米国風洋食「センターグリル」でカキフライに生姜焼きナポリタン健在野毛のアイコン

一時はいっそ此処へ転居してしまおうかとさえ思った野毛の町。
まぁ静かに暮らすには向かないのは誰もが思うところではある。
下町とはまたちょっと違う、ちょっとヤサグレタ空気を悪くないと思った時季があったんだ。
野毛の町中ではなくて、県立音楽堂のある紅葉坂を上がり切った辺りとかもいいのじゃないかとなんとなく考えたりしたものです。

焼鳥「野毛末広」の混雑具合を横目に見ながら、
そうだ、お久し振りに「センターグリル」へお邪魔しようと、
足を向けたあの日。
お店のある区画の角に立つと左手と右手の両方に、
お店の入口を覆う庇の青いテントが見える。右手の店の間口もまた小じんまりしていて、
こちらがつまりは、別館であるようです。
入口の硝子戸に「センターグリル」のエンブレムを飾っています。

コップ立てを兼ねたメニュースタンドを初めて見た。ありそうでいてなかなかお目にかかれないのが、
洋食店のコンソメスープ。
きっと想像以上にコストと手間がかかり、
かつ割と味わいの劣化が早いのかもしれないな。
そんなことを考えつつ、カップのスープをいただいて、
ゆるゆるっとした気分に浸ります。

冬の時季のご註文は、勿論「カキフライ」。ステンレスのお皿が苦手だったオッちゃんは、
今頃どうしているかななどと思いつつ、盛り付けの姿を眺める。
アイスクリームディッシャーを使って載せたポテサラに、
刻み立てを思わせる千切りキャベツとトマト。
そしてお約束の素ナポ。
大きさ丁度よいカキフライは、大サービスの6個盛り。
王道の揚げ上がりであります。

お皿ごとに素ナポがあるのは承知しつつ、
併せてオーダーしてしまう「ナポリタン」。ノーモアアルデンテをそれが基本と実践する。
ニッポンの正しきナポリタンの姿の一端はそこにあるンだなぁと、
そんなことを独り言ちつつ(笑)、
横に持ったフォークをくるくる駆使してペロンと平らげるのです。

それから二か月後にふたたび、今度は本館の方へお邪魔する。なんのことはないのだけれど、
異国情緒をほんの少し帯びた佇まいがいい。
カップのスープは、ポタージュにしましょう。

カキフライ、ナポリタンに続くお目当てはやっぱり「しょうが焼き」。鉄のフライパンをガコガコして手早く炒め焼く、
そんな厨房の様子が容易に想像できるよなロースの生姜焼き。
おろし生姜の利きも程よく、
なによりちまちましていないのがいい。

それからあっという間に二年余りの月日が過ぎたこの春。
またまたお久し振りに野毛の町の「センターグリル」へとやってきた。
するとなんと、別館のファサードが、
別のお店のそれになっているではないですか。まさかなくなっちゃったってことはないよなと、
慌て気味に本館前に行くと、あの頃のままの店の顔があって、
妙な安堵を覚えたのでした(笑)。

ドアを引き開け、そのまま二階への階段を上がると、
以前とはなにやら店内の様子が違う。
別館があった右手方向が閉じている代わりに、
左手方向が開けているのだ。’18年の2月頃にリニューアルしたようで、
隣の角地にあった洋服店部分を使って拡張していたのです。

まずは、グラスのビールと一緒に改めて「ナポリタン」を。うんうん、これや(笑)。
店のwebページによると、
麺は日本初のスパゲッティ「ボルカノ」の2.2mm極太麺。
ゆでて一晩寝かせてもっちり感をだしてます、とある。
ナポリタン元祖の「ホテルニューグランド」の「ナポリタン」は、
生トマトを使ったソースで作られたもの。
しかし当店では創業時からケチャップを使用しています。
当時、ホテルで使っていたような生トマトは希少な高級品で、
街の洋食店では手に入りずらく、ケチャップで代用していた、と。
ニッポンの正しきナポリタンの姿のもうひとつの側面は、
調理についての以下の一文にある。
ケチャップを入れてからしっかりと炒めることにより酸味が飛び、
甘みが引き出されています。

