酒場「江戸一」で 白鷹かき醤油〆鯖鰯ぬた空中眺め合うカウンター

edoichi.jpg大塚さんもーるという横丁にある、 「天王寺 はち八」本店のカウンターで、 ハフホフッとたこ焼きや明石焼きなぞをいただいて、 フラフラッと界隈に漂い出る。 すると、近くから何やら賑やかさが伝わってくる。 足を向けてみるとそれは、 天祖神社という神社の境内からのよう。 階段を上がって行くとそこには、 一重二重の人垣がありました。

なんだろと近づいて覗き見ると、 刀を手にした御仁が、自らに気合を入れている真っ最中。 ちょうど天祖神社の例大祭の時季だったようで、 居合い奉納演舞が執り行われていたのです。

研ぎ澄ました”気”とともに、どりゃー!と振り下ろす刀。edoichi01.jpg刃を受けて、巻き藁がすぱっと斜めに切れ落ちる。

どうだ!とばかりに切り落とした断面を確かめる。edoichi02.jpg背後には、昨今のラーメン店主よろしく、腕組した同志たちが見守っている。

ふたたび標的を、ぬぬーと凝視し、巻き藁のあるところに狙いを定める。edoichi04.jpgぬぬぬー。

いざ、参るぞ!と刀を振り翳す。edoichi03.jpgむむむー。 背後のラーメン店主ポーズの者は、幹越しに小首を傾げてその瞬間を待つ。

えりゃー!edoichi05.jpg見事今度は、真一文字に一刀が振るわれ、 敢なく散った巻き藁を確かめるまでもなく背を向ける。 拍手喝采であります。 模擬の居合い刀でないとすると、真剣だということなるね。 警察への届出なんかも済ませていたのでしょう。

天祖神社の鳥居を後にして、南大塚通りを渡ったエリアを散策する。edoichi06.jpgぐるっと廻って辿り着いたのが、ご存知「江戸一」の前でした。

凛とした”気”の漂う格子戸と扁額。edoichi09.jpg窺うように払った暖簾の奥は、 これまた静謐を基調としたよな空気を帯びています。

落ち着いた肌合いのコの字のカウンター。 向かって右手には大きな鏡があって、 その先にもまだカウンターが続いているような錯覚を覚えます。

お品書きは、中央奥の頭上に下がる木札の並び。 まぐろぶつ、焼きたらこ、あん肝煮、たらの昆布〆に、 さらし鯨、鰹の酒盗、厚揚げ、カラスミ等々。 向かい側に座るご隠居さんやおひとりさま女性客の視線がちらちらと、 時折其方へと向かいます。

灘の樽酒、「白鷹」をお燗でいただきます。 「白鷹」といえば、伊勢「一月家」の看板にも刻まれていた神宮御料酒でありますね。 杉の香りがふっと漂い、オツな気分をそっと鼓舞してくるようです。

そんな燗酒のお供には、例えば「かき醤油漬け」。 広島産だという牡蠣がゆるりと醤油に滲みている。 胡椒がよく利いています。

「合鴨つくね」は、定番のひとつである模様。 串から剥がすように齧ると、ほろっと合鴨の風味が零れる。 鶏のつくねとは違う、やや強めの香りがいたします。

「いわしのぬた」というのがあったので、それを追加してもらう。 今まで鮪とか青柳、分葱のぬたは見掛けても、鰯のぬたは初めて相見える。 ふむふむ、鰯に酢味噌ってのもオツなものでありますなぁ。

そして、これまたこちらの定番のひとつであろうところの「〆鯖」。 これがまた、なんとも美しい。 容姿端麗、眉目秀麗であります。 浸した醤油に脂が滲む。 蕩けるような美味さを「白鷹」でまた拭います。

もう一品いこうかな、ってなところでさっと切り上げて長っ尻しないのも、 ちょっとした粋の嗜みってなヤツでこざいましょう。

お勘定をお願いすると、女将さんが丈の短い算盤を手に近づいてくる。 どうやら、お皿をみて勘定するようで、値段があまりバラバラしないよう、 似たような金額のものは同じ値段にしているみたい。 ご馳走さまです。

お店の中からふたたび暖簾を払うと、目の前の南大塚通りを神輿の巡行が往く。edoichi07.jpgこんな時間にも宮入するのでしょうか。

夙に知られた銘酒場「江戸一」は、大塚駅前にあり。edoichi08.jpg少しのざわめきの中で、 見知らぬ客同士がカウンターを挟んだ空中を思い思いに眺め合う。 燗の番をしていた女将さんが時折、顔を出す。 冒頭にやや感じた堅苦しさは、お店の所為ではなくて、妙に身構えた自分の所為。 ひとりの時間をそっと過ごしたいが為に訪れる客も少なからずいるようです。 両壁に据えた行燈看板が「江戸一」と示す、八方篆書にも見える書体が、いい。 あ、「江戸一」と云えば、同名の武蔵小山「江戸一」の女将さんは元気かなぁ。

