「しょうが焼き」タグアーカイブ

米国風洋食「センターグリル」でカキフライ生姜焼きナポリタン野毛のアイコン健在

一時はいっそ此処へ転居してしまおうかとさえ思った野毛の町。
まぁ静かに暮らすには向かないのは誰もが思うところではある。
下町とはまたちょっと違う、ちょっとヤサグレタ空気を悪くないと思った時季があったんだ。
野毛の町中ではなくて、県立音楽堂のある紅葉坂を上がり切った辺りとかもいいのじゃないかとなんとなく考えたりしたものです。

焼鳥「野毛末広」の混雑具合を横目に見ながら、
そうだ、お久し振りに「センターグリル」へお邪魔しようと、
足を向けたあの日。
お店のある区画の角に立つと左手と右手の両方に、
お店の入口を覆う庇の青いテントが見える。右手の店の間口もまた小じんまりしていて、
こちらがつまりは、別館であるようです。
入口の硝子戸に「センターグリル」のエンブレムを飾っています。

コップ立てを兼ねたメニュースタンドを初めて見た。ありそうでいてなかなかお目にかかれないのが、
洋食店のコンソメスープ。
きっと想像以上にコストと手間がかかり、
かつ割と味わいの劣化が早いのかもしれないな。
そんなことを考えつつ、カップのスープをいただいて、
ゆるゆるっとした気分に浸ります。

冬の時季のご註文は、勿論「カキフライ」。ステンレスのお皿が苦手だったオッちゃんは、
今頃どうしているかななどと思いつつ、盛り付けの姿を眺める。
アイスクリームディッシャーを使って載せたポテサラに、
刻み立てを思わせる千切りキャベツとトマト。
そしてお約束の素ナポ。
大きさ丁度よいカキフライは、大サービスの6個盛り。
王道の揚げ上がりであります。

お皿ごとに素ナポがあるのは承知しつつ、
併せてオーダーしてしまう「ナポリタン」。ノーモアアルデンテをそれが基本と実践する。
ニッポンの正しきナポリタンの姿の一端はそこにあるンだなぁと、
そんなことを独り言ちつつ(笑)、
横に持ったフォークをくるくる駆使してペロンと平らげるのです。

それから二か月後にふたたび、今度は本館の方へお邪魔する。なんのことはないのだけれど、
異国情緒をほんの少し帯びた佇まいがいい。
カップのスープは、ポタージュにしましょう。

カキフライ、ナポリタンに続くお目当てはやっぱり「しょうが焼き」。鉄のフライパンをガコガコして手早く炒め焼く、
そんな厨房の様子が容易に想像できるよなロースの生姜焼き。
おろし生姜の利きも程よく、
なによりちまちましていないのがいい。

それからあっという間に二年余りの月日が過ぎたこの春。
またまたお久し振りに野毛の町の「センターグリル」へとやってきた。
するとなんと、別館のファサードが、
別のお店のそれになっているではないですか。まさかなくなっちゃったってことはないよなと、
慌て気味に本館前に行くと、あの頃のままの店の顔があって、
妙な安堵を覚えたのでした(笑)。

ドアを引き開け、そのまま二階への階段を上がると、
以前とはなにやら店内の様子が違う。
別館があった右手方向が閉じている代わりに、
左手方向が開けているのだ。’18年の2月頃にリニューアルしたようで、
隣の角地にあった洋服店部分を使って拡張していたのです。

まずは、グラスのビールと一緒に改めて「ナポリタン」を。うんうん、これや(笑)。
店のwebページによると、
麺は日本初のスパゲッティ「ボルカノ」の2.2mm極太麺。
ゆでて一晩寝かせてもっちり感をだしてます、とある。
ナポリタン元祖の「ホテルニューグランド」の「ナポリタン」は、
生トマトを使ったソースで作られたもの。
しかし当店では創業時からケチャップを使用しています。
当時、ホテルで使っていたような生トマトは希少な高級品で、
街の洋食店では手に入りずらく、ケチャップで代用していた、と。
ニッポンの正しきナポリタンの姿のもうひとつの側面は、
調理についての以下の一文にある。
ケチャップを入れてからしっかりと炒めることにより酸味が飛び、
甘みが引き出されています。

腹ペコが手伝ってまた、無茶な註文をしてしまう(笑)。
またまた素ナポかぶりの「しょうが焼き」だ。豚ロースの肉片のひとつひとつが大振りになった様子。
肉の縁なぞに包丁を入れても間に合わないのか、
焼いたお肉が反り返っているけど、
いいのいいのそんな細かいことはね(笑)。

