「再開発」タグアーカイブ

焼鳥「鳥福」で伊達鶏媛っこ比内地鶏ハラミ〆スープ渋谷再開発とのんべい横丁と

2019年11月に開業した渋谷の新しいランドマーク、渋谷スクランブルスクエア。
新しい施設にわーっと飛びつくように出掛けるのは、何処かこっ恥ずかしくて、一周廻った頃に足を向けることが多いへそ曲がりなのだけど、屋上にオープンエアな展望施設があると知り、それは登ってみたいと思っていた、そんな2月初旬のこと。
こけら落とし公演「志の輔らくご」が待つ新生PARCO劇場へと向かう前のひと時がちょうどよいとばかりに、最上階エリアへと直行するエレベーターに乗り込みました。

2月にして陽射し暖かで、ほぼ無風にして澄んだ冬の空気。渋谷の真ん中でこの解放感はなかなか素晴らしいと頷き合いつつ、
六本木方面を見遣ったり、寝転んで真上の空を仰ぎ見たり、
富士山方向に沈む夕日をじっと眺めたりしたのでありました。

そんな渋谷スクランブルスクエア展望施設SHIBUYA SKYから、
ほぼ真北方向の眼下を見下ろすと、
かつての宮下公園や隣接していた駐車場の一角が、
不思議な立体構造の公園らしきものになりつつあるのが俯瞰できた。

その後のとある夕刻の頃。
区役所への所要の帰り掛け、
宮下公園のあの施設はどんなだろうと寄り道するも、
コロナ禍の影響か、まだ開業準備中のご様子。ならばとそのまま、お久し振りに、
のんべい横丁に寄り道しましょう。

紳士専用トイレの前から角を曲がってすぐ。
「鳥福」にお邪魔するのは恐らく、14、15年振りだ。店内を覗き込み、空席あるやを訊ね、潜り込む。
鶉の玉子を落とした大根おろしが、今も変わらぬお通し。
そして、目の前の硝子ケースの中を思わず覗き込んでしまうのも、
云わばお約束であります。

引き戸の上をふと見れば、オヤジさんのモノクローム。
今はオヤジさんから代が変わって、
その息子さんが焼き台を守る。

口開きの串二本は、左手が伊達鶏で右手が媛っこ地鶏。ぼんじりもまた、脂デロデロなのではなく、
余計なところを削ぎ落とす仕事をしてくれているような、
そんな気がします。

麦酒に続いていただいたのは「浜千鳥」。
震災後の釜石にあったプレハブ棟による吞ん兵衛横丁。
「浜千鳥」というと、寒くてそして温まった、あの夜を思い出す

焼き台の頭上には、二階とのホットラインであるところの木箱がある。タレで迫るのは、レバーにつくね。
塩が基本の串たちの中にあって、これもまたいい。

ビールに浜千鳥、焼鳥の串5本をいただけば、
満ち足りた心持ちになってくる。

そうとなればと「鳥福」が用意してくれているのが、
〆の鶏ガラスープ。
そのスープには、お好みとお腹の気分に応じて、
烏骨鶏の卵や小さい焼きおにぎりをオプション投入することができる。ひたひたとスープの滋味に浸り、
半熟の漢方卵の旨味と香ばしいご飯を啜る。
そうして小さな大団円を迎えることが出来るのです。

間を空けずのんべい横丁を訪ねることができたならば、
やっぱりこのささやかなカウンターに腰掛けたい。黒糖加那の水割りをちびちび舐め乍ら、
目の前の硝子ケースの中を覗き込むのもオツなものであります(笑)。

今回もやっぱり福島の伊達鶏、そして比内地鶏で口開き。左の串は媛っこ地鶏。
山形からのものだという右の串、
色丸ロードアイランドレッドは、わしわし噛み込む感じだ。

タレでいただく「みち」は、「きんかん」の古い呼び名だそう。
塩で焼いてもらった「ハラミ」が美味くて、秘かなお気に入り(笑)。素直に追加投入のない鳥ガラスープで仕舞うのもまた、悪くない。

いつの間にか開業していた「ミヤシタパーク」に登ってみる。
渋谷スクランブルスクエアの展望施設から眼下に見た通り、
以前は勿論地続きにあった宮下公園が、
構造物の最上階に立体的に再構成されている模様。
階下のフロアには飲食店やショップがあり、
さらにはホテルまであるらしい。そんな真新しい施設から、
そこだけ置き去られたような風情ののんべい横丁を見下ろす。
大規模で広大な再開発が進行している渋谷にあって、
この一角だけはいつまでもこのままであって欲しいとそう思う。

