「本店」タグアーカイブ

肉そば肉うどんのお店「南天」本店で肉うどん椎名町駅北口の味お巡りさん御用達

西武池袋線の椎名町駅は、池袋からすぐ、ひと駅目の小さな駅。
相対式2面2線のホームの上に橋上駅舎の載る、各駅停車の駅によくある構造の駅だ。
昔の駅舎の様子は覚えていないけれど、母の実家の米屋へと椎名町駅や東長崎駅から向かったことは記憶の断片にある。
母方の菩提寺が駅北口の目の前にある金剛院なので、椎名町に所用があるとすれば、ほとんどが法事であったりもする。

そんな椎名町駅にふと思いついて降り立つことがある。
その目的地は、橋上の駅舎の硝子越しに見下ろせる駅前にある。駅前のベンチには、ちょうどよい具合にベンチがあり、
どんぶり片手にゆっくり座って、
うどんやそばを啜るひと達の様子がよく見られます。

思い起こせば三年ほど前。
北口駅前に寄り道して初めてお願いしたのは、
やっぱり「肉うどん」でありました。粗く刻んだ長葱がいい。
そして案外、煮付けた豚肉のボリュームも悪くないのであります。
真っ先に「肉うどん」を註文してしまうのは、
武蔵野うどん土着の気質がゆえでありますね(笑)。

出汁とやや甘めにしたかえしのバランスやよし。
かえしが濃すぎないのに好感しつつ、
豚肉から滲んできたであろう脂とでいい具合の混然となる。うどんはと云えば、その断面やおよそ丸く、
京橋「恵み屋」的押し出し湯殿直落方式ではないかと想像が膨らむ。
つるるんとして、歯触りも心地よいぞ。

何処かからの帰り掛け、もう暗くなってから寄ることもある。駅前を行き交うひと達の様子をなんとなく眺めながら、
啜るのはやっぱり「肉うどん」であります(笑)。

似たような夜にお邪魔しても「天ぷらそば」な気分の時もある。蕎麦の食べ応えも立ち喰いとしてはなかなかのものなのだけれど、
ココではやっぱりうどんの方が好みであります。

常設メニューは、「肉」から「カレー」まで9種類でありましょうか。自前での製麺を示すかのように、
「南天」の店名の入った麺箱が積まれているのが確認できます。

「肉うどん」は、トッピングの肉をダブルにすることが出来る。うどんより豚肉の方が多いんじゃない?ってな感じになりつつも(笑)、
大満足で完食してしまうのでありますね。

駅北口のエレベーターを降りて左手すぐに交番がある。
いつぞやには、交番勤務のお巡りさんが、
自前の器を持って行って、そこへうどんをよそってもらい、
いそいそと交番へと戻っていく様子を目撃したことがある(笑)。
きっと日常的なことなのでしょうね。食べているベンチのすぐ近くに、
白チャリが停めてあったりするのも当然のこと。
「カレーうどん」に肉トッピングをお願いして、
「肉カレーうどん」にするなんて選択肢もまた、ありですね。

夏場の皆さんにおかれましては、
「肉うどんタブル冷やし」なーんて選択肢もまた、ある。なるほど、豚肉が硬くなっちゃうのはご愛敬。
冷たい麺にしても、独特の食感はその威力を勿論発揮するので、
ご心配なきようにお願いします。

椎名町駅北口の眼前に肉うどん肉そばの「南天」本店はある。“南天”と云えば、あの赤い実の植物を思い起こす。
音が「難転」即ち「難を転ずる」に通ずることから、
縁起の良い木とされているようだけれど、
果たして「南天」命名の理由はそんなことなのか、
今度寄った時にでも訊いてみよう。
ついでに、支店は何処にあるですか、ってところもね。

