浦村かき直売「中山養殖場」で水に濯ぐ採れ立て生牡蠣と手焼きの焼牡蠣に感服

ふわっとした量感のある麺とコックリとしたたまりの汁の「ちとせ」の伊勢うどんとか、居酒屋「一月家」の「鮫だれ」とか。
「美鈴」の絶品焼餃子とか、蔵に潜んだ居酒屋「虎丸」の佇まいと「かき土手ねぎ焼き」とか。
おかげ横丁の賑わいの先にある、神宮の宇治橋を超えたところで包まれたなんとも云えない神聖な空気もまた印象的な伊勢の街とその表情たち。

日本全国から、いや世界からも人々が足を運ぶ伊勢だもの、
三重県の県庁所在地でもあるのだよねなんて思いがちなのは、
ワタシだけでありましょか。

この日は、伊勢市でも四日市市でもない、
三重県の県庁所在地、津の駅を通り過ぎ、
更に近鉄伊勢市駅や宇治山田駅さえも通過して、
やって来ました鳥羽の町。

寄らせてもらった駅前の古びた旅館の窓からは、
伊勢湾の入口から遠州灘が見渡せる。駅前からの通りに面した男性用大浴場は、
思い切り素通しの硝子張りでありました(笑)。

その旅館から目と鼻の先にあるのが、
ご存知ミキモトの真珠島。
今もさぞかし、質のいい真珠を育んでいるのだろうと思っていたら、
予約しておいたタクシーの運転手のオヤジさん曰くは、
もう随分前から鳥羽では真珠をつくっていないそう。
こんなに綺麗に見える海でも、
真珠養殖に求められる海水の清澄さとか温度とかがきっと、
すっかり変わってしまっているのでしょう。
昨夏またまた大きな被害となった珊瑚の白化を思い出させます(泣)。

そんな現状に照らすと少々物悲しくも響く、
“パールロード”を辿って辿り着いたのは、
永らく気になっていた「中山かき養殖場」。小屋の裏手は生浦湾。
まだ午前9時だというのに人が集まり始めています。

まずは、引き戸の硝子に貼られている表に、
名前と個数を書き込むところから一日が始まる(笑)。これは焼き牡蠣の註文リストとなっていて、
中にはひとりで、20も30も喰らうひともいるようだけど、
控えめが美味しいと心得ているところ。
そんな個数を書き込みました。

焼き牡蠣の註文を済ませたら、小屋の中の列に並ぶ。
そのすぐ脇でお姐さんがせっせと殻を剥いてくれている。積み上げた駕籠の中は勿論、
採れたての牡蠣牡蠣牡蠣。
売るほどあるとはこのことだ(笑)。

お姐さんに剥いてもらった生牡蠣五つ。浜から揚がったばかりとも思う、
剥きたての牡蠣をいただくのは久し振り。

牡蠣剥いてくれたお姐さんの食べ方ご指南はなんと、
殻から外した牡蠣の身を一緒に添えてくれたお椀の水に泳がせて、
塩っ気を濯いでから召し上がれというもの。
海水が塩辛いのは至極当然のことなので、
こうすることでしょっぱさの呪縛から解き放たれて、
塩梅のいい具合で新鮮な牡蠣を堪能できるんであります。
いやぁ、いいね、旨いね。

卓上にはポッカレモンの用意もあるけれど、
ここはひとつ、前夜慌てて探して、
鳥羽のコンビニで見つけた檸檬をちょいと搾りたい。 そして、同じコンビニで仕込んでおいた、
カヴァの小瓶を周囲の目を盗む気分で傾ける。
いやはや、朝っぱらから御免なさい(笑)。

旨い旨い生牡蠣とカヴァをスルンといただいた後は、
註文していた焼き牡蠣の順番待ちの時間となる。
湾の水辺まで降りていってしばし佇んだりなんかしているうちに、
自分の順番が近づいてきてちょっとドキドキしたりいたします(笑)。

ドラム缶を半裁したコンロにふたりが付きっ切りで、
金網に牡蠣を並べ、牡蠣の様子を見えては殻を外す。手馴れた所作と焼き具合の見極めはきっと、
数をこなして自ずと体得したものなのでありましょう。

待ちに待った手焼きの焼き牡蠣が、
ひとつまたひとつと手許のお皿に届く。周囲の汁がまだ沸いていて、
その真ん中にふっくらとした牡蠣が湯気を上げる。
はふはふ、ほふほふ。
なはははははは(笑)。
生もいいけどやっぱり火を入れた牡蠣は最高、いやホント。
お願いしていた控えめの数も絶妙な設定だったと、
自画自賛するのでありました(笑)。

鳥羽駅から南下すること車で20分ほど。
かき直売「中山養殖場」は生浦湾見下ろす浦村町にある。きっと今日も駐車場を埋める車と牡蠣の焼き上がりを待つひと達で、
大いに賑わっていることと思います。

