「BAR」タグアーカイブ

Bar「StarDust」でジンフィズ埠頭ノースピアが生んだ異国情緒のあの頃と今と

学生時代には、横浜方面にはとんと縁がなくて、おそらく出掛けることも数える程だったような気がする。
社会人になってから時折足を向けるようになって、そもそも海があるってだけでもいいよなぁとおのぼりさん気分を味わったものでした。
そう思うのはきっと、”翔んだ”海なし県方面で育ったがゆえでもありましょう。

随分とご無沙汰の本牧あたりには、
なんとはなしに米軍駐屯の残り香が漂って、
エキゾチックな魅力があった。
同じようにエキゾチックでかつ海辺の情緒を覚えた場所のひとつに、
ウン十年振りに訪れました。

JR東神奈川駅を降りて、
仲木戸駅から駅名を変えた京急の東神奈川駅横を通り過ぎる。
そのまま第一京浜を横切り、首都高を潜り運河に架かる橋を渡る。東神奈川ランプの出口、村雨橋の袂にある案内標識が、
鈴繁埠頭・瑞穂埠頭への方向を示してくれています。

次の運河を渡るとすぐ踏切がある。
再開発も噂される貨物駅 東高島駅へと向かう線路だ。このレールの上を走る電車に乗る、
そんなことはきっとないのだなぁなどと思いながら、
竜宮橋方面へと渡る瑞穂大橋と瑞穂橋との分岐点までやって来た。
この辺りにかつて海神奈川駅という駅があったらしい。

鈴繁埠頭・瑞穂埠頭へと渡る瑞穂橋はアーチ形で、
ふと隅田川に架かる永代橋を思い出す。瑞穂橋の先へは、何故か一般人の立ち入りが禁止されている。
瑞穂埠頭は、横浜ノース・ドックという、
在日米軍が使用している港湾施設に含まれているらしく、
連合国に接収されていた時からの名称として、
「ノースピア (North Pier)」とも呼ばれている模様。
橋の袂からは、みなとみらい方面の景観が望めます。

そんな瑞穂橋の右脇で拝めるのが、
BAR「POLESTAR」そしてBar「StarDust」のファサードが並ぶ風景。「POLESTAR」に営業している様子がみられないのが残念ながら、
建物が解体されることなく残っていてくれている。
このなんとも云えない異国情緒はやはり、
本牧とか横須賀とか横田などと同様に、
駐留米軍の基地・施設の近隣にあり、
軍関係者の文化と嗜好とに直接影響されて、
云わば求められて出来上がったものなのでしょう。

ドアが開け放たれているのをいいことに店内を覗き込む。
まだ明るい時間に他に客がいる訳もなく、
貸し切りのカウンターの止まり木へとすんなりと腰を落ち着けます。店内のトーンは、アンバー一色。
床板には幾多の傷が刻まれ、
腰壁の化粧板はすっかり薄汚れてしまっている。
吊り下げられたり、重ね置かれたりしている救命浮き輪。
奥の壁には何故か、能面が飾られている。
全体に雑然とした印象なのはもはやご愛敬。
ジュークボックスだけが異彩を放っています。

喉を潤すべくハイネケンでもいただきましょう。グラス越しにふと見上げれば、
バックバーの棚上を飾る妖しい絵柄が目に留まります(笑)。

さっき入ってきたばかりのドアの外にお客さんの姿。
女将さんがどうぞどうぞと促してやっとそろりと入ってくる。野良から最近飼い猫になりつつあるネコくんであるようです。

何故だか普段は呑まないジン・フィズなんかを註文んでみたりする。とても緩い味わいのジン・フィズ。
プロのつくったカクテルでは勿論ないけれど、
これはこれでよいのです。

まだ不慣れな店内が落ち着かないのか、
ネコくんは外ばかり眺めてる。女将さんに外へ出してもらって、
そこで晩飯にありつけましたとさ(笑)。

ノースピアへと渡る瑞穂橋の袂にBar「StarDust」は今もある。Bar「StarDust」のオープンは、
終戦から9年後の1954(S29)年のことだという。
ジュークボックスの置かれた様子をじっと眺めていると、
ノースピアから橋を渡ってやって来た米軍施設の関係者たちが、
瓶のビールを片手にオールディーズを聴いている、
そんな姿がぼんやりと思い浮かんできた、ような気がした(笑)。
BAR「POLESTAR」とは逆隣のSEASIDE BAR「Neptune」は、
今も鋭意営業されてるようです。

「StarDust」
横浜市神奈川区千若町2-1[Map]045-441-1017
http://www.bar-stardust.com/

column/03831

BAR「THE BANK」でヨロッコビールにkilchoman銀行出張所が今も佇む六地蔵

うろうろ徘徊したお陰か、断片的乍らもなんとなくはその様子が脳裏に浮かぶようになってきた鎌倉・小町通り界隈。
やっぱり路地が好き!な性分が、狭い道や暗い横丁に足を向けさせるためか、野菜料理とワインの店「binot」のクローズ移転を寂しく思ったりする。
そんなにこまめに通えるわけでもないのにね、ホント(笑)。

