スタンディング「8オンス」で白州18年ハイボール松本城の濠の上時空を越えて

世にニッポンの城めぐりを趣味としている方はきっと沢山いらっしゃる。
趣味とは云わないまでも、そこにお城があるならば、是非一度は訪れようと思うのも人情というものでありましょう。
お城ファンは漏れなく攻め込んでいるであろう城のひとつ、松本市の市街地に佇むは、国宝松本城。
Webサイトでは、松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城です。とその概要を紹介しています。

日中に砂利敷きを鳴らして、
おもてなし隊の忍者にちょっかいを出し、
ヒーヒー云い乍ら急な階段を昇り降りするのも一興。
そして一転して、市街地にして森閑とした、
夜の松本城に踏み入るのもいい。酔いを覚ましつつ、散策はゆっくりと。
濠の縁に佇んでしばし、ぼんやりと城の佇まいを眺めます。
ふと時空を超えて往時の時代に吸い込まれそうな、
そんな気が一瞬いたします(笑)。

そんな夜の松本城を離れてのんびり歩き、宿の近くに戻ってくる。
ホテル向かいの角地にあるのが、酒販店の「平出商店」。その左側面の壁には、ハートランドの緑色のボトルが並ぶ。
灯りの点ったスタンド看板が示すは、
スタンディングバー「8オンス」だ。

立ち呑みコーナーとして加減のいい、ミニマムな空間がいい。白州に山崎などなどなど。
注文を受けるカウンターには、
ウイスキーをはじめとするボトルたちがぎっしりと寄り添って、
出番が来るのを待っています。

お願いしたのは、白州18年のハイボール。あの、蒸溜所の空気感や建物の表情、
樽貯蔵庫の様子などを思い出しつつ、
ツツ、ツツツっとグラスを傾けます。

グラスを手にふと、開け放したドアの向こうを眺め遣る。そこは、東門の井戸。
平出商店・8オンスがある辺りはちょうど、松本城の濠の外周にあたり、
三の丸から外へ出る場所で、東門と馬出しがあったという。
いま立って呑んでいる場所も嘗ての濠の上なのかもと思いつき、
また時空が飛びそうな気になるのは、
美味いハイボールの所為でありましょうか(笑)。

松本城の古の濠の上、東門の井戸の向かいに、
スタンディングバー「8オンス」はある。液体の単位として使用される”オンス(ounce、記号:oz)”は、
バーテンダーが用いるメジャーカップなどによる計量でもお馴染み。
平成8年の8の日に開店したから8オンス。
塩見なゆ女史のWebサイトでは、そう紹介している。
酒販店「平出商店」の角打ちが進化したのが、
いまの「8オンス」のカタチなのでしょう。
また松本を訪れる機会があったなら、
近くのホテルを宿としてふたたび定めたい。
宿の近くに止まり木があるって、いいよね。

「8オンス」
松本市大手4丁目10-13[Map]0263-32-0179

column/038259

創作洋風料理「KIKUO」でたっぷりサラダ豚肩コンフィ北総豚生姜焼テラスのお昼時

すずらん通りと平成通りとを結ぶ、八丁堀の横丁のひとつによく潜り入る。
炉端「かてて八丁堀はなれ」の斜向かいから、近年界隈でもニョキニョキと林立しているマンションを右手に進む。
横丁に入って左手のもつ鍋「一慶」は、既に解体されてしまった。
その二階にあった「島田洋七の鍋のちカレー」は、看板を掲げてはいたものの、結局営っているのかいないの判らないままだった。

そのまま歩くと右手に、
銀座から移転して様相を変えた定食居酒屋の「八眞茂登」があり、
その並びのテラスのあるお店が、
創作洋風料理WineBar「KIKUO」だ。陽光麗しき頃には、テラス席が断然いい。

例えば、「豚肩ロースコンフィ しょうが風味」をテラスの一席で。ご無沙汰してしまっている新富町「Coulis」の登場以来界隈では、
サラダてんこもりのプレートを供するお店が少なからず出没している。
こちら「KIKUO」でも基本、サラダたっぷり。
webページの冒頭にもそうあるように、
店主の故郷・千葉県栗源からのものも含むであろう、
シャキシャキの野菜たちをたんまりと摂ることができるんだ。