「中山養殖場」
三重県鳥羽市浦村町1208-1 [Map] 0599-32-5053

column/03715

味噌らーめんの店「しなり丸」で甘め濃厚白味噌スープ赤味噌くっきり鶏がらスープ

八丁堀で市場通りを横切って亀島橋を渡った八重洲通りが、鍜治橋通りと斜めに交わる交叉点。
新川二丁目信号の角地近くには、「三好 新川本店」というラーメン店がありました。
味よし!値よし!愛想よし!と謳うオレンジ色のターポリン幕を回した外観が印象的でしたが、いつの間にか閉店してしまいました。

そんな新川二丁目信号のところに最近、
行列を作っているラーメン店があると、
会社の同僚から伝え聞く。成る程、「三好」があった建物の並び、
正に交叉点に面して面取りしたような建物に、
「味噌らーめんの店」と題した看板が掲げられていました。

券売機のボタンを覗けば勿論、
並んでいるのは味噌らーめんのあれこれ。
白味噌か赤味噌かを選べるとホールのお姐さんが知らせてくれます。

まずは「ネギチャーシューメン」を白でいただきます。二郎張り、とは云わないものの、
なかなかのこんもり盛りが目を瞠るどんぶり姿。
でも、どうだと言わんばかりの盛り付けではありません。

下地のスープが素直に旨い。
豚に牛に鶏と動物系主体の濃厚スープだというが、
札幌系を十分に髣髴とさせつつも、
しつこくないバランスに仕立てている感じ。信州味噌だという白味噌のコクと甘さが心地いい。
そんなスープにかん水が適度に利いたわしわし麺が似合います。

裏を返すようにして今度は、
「野菜盛りラーメン」を赤で所望する。その名の通り野菜たっぷし。
成る程、赤味噌仕立てのスープは白に比べて、
きりっとすっきりと輪郭のある味わいだ。

こふいふ時はと、
久方ぶりに”天地変返し”を繰り出してみたりする(笑)。こうすると、最初は野菜ばっかりにならず、
バランスよくより美味しくいただくことが叶います。

行列を避けるようにややフライング気味に、
新川にやってきて「豚唐揚げ盛りラーメン」なんて日もあって。パーコーちっくな唐揚げにガッツリ満足の後には、
眠気来襲必至の一杯とも申せましょう(笑)。

厨房には2台の圧力釜が活躍中。
麺箱には「麺の麻生」の刻印がある。
白味噌にはワシワシ太麺、
赤味噌にはシコシコ細麺、
スープに合わせた2種類の麺は、
麻生の麺であるようです。

「しなり丸」では定番のあれこれに加えて、
週替わりと思しき限定ラーメンもスタンバイ。例えば「あんかけ味噌ラーメン」なんて日もあれば、
白味噌で「担々麺」なんて日もある。
でもまぁ、結局ベーシックな「らーめん」か、
野菜たっぷしな「野菜盛りらーめん」あたりに、
戻っていくのですけれどね。

新川二丁目交叉点に行列のある光景を生んだ、
味噌らーめんの店「しなり丸」。メニューの隅には、”成”の文字を丸で囲んだアイコンがある。
カウンター越しに店の名の由来を訊ねたら、
“しなり”は、有志竟成(志ある者は事竟に成る)の”志成”から、
当てたものだそう。
柔らかそうな響きの店名は、
何気に想いと意気込みの滲んだものだったのですね。

「しなり丸」
中央区新川2-12-12 [Map] 03-6222-1175
http://www.grast2009.co.jp/

column/03715

プレモル超達人の店「BEERTERIA PRONTO」で新味プレモルの香りとコクと

東京駅の日本橋口前辺りのビルの一角に勤めていたことがある。
日記を捲れば、それがもう12年程も前のことだと判る。
まぁ日記といってもこのログのことなのだけれど(笑)。
当時、おひる時にはちょくちょく、キッチンストリートの店々のお世話になっていたことも思い出す。
東京駅北口に「キッチンストリート」がオープンしたのは、’04年の10月のこと。
成る程そんな頃だったのですね。

お誘いをいただき久々に訪れたのは、
キッチンストリート北端の店「BEERTERIA PRONTO」。プレモル超達人の店のスタンド看板を振り返って、
目に飛び込んできたポスターのタイトルは、
「”新”ザ・プレミアムモルツ~樽生先行発売中!」だ。

止まり木チックな丸テーブルに腰を着ければ、
早速、件の350ml”新”缶を拝めることと相成ります。さて、現行の缶のデザインとの違いはどこでしょう(笑)。

奥のカウンターを見遣れば、
骨太な指矩型に設えたサーバーに当てたグラスに、
一点集中する達人の姿が映る。さぁ、新しき一杯が出来上がりました。

泡との比率、7:3にも徹底して拘っているという、
そんな達人が注ぎあげたグラスは美しい。プレモルの大幅リニューアルは、
モンドセレクション。ビール部門で3年連続最高金賞を受賞した後、
’12年に挑んだ初リニューアル以来5年振りのことになる。