口 関連記事:   居酒屋「一月家」で お伊勢参りと御酒鮫だれふくだめ老舗の風格(14年10月)   居酒屋「江戸一」で 味噌で冷トマトにオムライス女将さんの手料理(10年06月)


「江戸一」 豊島区南大塚2-45-4 三栄ビル1F [Map] 03-3945-3032
column/03463

本場台湾「線條手打餃子専門店」で 如意餃子健康美人富貴薬膳

senjyo.jpg人波のうねりを想起させるサンシャイン60通りや、 東口ロータリーを中心に混み合う東池袋一丁目。 それと対比して、夜の池袋二丁目界隈は、 ひと気少なく妖しさが増してきます。 池袋郵便局の前を通って、 うなぎ「かぶと」の店内から漂う魅惑的な雰囲気に、 すっかり惹かれながらも、敷居の高さもちょと思う。 そのまま、いつぞやの2号店を思い出す、 中国家庭料理「楊」1号店の前を通り過ぎて、 「肉のハナマサ」の方へと右折れします。

目的地は、そのマーケットのすぐ隣。 もう何度目のお邪魔になるでしょう、 黄色い看板が目印、「線條手打餃子専門店」。 両腕を広げればお店の幅に届いてしまう一間間口。 ふと石垣島の「ゆうくぬみ」を思い出させる、この間口がまず印象的です。

店内に入って、ずずずいっと一番奥へ。senjyo01.jpgといっても、通路のようなスペースに、ふたり掛けのテーブルが三卓あるのみ。 賄いいただく厨房裏にでもいるような、 ちょっとした秘密基地にでもいるような気分がして参ります(笑)。

いつもニコヤカに応対していくれるお姐さんに、 「飲み物は?」と訊かれてお願いするのは、「台湾焼酎」の「台湾茶」割り。senjyo02.jpg「台湾茶」は、烏龍茶、ジャスミン茶、阿里山高山茶、 そして、金木犀、菊の花にラベンダーと6種類をブレンドしたものだそう。 夏は冷たくして美味しく、特に冬にホットでいただくと温か美味いのだ。

餃子が出来上がる前に小皿料理の幾つかをいただきましょう。senjyo03.jpgひもかわ状に幅広に刻んだ押し豆腐とセロリをさっと炒め和えたもの。

此方は、「台湾干し大根玉子焼き」。senjyo04.jpg西蒲田の「喜来楽」でいただいた「菜脯蛋」とはちょっと違う趣き。 切干大根というと、細切りというか、短冊切りして縮んだような形状を思い浮かべるところ、 この干し大根は、輪切りした大根を干したもの、なのかな。 そんな干し大根がわさわさ入っていて、それで厚みのある玉子焼きになっている。 干し大根独特の風味が漂って、イケルよ、お姐さん!

さてさて、「線條手打餃子専門店」では勿論、餃子がメニューの中心にある。 まず度肝を抜かれるのが、その種類の多さ。 なんでも60種類程もあるらしい。senjyo05.jpg写真つきのメニューは1シートには収まり切らず、4枚にも5枚にも分かれてる。 きっと目移りして迷わない訳がない。

例えば、「えびにら餃子」。senjyo06.jpg湯掻いた水餃子にすることが多いよう。 たっぷりの韮の甘みに負けじと粗微塵の海老の甘さが迫ります。 薬膳入りのタレをつけず、そのままでも美味しいね。

そしてやっぱり、此方の代表的メニューのひとつ「如意餃子」。 焼いてもらうというのも一手であります。senjyo07.jpgsenjyo08.jpg人参、茄子、アスパラガス、キャベツ、セロリ、パプリカ、木耳など。 色とりどりの餃子の皮は、 生野菜をミキサーにかけたジュースや薬膳素材を生地に練り込んだもの。 天然の素材だけで作り、余計なものは入っていない。 だから、鮮やかな色を出すのなかなか難しくその色もすぐ飛んじゃう、と姐さん。 皮も違えば、勿論、中の具もあれこれ違って愉し美味しなのであります。

台湾焼酎の台湾茶割りのお代わりを戴いて、「台湾竹の子炒め」senjyo09.jpg柔らかで瑞々しい竹の子をぴり辛に炒めた一品。 台湾の竹の子というと、 「喜来楽」で甘いマヨネーズとともに生で食す「緑竹筍」が印象的。 那覇・牧志の「青島食堂」のカウンターで沢山いただいた記憶も蘇ります。

