「定食」タグアーカイブ

定食「美松」で菜種油の牡蠣フライ鰆の味噌焼立田揚げ池袋駅前大通りでこの風情

東京芸術劇場のリニューアルに続いて、そのアプローチともなる公園にも改修の手が入った池袋西口界隈。
愛称とされる「グローバルリンク」はピンと来ないけれど、浮浪者や酔客の姿が目に留まり、切なくも複雑な心境を齎す光景もみられたエリアの様子も変わってきているように映ります。
舞台棟では演奏音を50%だけ反射する反射板などを用いて、屋外では難しいとされるクラシックの生コンサートを可能にした、というのは本当にそう機能するのでしょうか。

そんな西口公園から西口五差路を渡って、
立教通りとの二又を過ぎた辺り。
植栽の陰で何気なく「ごはん」と示す木札のサインが見付かります。池袋駅前と云ってしまってもいいような大通り沿いの舗道にあって、
水盤にも似た睡蓮鉢が涼しさを誘う。
木札の裏側には、「ふくはうち」とあるのが微笑ましい。

ちょうど満席ゆえ、入口の暖簾の裏でしばし待つ。ふと右手の棚を眺めれば、雑誌・書籍が並んでいる。
熊谷守「虫時雨」、水上勉「精進百撰」「折々の散歩道」、
NHK「江戸の食・現代の食」などのタイトルに、
「山手線ひとり夜ごはん」「dancyu」といった文字も並ぶ。

カウンターの頭上を見上げれば、下がり壁に沿って張り出す小屋根。
竹天井には千社札が処狭しと貼られている。これまたふと奥の壁に目を遣れば、器の図画とともに、
「Teishoku MIMATSU」と標す銘板が何気なく、ある。

開け放った扉の暖簾の向こうは池袋の大通り。
焙じたお茶の湯呑みにも何気ない味がある。

カウンターから正面に見据える竹編みの壁に、
その日の品書きを白墨で整然と書き留めた黒板が掛かる。
晩秋に訪れれば、品書きの筆頭はカキフライ。
既に横線一閃で消されてしまっている行もあって、
急に気が急いてくる(笑)。使用している菜種油が国産100%であること。
使っている卵が、白州の平飼いのものであること。
そのことが味のある文字で木札に示されている。
そして、茶碗に盛り込むごはんは、
雑穀米、玄米、白米から選べる。

品書き黒板の縦長な二枚目には、
単品のお惣菜メニューが並んでいる。何気なく「やっこ」を註文すれば、この風情。
右手の先あたりにお猪口がないのが不思議でなりません(笑)。

やっぱり註文んでた「カキフライ」は、
大き過ぎないサイズがジャストフィット。
カラッとした軽やかな揚げ口の衣の中から、
牡蠣の滋味が素直に零れてくる。「美松」の牡蠣フライの特徴は、その揚げ口に留まらず。
ホロホロしっとりと甘いカボチャのフライなんぞを、
合いの手を入れるように用意してくれるのが粋じゃぁありませんか。

別のおひる時には「サワラのみそ焼き」の定食をいただく。西京チックに味噌に包まれて味の沁みた鰆が美味しい。

雑穀米に潜む甘さを探す感じがなんだか妙に嬉しい。味噌汁はと云えば、「カキのみそ汁」への変更が出来たりするのです。

おひるのザ定食的「鶏の立田揚げ」なんて選択もいい。ピュアな菜種油の恩恵をたっぷりと受けているような端正さがある。
菠薐草の小鉢を添えたりするのも秘かな贅沢でありますね。

池袋西口の大通りに面して、粋な定食屋「美松」はある。いや、あった、というべきか。
今度こそは、空席を待つ人にたとえ白い目でみられようとも、
此処のカウンターでひるから呑んでやるんだ!と、
そう思っていたのに、この春、店を閉めてしまった。
今は、3年程前から「美松はなれ」として営業していた、
裏通りの店へと移って、
コロナ禍の最中ながらも盛業中です。

