大衆酒場「鳥万」でなかおちユッケ納豆きつね冷しおでんオトナのワンダーランド

toriman蒲田駅の駅ビルを東口に降りて右手を振り向くと、いまや解体を待つばかりの蒲田三和ビルがある。
ロータリー越しに真っ直ぐ正面を見据えれば中央通りのゲートが望めて、その先には例えば懐かしの和風ラーメン「和鉄」を思い浮かべたりする。
左手を振り向けばそこには、大衆割烹「三洲屋本店」の暖簾がある。
駅前という立地も手伝ってか、昼から夜までの通し営業も嬉しい「三洲屋」ではきっと、土曜日の昼下がりに一杯やっつける紳士淑女がおられるものと思ったりいたします(笑)。

対して、蒲田駅の西口に出ると、ほぼ正面のサンライズ蒲田から左手へと自ずと目線が動く。
さらに左手のサンロードやさらにさらに左手高架脇のバーボンロードな横丁が実にいい味を出しているからなのであります。

どっこい、西口ロータリーのドン・キホーテ方向にも憩いの場所がある。toriman01そう、皆さんご存知の大衆酒場「鳥万」がその止まり木だ。
それはもう彼是ウン年前、蒲田といえばのキミマツさんキミマツさん一ファンのlaraさんと落ち合ったのが初めての「鳥万」じゃなかったかな。
周囲のパチンコ屋やらの照明の影響でいっつも赤味を帯びているのがなんだけど、いつ見ても惚れ惚れするような雄姿ではありませんか。

キミマツさん等とテーブルを囲んだのは二階席だったりするのだけれど、ひとりでぷらっと寄る時は、まず一階に居場所を探すことになる。
わさっと混み合っているようでいて、大概どこかに空きがある入れ込みのテーブルなのであります。toriman02そこから厨房方向を眺めれば、ずらずらずらっとびっしり貼り込まれた品札が否応もなく目に留まります。
どんだけ迷わせようっていうのかねぇ(笑)。

黒ホッピーのセットと一緒に注文むのは、例えば「くじら刺し」。toriman03おろし生姜をのっけて醤油をちょちょんと漬けていただきます。
捕鯨の行方をちょっぴり憂いつつ、そのまま喰らう赤い身肉の滋味は牛肉とは一興違う趣きがいいよね。

くじら刺しを追いかけて注文むのは、例えば「なかおちユッケ」。toriman04玉子の黄身が綺麗に収まった鮪なかおちのクボミ。
これまた牛肉にあらずして、ふわりとした赤い身の滋味と脂を愉しめる。
黄身との相性も勿論の佳肴でございます。

冬場は特に欲しいよねといえば、例えば「かきフライ」。toriman05つまみにするには、こんなサイズの三個並びがちょうどよい。
二個じゃ寂しいし、四個じゃライスもらって食事にしちゃう方向だしね(笑)。

フロアのオバちゃんが注文の度に手にしてテーブルに置いていくのが、味の「鳥万」の伝票。toriman06流石、品数が多いだけあって、いつになく長いものになっている。
当然、ここに載っていないメニューもある訳で、注文受けるにも慣れが必須でありますですね。

あ、それもまたズルいと思うのが、例えば「納豆きつね」。toriman07油揚げの中に刻んだ長葱と納豆がやや控えめの量を詰めて炙ってある。
もっと中身があってもいいかなと思うも、油揚げと葱納豆とのバランスはこれでいいのだと思い直します。
練り芥子を溶いた醤油をちょちょんと漬けてね。

ホッピーのジョッキの向こうを幾人もの紳士淑女がやってきては、そして帰ってゆく。toriman08ま、もっとも、自分を含めたオッサン率は9割にも上ろうとするものでありますが(笑)。

例によってぐるっと見回した一階フロアは、この夜も混んでいる。
どふいふ訳か、案内されるのが女将さんがデンと構えるレジのすぐ横のカウンター席が多い。toriman09今夜も早速、ホッピーを所望しましょう。

たまにはとパウチされた手許のメニューをチラッとみて注文むのは、例えば「ねぎホイコーロー」。toriman10くたっと炒めた長葱の甘さとちょっと辛めに味付けた豚バラ肉が素直にイケる。
コレでご飯、でもいいかもしれません。

背中をちょっと反らせるようにして眺めたお品書きから注文んだのは、確か「つまみ穴子」といったでしょうか。toriman11生干しにしたような穴子を炙って短冊状に刻んだおつまみ。
ちょいと粉山葵を載っけるのもオツな食べ口です。