野菜たっぷりに視線が向かい勝ちではあるけれど、
なかなかの厚切りの豚肩ロースのコンフィも、
ゴルゴンゾーラソースを纏わせた鶏モモ肉のソテーも、
食べ応えたっぷりワシワシ系。まったーりと鶏モモを包むゴルゴンゾーラの風味。
その最中から鶏の旨味がニュンと顔を出す。
こいつぁー昼からワインが欲しい(笑)。

風強めのおひる時などではカウンターに場所を得る。
2017年のオープンの頃だったか、
武蔵小山「かぶ」を思い出しつつ、
ローストビーフ丼をいただいたことがある。
それに代わって最近では「ローストビーフサンド」だったりする。主題がパンものとなっても、サラダたっぷりは変わらない。
織り込んでギュッとバンズの間に詰め込んだローストビーフは、
しっとりとジワッと旨味が華開く。

秋も深まった頃、内外に若干の改装を施して、
様子が少し変わったのはやはりコロナ禍への対策か。テラス席もテーブルの配置が変わったように映ります。

そんなプチリニューアルのテラスにて、
「北総豚と茄子のしょうが焼き」サラダ少な目。コレで少な目?といつも思うほど、
サラダは量も野菜の種類も盛り沢山。
甘みシズルで柔らかな豚肉も食べ応え十分にして、旨い。

すずらん通りと平成通りとの横丁に、
創作洋風料理のワインバル「KIKUO」はある。ワインに通じバリスタでもあるという女性オーナーシェフが、
地元栗源(香取市)方面からの素材を活かして繰り出す“創作洋風料理”は、
量感に溢れ活き活きとして食べ手に迫る。
ランチばかりでなく偶には、
夕暮れ時のテラスにワイン片手に佇みたい。
そう云えば、二階にあった貝焼「祥音」は、
何処へ行ってしまったのでしょう。

「KIKUO」
中央区八丁堀3-15-11 洋邦ビル1F[Map]03-6222-8043
https://kikuo.business.site/
column/038258

普段着フレンチ「La mignonnette」でさくら通りとオニグラロールキャベツと

全国に”さくら通り”と呼ばれる通りが幾つあることでしょう。
染井吉野の南限とされる鹿児島以南の沖縄や北限とされる例のある北海道道央の美唄市以北には、およそないかもしれないけれど、それ以外の長く広い地域で”さくら通り”が存在し得ることになる。
そう云えば、緋寒桜の咲く沖縄には、牧志に桜坂通りなんて歓楽街があるし、あの旭山動物園のある旭山公園では蝦夷山桜が薄紅色の花を咲かせるらしい。

身近なる中央区内にも、
“さくら通り”と呼ばれる通りがあるのは、周知の通り。
新川の霊岸島辺りから、ご存じ やき鳥「宮川」の前を通り、
首都高を跨ぎ、昭和通りを交叉して髙島屋の脇に出る桜並木。
そのまま東京駅方向へ抜けていく道が、”さくら通り”だ。

コロナ禍が蜷局を巻き、
例年にない様相を呈しはじめていたこの三月下旬。
日本橋のさくら通りは、例年通りに染井吉野が花開いていました。日本橋プラザビルを背にして、桜の幹越しに覗く狭い路地。
そこが目的地のある横丁なのであります。

横丁の向こう側にいつもある海鮮丼「つじ半」の行列を横目にし乍ら、
狭くて急な階段を昇る。厨房をL字に囲んだ客席フロアも程よくこぢんまり。
6席のカウンターにテーブルが5卓ほどでありましょうか。

まだちょっと肌寒い頃にいただいたのは「オニオングラタンスープ」。ライオンボールの脇に豪快に吹き零れたスープが、いい。
炒めた玉葱の甘さ旨味をたっぷりと含んだフランスパンと蕩けたチーズ。
美味しいに決まっとるやん!と思わず呟きます(笑)。