「南天」本店
豊島区長崎1-2-2 アクティスビル1F[Map]03-5966-3600

column/03830

うどんそば処「勢川」本店で豊橋カレーうどん土鍋の底からとろろご飯のひと捻り

路面電車の走る街はいい街だ。
新幹線のひかり号もしくはこだま号で降り立つことになる豊橋駅。
愛知県内にあるはずのその位置がどうもいつも曖昧なままなので、改めて地図を眺めてみる。
すると、鈎針のような形をして対岸の三重県の鳥羽辺りへ向けて突き出し、知多半島とのコンビで三河湾を構成している渥美半島のその根っこ、東三河の中心にあるのが豊橋であることが判ります。

そんな豊橋の駅東口からデッキに出る度に、
豊橋鉄道市内線のプラットホームを見下ろすのがお約束。豊鉄市内線は、広告主によって車輌の彩りが七変化。
ご存知、走る屋台”おでんしゃ”にはなんと、
電停に正午前集合の昼便もあるようです(笑)。

白黒ツートンの”パト電”なんてのもあるのかと感心しつつ、
路面を走る電車に揺られて終点まで行ってみる。小じんまりとひっそりとした操車場に郷愁を覚えつつ、
今来た経路を乗り戻る。
交叉点を大きく曲がる姿はなかなか見応えがございます(笑)。

テッチャン気分を充分満喫したならば、
駅前の電停からの足をいつぞやの割烹料理店の方向へと向けてみる。
この角を曲がれば「千代娘」の横丁だというその角に、
気になるネオンサインがあったのです。扁額示すは、うどんそば処「勢川」本店。
以前訪れた際の夜の景色とはまた違い、
蒼空の下に佇む建物は、朗らかにして枯れた味わいが実によい。
空席待ちのひと達で賑わうことも少なくないようです。

そうとなれば店内もまた活気があって、
ホールのお姐さんたちが忙しそうに立ち動く。
そんな店でのお目当てはやっぱり、
豊橋名物だと伝え聞く「豊橋カレーうどん」であります。注文を終えてから、卓上のご案内をしげしげと眺める。
豊橋カレーうどんと名乗るには、
次の5箇条に適うものでなくてはならないらしい。
①自家製麺を使用する。
②器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に入れる。
ふむ。
③豊橋産ウズラの卵を使用する。
④福神漬けまたは壷漬け・紅生姜を添える。
そして、⑤愛情を持って作る♡。
なるほど!

全身が店内に漂うカレーの風味に浸り切るに時間はいらない(笑)。
間もなくお目当ての土鍋がやってきました。大振りに三角に刻んだお揚げにお約束の鶉の玉子がみっつも。
具沢山の表情の裡には、
熱々の想い(?)が秘められていると推察する(笑)。

そこへやおら割り箸の先を突っ込んで、
秘めた想いを引き摺り上げる。然すれば忽ち立ち昇る湯気。
ふーふーふーふー、ずるずる、つるりん。
あ、汁が跳ねた(笑)!

如何にも黄色いカレー色。
特段辛い訳ではないものの、じわりと汗を掻かせるヤツ。
蕎麦屋のカレーの中でも素朴な仕立て。
その材料たるやS&Bの赤缶かしらと思いつつ、
ご指南に沿うようにまずはうどんを平らげる。改めて福神漬けをトッピングして彩りを整えていざ。
ご飯を鍋底に仕込むだけではなくて、
とろろを咬ませたひと捻りに感心だ。

“教義”に適う豊橋カレーうどんの店は、
この界隈に40軒を超えるお店で供されているらしい。お店毎に色々と工夫が施されて、
バラエティーに富んでいる模様。
他の店では全然違う様子の豊橋カレーうどんと出会えるかもしれません。

「勢川」本店もまた、豊橋カレーうどんを供するお店を代表する一軒だ。Webページによると「勢川」は、
1914年(大正3年)に割烹旅館「勢河」の屋号で創業。
1951年(昭和26年)頃に「勢川」と改名したという。
今や、東三河にグループ11店舗を数えるまでになったその本店は、
成る程、割烹旅館の頃の残り香を感じさせる佇まいを魅せています。