「美松」
豊島区池袋2-18-1 タムラ第一ビル1F(移転前)
https://teishokumimatsu.wixsite.com/teishokumimatsu

column/03816

餃子の店「福みつ」で餃子定食中に餃子20個麦酒とともに浜松餃子の人気店のひとつ

浜松が王者として君臨してきた宇都宮を下して年間消費量第1位になったとか。
いやいや、宇都宮が負けじと発奮してふたたびその座を奪還したとか。
そんなことも時に話題となる餃子の街の双璧、宇都宮と浜松。
ただ、統計から算出される消費量は、ふたり世帯以上の家庭内でのもの中心のようで、専門店や中華料理店での消費などはカウントに含まれていないらしい。

どっちも美味しければそれでええやんかーと思いつつ(笑)、
宇都宮の代表店「みんみん本店」でいただいた餃子は、
紛れもなく素直に旨かったことを思い出す。
そのご近所の「正嗣 宮島本店」にもお邪魔せねばと思いつつ、
行列もあってなかなか果たせていないことにも思い至る。

一方、浜松では駅ビル内の「石松」とか、南口の「むつぎく」、
隣駅高松最寄りの「喜慕里」あたりぐらいしか訪ねたことがない。
軽やかな感じが確かに美味しいし、沢山食べられそう。
ただ、それは幾分かの物足りなさと背中合わせであるような、
そんな感慨も含んでいました。

気になる餃子の店がひとつ、
浜松駅からちょっと離れた住宅地にある。
ふたたび浜松にいたおひる時をよい機会と遠鉄バスに乗る。
辿り着いたのは、煉瓦色の総タイル張り三階建ての建物。今時珍しくも、袖看板にネオン管を使っている。
宵闇の様子も眺めてみたいような気分が一瞬過ぎります。

人気店ゆえ、空席を暫し待つ。外壁と同じタイル張りの壁に留められたお品書きには、
餃子10個から5個刻みに50個まで。
餃子専門店としての矜持を垣間見るような気がします。

ご案内いただいたテーブルの上には、ラー油の容器も勿論ある。その周辺 がどうにもベタつくのが常だけれど、
入れ子にすることでそれを避けていて、いい。
単純なことだけど、案外この配慮を他で見ないもンね。

餃子15個の「定食(中)」の膳がやってきた。雲形と呼べばいいのか、
特異なフォルムのお皿は使い込まれて、
店名が少し擦れてきています。

浜松餃子の特色として挙げられるモヤシの姿はない。
そして、半ば揚げたかのような焼き目の表情にふと、
沼津餃子「中央亭」を思い出す。「中央亭」の餃子は、そこから湯を注いで茹でることで、
独特の食べ口を実現しているけれど、
此処ではそのまま、
揚げ焼きの芳ばしき皮の歯触りが魅力のひとつとなっています。

そんな皮に包まれたあんは、刻みキャベツが主体のようで、
肉々しく肉汁溢れる、というノリとはやはり逆方向の、
野菜の甘さを軽やかに呈してくれる餃子だ。

季節が移ろう中で、
餃子はやっぱり麦酒と一緒にいただきたいよね、
との願いが叶う日がやってきた。餃子20個に瓶麦酒。
ご飯も味噌汁もいらない。
ただただ、餃子、麦酒、餃子、麦酒を繰り返す正午前(笑)。
待っているひと達には申し訳ないけれど、
餃子が冷めないうちに、でもゆったりと。
なかなか悪くないひと時でありました。

浜松の人気餃子専門店「福みつ」は、
駅からやや離れた住宅地にある。満腹のお腹を擦りながらしばし眺めていると、
店の向かいに用意された駐車場にどんどん車がやって来る。
地元民にしっかり支持されているのだろうと思われて、
好感度がより増してくる。
なのに、宇都宮餃子ももっと知らなければと思ったりもするのは、
天邪鬼な所為に他なりません(笑)。