女将さんの声や話を聞けるカウンターの隅は特等席だと思うのだけど、唯一の難点はずらずらっと並ぶ品札をゆっくり眺めての吟味がし難いこと。toriman12そのため入口近くから店の奥の壁を眺めたりなんかするのでありますね。

酷暑の日の夕方なんかにいいよねと思うのは、例えば「冷やしおでん」。toriman13まさにおでんをそのまま冷蔵庫で冷やしてたらこうなった的な見映えであるけれど、煮凝り状になったスープが冷た旨くて愉しくなる。
冷やして崩れてしまう具材は除いているような気もするので、これ用に拵えたものなのかもしれません。

「かきフライ」に劣らぬ揚げ物の王道を注文みたいよねと思えば、例えば「あじフライ」。toriman14揚げ立ての鯵フライになんの文句がありましょか。

レジ前カウンターにいると、焼き鳥の注文が厨房に通る様子がよく判る。toriman15そしてその先には、焼き台があって、みるみる焼き色がついてゆく串の様子も観察できる。

然らばと、つくね、鶏皮、鶏正肉あたりのやきとりをいただきます。toriman16しっとりと細かく挽いたつくねの焦げ目に頷いてみたりする。
出色の焼き鳥という訳ではないけれど、きっとこの辺りに「鳥万」の原点があるのでしょうね。

蒲田駅の西口のザ・大衆居酒屋といえば勿論「鳥万」本店のこと。toriman20女将さんがレジを打ちながら身の上話を話してくれた。
千葉から出てきた女将さんは、新宿に出て過ごし、その後蒲田へと移ってきたらしい。
その当時蒲田で網タイツ履いていたのはアタシくらいのものヨとも仰る。
それは東口に下着の類を商いしている知り合いがいて、試しに買ってあげたらこれが破れなくて重宝したのだそう。
女将さんのお話は、戦時中のことにも及んで、兎に角戦争はダメよと実感を籠めて云う。
なんにもなくなった蒲田のこと、何故だか生姜だけはあってよく食べたと、そんなこともあったそう。
女将さんの出身地が千葉のどの辺りかは訊き損なったけれど、千葉駅の近くにあるという「鳥万」はもしかして支店にあたるのかなぁ。
あ、そうそう、秋葉原の銘居酒屋「赤津加」への道すがらでも「鳥万」の看板を見掛けたことがあるのだけれど、あちらも支店なのかなぁ。
まだまだ気になる品札目白押しのオトナのワンダーランドに、
今度はいつ寄れるかな。
女将さんに支店はあるやなしやなんて訊ねるタイミングはあるかな。

「鳥万」本店
大田区西蒲田7-3-1 [Map] 03-3735-8915

column/03561

タイ料理「バンコク、晴れ模様」で鶏肉バジル炒めタイカレートムヤムラーメン

bangkok平成通りに面してあるビストロ「レトノ LES TONNEAUX」は、疾うにランチ営業を止めて夜のみの営業となっている。
オカアさんがいた角のワインショップも昼間に通ると営業しているような様子は窺えません。
その一軒奥手にあるビルにも飲食店がテナントしているのだけれど、此処もすずらん通りの青柳ビルの地階と同様、なかなか安定的に継続しないイメージが強い場所。
あまり思い出せないものの、カジュアルな居酒屋のような店や「英凛」他の中華料理の店だったことがあったような気がする。

カラッと晴れた或る日のこと。
その前を通り掛かると見慣れない看板が出ている。
またお店が変わったねと近づくと、そのタイトルがちょっと面白い。
「バンコク、晴れ模様」。
なんだか小説かエッセイの書き出しの一行のようで、広がりのあるネーミングだ。

1番から12番まで並ぶメニューからまずは「鶏肉のバジル炒め」。bangkok01そのチョイスは、内神田に移転してしまった「あろいなたべた」の「ガパオガイ カイダオ」のイメージがあったから。
本場チックな有楽町の想い出に比べると辛さは随分と控えめだし、小さく纏まってしまった感もあるもののこれはこれで悪くない。

雨のそぼ降るお昼には「タイカレー全部盛り」。bangkok02レッドカレー、グリーンカレー、イエローカレーが3連の全部盛り専用かと思しき器でやってくる。
スッゴク辛い?との問いに、イエソンナカラクナイとの応えを得ていたので、安心して匙を動かします。