腹ペコが手伝ってまた、無茶な註文をしてしまう(笑)。
またまた素ナポかぶりの「しょうが焼き」だ。豚ロースの肉片のひとつひとつが大振りになった様子。
肉の縁なぞに包丁を入れても間に合わないのか、
焼いたお肉が反り返っているけど、
いいのいいのそんな細かいことはね(笑)。

野毛の町のアイコンのひとつ米国風洋食「センターグリル」が、
新しい表情を街角に現した。狭い間口をふたつ持っていた従前の姿から進化して、
柳通りのゲートに寄り添うように建つ姿はなかなか良い。
店名「センターグリル」についてwebページには、
初代・石橋豊吉は「ホテルニューグランド」の初代総料理長、
サリー・ワイル氏が経営していた「センターホテル」で働いて、
「センターグリル」として開業しました、とある。
“センター”の名は、ホテルの名前に由来していたのですね。

「センターグリル」
横浜市中区花咲町1-9 [Map] 045-241-7327
http://www.center-grill.com/

column/03789

御そば打處「野麦」で端正な面持ちのざるの蕎麦五種の具の淡々と旨いかけの蕎麦

中央本線の特急が発着する新宿駅9・10番線ホーム。
あずさ号へと乗り込む外国人の姿を見掛けるのもすっかり定番となりました。
2019年3月のダイヤ改正で、かいじともE353系車輌に統一され、塩山駅、山梨市駅、石和温泉駅を通過することを含めて、松本までの下り列車の平均で6分の所要時間短縮を見込んでいるという。
それに併せて、聞き慣れた「スーパーあずさ」の列車愛称名を廃止したそうだ。

松本駅の驛舎を背にしておよそ真っ直ぐ歩いてゆくと、
何故かその入口に立っていることになる高砂通り。
何時ぞやの蕎麦処「源智のそば」は、
豊かな水の流れに沿う様にゆけば辿り着く。そんな高砂通りを左に折れて離れて、
蔵の在る街並みが粋な雰囲気を醸す中町通りへと向かう。
すると、これまた何時ぞやのカレー店「デリー」が角に見えてくる。

お邪魔したのは、松本で夙に知られた御そば打處「野麦」。食事のメニューは「ざるそば」に「かけそば」。
他には冷酒に燗酒、焼酎のそば湯割などがあるだけという潔さです。

何故だか清らかな水に晒した様子を髣髴とさせる笊の蕎麦。あくまで細い蕎麦切りは不揃いなく端正な面持ち。
箸に載せたそれは、繊細さの中に芯の強さがあるような。

特注品と思しき笊が機能的にして美しい。品書きの隅に記された一文によれば、
戸隠の渡辺さんと仰る方の作であるらしい。

「野麦」初訪問から彼此二年。
ふたたび高砂通りから中町通りへと回り込むように歩く。
蔵の在る中町通りをプチ散策して、
例の「デリー」の店先を眺めて異変に気づく。
ドア硝子の貼紙には、
創業来47年に亘る厚情への感謝の念が綴られていました。

この日は入口脇の入れ込みのテーブルに席を得られた。欲張って「ざるそば」と「かけそば」それぞれ一人前をとお願いすると、
ならば「ざるそば」を先にお出ししますね、とご主人。
早速辛汁の徳利や薬味、
そして切り干し大根の載った小皿が用意されました。

改めて見遣る「ざるそば」は、実に端正な景色出汁のよく利いた決して辛過ぎないつゆに、
素朴な蕎麦の甘さが引き出されるようで、
素直に美味い。

「かけそば」のどんぶりには、五つの具が載る。炙って刻んだお揚げに煮付けた椎茸、
湯通しした菠薐草に海苔、半裁の煮玉子。

甘汁はあくまでも澄んで、それでいて淡々と旨味を湛える。仄甘い滋味や風味、喉越しといった蕎麦そのものの魅力は、
確かに「ざるそば」でこそ味わえるものだけど、
「かけ」の蕎麦の、ちょっとゆるっとした辺りにもまた、
ほっとさせるような別の魅力もあると思うのです。

