「手打ち」タグアーカイブ

そば処「庄司屋」山形本店で外一と更科の相盛り天板蕎麦旨し老舗の居心地や佳し

山形市を生まれて初めて訪れたのは、夏の或る日こと。
併結を解き、福島を出て奥羽本線に乗り入れたオレンジラインのミニ新幹線車輛は、スピードを落としてトコトコと在来線のレールの上を進む。
あの、米沢牛を思い出す米沢駅から高畠、赤湯、かみのやま温泉と経由して山形駅に到着する。
そこから新庄まで延伸したのは、1999年(H11年)12月と20年も前のことになるのですね。

十四代やくどき上手、楯野川、上喜元、辯天などなど。
山形県下には、著名な銘柄を持つ酒蔵数多く、
“吟醸王国山形”とも呼ばれている、らしい。

山形駅に降り立ったその夜、酒菜「一」でいただいたお酒は、
山形市内の秀鳳酒造場が醸す「秀鳳」純米大吟醸山田穂45。
山形市内には他に、新政酒造、寿虎屋酒造、そして男山酒造がある。

早めのおひるをと向かった店への途次。
道の突き当りに「男山」と認めた大きな文字が見えた。蔵見学も突然では失礼だろうと思い直して、外観からの様子を眺める。
こんなにご近所の蔵なのですものきっと、
これから訪ねる店にも「男山」のお酒があるのだろうと想像しつつ、
西へと足を進めます。

到着したのは、そば処「庄司屋」山形本店。店先の行燈には「板天」の文字。
大箱過ぎず、飾り気のない実直そうな佇まいが、いい。

囲炉裏を囲む入れ込みのテーブルに案内いただき、ひと心地。店の奥に向けて、座敷が続いているようです。

“山形そば屋の隠し酒”と銘打った、
「男山」の限定特別純米酒「五薫」をお品書きに見付けて早速。小皿に添えてくれた蕎麦味噌が嬉しいじゃぁありませんか(笑)。

葱背負ってやってきた「かも焼き」が美味い。
厚切りにして柔らかな鴨の肉から忌憚のない旨味が零れる。此方では、出汁巻きではなくて「厚焼き玉子」。
自然な甘さのふっくらした味わいもまた、
柔らかな吞み口のお猪口によく似合います。

ご註文は、相盛りの「板天」であります。
新潟だったなら”へぎ”と呼ぶべき長方形の木枠を山形では”板”と呼ぶ。
出汁の旨味が活き活きとしつつ、さらっとした辛汁に浸す、
風味よき外一(といち)の蕎麦、いと旨し。
かと思えば、更科の繊細さに併せ持つ力強さに思わず唸ります。

椎茸に大葉、茄子に隠元、そして海老。天麩羅の揚げっ振りも熟練の仕立て。
こうなると、蕎麦湯の塩梅の良さも自ずと納得のゆくと云うものです。

山形の老舗筆頭の蕎麦処「庄司屋」山形本店は、
居心地も蕎麦も佳し。Webサイトによると「庄司屋」の創業は、慶応年間のことという。
江戸時代末期から明治、大正、昭和、平成、そして令和。
つまりは、150年を超える歴史を刻んできたことになる。
そんな老舗蕎麦店が、
今も生き生きとそこにあることを喜ばしく思います。
近所のひと達が羨ましくてなりません(笑)。

「庄司屋」山形本店
山形市幸町14-28[Map]023-622-1380
https://www.shojiya.jp/

column/038256

手打うどん「庄司」で川島町の田園風景と武蔵野うどん夏のすったて胡麻汁もいと旨し

それは確か、国際免許を取得しようと鴻巣の免許センターへ出掛けた帰り道のことだったと思う。
何故自動車で行かなかったのか不思議なのだけれど、免許センター前から乗り本川越駅へと向かうバスの中。
その車窓に見た光景は、これぞ日本の農村の原風景!と思わず唸るものでした。
広く一面に青々とした稲穂が茂り、ぽつぽつと送電線の支柱だけが点在してる。