青い唐辛子の風味もココナツミルクが円やかに包んでいて、いい感じ。bangkok03辛くないなんて!という右の本格派の方々もおられましょうが、自分にはこのくらいがヒ~!とならず調度よくいただけます(笑)。

こふいふカレーには何故にタイ米が似合うんだろうなぁと考えていたら、厨房からやや白い煙が廻ってきた。
咳き込みつつスワ火事か!と思うも、ただ煙いというより、目やら喉やらが兎に角辛い。
訊くと、ガパオと唐辛子を沢山炒めたものでスイマセンと云う。
彼女たちは目がシバシバしてる様子がないのが不思議であります(笑)。

すっきりと晴れた日には「トムヤムラーメン」。bangkok06相変わらずトムヤムクンにはトラウマが残っているけれど、ちょっとづつオトナになっていることを確かめたくてなんて気持ちもちょっぴりある。
赤い滴は浮かんでいるものの、激しく辛いことも強烈に酸っぱいこともなく穏やかなトムヤムスープだ。

本格派な方々はこんなスープにがっかりするのかなぁなどと考えつつ啜るのは米の麺。bangkok07中華麺も選べるけどやっぱりクイティアオが気分なような、そんな気がいたします(笑)。
蓮華でスープを啜っているとザックリ刻みの生姜なんぞが顔を出してきて、そうかポカポカしてくるのは辛さだけの所為じゃないのだなぁと知りました。

八丁堀平成通り「レトノ」の小路に、
タイ料理「バンコク、晴れ模様」がある。bangkok08カオマンガイ「蒸し鶏のごはん」やクイティアオの「タイ焼きそば」やあたりも悪くない。
今度お邪魔したら、店名「バンコク、晴れ模様」って誰が考えたのか訊いてみよう。
そうそう、5月代々木公園でのタイ・フェスに出店するみたいです。

「バンコク、晴れ模様」
中央区八丁堀2-8-1 牧野ビル [Map] 03-5566-6945
http://www.haremoyou.com/

column/03560

つけそば中華そば「浜屋」で濃厚和風に濃厚味噌にあっさり和風自家製麺中華そば

hamaya五反田というと、東口のゆうらく通り界隈のなんとなく如何わしい雰囲気を含めて、風俗街のひとつというような云われ方をすることが少ない。
ただ、ちょっと目線を駅前周辺から外すと、意外な高級住宅地を背後に抱えていることに気付きます。
以前何度か一宿の恩をあずかったことのある元同僚のマンションは桜田通り西側にあって、その先には池田山と呼ばれる住宅地の丘になっている。
皇后美智子さんの実家である正田家の邸宅があったのも池田山の高級住宅地の一角だ。
目線を大崎方面に振ると、クリスチャン系お嬢様学校の清泉女子大学のキャンパスがあり、その辺りが島津山と呼ばれる高台で、その名の通り島津公爵邸の跡地が大学のキャンパスになったもの。
さらにその先は、嘗てソニーの本丸があった御殿山エリア。
御殿山の名は、徳川将軍家が鷹狩の折りに休んだ品川御殿があったことによるもので、問題なく五反田からの徒歩圏ではあるけれど、ここまでくるともうさすがに五反田ではない(笑)。

足を向けたのは、池田山の邸宅街。
ぷらっと徘徊してから、桜田通り方向へ急坂を下りていく。hamaya01そこで見つけたのが、”特製自家製麺つけそば中華そば”と示す看板です。

壁の額には、麺づくりとスープづくりに関する思いが綴られている。hamaya02毎朝店内でつくる麺は、保存料・着色料を使用せず、かん水や塩分も控えめだという。
スープも鶏ガラ、豚骨、道南昆布、椎茸、四種類の節とふたつの産地の煮干を使って煮出しており、業務用スープは勿論のこと、化学調味料に頼らないスープとなっているという。

まずは黄色が目立つボタンをポチとした「濃厚和風特製中華そば」。hamaya03でろんと大判のチャーシューにふたつ割した煮玉子、海苔をトッピングするのが、特製であるらしい。

ずいっと目線を近づけると成る程、スープの濃厚さがよく分かる。hamaya04トッピングのチャーシューに乗り上げたスープの縁がこんもりとしてる。
トンコツの白濁濃度と鶏の脂と節の三重奏が繰り出す濃度が決して野卑に感じさせないまとめ方にはなっている。
一番最後の後口はちょっと纏わりつく感じもあるけれど、うん悪くない。