野毛の町のアイコンのひとつ米国風洋食「センターグリル」が、
新しい表情を街角に現した。狭い間口をふたつ持っていた従前の姿から進化して、
柳通りのゲートに寄り添うように建つ姿はなかなか良い。
店名「センターグリル」についてwebページには、
初代・石橋豊吉は「ホテルニューグランド」の初代総料理長、
サリー・ワイル氏が経営していた「センターホテル」で働いて、
「センターグリル」として開業しました、とある。
“センター”の名は、ホテルの名前に由来していたのですね。

「センターグリル」
横浜市中区花咲町1-9 [Map] 045-241-7327
http://www.center-grill.com/

column/03789

和食「以と宇」で いつもの豚生姜焼定食ヒリっと辛いカツカレー

itou.jpg此処で何度ランチをいただいたことか。
冷静に振り返ると、うん十年もおよそランチのお品書きが変わっていないというのは凄いことだなぁと感心する「以と宇」で、久々のお昼です。
以前よりさらに痩せてしまったような気のする大将の横顔を拝みながらカウンターの隅にそっと収まる。
時折若い女性もフォローしてるものの、姐さん陣もお元気のようです。

「以と宇」で3回に2回は注文んでしまうのが「豚生姜焼定食」。
和食系の生姜焼きでまずイメージするのが、
ココの生姜焼きになってしまっています。
空煎りしたかのように、
汁っけをほとんど飛ばしたような仕立てが特筆するところ。itou01.jpgしつこくなく、そして疑いようもない生姜の香りが、 ふふんとして、
脂を落としたどこかソリッドな豚の旨味が否応なく主張する。
itou02.jpg細かく刻んだキャベツの山の一部ごとむんずと一緒に箸で掴んで口へ運べば、キャベツの甘みも豚肉の甘みも相乗して魅力を増すのです。
それをおかずにペロンと、上品に持った茶碗のご飯を平らげて、 小皿の納豆の配分を考慮しつつ、
お代わりのご飯をいただくのがルーティンな流れ。
納豆ご飯でひと呼吸置いて再び、残りの肉片で満足へと至るのは、
繰り返し履行してきた自然な所作でございます。

「以と宇」のお昼は他にといえば、
itou12.jpg例えばすずきのお刺身やさわらの照焼といった「和定食」に「とんかつ定食」「とろろ定食」「鰺叩き定食」。
その都度目の前の真名板でトントンと叩く鰺も乙なもの。

和食店にして辛みの利いた本格自家製「ビーフカレー」、
そして「カツカレー」も今やすっかり定番になっている。itou06.jpgitou07.jpgitou08.jpgitou09.jpg 炒めた玉葱のふるふるを思わせながら、ヒリヒタっと辛さが襲うカレーは、
なかなか侮れないお味とオトナな辛さ。
おこちゃまな頃は、ひ~っと云ってたもの(笑)。

案外知られていないのが、夜の「以と宇」。
お昼時の店内をぐるぐる見回しても、
夜についての表記は相変わらずないので、改めて訊いてみた。
「夜って、前のまんまです?」。
すると「え、ええ、おまかせになってます」。
「一万円の?」「はい」。
そう、夜の「以と宇」は、呑み物込みのポッキリ1万円なのだ。

昼のお品書きも変わっていなければ、
夜のシステムも変わっていないのだなぁと感心していたら、
そうとは知らずに訪れたヒトが身近にいた。
「注文してないのにどんどん出てくるし、
訳わからんままお会計したらイチマンエンと云われてビックリした」と、
目を剥いていらっしゃる。

かつて自分が味わった戸惑いを共有できたようで、
ちょっと愉しくもある。
でも、勝手知ったる常連かどうかはある程度見極められるはずだと考えると、 明らかに夜新規の客には冒頭でひとこと、
最低限の告知はするべきだと思うのだけれど、どうだろう。
繰り出される酒肴は、大将の手練が発揮された、
なかなかのものだと思うからこそ。
でも、大将にしてみたら、
それは粋じゃないってことなのかもしれません(笑)。

八丁堀の、いまや数えるほどになった古株の和食処「以と宇」。itou11.jpg余所にはない、何気ない小粋さが残っています。

口関連記事:和食「以と宇」で 昼は豚生姜焼き定食夜はおまかせ一万円(02年11月)

「以と宇」
中央区八丁堀1-11-6 [Map] 03-3553-7637

column/00208