今度はロールキャベツが食べたいと、
まだ桜の咲いている頃に訪れるも、
限定数×人気なのか売り切れ御免の刑に遭遇する(笑)。
ならばと註文したのが「ハヤシライス チキンバージョン」であります。まったりとした味わいに酸味が全体を軽くする。
牛肉でなくて腿あたりの鶏肉をトッピングするってのが、
なかなか風変りでありますね。

初夏の或る日には「オムライスのせ欧風カレー」。オムレツは「たいめいけん」のアレのような、
ふるふるとろとろ、ではない。
旨味たっぷりにして優しき辛味のカレーには、
海老粉のような不思議な香りがする。

秋も深まってきたところで漸く、
「ロールキャベツ トマトソース」にありつけた。届いたお皿を直視して忽ち、
エアーズロックのある風景を思い出してしまう(笑)。
周囲を厚く巻いたキャベツもその核たるミンチもみっちりと凝集。
出来れば、デミグラスソースのロールキャベツも所望したいところ。
ロールキャベツには、切れ味鋭いナイフを添えていただくと、
よりテンポよく美味しくいただけるものと思います。

日本橋はさくら通りに接する横丁に、
普段着のフレンチ「La mignonnette ラ・ミニョネット」はある。今度は夕刻あたりにお邪魔して、
気の置けないビストロのお皿たちで気取らないワイングラスを傾けたい。
そんな機会のあらんことを祈ります(笑)。

「La mignonnette」
中央区日本橋3-1-15[Map]03-5542-1601
http://mignonnette.kecj.jp/

column/038257

そば処「庄司屋」山形本店で外一と更科の相盛り天板蕎麦旨し老舗の居心地や佳し

山形市を生まれて初めて訪れたのは、夏の或る日こと。
併結を解き、福島を出て奥羽本線に乗り入れたオレンジラインのミニ新幹線車輛は、スピードを落としてトコトコと在来線のレールの上を進む。
あの、米沢牛を思い出す米沢駅から高畠、赤湯、かみのやま温泉と経由して山形駅に到着する。
そこから新庄まで延伸したのは、1999年(H11年)12月と20年も前のことになるのですね。

十四代やくどき上手、楯野川、上喜元、辯天などなど。
山形県下には、著名な銘柄を持つ酒蔵数多く、
“吟醸王国山形”とも呼ばれている、らしい。

山形駅に降り立ったその夜、酒菜「一」でいただいたお酒は、
山形市内の秀鳳酒造場が醸す「秀鳳」純米大吟醸山田穂45。
山形市内には他に、新政酒造、寿虎屋酒造、そして男山酒造がある。

早めのおひるをと向かった店への途次。
道の突き当りに「男山」と認めた大きな文字が見えた。蔵見学も突然では失礼だろうと思い直して、外観からの様子を眺める。
こんなにご近所の蔵なのですものきっと、
これから訪ねる店にも「男山」のお酒があるのだろうと想像しつつ、
西へと足を進めます。

到着したのは、そば処「庄司屋」山形本店。店先の行燈には「板天」の文字。
大箱過ぎず、飾り気のない実直そうな佇まいが、いい。

囲炉裏を囲む入れ込みのテーブルに案内いただき、ひと心地。店の奥に向けて、座敷が続いているようです。

“山形そば屋の隠し酒”と銘打った、
「男山」の限定特別純米酒「五薫」をお品書きに見付けて早速。小皿に添えてくれた蕎麦味噌が嬉しいじゃぁありませんか(笑)。

葱背負ってやってきた「かも焼き」が美味い。
厚切りにして柔らかな鴨の肉から忌憚のない旨味が零れる。此方では、出汁巻きではなくて「厚焼き玉子」。
自然な甘さのふっくらした味わいもまた、
柔らかな吞み口のお猪口によく似合います。

ご註文は、相盛りの「板天」であります。
新潟だったなら”へぎ”と呼ぶべき長方形の木枠を山形では”板”と呼ぶ。
出汁の旨味が活き活きとしつつ、さらっとした辛汁に浸す、
風味よき外一(といち)の蕎麦、いと旨し。
かと思えば、更科の繊細さに併せ持つ力強さに思わず唸ります。