厨房から出ていらしたマダムにおススメいただいたのが、 その名も「健康美人チャーハン」。senjyo10.jpgそれはもう、赤や緑や黄色や黒や。 野菜や薬膳素材のあれこれを一緒炒め。 黒いのは烏賊墨ではなくて、「杜仲」という樹脂の粉末だそう。 あの、独特風味の杜仲茶の「杜仲」だね。

最後にこれまたマダムのおススメの「台湾富貴黒胡麻油薬膳」。senjyo11.jpgなにやら如何にも薬膳スープ然とした黒褐色の滴。 決して強い味ではないのだけれど、これがじわじわっと沁みる様な滋味。 飲み終わった後の鉢の底には、 クコの実、紅棗、蓮の実、金針菜、百合根などと思われるもの色々が残っていて、 それをしげしげと眺めて感心する(笑)。 木の根のスライスみたいなのは、甘草でしょうか。

中国人が多いとも云われる池袋の裏通りに、 本場台湾の餃子と薬膳料理の「線條手打餃子専門店」がある。senjyo12.jpg朗らかで元気なマダムと姐さんがぐいぐいと供してくれるのは、 美容と健康のエネルギーを美味しく得て欲しいとする愛情と熱意、 そして創意工夫と信念の賜物ではないかしらん。 本国台湾を愛し、そして今いる日本も愛してる、そんな気がいたします。

口 関連記事:   中国家庭料理「楊2号店」で 四川風麻婆豆腐特製汁なし担々麺(12年11月)   八重山そば「ゆうくぬみ」で 隅っこ心地よき八重山そば黒糖金時(12年08月)   台湾家庭料理「喜来楽」で緑竹筍絲豆腐菜脯蛋牡蠣煎大腸麺線(12年09月)


「線條手打餃子専門店」 豊島区池袋2-55-12 セピア池袋Ⅱ 1F [Map] 03-5391-0691
column/03462

中華料理「来集軒」で ラーメン来集メンソース焼飯旧き良き佇まい

raishuken.jpg最近頓にノスタルジックな光景に惹かれる。
そんなお年頃な今日この頃(笑)。
御徒町に昔乍らの中華の店があると知り、いそいそと仲御徒町の駅まで足を運びました。
それは、九月の終わり頃。
ところがなんと、九月末日まで夏季休業中ですと、そう知らせるメモがドア硝子に貼ってある。
暑い夏にはやってられないわってなことなのでしょう。
何時からの夏休みなのかなぁ。
そう云えば、野毛の至宝、三杯屋「武蔵屋」も酷暑の八月だけはお休みする。 空調でガンガン冷やして店を開けるというのを潔しとしない、 そんな処が同じ様にあってもいいんじゃないかと思うところ。 ましてや、営んでいるのがご高齢の方となれば、至極当然のことと存じます。

そんなこんなで、十月に入ってからの営業日にふたたびやってきた、 すえひろレンガ通り、嘗ての通称を新東京通り。 この近所に映画館があったなんて信じられないなぁと思いつつ、そっと扉を開きます。raishuken01.jpg店内は、期待に違わぬ、懐かしき昭和の匂い。 天板に貼ったメラミンを抑えるアルミのフレームの表情。 座面を紅く包んだパイプ椅子。 壁上方の角に据えたテレビは疾うに映像を流さなくなってる様子。

合板の壁に画鋲で貼ったお品書き。raishuken02.jpgその下に置かれた扇風機がそよそよと活躍しています。

おばあちゃんにお願いしていた「ラーメン」が届きました。raishuken03.jpgお店に似つかわしい、素敵な佇まいであります。

啜るスープは、煮干しがひたひたと利いたオツなお味。raishuken04.jpg raishuken05.jpgraishuken06.jpg こうでなくっちゃと秘かに頷きます。 麺もかん水臭いなんてもこともなく、 ツルっと具合とシコっと具合の加減もよろしくて。

お店の名前を冠したのが、ソース焼きソバ「来集メン」。raishuken07.jpg意外な具沢山に悦びつつ、「ライス小」との炭水化物攻撃に自らの身を曝します。

「湯メン」も野菜の甘みが充分スープに顕れていて、いい。raishuken08.jpgraishuken09.jpg今度は、ライスに飽き足らず、 「カレーライス小」をセットしてしまう。 ちょいがけ的おウチカレーにも一日の長があるよに思えてきます。