かん水控えめの自家製という麺は黄色味を帯びていて、例えばつけ麺「隅田」の麺を端正にした感じ。hamaya05 旗の台「ぶらいとん」の麺にかなり近いものという印象だ。
こんな濃度のスープに合わせようと思うとこの手の麺になるでしょか。

別の夜には入口脇にある製麺室を覗き込んでから薄紫色のボタンをポチとする。hamaya06製麺機を製作する工場は国内に幾つくらいあるのかなぁなんて思いつつ。

これまた濃度どっぷりのスープにチャーシューが浮かぶ、というより載っている。hamaya07hamaya08そもそもが濃密なスープゆえ、辛味も含む味噌の風味はやや押され気味。
ココのあたりはちょっくら「ど・みそ」とコラボしてもいい部分かもしれません。
もっとも、これ以上濃くしてどうしようって話でもあるかもね(笑)。

やっぱりこのあたりがスタンダードなんじゃないかと「あっさり和風中華そば」。hamaya09ところがパッと見は、なかなかに濃密な表情も窺わせるドンブリだ。

流石にチャーシューに乗り上げる現象は観察出来ないゾと誰にともなく報告しつつ(笑)、蓮華を動かします。hamaya10おお、成る程、濃厚と謳うドンブリとの比較もある所為か、軽やかにして程よい凝集感をもっていただける。
中野「青葉」にオリジンを想い浮かべつつ、素直に旨いと頷きます。

池田山の眼下につけそば中華そばの看板を掲げるは、
「浜屋」という自家製麺の。hamaya11自家製麺がすっかり珍しいものではなくなった昨今ですが、それによって「開花楼」あたりの製麺所もよりプロとしての気構えを強くしているんじゃないかなぁなんてふと思ったりなんかして。
「浜屋」は茨城県北相馬郡利根町に本店があるそうで、五反田店は我孫子店に続く第3号店であるようです。

「浜屋」五反田店
品川区東五反田4-10-5 [Map] 03-3441-3335

column/03559

サントリーラウンジ「イーグル」で白洲ハイボール67年開業の老舗バーの空気

eagle中野のSUNTRY PUBといえば、
ご存知「BRICK」のこと。
昭和39年(1964年)の創業だから、
なかなかの老舗バーだということになりましょう。
「BRICK」はもう一軒、八重洲通りから一本日本橋寄りの横丁にも現存するけれど、そこには”SUNTRY PUB”のサインは見当たらない。
一度寄りたいなと思っていた大阪のションベン横丁にあった「十三トリスバー」は、残念ながら焼けてしまったという。
宮崎市には「赤煉瓦」というトリスバーがあるらしい。
最盛期には、全国で35,000軒ものトリスバーがあったらしいけれど、今ではそのうちの何軒が残っているのでしょう。

新宿紀伊國屋書店近くの「鳥源」で水炊きのコースをいただいたご一行さまは、もう一軒だけ寄り道しようとアルタの裏手方向へと漫ろに歩く。
「桂花ラーメン」近くの角地に建つシブい鰻店「こばやし」の佇まい眺めつつ、その向かいにある「どれすでん」なんて独逸の都市の名のバーに反応しつつ、紅い看板の前にやってきました。

階段を降りていくといきなり、硝子扉が自動で開いてちょと吃驚く(笑)。eagle01そのまま階下へと足を下ろしていくと、眼下にカウンターやテーブル席が俯瞰できる。

ちょうどお帰りのお客さんたちがあって、それがハケるのをしばし待つ。eagle02センサーがあるんだよねと話しつつ、でも横にスライドしないで蝶番から開閉する自動ドアはなかなか愉しい仕掛けだと今降りてきた階段を振り返ります。

緑青色の円形の中央にエンブレムをあしらったパネルが目に留まる。eagle03ここは秘密組織ショッカーのアジトか!と思ったりなんかして(笑)。

テーブル席に収まって、カウンターやバックバーを見渡してみる。eagle04頭上のシャンデリアが、明る過ぎず暗すぎずの仄赤く加減のいい照度を齎してくれています。

ジントニックのお三人に対して「白洲のハイボール」で、Prost ! eagle05角のそれに比べて、スッキリキリリとした吞み口になるのです。

雑炊まで平らげた「鳥源」のお料理でお腹はくちいので、軽いおつまみをひとつだけ。eagle06「薬膳ナッツ」は、木の実あれこれに無花果のドライフルーツ。
ちょっと、兎か栗鼠のような気分も過ぎります(笑)。