なぜか埼玉にして翔んで埼玉だもんねと云われれば、
まぁそうなのかもしれないけれど、
川越の隣町にこんなに突き抜けた田園風景が残っていたなんてと、
なかなかに衝撃的な心持ちで窓の向こうをずっと眺めたのでありました。

そんな川島町(かわじままち)に大人気のうどん店があると聞き、
納車の済んだばかりの車でディーラーから直接、川島町へ(笑)。入間川に合流する越辺川の川岸も近い道路沿い。
駐車場にずらっと並ぶ車の列が目印。
酷暑の下、交通整理のオッちゃんが大活躍するほど、
なかなか盛況の毎日であるようです。

空席を待つ間、硝子越しに麺打ち場を覗いたりする。
そこにはうどん玉が幾つも出番を待っています。丸太をぶった斬って仕立てた椅子が並ぶ店内。
もうすぐそのひとつに潜り込めそうです。

最初のご註文はやっぱり「肉汁うどん」。全粒粉使用であり、ふすまの粒子も手伝って、
やや太めのうどんははっきりとした飴色だ。

豚バラ肉は勿論のこと、長葱、玉葱と具沢山のツユ。
甘過ぎず辛過ぎず、出汁のしっかり利いた万全のツユがいい。そんなツユに飴色のうどんをどぶっと浸して啜り込む。
固過ぎず軟過ぎず、噛めば小麦の風味がふわとする。
嗚呼、旨い、旨過ぎる(笑)。
旨い正統派の武蔵野うどんの店として早速認定だ。

暫し後、裏を返すように川島町を訪れる。
相変わらずの人気振りに待つこと半時間。
調理場に正対するカウンターに滑り込む。調理場では、3基の羽釜がフル稼働。
忙し過ぎる所為なのか、揚げ物メニューは休止しているようで、
フライヤーだけが静観しています。

肉汁うどん、きのこうどん、とろろうどん等の品書きに並んで、
ひと際存在感のあるのが「すったてごま汁うどん」。赤文字で追記のある”B級グルメ優勝メニュー”というのは、
ご存じ「B-1グランプリ」優勝ではなくて、
「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」での優勝であるらしい。

厨房からどんどんホールへと繰り出されるお皿の多くが、
飴色のうどんの上にこんもりと薬味のとんがり山の載るお皿。茗荷に胡瓜、大葉に大根に玉葱。
水に晒していたであろうそれら薬味が細かく千切りされ、
印象的な姿に積み上げられています。

そして、この胡麻ダレが、いい。
赤味噌を含むであろうさらっとコクのあるツユに、
胡麻がたっぷりと浮かぶ。
肉汁同様、出汁の利いたツユがきりっと冷やされている。小麦香る艶っぽいうどんに添える、
夏野菜のシャキッとした歯触りと風味。
すっきりと冷えた味噌と胡麻のコク味のツユとの三位一体が、
成功の秘訣だ。

川越の北側に隣接する田園地帯川島町に、
正統派にして旨い武蔵野うどんの店「庄司」はある。いつもひとを寄せているのが玉に瑕だけど、
茹で上げるにも時間の掛かるうどん店なのに客の回転はいい。
11月~03月の季節メニュー「呉汁」の登場も今から楽しみです。

「庄司」
埼玉県比企郡川島町上伊草743-9 [Map] 049-297-7703
http://www.m-macs.com/33661/shoji/

column/03820

白河手打中華そば「いずみや」で雲呑叉焼麺ツルツル縮れ太麺に澄んだコクスープ

北陸新幹線の車輛基地が水浸しになり、何編成もの新幹線車輛が水没している衝撃的な光景を齎したのは、台風19号による大雨によって生じた千曲川の氾濫でした。
比較的身近な入間川や小畔川が合流する荒川系の越辺川が氾濫し、茨城の久慈川水系でも氾濫があった。
日本の全国各地に被害を及ぼした台風19号は、福島県から宮城県へと流れる阿武隈川流域にも多数の氾濫個所を発生させたのでした。

