「酒肴」タグアーカイブ

酒肴「ひょうたん」別館で百味再開喜ぶも束の間竹林のアプローチと飴色の風格の行方

コロナ禍が世界で猛威を振るい、抑圧的な空気が日々の暮らしに暗澹たる気持ちにもさせる影を落としていた’20年05月。
所沢プロぺ通りの真ん中で、半世紀以上も憩いの場を提供してくれていた「百味」店頭に閉店の貼り紙が貼られました。
その衝撃は、みるみる巷間に広がり、多数の”百味ロス”な呑兵衛を生み、界隈の飲食店関係者の話題の筆頭にもなったに違いありません。

そんな「百味」の店先に再開を告げる貼り紙が貼られたのは、
それから半年ほどが過ぎた師走の月初め。
オーナーは代わったものの、
お店のスタッフには同じ顔が幾つもみられて、ひと安心。
喫煙ルームが増設されただけで、店内の造作も雰囲気もそのままだ。

「百味」の再開を素直にそう喜んだのも束の間、
所沢の老舗居酒屋のもう一方の雄、
「ひょうたん」別館に閉店を知らせる貼り紙が掲げられてしまいました。
休業のために灯りを消しているものとばかり思っていたのですが…。

「ひょうたん」別館は、
暖簾までのアプローチがまず、いい。 小さな竹林に囲まれた風情は、
なかなか真似出来るものではありません。

厨房をぐるっと囲むカウンター。 混み合う前のテーブル席にも、
飴色に落ち着いた風格が滲みます。

季節の酒肴が大振りな短冊にぎっしりと。 お造りならば例えば、ほっけの刺身やや蝶鮫の刺身。

茶処ゆえに「狭山茶割り」も選択肢のひとつ。 ご存じ「ばくだん」は海苔に巻きつつ、
「たこ吸ばんかき揚げ」は大口開けて、いただきます。

店内に入って右手が厨房とカウンター。
左手には、小上がりというよりは、
座敷と呼ぶのが相当の畳の間が用意されている。 実は上がったことはないのだけれど、
二階には宴会用の広間がある模様。
厠の前には壺に活けた生花とともに、
待機用の椅子がオブジェのように鎮座している。

定番の一品料理から例えば、
「手作りシューマイ」や「ポテトサラダチーズ焼き」を選んでもいい。 一転、少々創作チックでちょっと不思議な、
「鯖みそトマトふろふき大根」なんてもの面白い。

〆てしまいたい時には、
「ところざわ醤油焼きそば」も選択肢のひとつ。 所沢産の醤油、麺、野菜を使うことが、三ヶ条。
所沢で醤油と云えば、深井醤油でありますね。

最近になって”うらトコ通り””コーヒーストリート”とも呼ばれる、
丁度よい加減の裏通りに酒肴「ひょうたん」別館はある。 箸袋でも改めて確かめる酒肴「ひょうたん」”別館”。
別館があるなら本館もあるのかと云えば、
道を挟んだ向かい側にあった本来の店は、
疾うの昔に更地になっている。
嘗ての本丸の心意気はそのままに”別館”に場所を移して、
盛業を続けてきた。
もしも情緒と風格ある”別館”もこのまま更地になってしまうとしたら、
それはなんとも寂しく切ないことであります。

「ひょうたん」別館
所沢市東町13-1[Map]04-2922-7799

column/03838