グラスを持ち上げてしげしげ眺めたコースターには、こちらの店名の他に「SUBARU」や「ASUKA」なんて名前も記されている。eagle07「昴」はご近所同系列のサントリーラウンジなんだけど、西口にあった「飛鳥」は既に閉店してしまっているらしい。
「SUNTRY LOUNGE」と並んで「HERMES WINE CORNER」という文字もある。
そうそう、池袋にある「ヘルメスワインコーナー」にも未だ訊ねたことがないけれど、そこでは壽屋がサントリーへと名を替える謎が解けるのでありましょか。

もう一杯だけと「モヒート」を。eagle08ラムの匂いとミントの風味に包まれれば、気分は一瞬に初夏になるから不思議なものです。

お会計の際に佇んだ場所の背面には、さらに階下へと辿る階段がある。eagle09地下二階にもカウンターがあるのかな、それともゆったりしたテーブル席があるのかなと想像が膨らみます。

新宿アルタ裏のサントリーラウンジ「イーグル」は、
1967年開業の老舗バー。eagle10-01一朝一夕では醸し出せない、大入り人気も納得のいい空間です。

「イーグル」
新宿区新宿3-24-11 セキネビルB1F・B2F [Map] 03-3354-7700

column/03558

客家料理「新竹」で魯肉飯とんちゃん拉麺野菜の煮物新竹は台湾北部の県

shinchiku創業来60年ほどの年月が醸し出す鄙びた佇まいと飾らないお皿ドンブリたちが魅力的で何度も足を運んだ「来集軒」。
昭和の香り麗しき中華そばや店の名を冠したソース焼きそば、そしてオバちゃんの力作ソースチャーハンも妙に旨かった。
その帰り道、例によって裏道へ路地へと廻っているうちに見つけたお店の一軒が、客家料理「新竹」です。

引き戸を開けると朗らかなるオバちゃんの高らかな声が迎えてくれる。shinchiku01おひとりさまは、奥の厨房前に陣取りましょう。

お品書きに見るランチメニューは都合15品。shinchiku03目に留まったのは、お久し振りの「魯肉飯(るーろーはん)」です。

粗いそぼろ状にした豚肉には、大蒜や生姜、そして八角あたりの香辛料がしっかりと風味を利かせてる。shinchiku04青梗菜の炒め物もいい合いの手を添えてくれて、うん、おいしい。
そう云えば、残念ながら渋谷にあった魯肉飯の専門店「髭鬚張」は、とっくになくなってしまったね。

別の日には「とんちゃん拉麺」なるドンブリを所望する。shinchiku05揚げたパーコーではなく、柔らかく煮込んだ厚切り豚バラをトッピング。
ここでもやっぱり八角の香りが漂うのは、魯肉飯と同じそぼろも載せてくれているから。
うんうん、これも美味しいラーメンだ。

今日は日替わり定食にしようと決めて訪ねてみる。
その日の日替わりは「挽肉と高菜と野菜煮物」。shinchiku06なんだか残り物を並べただけのようにも思えるけれど(笑)、なかなかいい感じの屋台飯。
とろっとに白菜なんぞの甘さを引き出した煮付けが素朴に旨い。
あ、気がつけばどれもに挽肉そぼろが含まれているね(笑)。

所は台東三丁目、
昭和通り近くの裏道に台湾客家料理「新竹(しんちく)」がある。shinchiku07客家(はっか)というのは漢民族のひとつで、中原や中国東北部の王族の末裔であることが多いらしい。
戦乱に追われて南方に移り住み、香港や台湾、東南アジアへの移住者も多いという。
会計してくれたオバちゃんに、店名「新竹」の意味由来を訊いてみた。
すると、店内に貼ってあったポスターの前へと連れていかれ説明を受けることに(笑)。
新竹は、台湾北部の県の名前。
つまりは、オバちゃんらの出身地をそのまま店名にしたってこと。
新竹は風が強くって、ビーフンが名物なんだとオバちゃんはいう。
ならば今度は「焼米粉」か「湯米粉」をいただかなくっちゃだ。

「新竹」
台東区台東3-14-9 水野ビル [Map] 03-5688-1388

column/03557