Bar「ケーブルカー」

cablecar.jpg80年代のアメリカンテイストのバー。店に入ると20mはあろうかというカウンターが目にとまる。
醸し出す雰囲気は独特だけれど、気取った感じはなし。
奥のテーブルで一杯。

「ケーブルカー」
横浜市中区山下町200KNビル1F [Map] 045-662-5303

column/00043

BAR「Ricksha Room」で ガン!と効く暗がりのドライマティーニ

ricksharoom.jpgノスタルディックなヨコハマのひとつの顔といっても云い過ぎでなく、米軍の駐留時代の匂いを色濃く残していた「リキシャルーム」。
足元もおぼつかないほど暗いカウンター。
そのカウンターで呑んだマティーニがなかなかドライで、ガン!ときたのが印象深い。
いきなり膝に効いてきたンだもの(笑)。

その後訪れた夜、マンション建築現場になっているのを認めた時はショックだったな。
そのマンションの一角で再生するらしい。
その時には人力車のネオンも復活するのかな?

「Ricksha Room リキシャ・ルーム」
横浜市中区小港町3-170-2 [Map] 045-662-3974

column/00089

ジャズスポット「BarBarBar」

barbarbar.jpg1階がショットバーで2階に上がるとスタンダードジャズを聞きながら食事やお酒が呑める。
聞きながら呑んでいるとなんだかグイグイ呑めて、その後睡魔に襲われたりして困ったこまった(笑)。

「BarBarBar」
横浜市中区相生町1-25若葉運輸ビル [Map] 045- 662-0493
http://www.barbarbar.jp/

column/00042

Ristorante「Aroma-fresca」で 深夜の仔牛の脳のソテー

aromafresca.jpg深夜近くまでやっているものの予約の取れないことでも有名なリストランテ。 有名人になってしまった原田シェフが繰り出すイタリアンを目指して、明治通り広尾5丁目信号近くまで。 半地下への階段を降りて臨む店内は、洗練を感じさせるモダンなインテリアが、けっこう明るめの照明に照らされていました。
奥にも右手にもお近くのシロガネーゼのセレブ風なおねーさま方がテーブルを占めています。 どこか落ち着かない心持ちがしてたことに合わせて、なんといっても印象深いのは、狂牛病が騒がれ始めているというのに、仔牛の脳をソテーしたプレートを口にしてしまったこと(笑)。

その後「アロマフレスカ」は、2003年3月でひとまず閉店し、品川へ。

「Aroma-fresca」  渋谷区恵比寿2-22-10 広尾リバ-サイドG. [Map] 03-5449-4797
column/00275

バー「La-Joy」  

lajoy.jpgなんとも妖しくかつ怪しい本牧通りにあるバー。目印の赤いテントの下、入口に立つもドアにノブはない。戸惑っているとそのドアが下から上に向かって開いた!。暗くて黒と赤を基調にした店内1階はバーカウンター。2度目のこの日は2階に案内された。2階は壁々に春画が描かれより淫靡な雰囲気。有名人の小山さんのつくる強くて何が入ってるかよく分からないカクテルでまた一歩酩酊の世界へと沈んでいきました(笑)。結婚前の高島礼子&高知東急も来たらしい。永久会員は30万円なり。 「LA JOY」 横浜市中区本牧町1-8 045-623-9893
column/00081

Top