「春木屋」までお願いします。
郡山駅前で乗り込んだタクシーの運転手さんにそう告げてから、
そう云えば時々臨時休業があるのだよねと調べると、
あれま、ビンゴ、お休みだ。
そこで、春木屋さんお休みなので、
何処か他におススメの中華そば店がありませんかと、
運転手のオヤジさんに訊いてみたのです。

「いずみや」という手打ち中華の店があるので其方へ向かいますね。
そう告げた運転手さんはハンドルを左に切る。
道中、阿武隈川の氾濫について様子を訊いてみると、
郡山駅の東側一帯が水浸しになり、
同業者の中には商売道具の車が水没してしまった方もいて、
難儀していると云う。 うーむ。

程なくして辿り着いたのは、七ツ池町の住宅地。
下見張りの板壁を回した平屋が「いずみや」。
白河手打中華そば、と謳う幟が飾られています。入口入って正面に数席のカウンター。
左手に畳敷きのスペースが広がっていて、
裏庭を眺める窓に向けて横並びに胡坐を掻く席に座り込みました。

まず註文したのは、欲張りなメニューの「ワンタンチャーシュー麺」。醤油の色も割りとしっかりしていつつ、
とても綺麗でクリアな見映えのスープ。
慌て気味に啜れば成る程、見た目の印象通りの雑味のない、
でも動物系の旨味やコクを十分に含んだ美味しいスープだ。
叉焼は、三種ほどの部位のものを載せてくれていて、
こちらも期待通りのしっとりジューシーでスープとの相性もよし。

手打ち麺も太さも縮れ具合も加減のいい太麺ツルツル。
やはり青竹踏みをしているのかな。皮を味わうタイプのワンタンからも小麦の風味が漂ってくる。
そう云えば、大井町の麺壱「吉兆」へも随分と、
ご無沙汰しちゃっているなと思い出したりなんかして(笑)。

裏を返すように訪れたおひる時には「ワンタン麺」。
未だ残念ながら「とら食堂」にお邪魔したことはないので、
比較のしようもないけれど、自分には十分充足の一杯だ。そこへ「チャーシュー丼」を加えれば、
大満足の大満腹で御座います(笑)。
タレで食べさせるチャーシューじゃないのがいい。

またまた郡山を訪れた機会に乗じて「味噌ワンタンチャーシュー麺」。赤味噌っぽい仕立ても悪くない。
コクが増して、炒め挽肉のトッピングも嬉しいところ。
ツルツル手打ち縮れ太麺は、味噌にも十分似合うけど、
どっちと訊かれたならやっぱり醤油仕立てだね。

郡山は七ツ池町の住宅地に白河手打中華そば「いずみや」はある。手打ちらーめん「いっぽん」という店の跡に出来たお店であるらしい。
手打ち麺を供する白河ラーメン店が、
福島県内に一体全体何軒あるのか判らないけれど、
これはやっぱり、まず「とら食堂」を訪ねなければいけないぞと、
郡山駅方面に戻るタクシーの車窓にそう思うのでありました(笑)。

「いずみや」
郡山市七ツ池17-22 [Map] 024-933-1239

column/03813

元祖かきそば「玉川庵」で釧路の冬空に厚岸の牡蠣ごろごろのかきそばで温まる

冬の釧路はやっぱり寒い。
どん曇りの空から今にも雪の結晶が舞い降りてきそう。
そんな時には、地元釧路の老舗ラーメン店へ足を向けて温まるのも悪くないなと吐く息で両手を温めつつふと思う。
何気なく地図を広げて、縮尺をひいて眺めれば、そうだ!
釧路は牡蠣の産地として夙に知られた厚岸にも近いではないか。
ここで牡蠣をいただかない訳にはいかないと、
そう思い直すのでありました(笑)。