椎茸に大葉、茄子に隠元、そして海老。天麩羅の揚げっ振りも熟練の仕立て。
こうなると、蕎麦湯の塩梅の良さも自ずと納得のゆくと云うものです。

山形の老舗筆頭の蕎麦処「庄司屋」山形本店は、
居心地も蕎麦も佳し。Webサイトによると「庄司屋」の創業は、慶応年間のことという。
江戸時代末期から明治、大正、昭和、平成、そして令和。
つまりは、150年を超える歴史を刻んできたことになる。
そんな老舗蕎麦店が、
今も生き生きとそこにあることを喜ばしく思います。
近所のひと達が羨ましくてなりません(笑)。

「庄司屋」山形本店
山形市幸町14-28[Map]023-622-1380
https://www.shojiya.jp/

column/038256

レストラン「たいめいけん」でコンソメスープハヤシライスボルシチコールスロー

既設の1、2、3に昨年グランドオープンしたテラス、と室町エリアでの拡充が目覚ましい商業施設コレド。
ただ、ご存じの通りコレドCOREDOが初めて日本橋地区に登場したのは、中央通りと永代通りの交叉する日本橋一丁目のビルにおいてでありました。
コレド日本橋のある日本橋一丁目ビルが建つ前に、あの広い区画に何があったのか、今となってはすぐに思い出せない……。
あ、そうですね、元白木屋であるところの、東急百貨店の日本橋店があったのでした。

COREDO日本橋は一丁目ビルの裏側北側の別棟ANNEXには、
スペイン料理のレストラン「サンパウSANT PAU」があったものの、
平河町のホテル内へと既に移転している。
中央通りに面した寝具専門店 日本橋西川も既に、
コレド日本橋の地階に一時移転して営業している。
以前から何度もお世話になった「九州じゃんがら」日本橋店も閉店し、
同じ裏通り沿いにあった京都銀閣寺「ますたにラーメン」日本橋本店も、
移転先を昭和通り沿いに決めて一時閉店している。

一体全体なにが起きているのか!
そうとなれば真っ先に気になるのが、
「ますたに」向かいの「たいめいけん」。9月の或る週末に嫌な噂を携えつつ、
お久し振りにお邪魔しました。

ホールのお姐さんに訊ねれば、
まだ広く公表はしていないけれど、
10月の中旬以降に閉店することになっているという。
中央通りから昭和通りまで、
そして野村證券の旧館・新館を含む日本橋川までと、
現状の区画を大きく跨いだ大規模な再開発が実行に移されるらしい。

そんな風にバッサリと旧来の町並みをぶっ壊す、
阿漕な発想を最初に抱いたのは、一体どこのどいつだ?
そう憤慨しつつ、こちらでどうかしらと案内された席に着く。椅子の背に刻んだ「たいめいけん」マークや、
天井近くに設えた棚の道具たち。
カトラリーで時刻を飾った時計や配膳台を囲んだサブウェイタイル等々。
遠からずなくなってしまうと思うと勝手なもので、
今までなんとなく眺めていた店内のあれこれが新鮮に目に映ります。

「たいめいけん」と云えばやっぱり、
ご存じ「タンポポオムライス(伊丹十三風)」。
ハムライスの上にこんもりと載せられたオムレツの背に、
一直線にナイフの先を引き入れる儀式がひとつの見せ場。
ただそれは、薄い膜で包まれた玉子のトロトロとハムライスとを
バランスよく混然と美味しく味わうための手法でもある。ただ、もうひとつのタンポポオムライス「ビーフ」は、
同じ所作でオムレツを割き開いてもあんまり美しくはありません(笑)。

「たいめいけん」での飲み物は、瓶や生の麦酒やギネスもあれば、
レモンやライムの「チューハイ」という選択肢もある。
グラスに刻まれた”三代目”の文字に、
松崎しげるバリのガン黒シェフの尊顔を思い浮かべつつ、
当のグラスを傾けます。レバーのコク味が愉しめる「レバーフライ」には、
グラスの赤ワインや黒ビールを合わせてもよいけれど、
下町チックにチューハイでやるのが好みであります。