どうでしょどうでしょと、
早速鼻先をグラスの縁から覗かせて、
つーーっと新味の「プレモル」を試し呑む。
リッチな旨味や芳醇さを持つクセに、
雑味なく、しゅっと品の良い。

そんな第一印象を抱き乍ら次のひと口を。
華やかな香りとその余韻も自慢ですとのお話を聞きいて、
ほうと頷きつつまた次のひと口にグラスを傾ける。そんな、新味「プレモル」には、
当のプレモルに漬け込んだという「プレモルから揚げ」が、
当たり前のようによく似合う。

いまの「プレモル」と比べ呑みしたいよね!と、
ご用意いただいた今「プレモル」と新味「プレモル」。
コクも香りも華やかに豊かなクセして、
しゅっと品良く、端正な味わいであると、
新味「プレモル」の第一印象を確かめます。

新味「プレモル」は勿論、肌理細かな泡で誘い来る。
そして、品の良い香りの誘いは、
「サーモンといくらのカルパッチョ」なんて、
和食の気配も思わせるようなメニューをもすっと盛り立てる。

品よくしての極上リッチなコクと香りに思い出すのは、
ご存知「マスターズドリーム」。
新味「プレモル」は、
「マスターズドリーム」で培った技術をも映して進化を遂げた、
ニクイやつなのであります。

そんな新味「プレモル」を早く提供したくて
、 ウズウズしている「BEERTERIA PRONTO」には、
当然のように新味「プレモル」に似合うメニューがスタンバイ。「ハーブ」「熟成粗挽き」「イベリコ豚ミニ」「生ハム」に、
「絹ごし」「辛口チョリソ」「ハワイアンポチキ」と、
ソーセージのバラエティが素晴らしい。
いざとなれば「丸ごとローストチキン」なんて手もあるみたい(笑)。

プレモル超達人の店「BEERTERIA PRONTO」は、
堂島とここ東京の2店舗のみの展開だそう。そんな「BEERTERIA PRONTO」の樽生で、
いち早く新味「プレモル」の味わいと香りを試し愉しみたい紳士淑女は、
この2月から実施開始の「”プレミアム”フライデー」を待て(笑)!

関連サイト:
新 ザ・プレミアム・モルツ 3月14日、発売

「BEERTERIA PRONTO」東京駅店
千代田区丸の内1-9-1 キッチンストリート [Map] 03-5224-8685

column/03714

BAR「瀬流」でカルバドスChristian Drouin竪町ストリートに寄り添うカウンター

冬場の金沢で、すっかり気に入ったおでん一品料理の店「三幸(みゆき)」。
「かに面」等々の魅力溢るる酒肴で堪能させてくれた「高砂」も勿論いいけれどと話しつつ、義弟と向かった大工町信号近く。
それ相応の混雑は覚悟していたものの「三幸」の店内は、空席待ちで大混雑。
後ろ髪を引かれつつ諦めて、店前の通りを奥へと進む。
「三幸」には兄弟店となる犀川店があるらしいのだよと件の店を覗くとなんと、こちらも満員札止めなのでありました。

こうなったら後は、
野生の勘を働かせて選んだ店に突入するしかないと、
辺りをきょろきょろしながら歩み往く。
処は犀川大橋も程近い片町の裏通り。
おでん・家庭料理処と看板に掲げた、
如何にも小料理屋っぽい「ゆきちゃん」へと闖入しました。

カウンターの向こうの女将さんに、
おでんやポテサラなんかをいただいて、
温めの燗がいいと所望する。
と、女将さんの背後の棚に目が釘付けになる。トランペットにアコーディオン、
クラリネットにハープ、バンジョー。
琴や三線に至るまで。
これらすべてがウイスキーなぞのボトルなのだという。
もしかしたらサントリー社内にも現存しないボトルも、
含まれていたりなんかするのではないかしらん(笑)。

そんな「ゆきちゃん」をほろ酔いのまま辞して、
もう一軒参りましょうと義弟のお誘いに勿論と応じて、
忽然とお洒落なタテマチストリート。
通りからちょっと脇に逸れた処に、
目を惹く意匠のサインがありました。

小洒落た通りにも似合う、
オーセンティックな装いのカウンター。
これまたバックバーで目に留まったカルバドス、
「Christian Drouin」をソーダ割りでいただきます。真円でないのがアイスピックで削った氷の証。
仏ノルマンディー産のものだというカルバトスは、
“獅子の心”COEUR DE LIONのセレクション。
熟した果実の滑らかさが息づいています。

