(いま)
三つ目の橋で君が… と、
さだまさしが1977年のアルバムに収めた「飛梅」で歌ったのが、
この橋のことなのでありますね。

そして、御本殿の右手に大事に囲われているのが、
当の飛梅であるという。wakiaiai05まだ梅の花咲く時季ではなかったのが残念ながらも、
きっとその頃には相当混雑するのでしょね。

「飛梅」に倣い、
♪ 裏庭を抜けて お石の茶屋へ寄って 梅ヶ枝餅を…、
食べるのも手なのかもと思いつくも、
既にもう食べちゃった(笑)。wakiaiai06そこで、お食事処を求めて、駅へと戻る参道を途中から外れてみる。
一軒の古民家と思しき家屋の軒先に、
飲食店らしき気配を感じて近づきました。

割と華奢な硝子戸を引き開けると、
小上がりと呼ぶには広すぎる板の間が迎えてくれる。wakiaiai07何故だか久しぶりに「コロナ」な気分。
ライムを壜に突っ込むスタイルを最初に考えたのは、
何処の何方なのかなぁなんて今更ながらのように思いつつ、
細身の壜を傾けます。

お店の雰囲気は”古民家和カフェ”と云うか、
謂わば”古商家和カフェ”でありますが、
ランチメニューの軸は、カレーというのがなんだか微笑ましい。wakiaiai08wakiaiai09辛過ぎない?と訊いてから(笑)、
揚げ野菜を添えた十五穀米とグリーンカレーをお願いしました。
青唐辛子などなどの風味とココナツミルクの濃度のバランスが、
とてもいい。

デザートには、黒蜜をかけた抹茶を最中で挟んだアイスクリーム。wakiaiai10ちょっとしたことだけど、
涼しい器にただアイスを盛るだけでないひと手間を思いつつ、
大口開けて噛り付く。
店の前の道を通り過ぎる参拝客たちを硝子越しに眺めつつ、
もうひと齧り、ふた齧り。

太宰府天満宮の参道からちょっと外れた静かな横道に、
古商家和カフェ的カレーの店「和気藹々」がある。wakiaiai11ファサードの右手には、ショーケースと思わせる一角もある。
元々はどんなものを商っていたお店だったのでしょう。
お店の名の通り、和やかに穏やかにさせてくれる空間がありました。

「和気藹々」
太宰府市宰府3-2-14 [Map] 092-921-4441

column/03675

Top