小瓶なギネスのお相手に「玉子サラダ」は如何でしょう。ひと心地ついてのメインディッシュは「昭和の紙カツカレー」。
叩いて伸ばしたのであろう薄手のカツにチープさなんて、なし。
サクサクと軽快な歯触りの紙カツ。
コックリとした何気に手の込んだカレー。
いいね、いいね。

「たいめいけん」のザ・名物と云えばそれはご存じ、
お代それぞれ50円の「コールスロー」に「ボルシチ」だ。加減よく乳化して酸味ほど良いマリネのコールスロー。
さらっと優しい味付けで料理をそっと支えるボルシチ。
ふわっと柔らかな「ビーフコロッケ」にも勿論よく似合います。

洋食店の矜持が垣間見れる料理のひとつが「ハヤシライス」。例えば、まったりと濃いぃ印象もあった、
丸善~MARUZEN caféのハヤシライスに比べると、
旨味とコク味と酸味の三位一体なバランスが心地よい。

お邪魔するのはいつも一階フロアばかりで、
敷居の高そうな二階は訪れたことがありませんでした。
一階の定休日にノコノコやってきてしまったと或る月曜日。
これを機会と二階への階段を昇りました。お値段も違うお二階は、やっぱり、シックな装い(笑)。
真っ白なクロスが各テーブルを覆っています。

「たいめいけん」が用意するウイスキーが何かと問えば、
その答えは、サントリーオールド。
長くそうしてきたからこその、シブさであります。割り材が、ポッカサッポロの業務用リターナブル瓶、
「Ribbon タンサン」であるところもまた、シブい(笑)。
一階では見掛けることのなかったコースターには、
カラフルなデザインがなされている。
「コールスロー」も二階用にと特製されたものだ。

「ハヤシライス」以上に洋食店の矜持が窺えると思うのが、
本格なる「コンソメスープ」1,500円也だ。浮かべてもらったポーチドエッグの白にコンソメの褐色が映える。
あくまでも穏やかな、それでいて複雑な滋味をゆっくりと味わいます。

お二階の「スパゲッティナポリ風(海老)」もまた、
一階のそれとは格式が異なってくる。残念ながら、ノーモアアルデンテの精神からは外れる、
シャツに飛ぶかも系ではありますが、
個別に用意された粉チーズをふんだんに振り掛けて、
美味しくいただきます。

数ある「たいめいけん」の名物のひとつが、これまたご存じ、
「たいめいけん 特製ラーメン」であります。縁をピンクに染めたチャーシューも、
ピンクがかった煮玉子も特製の証。
コンソメスープとは勿論異なるものの、
大きな寸胴から汲み上げられたであろうスープには、
洋食店の手法と感性が生み出す魅力がやっぱり宿っている。
麺の形状は変わったような気がするなぁと、
ラーメンコーナーで立ち喰いしたあの頃を思い浮かべます。

10月になったならばコレも食べておかねばなりますまい(笑)。猛暑による海水温の高さの影響か、
今年は真牡蠣の身入りがまだ良くない模様。
ともあれ、駆け込みで食べられたことを倖せに思いましょう。

老舗洋食店「たいめいけん」ここにあり。「たいめいけん」の創業は、1931年(昭和6年)、新川でのことという。
「たいめいけん」のルーツは、京橋にあった西支御料理処「泰明軒」。
1948年(昭和23年)に日本橋に移転した際に、
「たいめいけん」とその名を改めたらしい。
つまりは、70年以上もここ日本橋一丁目にあることになる。
そんな「たいめいけん」が、
この地区の大規模な再開発により一時休業する事態となった。
再開発ということは、単なる休業では勿論、ない。
嗚呼、また、老舗の一軒が取り壊されようとしています。

「たいめいけん」
中央区日本橋1-12-10[Map]03-3271-2465
https://www.taimeiken.co.jp/

column/03824

Top