三杯目にはカウンターの隅で目に留まった苺のカクテルを。あまおうを押し解いて描いた鮮やかな紅。
華やかな酸味の輪郭の中に澄んで深みのある甘さがそこにある。
なかなかいい気分で金沢の夜を終えられそうです(笑)。

竪町のファッションストリートに寄り添うように構える、
オーセンティックなバーの名は「瀬流souryu」。こうしてきちんとしたバーの空気を持っているのって、
貴重でかつ有難いことなのだと酩酊の中で思うのでありました。

「瀬流」
金沢市竪町12-2 [Map] 076-261-9212

column/03713

海鮮料理「かぶきまぐろ」で鮪兜焼き一段上の刺身に田酒河岸頭と両国江戸NOREN

秋葉原から浅草橋駅を通って隅田川を渡ってすぐの処。
大相撲の舞台、国技館を至近に構えたご存知両国駅の所在はなんと、横網一丁目。
そうやって書くと如何にも国技館がある場所も含めた界隈が、横綱って住所にあるように読めてしまう。
でも、よくよく目を細めて読んで吃驚。
横綱(よこづな)じゃなくて、横網(よこあみ)だなんて、一体全体誰がいつ洒落て名付けた住居表示なのでしょう(笑)。

でもどうやら横網というのは、
江戸時代から存在する由緒ある地名であるらしい。
そんな横網一丁目所在の両国駅西口にもうひとつ、
国技館のものとは別の土俵が生まれました。それは、16年11月に開業した商業施設、
「-両国- 江戸NOREN」の館内中央に佇む土俵。
1929年建設という歴史ある駅舎の外装を活かして、
リニューアルした建物内は、
江戸の町屋を意識したという内装が施され、
12の和食専門店が軒を連ねているのです。

土俵の向こうに見付かる一軒に近づいて、
江戸の町角よろしく仕立てた立て札が迎える。江戸っ子に人気の「海鮮丼」と題した札。
魚を捌こうとしている町人の挿絵が、
その店のウリをも示しているようです。

新規開店目出度きかな目出度きかな!などと、
口々に発しながらぞろぞろっとお邪魔した店先には、
四斗もあろうかという「北雪」の樽でデデンと鎮座。開店を祝う花たちの向こうには、
「田酒」をはじめとする銘酒の一升瓶がずらりと並んでいます。

大将に開店の祝辞をお伝えし、
開店に漕ぎ付けるまでの労を推し量って、
勝手に労う気分になる。きっと鏡開きからの振舞酒を有難く頂戴します。


こちら「かぶきまぐろ」は、築地場外の人気店、
ご存じ「河岸頭」の大将が両国に構えた兄弟店。口開きに端正な握りを供してくれるのも、
「河岸頭」で親しんだ嬉しいサプライズのひとつだ。

そんな小粋な施しに対して、
圧倒的な不意打ちもあるのが河岸頭の心意気。ででーん!
女性の顔ほどもありそうな断面がやってきた!

そして久し振りに拝む、ガオー(笑)!コシナガマグロという鮪だそう。
こうして顔を間近で拝んでしまうと多少、
ついこの間まで外洋を勇猛に泳いでいたのにと、
申し訳ない気持ちもふと抱いたりしてしまいます(笑)。

これがすんなり収まるオーブンがあるですねーとかなんか話乍ら、
解体作業の導入部をお願いする。焼き上げるのに時間かかるでしょうねーとかなんか云い乍ら、
ステーキのようなたっぷりした身に喰らい付く。
そりゃもう、がっつりうめーよなぁ(笑)。

セラーに並んでいた「田酒」がやっぱり欲しいと所望すれば、
馴れた手際で満たす枡の縁。一段上の刺身たちが何気なく届くのもまた「河岸頭」マインド。
「田酒」との取り合わせを極上に思う瞬間です。

勿論、刺身だけでなく揚げ物焼き物たちが、
豪胆にして確かな仕立てでやってくる。クエの唐揚げにメカジキの葱間。
追加して火を入れてくれた鮪の目玉とその裏側辺り。
そこのあなた!その部位の美味しさって知ってます(笑)??

ちょこっとだけご飯をとなれば、
これもまた「河岸頭」譲りの得意技。つやつやしたイクラを戴いたふた口ほどの。
この量の加減も絶妙でありますね。

旧い駅舎を蘇らせた「-両国-江戸NOREN」に、
「河岸頭」の兄弟店、その名も「かぶきまぐろ」の登壇成った。国技館へお越しでなくとも、
江戸東京博物館へお越しでなくとも、
回向院にお詣りでなくとも、
両国へと隅田川を渡る機会が増えることでしょう。

「かぶきまぐろ」
墨田区横綱1-3-20 -両国-江戸NOREN内 [Map] 03-6456-1032

column/03712

Top