「福みつ」
浜松市中区佐藤1-25-8 [Map] 053-461-6501

column/03759

和食「以と宇」で いつもの豚生姜焼定食ヒリっと辛いカツカレー

itou.jpg此処で何度ランチをいただいたことか。
冷静に振り返ると、うん十年もおよそランチのお品書きが変わっていないというのは凄いことだなぁと感心する「以と宇」で、久々のお昼です。
以前よりさらに痩せてしまったような気のする大将の横顔を拝みながらカウンターの隅にそっと収まる。
時折若い女性もフォローしてるものの、姐さん陣もお元気のようです。

「以と宇」で3回に2回は注文んでしまうのが「豚生姜焼定食」。
和食系の生姜焼きでまずイメージするのが、
ココの生姜焼きになってしまっています。
空煎りしたかのように、
汁っけをほとんど飛ばしたような仕立てが特筆するところ。itou01.jpgしつこくなく、そして疑いようもない生姜の香りが、 ふふんとして、
脂を落としたどこかソリッドな豚の旨味が否応なく主張する。
itou02.jpg細かく刻んだキャベツの山の一部ごとむんずと一緒に箸で掴んで口へ運べば、キャベツの甘みも豚肉の甘みも相乗して魅力を増すのです。
それをおかずにペロンと、上品に持った茶碗のご飯を平らげて、 小皿の納豆の配分を考慮しつつ、
お代わりのご飯をいただくのがルーティンな流れ。
納豆ご飯でひと呼吸置いて再び、残りの肉片で満足へと至るのは、
繰り返し履行してきた自然な所作でございます。

「以と宇」のお昼は他にといえば、
itou12.jpg例えばすずきのお刺身やさわらの照焼といった「和定食」に「とんかつ定食」「とろろ定食」「鰺叩き定食」。
その都度目の前の真名板でトントンと叩く鰺も乙なもの。

和食店にして辛みの利いた本格自家製「ビーフカレー」、
そして「カツカレー」も今やすっかり定番になっている。itou06.jpgitou07.jpgitou08.jpgitou09.jpg 炒めた玉葱のふるふるを思わせながら、ヒリヒタっと辛さが襲うカレーは、
なかなか侮れないお味とオトナな辛さ。
おこちゃまな頃は、ひ~っと云ってたもの(笑)。

案外知られていないのが、夜の「以と宇」。
お昼時の店内をぐるぐる見回しても、
夜についての表記は相変わらずないので、改めて訊いてみた。
「夜って、前のまんまです?」。
すると「え、ええ、おまかせになってます」。
「一万円の?」「はい」。
そう、夜の「以と宇」は、呑み物込みのポッキリ1万円なのだ。

昼のお品書きも変わっていなければ、
夜のシステムも変わっていないのだなぁと感心していたら、
そうとは知らずに訪れたヒトが身近にいた。
「注文してないのにどんどん出てくるし、
訳わからんままお会計したらイチマンエンと云われてビックリした」と、
目を剥いていらっしゃる。

かつて自分が味わった戸惑いを共有できたようで、
ちょっと愉しくもある。
でも、勝手知ったる常連かどうかはある程度見極められるはずだと考えると、 明らかに夜新規の客には冒頭でひとこと、
最低限の告知はするべきだと思うのだけれど、どうだろう。
繰り出される酒肴は、大将の手練が発揮された、
なかなかのものだと思うからこそ。
でも、大将にしてみたら、
それは粋じゃないってことなのかもしれません(笑)。

八丁堀の、いまや数えるほどになった古株の和食処「以と宇」。itou11.jpg余所にはない、何気ない小粋さが残っています。

口関連記事:和食「以と宇」で 昼は豚生姜焼き定食夜はおまかせ一万円(02年11月)

「以と宇」
中央区八丁堀1-11-6 [Map] 03-3553-7637

column/00208