鶴岡八幡宮の裏手東方、岐れ道と名付けられたY字路の先にも、
色々と気になるお店があるのだなぁと思う一方で、
偶に江ノ電に乗る旅情にも、慣れてなお魅かれるものがあります。

観光客には割りと縁遠いぃと思うは、
鎌倉駅からひと駅目の和田塚駅。
線路に交差する細い通りを南に見下ろせば海の気配。
そちらとは逆に海を背にして踏切を渡り、
六地蔵交叉点方向へとゆっくりと歩きます。

変則六叉路とも思う交叉点に接した細長く尖った三角地。
その敷地の特性を活かすかのように小さくも悠然と佇む建築物。
レトロな色彩も多分なその景色の良さに思わず足を止める、
そんなひともきっと少なくないでしょう。

隅切り部は美しくRを描く。
その壁面には右から左へ”由比ガ浜出張所”と緑青色の文字。その下に据え付けられた硝子の庇には、
「THE BANK」と緑青と同色の文字が載せられている。
味わい深いこの建物は、1927年(昭和2年)に、
鎌倉銀行・由比ガ浜出張所として建てられたものだという。
こんな姿の出張所を建てる銀行ってなんだか実にいい(笑)。

そんな鎌倉銀行・由比ガ浜出張所は、
再編を繰り返す金融機関の定石により、
横浜興信銀行(今の横浜銀行)の出張所となり、
1945年(昭和20年)に閉店した模様。
その建物が、名のあるアートディレクター氏の手によって、
バーへとリニューアルされ、
銀行店舗転じて「THE BANK」という名のBARとなったのです。

これまた緑青色基調の扉を開けば、
正面に石張りで化粧したカウンターの腰壁と、
足置きの所謂バーが目に留まる。銀行の店舗に足置きのバーがあったとは考え難いけど、
もしかしたらカウンターそのものは銀行時代からのものだったりして、
なんて想像を巡らすのがなかなか愉しい。

テラコッタ風の壁や天井の仕上げ、
照明器具などはリニューアルによるものであろうけれど、
それはそれで心地よい雰囲気に仕立ててくれている。入口扉の右の壁に埋め込まれていた”BB”は、
コースターの図案にもアイコンとして収められています。

まだ明るい外の光を硝子越しに受けつついただいたのは、
クラフトビールの「Peninsula Saison」。屈託のない華やかな甘みと香りに思わず刮目してニヤリ(笑)。
「Peninsula Saison」は鎌倉市岩瀬に所在する、
「ヨロッコビール」のレギュラー銘柄のひとつだという。
三浦半島で育った小麦を原料の一部に使用していることから、
Peninsula=半島の名を冠しているとある。
「富山産ほたるいかのスモーク」が意外とよく似合います。

いつぞやこちらでも一度いただいたことのある、
「知多のハイボール」をふたたび。いつもの「角」もあの「白州」のハイボールも勿論美味いけれど、
グレーンウイスキーの「知多」も負けずに美味いのはご承知の通り。

想定外に高根の花になりつつある日本のウイスキー。
そこが最近の悩みの種なんだよなぁなんてひとりごちる。アンチョビとトマトとケッパーの本日のピザをお供に。
冷凍の生地とアンチョビをウチにも常備しなくっちゃと思った次第(笑)。

改めてまだ明るいバックバーに目を凝らす。
右上の棚の左寄り。
見慣れないラベルが色違いで並んだボトルたちに目が留まる。「kilchomanキルホーマン」のsanaigサナイグというヤツ。
キルホーマン蒸溜所の創立はなんと、2005年。
124年ぶりにアイラ島に新しく誕生した蒸溜所だという。
新しくアイラ島に蒸溜所が出来ていたなんて知らなんだ(笑)。
アイラらしいピート香は背景にあって、
メローな妖艶な味わいが主旋律。
こんな美味いアイラを今まで知らなかったなんて、嗚呼。

そんなアイラを舐めながら壁の額に目を遣れば、
恐らく建設直後の往時のものであろうモノクローム。そして陽が傾き、窓から入っていた明るさが減衰して、
カウンターが次第にアンバーな色合いを濃くしてゆきます。

鎌倉から江ノ電でひと駅目。
和田塚駅から辿る六地蔵交叉点にBAR「THE BANK」は佇む。アートディレクターにして店主の渡邊かをるさんという方が、
2000年にレトロな銀行店舗をBARへとリニューアル。
ただ、渡邊さんが2015年に亡くなったことで、
一時クローズしてしまっていたという。
その後、再興する後継者が現れたということがまず素晴らしい。
往時の空気感もきっと素敵に紡がれているのだろうとそう思います。

「THE BANK」
鎌倉市由比ガ浜3-1-1 [Map] 0467-40-5090

column/03803