松本は蔵の在る街中町通り近くに御そば打處「野麦」はある。時に混み合う人気店にあっても、
四人掛けのテーブルが三卓とこじんまりとしているのが、いい。
小さな店内に流れる時間がゆっくりとしていて、
自ずと目の前の笊やどんぶりと素直に向き合うこととなるのです。

「野麦」
松本市中央2-9-11 [Map] 0263-36-3753
http://nomugi.o.oo7.jp/

column/03788

鳥料理「おが和」で行列大人気のやきとり重ひるから大満喫大満足人形町の裏通り

どちらかというと、甘酒横丁の筋から日本橋公会堂のある辺りへ足を向けることの多い人形町のおひる時。
帯広駅前の元祖豚丼「ぱんちょう」が懐かしくて、人形町通り沿いの「ぶたいち」東京人形町店へお邪魔した帰り道。
こちら側へは久し振りだなぁと何の気はなしに、人形町通りと金座通りとが区分ける北側のエリアを徘徊しました。

すると一本裏手の通りに行列をつくる店があるではありませんか。やや出足早めの行列は、此処での恒例となっている模様。
行列先頭の前で揺れる暖簾の主は、
鳥料理「おが和」であります。

女将さんらしき女性に招き入れられて、
流れ込むように一気に席を埋める行列のひと達。案内されたL字カウンターの隅では、
目の前に置かれた焼き台からの煙が舞ってはすぐさま、
排気ダクトへと吸い込まれてゆきます。

カウンターの各所に順次膳が配られ、
その順番が自分の目の前にもやってきました。使い込まれて一部塗装の剥げたお重の蓋をそっと外す。
湯気とともに早速、唾液を誘うような光景が目に飛び込んできます。

湯気の中に含む、芳ばしさと甘塩っぱい気配がいい。鳥肉を覆う照りに急かされるように箸を伸ばす。
あああ、期待通りの味わい、そして柔らかな噛み応え。
思わずさらに急いてその鶏肉、
そしてご飯を掻き込むようにしてしまうのは何故でしょう(笑)。

裏を返すように訪れると今度は、L字カウンターの角辺り。ちょうど正面にどんどんと鶏肉を焼いていく所作が拝める。
そこでふと宮崎地鶏の炭火焼をいただいた時のことを思い出す。
炭火の上に置いた網の上を転がすように焼くと、
結果的に網についた煤を鶏肉に纏わせる格好となって、
場合によっては残念なことになる。
なのでこうしてガスの火で焼くのも悪いことじゃないってね。

「やきとり重」を肉増しでお願いしたら、
お重の蓋がやっぱりちょっと閉まり切らない(笑)。ボリュームを増した、芳ばしくて柔らかな鶏肉を大満喫。
重箱の隅までつついてご飯を綺麗に平らげて、
お腹を擦りながら満足顔で柑子色の暖簾を後にします。

人形町の裏通りにやきとり重で行列人気の鳥料理「おが和」がある。ひるのお重が美味しければきっと、
夜のあれこれも佳いに違いないと思うものの、
夜の営業情報が見付からない。
忙しいひる営業で精魂尽きて、
夜までお店の体力が回らないのかもしれません。

「おが和」
中央区日本橋人形町3-11-2 [Map] 03-3661-8711

column/03787

キッチン「たか」でかきのバターソースにポークジンジャーハンバーグ車力門通り

丸の内線の四谷三丁目駅のある外苑東通りとの交叉点から新宿通りを四谷駅方向へ。
北へと伸びる横丁の二本目が、入り口に懐かしの支那そば「まるいち」のある杉大門通り。
その先を右手にクランクすれば、鮨「てる」本格焼酎屋「羅無櫓」のある柳新道通りと呼ぶ小路だ。