「勢川」本店
豊橋市松葉町3丁目88 [Map] 0532-52-3360
http://www.segawaudon.com/

column/03801

築地「たぬきや」本店で刺身系煮付系竜田揚げ系天麩羅系等々で迷わすひる時の民心

聖路加国際病院の本館と旧館とを結ぶ空中廊下の下を走る道路沿いに、いつの間にか「居留地中央通り」とする道標が立っています。
中央区 町会・自治体ネットによると、2013年(平成25年)に設定した愛称であるという。
居留地は、入船二丁目等の江戸時代に大名屋敷だったところには整地が行われ、明治3年に完成。
入船二丁目は居留地に付属する相対貸し(外国人が家屋を借りる)を認める雑居地として開設したもので、多くの外国人が住んでいたようです、とも当サイトは示している。
「居留地中央通り」は、明治時代の初めに開設された築地外国人居留地の中央を貫く通りとして開通し、現在に至っているものであるようです。

そんな居留地中央通り沿いから辿る、
八丁堀寄りに位置する入船二丁目界隈よりもずっと旧築地市場寄り。
これまたいつの間にか道標が示すようになった聖ルカ通りを横切り、
あかつき公園脇の信号を左折する。

ちょうど正面の先に水炊き「つきじ治作」の大屋根を望む場所。
さらにその向こうはもう隅田川。そんな裏道のおひる時に、
10種類以上の定食メニューを黒板に並べる店があります。

定番中の定番「刺身定食」が黒板の筆頭にあり、
それ以外にもお刺身系メニューが幾つかあるのがお約束。例えば、或る日の「ぶりホタテ丼」。
程良く脂ののった鰤の切り身がたっぷりで、
自ずとご飯が足りなくなるくらい。

お刺身系以上におススメなのが煮付系。
堂々とした「金目鯛煮付定食」が850円などという、
お得なお値段でいただけちゃう。そりゃ、煮付けたばかりのとろっとしたものって訳にはいかないけれど、
ちょっと贅沢な気持ちになるのは間違いない。

こっくりとした仕上がりだったのが「きんめ煮付定食」。他には例えば「黒ソイ煮付定食」等々、
いただけばしっかり満足の煮付系が必ずラインナップされています。

その一方で、竜田揚系もなかなかどうして捨てがたい。例えば、ありそでなさそな「まぐろ竜田揚げ定食」。
豪快にぶつ切りにした鮪にたっぷり目に粉を叩いて。
盛大に揚げる様子がなんだか目に浮かぶ(笑)。

鮪があれば勿論鯨の日もあって、
「ミンク鯨竜田揚げ定食」の頻度も低くない。
さくっとした身の柔らかさと鯨肉の風味がいい。
齧り付けば衣が閉じ込めた旨味がじわーんと弾ける。日によっては、竜田揚げのお相手が鰤だったりもする。
「ぶり竜田揚げ定食」にも、
たまり醤油なタレが効果的に働いてくれています。

揚げ物で云えば勿論、天麩羅系もある。「穴子てんぷら定食」には、大きな天つゆの器が添えられて。
ふんわりとした穴子の身を十二分に堪能できる嬉しいボリュームだ。

「さんま塩焼定食」「さば塩焼定食」も勿論あるのだけれど、
少々珍しいところでは「鰯生姜漬け唐揚げ定食」なんて日もある。一瞬、東山の「草喰なかひがし」の目刺し一匹を思い浮かべる、
質素な佇まいが愉しい(笑)。
ただ、すっかり干物の目刺しと違って脂っ気が程よく残り、
しっかり浸った生姜の風味と相俟って、
なかなかにイケるのであります。

居留地中央通りから隅田川へと向かう裏道に、
築地「たぬきや」本店がある。刺身系、煮付系、揚げ物系に焼き物系とお魚料理あれこれで、
界隈の民心を迷わす店であることは間違いない(笑)。
何故に「たぬきや」と名付けたのですかと帰り際訊ねたならば、
他を抜く、他に抜きん出たお店でありたいということからだそう。
ちなみに、今はもう支店はなくて、ここ本店に集約済。
夜の宴会もきっとゆるっといい感じじゃないかなぁとそう思います。

「築地たぬきや 本店」
中央区築地7-9-14 [Map] 050-5570-5837

column/03762