大掛かりな再開発進む渋谷駅周辺にあって、
どこ吹く風と昭和なままなのんべい横丁に「鳥福」はある。此処のお店は八月は鳥が弱るので休むのよ。
L字5席のカウンターに偶々同衾した姐さんがそう仰る。
例年が例年でない今年は、お盆以外の八月も営業しているようです。

「鳥福」
渋谷区渋谷1-25-10 のんべい横丁[Map]03-3499-4978

column/03819

鳥料理「鳥房」でご存知半身の若鶏唐揚げ鶏皮生姜煮鳥ぬた味な佇まいに忍び寄る影

再開発計画が明らかになっている京成立石駅周辺。
計画の南口西地区には、夙に知られたもつ焼「宇ち多゛」や立ち喰い「栄寿司」、おでんの「丸忠」などなどを擁する立石仲見世通りアーケードを検討範囲に含む。
再開発計画はそのエリアだけかと思っていたら、その東側の区画、更にはなんと北口側にも広範囲な計画があるらしい。

いつぞやの駅北口の風景。
踏切を紅い電車が、♪駆け抜けてーゆーくー。
思ーい出がー、風に、巻き込まれーるー(笑)。そして、味な佇まいで魅せるのが、
ご存知「鳥房」の店先であります。

一旦、店左手の路地に闖入していくと、
お尻をペタンと路面に落ち着けた猫が、
此方を窺っている。そのちょっと先には、
これまた味なる看板のアーチが架かる。
残念ながら未だお邪魔できていない、
もつ焼「江戸ッ子」がその先に控えています。

ひと巡りして「鳥房」の横丁に戻ると既にそこには、
席を待つひとの並びが出来ています。年季の入ってきた暖簾越しに覗く店内は、
右手にカウンターがあり、左手は座敷になっている。

お願いした瓶の麦酒と一緒にお通しの鶏皮の生姜煮がやってくる。濃過ぎないように煮しめた鳥皮にはなるほど、
生姜の風味がしっかり利いていて、
これだけでずっと呑めてしまいそうな予感が沸いてくる(笑)。

唐揚げの前の麦酒のお供にもう一品と「ぽんずさし」。辛味をキリッと利かせてポン酢と刻み葱と一緒にいただく鶏刺し。
うん、これが不味かろう筈はないよね。

そしてメインディッシュ「若鶏唐揚」が到着。
日によって微妙に変わるのでしょう、
グラム数と値段の組み合わせ3通り程についての口上に呼応するように、
席に着いた冒頭に註文していたものです。初めて?とお姐さんに訊かれて頷くと、
あらそうなの?とばかりに、
目にも留まらぬ速さで鶏の半身をバラしてくれる。
憶えた?と訊かれ思わず頷いたものの、
まったく会得していない(笑)。
ま、いっかと齧りついた唐揚げは、
まさにカラッと揚がった皮目が期待通りの旨さだ。

それから暫し後、ふたたび「鳥房」の暖簾前に立った夜。今度は右手のカウンターの一隅に案内されました。
鈍く反射する黒の品札の並びを見上げます。

瓶のビールのお供はやっぱり、鶏皮の生姜煮。五反田の「信濃屋」みたいな鶏肉専門店が身近にあれば、
自宅で真似てみるのも一興かもねなんて思いつつ、
次から次へと箸の先を動かします。

「鳥わさ」も「鳥かわし味」も、
そして「鳥サラダ」も気になりつつのご註文は「鳥ぬた」。湯引きした鳥ももでしょうか。
添えた酢味噌と葱とを和えると表情が変わる。
素朴にして極めてオツな一品であります。

一部でおっかないとの評もあるお姐さん方だけれど、
燗の温度を気にしてくれたりして、
愛嬌たっぷりにして優しく気が利いている。

ふたたび、3種類のうちの真ん中のサイズでお願いしていた、
若鶏唐揚が揚げ上がって届けられた。今回は、お姐さんが何を訊くでもなく、
ささっと超絶慣れた手際で捌いてくれる。
ワタシきっと、懇願の表情をしていたのでしょう(笑)。
やっぱり兎に角、皮目が旨い。
そして、余すところなく、ホジホジし齧り、しゃぶり尽くすのが、
お姐さんへの返礼だと思い至るのでありました。

京成立石駅の北口すぐに夙に知られらた唐揚げの店「鳥房」がある。忍び寄る再開発の影に果たして、
この店の佇まいがどうなってしまうのか。
一度失えば二度と取り戻すことのできない風情がここにもある。
ちょっとおセンチな気分に思うのは、
加齢の所為でありましょうか(笑)。

「鳥房」
葛飾区立石7-1-3 [Map] 03-3697-7025

column/03780