「ポークジンジャー」タグアーカイブ

ポークジンジャー専門店「Ginger」で豚バラ生姜かポーク生姜かサワーな夜の顔

西口じゃなくて東口にあるのが池袋西武で、西口にあるのが池袋東武となんだかちぐはぐな気がするのもどこ吹く風(笑)。
そんな池袋の西武口を出て右方向、明治通りを千登世橋方面へと向かい、南池袋一丁目の交叉点を左手にジュンク堂書店池袋本店を見乍ら渡り、そのまま進んだ通りが東(あずま)通り。
ご多分に漏れずチェーン店大資本系の店舗が幅を利かす大都会池袋にあって、多少なりともインディペンデンスな店の姿を見掛けて気になる通りなのです。

ずずずいっと進んで右手が寺院を囲う塀となる辺り。
歩道の頭上に「GRIP PROVISION」と示す
プレート状の小さな突出看板が見つかる。服飾雑貨のお店かしらと思いつつ、
店の正面に廻ると店先に白く大きな暖簾が提げられているのが判る。
暖簾の中央には、豚の顔皮チラガーならぬ、
豚面のアイコンが掲げられています。

覗き込むように暖簾を払うと迎えてくれるのは、
大振りなコの字のカウンターと快活そうな女性陣。
右手の壁沿いには野菜類を主軸とした様々な食材が並んでる。
八百屋さん?と訝るもそれで間違いではないようで、
無農薬・無添加そして無化調の食材庫を併設していて、
勿論のことそれら食材の販売もしているそう。天井を見上げれば、構造材が剥き出しで、
元の建物はなかなか年季の入った木造であることが判る。
訊けば、改装前は理容店、そしてケーキ屋さんであったそうだ。

Gingerちんといえば、それは勿論、
ご存じ「しょうが焼きに恋してる」のあの御仁
何を隠そうこちらはその名の通り、
生姜焼き、ポークジンジャーの専門店なのであります。

然らば早速と「豚バラ生姜焼き」を所望いたします。千切りキャベツと生姜焼きが美しきバランスで皿の上に載る。
おおおお。
生姜の風味がひりっとたっぷりとして、好みの味付け。
奇を衒わず素直に飾らず直球に仕立てるあたりが、
専門店の矜持を漂わせるようで、それもまた嬉しいところ。

カウンターに添えてくれた、
大葉と玉葱のドレッシングがなかなか美味しい。オーガニックな野菜をどうドレッシングに仕立てるか、
きっとあれこれ試行錯誤したのだろうね。

フリーな昼上がりには、マスターズドリームから始めちゃう。そんなゆるっとした午後もあっていいよね(笑)。

マスターズドリームをくぴっと飲み干した後にお迎えしたのは、
「ポークジンジャー」の150gもの。山形の特上ロースと謳う豚肉の厚みや頃合いよし。
ナイフでさくさくっと切り分けて、
上に載せかけられたジンジャーなソースをたっぷりと掬って口へ。
脂のノリが云々というよりは、
しっかりとした繊維質の歯応えの中から旨味がじわじわっと滲んできて、
それが生姜風味たっぷりのソースに引き立てられて倍加する感じ。
周囲をやや焦がし気味しているところもニクい(笑)。
サラダは例のドレッシングでこれまた美味い。

そんなポークジンジャー専門店「Ginger」に宵闇の頃にやって来ると、
なにやら微妙に雰囲気が違うのに気づく筈。
そう、夜の部は「SOUR HOUSE」の暖簾へと掛け換わるのであります。

暖簾越しの外が暗くなると、
カウンターの内側に置かれたおでん鍋が急に目に留まる(笑)。お飲み物はと訊かれれば、それはやっぱり、
どのサワーにいたしますかとの問いに近い。
まずは基本中の基本「搾りたてレモン」から。
甘くない、かといって酸っぱ過ぎないフレッシュな吞み口がいい。
他にも、麦焼酎割の「麦香るレモン」とか、
「生はちみつレモン」に塩漬け果肉の「塩レモン」とか、
レモンの皮ときび砂糖のリキュールによる「レモンチェッロ」と、
レモンサワーにもバラエティに豊む工夫がされているんだ。

この店の酒肴のありように探りを入れるべく「ポテトサラダ2019」。
マッシュの具合も織り交ぜた玉葱の塩梅も好みの路線。
西暦表示を添えているのは、
毎年の進化と研鑽が故のことなのでしょか。醤油とザラメだけで煮込んだという「肉豆腐」は、
西の生まれかポークでなくって牛肉仕様の濃い目の仕立て。
味の沁みた木綿もそそります。

長野産の葡萄をそのまま使うという「巨峰サワー」は勿論ブドウ色(笑)。新定番!と謳うは「欲張り鶏つくね」。
串のつくねを想像していたら然るにあらず。
鶏ハンバーグ状のつくねを箸の先で崩せば、
出汁の利いたツユに解れてズルい感じになるのですな。