そして、もう一本四谷寄りの横丁が車力門通り。「車力門通り」という呼び名は、
江戸時代にこの地に美濃国高須藩藩主・松平義行の屋敷があり、
上屋敷の裏門には御所車(車輪)の文様が描かれていて、
この通りを通じてその門へと、
荷車が出入りしていたことに由来する、らしい。

荒木町のメインストリートとでも呼ぶべき通りには、
その両脇の小路を含めて沢山の気になる飲食店が並ぶ。荒木町に住んでしまいたいと、
来る度に思うのは勿論、その所為なのだけど(笑)。
そんな荒木町のアイコンのひとつに思うキッチン「たか」は、
車力門通りのに入って右手ひとつめの袋小路の入口角にある。

冬季限定メニューから選ぶのは、「かきのバターソテー」。
いや、冬場にわざわざこれを目掛けてやってくる、
と云うのが正しいかもしれない。大き過ぎず、小さ過ぎずの牡蠣の身がひと回り薄衣を纏い、
その衣に守られつつバターソースに揚げ焼かれて。
もう、これ、旨くない訳がないというね。
かつれつ「四谷たけだ」とどっちがよいかなんて、
比べてる場合ではありません(笑)。

ここらは4、5年前の思い出。
夕方近くやすっかり夜の帳が下りてから訪れると、
売切れ閉店の憂き目にあうことも少なくない「たか」だけど、
しっかり営業しているラッキーな夜も勿論あった。その頃は入口の扉の横の壁に、
メニュー写真をコラージュするように沢山貼り込んでいたっけ。
「たか」を訪れる度にその奥の袋小路も覗き込むのだけれど、
他の店には一度もお邪魔したことがありません。

きっとGingerちんはとっくに召し上がっておられるであろう、
といえばそれは、「ポークジンジャー」のお皿。しっかりと揚げ焼きして芳ばしい膜をつくる。
ナイフを入れ、ぴりっと生姜の利いたソースと一緒に口に運べば、
ムホホと笑顔を誘ってくれるのです。

コロンとした「ハンバーグ」のお皿は、
目玉焼きを添えて、如何にも”らしい”佇まい。真ん中にナイフを挿し入れれば、程ほどに肉汁溢れる。
ただそれよりも、濃密にしてすっきりとした旨味のデミソースがいい。
半熟目玉焼きの黄身ソースをそこへ混ぜ込むのもお約束です。

四谷荒木町は車力門通り沿いにキッチン「たか」はある。「トマトのビーフ」や「しょうがのビーフ」といった牛肉メニューに、
「レモンガーリックソースポークソテー」などなどの豚肉メニュー、
「マスタードソースのチキンソテー」などの鶏肉ソテーメニューも、
ずっとずっと気掛かりなまま。
「鮭のバターソテー」をはじめとする魚介メニューはもとより、
「黒ソースのオムライス」や定番「カレーライス」と、
ご飯ものメニューにも宿題課題が目白押し。
ただただ残念なのは、
頃合いのいい時間帯に荒木町にいるというのが、
案外と難儀なことであります。

「たか」
新宿区荒木町3-1 [Map] 03-3356-2646

column/03786

割烹「千代娘」で公魚南蛮漬八幡巻ぐじ焼鰆フライ熱燗千代娘路面電車の走る街

路面電車の走る街はいい街だ。
初めて豊橋を訪れた際には、炎天下に駅の西口界隈をうろうろしただけで移動してしまい、東口駅前で路面電車が発着していることを知りもしなかった。
東海地方で路面電車が走るのは、豊橋が唯一であるようで、そんな点からも貴重な軌道と云えるのかもしれません。

カルミアという駅ビルを抜けてデッキへ出ると、
眼下に路面電車 豊橋市内線の駅前駅に停車している車輌が拝める。
駅前の大通りを歩いていると、
ゴゴゴゴとレールを軋ませて電車がやってくる。あれ?おでんしゃ?
どうやら冬場にのみ運行する、
ビール飲み放題・おでん・弁当付の”走る屋台”であるらしい。
おでんしゃの昼便なんてのもいいかも思いつつ、
その背中を見送ります。