そんなこんなで釧路市街から足を伸ばしたのが、
新釧路川を西へと渡った鳥取大通り沿いから少し外れた辺り。

目的地を眼前にして、その粋な佇まいに嬉しくなる。鰊番屋をイメージして建てられたもののようで、
屋根の隅には望楼と思しき櫓が載っている。
屋根に塗られた紅とポストの朱の挿し色もいい。
空色地の幟は、元祖かきそば、の白抜き文字で誘っています。

黒の暖簾のその先もよい風情の佇まい。雪見障子のような障子の硝子越しに、
座卓に置かれた鍋から立ち上る湯気が見える。

入れ込みの座敷には、小屋根が設えてある。座敷の奥の壁へと目を凝らすと、
お面の下に木版が掲げられているのに気づく。
“百歳の命ささえるかきそばや 味と誇りは命一代”
忠輝とありますが、どなたが詠んだ短歌なのでしょう。

振り返って店の奥へと眼を遣ると、
蕎麦打ち場と思しき小部屋の囲いが見付かる。そろそろ註文の品が届きそうな、
そんな気配がしてきました。

まず手許にやってきたのは「牡蠣フライ」。決して大振りではないけれど、
衣に閉じ込められたその身が解けて小さく弾ける滋味は、
太くそして澄んでいて、旨い。

フライを追い駆けるように届いたのが、
名物と謳う「かきそば」のどんぶり。
厚岸の牡蠣がごろごろっと載っています。ふーふーふー、ずずずず。
甘めのかえしの汁には、
牡蠣から滲み出たエキスと若布の風味が滲みている。
ふーふーふー、ずずずず。
磯の野趣を含むどんぶりには太め田舎の蕎麦。
ふーふーふー、ずずずず。
あー、いやー、温まる温まる。

釧路の郊外に地元厚岸の牡蠣による、
元祖かきそばを謳う手打ちそば「玉川庵」がある。「かきそば」を啜って温まりながら、
このどんぶりはもうひと超え職人技の一杯になってもいいのじゃないか、
なーんて思ったりもした。
厚岸からは綺麗な牡蠣が届くはず。
流石に剥き立ての牡蠣という訳にいかないかもしれないけれど、
新鮮な牡蠣をいただけることが期待できる。
そんな牡蠣と若布と出汁なぞが齎す、
澄んだ磯の風味をより活かしたい。
潮汁のようにとなったら極端だけれど、
かえしの甘さや醤油をぎりぎりまで抑えたらどうか、とか。
そんなつゆには、骨太な蕎麦よりも、
つなぎを減らしたやや細めの蕎麦がきっと合う。
あ、でも、やっぱり磯っぽいのが苦手なひとも少なくないし、
一定量を手打ちするための事情もあるだろうしな、
などとグルグルと余計なことを考えつつ、
鰊番屋な建物を後にしたのでありました(笑)。

「玉川庵」
釧路市鳥取大通5-17-17 [Map] 0154-51-4628

column/03771

麺や「七彩」で限定あれこれクラタ塩から夏のもみじに担々麺だだちゃ豆に唐黍に

日本橋・京橋エリアから怒涛の勢いで押し寄せる再開発の波は、八丁堀界隈にも到達している。
八重洲通りと平成通りが交叉する八丁堀二丁目交差点の角地にあった第一長岡ビルもすっかり解体され、無機質な万能鋼板が敷地を囲む。
再開発を目論む側はきっと、区画全体で新しいビルをおっ建てたかったのであろう。
ところがどっこい、ソレハナンノコト?とばかりに従前からの佇まいのままの建物がそこにある。
そうそれは、今やすっかり日常の光景となった八重洲通り沿いの行列の先頭が立つ処でもあります。

