おでん「野毛おでん」で 下町情緒が冬の夜のお銚子に沁みる

nogeoden.jpg伊勢佐木町の有名店。いかにも野毛っぽくて勘違いしがちだけど、場所は吉田町、イセサキモールから右へ折れた松坂屋の脇にあるンだよね。 店構えからおばちゃんたちの顔姿、そして供されるおでんたちまで下町な情緒が沁み込んでおります。 冷え込む冬の夜には、お銚子がぴったりくるね。
「野毛おでん」 横浜市中区吉田町2-6 [Map] 045-251-3234
column/00056

Stone Crab Restaurant「Tokyo Joe’s」でマイアミ・ジョーズ

tokyojoes.jpg 「石蟹喰いに行こうぜぃ」ってことで、フロリダからやってきたこちらへお邪魔です。 Stone Crab Restaurant 「Tokyo Joe’s」。 この赤い石蟹が目印。 この看板は、あの大火事で話題になったホテルニュージャパンの跡地の並び、外堀通り沿いで見つかるンだ。
大ぶりの皿に山と積まれた石蟹「マイアミ・ジョーズ」の爪をレンチで割りながら溶かしバターソースに浸しながら黙々と食べる。 日本近海のそれとはまた違う濃厚な味わいです。 その他特製のクラムチャウダーとかブイヤベースなんかも旨い。 地下へと降りるアプローチや階下のウエイティングバー、店全体のインテリアもイケてる風情でありました。 「Tokyo Joe’s」 千代田区永田町2-13-15 03-3508-0325  http://www.tokyo-joes.net/
column/00118

Y.C.C.「横浜クルージングクラブ」で クラブライフの残り香

ycc.jpgエンブレムに1893とあうように、歴史あるヨットクラブ。 かつては著名人たちが集まって、ヨットと、そしてヨットを囲むクラブライフを楽しんでいたらしい。 今ではさすがに少々草臥れた感じもするけれど、2階のレストランでは目前のベイブリッジや山下埠頭などの夜景を背景に食事ができ、これもまた港町横浜の情緒を味わうに足るスポットです。ycc01.jpg お酒呑るなら、タクシーで。 「横浜クルージングクラブ」 横浜市中区新山下3-6-19 [Map] 045-624-2625 http://www.ycc-hp.com/
column/00086

BAR「Lupin」で 太宰のモノクロ写真とバーボンと

lupin.jpg 古の銀座では有名だった老舗バー。 昭和3年の創業とのことで、太宰治、永井荷風、菊池寛、泉鏡花から遠藤周作、開高健など錚々たる面子が出入りした文壇バーとして名を馳せたらしい。 壁には、かなり酔っ払っている風な太宰がカウンターを前にスツールに膝を折って足を乗せているモノクロの写真が飾られています。 おそよ当時を窺うような古色の漂う店内と気難しそうな「文壇バー」イメージを感じさせないフランクなおかあさんの姿が印象的でした。 この日は、写真の太宰が腰掛けていたカウンターの少し手前の角あたりでバーボンなんかをね。
「Lupin」 中央区銀座5-5-11 塚本不動産ビルB1 [Map] 03-3571-0750 http://www.lupin.co.jp/
column/00524

伊太利海幸小料理亭「trattoria DI MARE」で目印はスクーター

dimare.jpg 元町メインストリートの1本裏手。 入口脇のオレンジのスクーターが目印。 魚貝を主材料としたトラットリアで、なかなかワインリストも充実してた。 たしか1階がcafeで2階がメイン。 メニュー案内の際なんかの丁寧な対応が印象的です。
「trattoria DI MARE」 横浜市中区元町2-93 [Map] 045-681-8833
column/00045

Top