駅前の大通りを北側に離れて、飲食店街を辿り、
誘われるように斜めに交叉する道へと逸れて進む。
すると懐かしき風情のうどんそば処「勢川 本店」前に出る。

目的地はその「勢川」の左手の脇道を入ったところにある。暗がりにここにあるよと灯りを点す割烹「千代娘」。
暖簾に掲げた家紋は、矢尻付き三本違矢でありましょか。

メニューが経木に筆書きされるだけで妙に嬉しいお年頃(笑)。お猪口を籠から選べるのもやっぱり、
ちょっと愉しいものでありますね。

カウンターに腰を降ろせば目の前に大皿が並ぶ。隅の大皿を指差してお願いしたのが、「公魚の南蛮漬け」。
わかさぎが纏うは、薄衣。
公魚独特の香りが、さっぱりとそして滋味深くいただけます。

店が冠した名と同じ静岡の酒「千代娘」をぬる燗で。選んだお銚子を手に「煮びたし」に「たこ煮」。
小鉢に箸を伸ばしては、つつーっとね(笑)。
蛸には練り辛子が合うのですね。

並ぶ大皿のひとつにあった料理が「八幡巻き」。荻窪「川勢」の「八幡巻き」とは随分と違う井出達。
下煮した牛蒡を軸にして鰻を巻き、焼き上げて輪切りにしてある。
見た目もぱりっとした皮目が誘う。
そのぱりっとと鰻の滋味と牛蒡の歯触りの取り合わせが、なんともいい。

太刀魚、銀鱈、鯖、笹鰈とある中から「ぐじ」を焼いてもらう。甘鯛といえば、松笠揚げ、松笠焼き。
じっくりと火を通された鱗が表情を現す。
ふわっと柔らかな身は、なんだかほっとする味わいだ。

裏を返してふたたび「千代娘」のカウンター。カウンターの頭上と同じ柑子色の暖簾が、
風に揺れているのが入口扉の硝子越しに見えます。

この日のお通しは、ふろふき大根。
味噌だれはやっぱり、八丁味噌基調であります。料理屋の腕っぷしを占うもののひとつが「ポテトサラダ」。
ほろほろとしつつ適度にしっとりとして、
粒子が粗過ぎず細か過ぎず。
美味しゅう御座います。

椅子からちょっと立ち上がって、大皿の様子を眺める。「とこぶし」がありますねと早速所望する。
味がよく沁みつつも柔らかに煮付てあって、佳い佳い。

地元豊橋の酒だという「四海王」の「福 純米」をいただく。
あったら註文むよね!のお約束通りにお願いしていた、
「〆鯖」の鈍く光る銀のテクスチャがやってくる。酢〆の塩梅も過ぎず、浅過ぎず。
それにしても鯖ってぇヤツは、
塩で焼いても味噌で煮ても酢で〆ても旨いというね、
などど思わず呟いてします(笑)。

いただいていた豊橋「四海王」の純米大吟醸「夢吟香」から、
熟成芋焼酎「黒甕」の水割りにグラスを替える。芋な焼酎には中京圏らしさも滲む「もつどて煮」。
こっくりした味わいのもつもまたよろし。
そうそう、こうしてちゃんと長さのある「きんぴら」が好みなのです。

順番として相応しいか判らないけれど、
最後の最後に「鰆フライ」。身離れの良さそうな淡白そうな身がじわじわっと旨い。
割烹で魚のフライで芋焼酎ってのもオツなものです(笑)。

路面電車の発着する豊橋駅東口から徒歩7分ほど。
飲食店街から少し離れた暗がりに割烹「千代娘」はある。「千代娘」は、創業昭和32年。
ということは、先代がおられたということなのでしょう。
するってぇと働き振りも甲斐甲斐しい娘さんは、
三代目ということになる。
右手の厨房側に掲げた額の調理師免許証には、
三ツ矢何某とその名がある。
成る程、暖簾の家紋は、
ご主人の、そして娘さんの姓そのままだったのですね。

「千代娘」
豊橋市松葉町3-83 [Map] 0532-54-7135
http://chiyomusume.jp/

column/03785

Top