行列が長くありませんようにと祈りつつ(笑)、
八重洲通りの舗道を往く。
日により天候により多少の多寡はあるものの、
11時半にはそれ相応のひとの並びとなっています。

充実の定番品「喜多方らーめん」の煮干や醤油に、
いつの間にか塩味が加わったんだねと、
初めて「塩肉そば」をいただいたのは、17年の10月のこと。煮干しも醤油も勿論絶品なのだけど、
塩仕立ては七彩のスープの魅力を直裁に堪能できる。
たっぷりチャーシューとの相性も想像以上であります。

今年18年の03月頃の限定だったのが、
「限定 小豆島海の水とクラタペッパーの塩らーめん」。滋味深い胡椒をフィーチャリングした塩らーめんは、
より輪郭がくっきりしてまた旨い。
KURATA PEPPERを検索すると、
カンボジアの胡椒農園の情報が確認できる。
そんな七彩の塩胡椒らーめんは、数ヶ月後には、
生胡椒グリーンペッパーのせバージョンへと進化したのでありました。

券売機の「気まぐれご飯」をポチとすれば、
「山形のだし」を載せた茶碗飯がいただける。築地の場外で初めて目にしたことを思い出す「だし」。
ご飯によく合うのは先刻承知の助で御座います(笑)。

この夏の七彩は、再開発ラッシュ以上に怒涛の限定祭り。
7月には、ジビエらーめんシリーズの口火を切って、
「夏のもみじの冷やしらーめん」が登場。ここで云う”もみじ”とは鹿肉のこと。
トッピングには象徴的に艶っぽい赤身肉。
いつもの喜多方仕立てとは違う、
どこかつるんとした冷たいスープを啜って、
そのすっきりとしつつも深い味わいに思わず目を閉じる(笑)。
いつもの手打ち麺を冷たいスープでいただくのも、
何気に嬉しいのであります。
噛めば青い香りと刺激の弾ける生グリーンペッパーが、
ここでも活躍してくれています。

晩夏の限定の定番と云えば、
その第一弾が「だだちゃ豆の冷やし麺」。擂り流しただだちゃ豆の滋味がもうそのままいただける。
トッピングのチャーシューがいい合いの手を入れてくれる。
短く切った手打ち麺と一緒に蓮華で啜りたい、
そんな妄想も頭を擡げてきます。

ご飯ものの定番と云えばご存知、「ちゃーしゅー飯」。どこか芳ばしいチャーシューもズルいけど、
かけ廻したタレがまたズルいんだ(笑)。

続く限定にはもみじの冷やしが進化して、
「夏のもみじの冷やし担々麺」となってしまう。トッピングにはたっぷりのそぼろ鹿肉に砕いたナッツ系。
辛そうでいて加減の絶妙なラー油にはただただ感心してしまいます。
こうくるんか~。

そして、晩夏限定の定番第二弾が、
ご存知「とうきびの冷やし麺」。高山の農家さんから届いたというタカネコーンの魅力炸裂!
摺り流しの裏手から麺を引き上げれば、むんずと絡まる。
これぞ大地からの甘さだと思う恵みをたっぷりと味合わせてくれます。

鹿肉によるジビエシリーズの第三弾が、
お待ちかねの「もみじの担々麺」。冷やし担々麺も洗練された美味であったけれど、
こちらも世の担々麺のいずれにも引けを取らない完成度。
クリーミーさと辛みと芳ばしさの塩梅が素敵。
手打ちぴろぴろ麺が担々スープにもよく似合います。

八丁堀の手打ちらーめん店と云えば、
謂わずと知れた麺や「七彩」。食材の探求にも怯みなき両雄が、
珠玉の定番喜多方らーめんに飽き足らず、
季節季節の限定らーめんでもまた唸らせる。
行列の長さが気になるものの、
近くにあって良かったと八重洲通りを歩くたびに思います(笑)。

「七彩」
中央区八丁堀2-13-2 [Map] 03-5566-9355
https://shichisai.com/

column/03764