「福岡」タグアーカイブ

釜揚げ「牧のうどん」本店で湯上りの艶かしく火照ったごぼ天うどん侮り難し

それは確か、二度目の居酒屋「さきと」をどっぷりと堪能して、大満足のまま屋台のラーメンも食べずにホテルへ戻ったその翌日のこと。
いまの福岡県飯塚市生まれだという井上陽水が、2ndアルバム「陽水II センチメンタル」に収録した「能古島の片想い」を突然思い出す。
そうだ能古島へ行ってみようと思い立ち、レンタカーを借りて姪浜渡船場へ。
能古島の船着き場周辺を徘徊して、小魚料理「雑魚(ざっこ)」で刺身や煮付の定食を美味しくいただいた。

フェリーでふたたび姪浜へ戻り小休止。
お腹が熟れてきたところでふたたびレンタカーのハンドルを握る。
着いたのは福岡の西方、糸島市神在。
JR筑肥線「加布里駅」から徒歩10分の場所だ。

頭上に羽釜らしきフォルムのオブジェを頂いた自立看板が迎える。
サインが示すは「牧のうどん 加布里本店」。 駐車場の隅にある看板では「牧のうどん」の店舗網を案内している。
福岡の近郊・郊外に20店舗弱が盛業中だ。

平屋建ての建物にぐるっと鉢巻き状に看板を回した佇まい。入口引き戸の脇に提げた赤提灯でも”釜揚げ”を明示している。
大きな羽釜でゆったりとうどんを湯掻く様子が脳裏に浮かびます。

おひとりさまはきっと、カウンターの椅子に座って、
そんな羽釜から上がる湯気を眺めるのがよいかもしれないけれど、
広々とした座敷に誘われて思わず上がり込む。鉛筆を差し立てたクリップには註文を書き込む用紙が挟まれている。
あれこれ組み合わせて、ずらっと並んだメニューが迷わせる。
卓上の器にたっぷりと盛られた刻み葱もホレまだかと急かせます(笑)。

ぐるぐる迷ったものの、
ここは素直に「ごぼ天うどん」と参りましょう。成る程、まさに今湯から上がったばかりであるかのように、
火照って艶かしいうどんの肌艶がぐぐっと誘う。

中途半端な時間帯にお邪魔したためお客さんは少なめだったけれど、
お願いしたどんぶりは想定外に素早くやってきた。
この太めの麺を註文を受けてから柔らかく湯掻いていたら、
こんなに早くどんぶりを届けることは難しいよなぁと思っていたら、
どうやら、客の多さに関わらず、常に麺を茹で続けているらしい。
ロスが心配になっちゃう一方で、
それだけお客さんが回転しているのだろうとも思う。

お待ち兼ねの刻み葱をたっぷりと中央に載せれば、嗚呼、美しい。ごぼ天は、カリッとしっかりした衣の中から、
牛蒡の歯応えと独特の風味が溢れ出す素朴な逸品だ。

うどんはと云えばやはり、ムニュムニっとして芯が熱く、
想像通りに艶かしく、ひと肌感がぐいとくる。
柔らかさは確かに一瞬伊勢うどんんも想起させるけど、
嫋やかなだけでない量感がいい。
釜揚げのまま水で締めないからこその個性なんだろね。出汁のよく利いた薄口のツユとの相性もよろしく、
あっという間に完食・完飲してしまいました。

福岡のうどんの三大チェーンのひとつと云われる、
釜揚げ「牧のうどん」加布里本店へやってきた。本店から1時間半以内で移動できる場所に絞って出店しているのは、
生地の質とスープの風味旨味が保持できる範囲に、
テリトリーを限定しているかららしい。
福岡のうどんチェーン侮り難し。
頑張れ、負けるな、武蔵野うどんの店たちよ(笑)。

「牧のうどん」加布里本店
福岡県糸島市神在1334-1 [Map] 092-322-3091
https://www.makinoudon.jp/

column/03809

居酒屋「さきと」でクエ刺しサバ三点盛りあまたい焼物博多一本〆魚茶漬け

福岡にも赤坂があると知ったのは確か、初めて彼の地を訪れた2000年か2001年辺りのこと。
その後幾度か訪れているものの、博多と福岡の違いも区別も未だに何処か判然とはしないまま。
でもその度に福岡に赤坂あり、と思うのも、地下鉄赤坂駅最寄りの場所にずっと気になる居酒屋があるからなのです。

やっと予約が叶いその店を訪問できたのは、
一昨年(2018年)の初夏の頃。スチールの枠組みで二階までのファサードを構成したその表情と、
店先の鉢植え達が印象的な居酒屋「さきと」は、
福岡市地下鉄空港線赤坂駅から徒歩3分ほどの裏通りにあります。

斜めに配した扉に掛かる暖簾を払う。ほぼ直線のカウンターに招かれて腰を据え、
まずは正面の棚に貼り下げられた、
筆の品書きの並びを眺めることとなります。

例えば「マスターズ ドリーム」辺りをいただて、
品書きの上で目線をキョロキョロする時間を確保する。鮪を大根と煮付けたどんぶりが嬉しいお通しだったりする。
これで十分一杯呑れちゃいますよね(笑)。

お造りに何をいただこうかとぐるぐる悩んで「クエ刺し」を。透き通った薄紅色の身が美しい。
綺麗で繊細な切り身から仄かに滲む甘さを探るように。
福岡県三井郡の蔵「三井(みい)の寿 純米吟醸」をお供に選びます。

絶対これは外せないと思わず叫びそうになる(笑)のが、
「さば刺し・ごまさば・〆さばの3点盛り合わせ」。たっぷり肉厚の〆鯖は、
酢も塩も過ぎることのない熟練の仕立て。
福岡の郷土料理たる胡麻鯖もまた、
来た甲斐を思わすオツな味わいです。

焼物でとご指名したのが「あまたい」。頭・真ん中・尻尾とどこが良い?と訊いていただき、真ん中を。
ふんわりと儚い柔らかさのその身がそのまま堪能できます。

目移りしながら福岡・博多の酒をと「博多一本〆純米」を。調子に乗って、久留米の老舗酒蔵 池亀酒造の「池亀純米」。
ラベルに描かれた亀の図柄を有難く眺めつつ、
その一杯々々を有難くいただきます。

「フエダイの煮付け」は、皮の裏のとろんとした脂が旨い澄んだ味。
お品書きの隅に見付けたフレーズが「おきゅうと」。
そう、これも福岡の郷土料理と呼んでよいのでしょうね。
心太のような蒟蒻のような、
それでいてどこかその何れともちょっと違うような。
「エゴノリ」「イギス」といった海藻を原料とするもののよう。
にゅるんとした独特の食感とさっぱりとした磯風味が面白い。

もうこの倖せなまま何処にも寄らずにホテルに戻りたい。
そう思ってお願いしたのが「魚茶漬け」。白身魚のづけの上にたっぷりの刻み海苔。
あられを浮かべた旨味ひたひたの出汁。
ずずず。
あー、うまひー(笑)。
ご馳走様でした!

福岡は赤坂の裏通りに夙に知られた居酒屋「さきと」がある。たまたまカウンターで横並びになった同志は、
揃って呑み歩き界のメルクマール太田師匠の薫陶を受けた方々。
定期的に通っていらっしゃるようなのがまず羨ましい(笑)。
こちらも負けじとまたこのカウンターに座りたい、
時々思い出しては強くそう思う次第であります。

「さきと」
福岡市中央区舞鶴2-8-25 [Map] 092-781-8778

column/03797