「キッチン」タグアーカイブ

キッチン「たか」でかきのバターソースにポークジンジャーハンバーグ車力門通り

丸の内線の四谷三丁目駅のある外苑東通りとの交叉点から新宿通りを四谷駅方向へ。
北へと伸びる横丁の二本目が、入り口に懐かしの支那そば「まるいち」のある杉大門通り。
その先を右手にクランクすれば、鮨「てる」本格焼酎屋「羅無櫓」のある柳新道通りと呼ぶ小路だ。

そして、もう一本四谷寄りの横丁が車力門通り。「車力門通り」という呼び名は、
江戸時代にこの地に美濃国高須藩藩主・松平義行の屋敷があり、
上屋敷の裏門には御所車(車輪)の文様が描かれていて、
この通りを通じてその門へと、
荷車が出入りしていたことに由来する、らしい。

荒木町のメインストリートとでも呼ぶべき通りには、
その両脇の小路を含めて沢山の気になる飲食店が並ぶ。荒木町に住んでしまいたいと、
来る度に思うのは勿論、その所為なのだけど(笑)。
そんな荒木町のアイコンのひとつに思うキッチン「たか」は、
車力門通りのに入って右手ひとつめの袋小路の入口角にある。

冬季限定メニューから選ぶのは、「かきのバターソテー」。
いや、冬場にわざわざこれを目掛けてやってくる、
と云うのが正しいかもしれない。大き過ぎず、小さ過ぎずの牡蠣の身がひと回り薄衣を纏い、
その衣に守られつつバターソースに揚げ焼かれて。
もう、これ、旨くない訳がないというね。
かつれつ「四谷たけだ」とどっちがよいかなんて、
比べてる場合ではありません(笑)。

ここらは4、5年前の思い出。
夕方近くやすっかり夜の帳が下りてから訪れると、
売切れ閉店の憂き目にあうことも少なくない「たか」だけど、
しっかり営業しているラッキーな夜も勿論あった。その頃は入口の扉の横の壁に、
メニュー写真をコラージュするように沢山貼り込んでいたっけ。
「たか」を訪れる度にその奥の袋小路も覗き込むのだけれど、
他の店には一度もお邪魔したことがありません。

きっとGingerちんはとっくに召し上がっておられるであろう、
といえばそれは、「ポークジンジャー」のお皿。しっかりと揚げ焼きして芳ばしい膜をつくる。
ナイフを入れ、ぴりっと生姜の利いたソースと一緒に口に運べば、
ムホホと笑顔を誘ってくれるのです。

コロンとした「ハンバーグ」のお皿は、
目玉焼きを添えて、如何にも”らしい”佇まい。真ん中にナイフを挿し入れれば、程ほどに肉汁溢れる。
ただそれよりも、濃密にしてすっきりとした旨味のデミソースがいい。
半熟目玉焼きの黄身ソースをそこへ混ぜ込むのもお約束です。

四谷荒木町は車力門通り沿いにキッチン「たか」はある。「トマトのビーフ」や「しょうがのビーフ」といった牛肉メニューに、
「レモンガーリックソースポークソテー」などなどの豚肉メニュー、
「マスタードソースのチキンソテー」などの鶏肉ソテーメニューも、
ずっとずっと気掛かりなまま。
「鮭のバターソテー」をはじめとする魚介メニューはもとより、
「黒ソースのオムライス」や定番「カレーライス」と、
ご飯ものメニューにも宿題課題が目白押し。
ただただ残念なのは、
頃合いのいい時間帯に荒木町にいるというのが、
案外と難儀なことであります。

「たか」
新宿区荒木町3-1 [Map] 03-3356-2646

column/03786

洋食「マロ」でナポリタンカキフライオムライスよみせ通りマロさんのカウンター

或る日のおひる時、千駄木駅の駅上、不忍通り沿いにいた。
何の所用だったか何故かまったく思い出せないのだけれど(笑)。
団子坂下にあった焼鳥「今井」はもう外苑前に移転してしまったのだよなぁなどと考えつつ、谷中銀座方向へふらふらっと歩いて行きました。

この先をもうひと足進むと、
「谷中 鳥よし」の界隈だなぁと思いつつ、
よみせ通りと標したゲートを潜る。と、左手にちょっと掠れたオレンジ色のテントが目に留まる。
そうだ「鳥よし」へ向かう時にも眺めていた光景だ。

酔っ払いにでも蹴っ飛ばされたのでしょうか、
三本珈琲協賛のスタンド看板は、
哀れ真っ二つに割れてしまってる。町の洋食屋さんにショーケースがあればやっぱり、覗き込む(笑)。
そこにあるのは、期待に違わぬ草臥れ具合のサンプルたち。
ふと鮫洲の洋食「木の葉」のショーケースを思い出します。

洋食屋の軒先に架かった和食屋な暖簾を潜れば、
右手に厨房とカウンター、左手に小さなテーブル。
その奥には小上がり風のスペースも覗けます。カウンターの止まり木に腰を下ろして入口を振り返れば、
ブラウン管のテレビでちょうど、
片肌脱いだ桜吹雪のお約束シーンが流れていました。

“昼のランチタイム”メニューから「スパゲティナポリタン」。年季の入った白髪単発のマスターが、
コンロに向かいジャッジャと炒める。
トマトソースやケチャップを使い過ぎることのない、
カラッとしたナポリタンは、
シャツに飛ばない系(©イートナポちん)。

季節柄こいつも試さなくちゃとお願いしたのは勿論「カキフライ」。添えてくれたタルタルはお手製のマヨネーズに近いものだけど、
なんかね、いいんだよね、飾らない感じがね。
「蜂の子」のタルタルやカキフライと決して比べてはいけませんと、
心の内なるものが囁きます。

ふたたび宵闇の中にお邪魔して「オムライス」。世に玉子たっぷりのトロトロバージョンもあれば、
薄衣バージョンのオムライスもある。
テクニックを要するのはきっと、こうして薄衣で綺麗に包むヤツ。
自宅でのフライパン使いが上手くなりたいな、
なんてことをスプーンを動かしながら思うのでありました。

谷根千の一角、千駄木はよみせ通りの一隅に洋食「マロ」はある。マスターに店の名の由来を訊ねたならば、
ヒデマロってぇ名なんだよとのお応えをいただいた。
ふと見上げた頭上の額装には「司厨士等級認定証」が掲げてあり、
そこにヒデマロさんの名が確認できる。
きっと、子供の頃から「マロ!」「マロさん!」と、
親しみを込めて呼ばれてれてきたのでしょうね。

「マロ」
文京区千駄木3-41-12 [Map] 03-3822-0036

column/03782