今度ウチで真似しちゃおーと思わせるのが、
「キャベツのアンチョビ炒め」だ。
こりゃいいや(笑)。おろし生姜をいただいてやってきたのは、
摺り胡麻をびっしりと纏った「ごま鯖」。
これって、鯖がゴマサバだということじゃなくて、
例の福岡のあれでありますね。

おひる時はGingerなお店なんだもの、
当然あるよねとも思ってニヤリとさせる一杯もある。「日光生姜サワー」のグラスに浮かぶスライス。
日光生姜の日光は、”日光を見ずして結構と言うなかれ”の、
その日光かと思ったら、そうではないと云う。
メニューには、”400年の伝統のある生姜つくり”とあって、
鳥取市気高町の日光集落で特別に栽培される生姜。
集落に今も残る生姜穴で何か月もの間熟成させるらしい。

ちょいと〆てしまおうかなぁなって時には「豚生姜丼」。 茶碗盛りな量感がなんだか嬉しい。
ポークジンジャー専門店のカウンターなら、
夜となっても得意技でありますな(笑)。

少なくとも都内唯一いやいや本国唯一かもとも思しき、
ポークジンジャー専門店を冠するは、その名も「Ginger」。豚バラ生姜焼きかポークジンジャーかは、どうぞ気分次第で。
「SOUR HOUSE」と名を換えた夜の部には、
気の利いた酒肴・惣菜をお供に、
有機無添加な工夫を施したサワーたちを呑りましょう。

「Ginger」
豊島区南池袋2-12-12 [Map] 03-6903-1917
https://grip-ginger.com/

column/03802


キッチン「たか」でかきのバターソースにポークジンジャーハンバーグ車力門通り

丸の内線の四谷三丁目駅のある外苑東通りとの交叉点から新宿通りを四谷駅方向へ。
北へと伸びる横丁の二本目が、入り口に懐かしの支那そば「まるいち」のある杉大門通り。
その先を右手にクランクすれば、鮨「てる」本格焼酎屋「羅無櫓」のある柳新道通りと呼ぶ小路だ。

そして、もう一本四谷寄りの横丁が車力門通り。「車力門通り」という呼び名は、
江戸時代にこの地に美濃国高須藩藩主・松平義行の屋敷があり、
上屋敷の裏門には御所車(車輪)の文様が描かれていて、
この通りを通じてその門へと、
荷車が出入りしていたことに由来する、らしい。

荒木町のメインストリートとでも呼ぶべき通りには、
その両脇の小路を含めて沢山の気になる飲食店が並ぶ。荒木町に住んでしまいたいと、
来る度に思うのは勿論、その所為なのだけど(笑)。
そんな荒木町のアイコンのひとつに思うキッチン「たか」は、
車力門通りのに入って右手ひとつめの袋小路の入口角にある。

冬季限定メニューから選ぶのは、「かきのバターソテー」。
いや、冬場にわざわざこれを目掛けてやってくる、
と云うのが正しいかもしれない。大き過ぎず、小さ過ぎずの牡蠣の身がひと回り薄衣を纏い、
その衣に守られつつバターソースに揚げ焼かれて。
もう、これ、旨くない訳がないというね。
かつれつ「四谷たけだ」とどっちがよいかなんて、
比べてる場合ではありません(笑)。

ここらは4、5年前の思い出。
夕方近くやすっかり夜の帳が下りてから訪れると、
売切れ閉店の憂き目にあうことも少なくない「たか」だけど、
しっかり営業しているラッキーな夜も勿論あった。その頃は入口の扉の横の壁に、
メニュー写真をコラージュするように沢山貼り込んでいたっけ。
「たか」を訪れる度にその奥の袋小路も覗き込むのだけれど、
他の店には一度もお邪魔したことがありません。

きっとGingerちんはとっくに召し上がっておられるであろう、
といえばそれは、「ポークジンジャー」のお皿。しっかりと揚げ焼きして芳ばしい膜をつくる。
ナイフを入れ、ぴりっと生姜の利いたソースと一緒に口に運べば、
ムホホと笑顔を誘ってくれるのです。

コロンとした「ハンバーグ」のお皿は、
目玉焼きを添えて、如何にも”らしい”佇まい。真ん中にナイフを挿し入れれば、程ほどに肉汁溢れる。
ただそれよりも、濃密にしてすっきりとした旨味のデミソースがいい。
半熟目玉焼きの黄身ソースをそこへ混ぜ込むのもお約束です。

四谷荒木町は車力門通り沿いにキッチン「たか」はある。「トマトのビーフ」や「しょうがのビーフ」といった牛肉メニューに、
「レモンガーリックソースポークソテー」などなどの豚肉メニュー、
「マスタードソースのチキンソテー」などの鶏肉ソテーメニューも、
ずっとずっと気掛かりなまま。
「鮭のバターソテー」をはじめとする魚介メニューはもとより、
「黒ソースのオムライス」や定番「カレーライス」と、
ご飯ものメニューにも宿題課題が目白押し。
ただただ残念なのは、
頃合いのいい時間帯に荒木町にいるというのが、
案外と難儀なことであります。

「たか」
新宿区荒木町3-1 [Map] 03-3356-2646

column/03786