これまた別の日に、「ラーメン」のお供に添えたのが、「ソースチャーハン」。raishuken11.jpgカツなどにかけるソースは味が強すぎて正直余り好みではないのだけれど、 こうしてじゃっじゃと炒めたチャーハンとなると話が別で、 角の取れたソースの風味がそそる、そそる(笑)。 小柄なおばあちゃんに鍋を煽るよな調理してもらっちゃって、 なんだか申し訳ない気分にもなります。

1953年(昭和28年)創業とも1956年(昭和31年)創業ともいわれる、 町の老舗中華料理店「来集軒」。raishuken10.jpgずっとお元気で店を続けていただきたいとか、 もしかしたらもう辞めたいと思っていらっしゃるのに続けているのだったらとか、 暑い時にはたっぷり休むからダイジョブなのよ、なのかもとか、 働くのがアタシの活力なのよ、なのかもとか、 勝手なことをあれこれ思ってしまうけど、 やっぱりなくなってしまうのは寂しく、なくなれば二度と得られないお店であります。 平日も、水曜日木曜日は定休日なので気をつけて。 注文は、テーブルで待っていないで、厨房口辺りで声を掛けるのがよいでしょう。 どうやら、浅草の来集軒製麺所の暖簾分けのお店であるようです。

口 関連記事:   三杯屋「武蔵屋」で 絶好の武蔵屋日和三杯後のお猪口油絵の空気(14年09月)


「来集軒」 台東区台東2-31-9 [Map] 03-3831-3593
column/03461

にんぎょう町「谷崎」で 谷崎潤一郎生誕の地で冷しゃぶにカキフライ

tanizaki.jpg人形町のメインストリート、人形町通り。 その人形町通りが交叉する道のひとつが、 ご存知甘酒横丁であります。 甘酒横丁というと、パフェの想い出の「森乃園」とか、 一杯呑れるそばやどんぶりモノの「東嶋屋」とか、 “天然ものたい焼き”で連日行列の「柳屋」、 そして居酒屋「笹新」なんかを思い浮かべる、 人形町通りから明治座へと至る通り。 でも、どふいふ訳か、日頃徘徊するのは、 それとは逆の小網町寄りの通りなのです。

甘酒横丁の信号から喫茶去「快生軒」、西洋料理「来福亭」と過ぎると、 いつもお決まりの「玉ひで」の行列にすれ違う。tanizaki01.jpg通常は、お店側から折り返して、車道寄りにもずらっとひとが並んでいるのだけど、 極稀に「あれ、今日は割りと空いてるな」という日もあるようです。 行列を特別苦にしている訳ではないものの、 此処の行列だけにはいつも「ご苦労さま」と小さく呟いてしまいます(笑)。

その先、Bistro「CHEZ ANDRE」の向かい、西洋御料理「小春軒」の前を往く。 「小春軒」隣のビルの脇に立つ黒御影の石版を何気にみると其処には、 “谷崎潤一郎生誕の地”と刻んであります。

その脇には中央区の教育委員会による解説の標が掲げてある。tanizaki02.jpg「細雪」や「痴人の愛」の谷崎潤一郎は、 此処にあった祖父経営の谷崎活版印刷所で生まれたんだそう。 兜町にある今の阪本小学校(阪本町公園の並び)に入学後、 父の事業の失敗により、近くを転々とする暮らしをしていたらしい。 ふーむ、そうだったのか。

そんな、谷崎潤一郎生誕の地にあるのが、 その名もそのまんま、にんぎょう町「谷崎」。tanizaki03.jpgふーむと思いながら、おひとりさまは、 馬蹄形のカウンターの一角に収まります。

そのカウンターの中程には、通常厨房の何処かにあるであろうスライサーが、 すっかり磨き上げられて鎮座してる。tanizaki06.jpgお肉屋さん系統のお店であることを示しているようにも見受けます。

それならばということで、常設メニューから「ハンバーグランチ」。 選べるソースをこの日は、おろしポン酢でお願いします。tanizaki04.jpgころんとした背の高いフォルムのハンバーグは、 オーブンで火を入れた後に焼き上げているのでしょう。 肉々しさと滲む脂の具合は悪くない。 崩した半熟目玉焼きとの相性も勿論です。

夏の日には、「冷しゃぶ定食」。tanizaki05.jpg豚の旨味と脂の甘みが真っ直ぐ味わえる。 味濃いぃめの胡麻ダレじゃなくて、 青しそおろしポン酢か、柚子胡椒のちょい付けにすればもっと佳かったかな。

とある日の週替わりランチは、「黒毛和牛すきやき丼」。tanizaki07.jpg所謂ツユダクとは逆方向のちょっと品のあるおどんぶり。 でも、牛肉の滋味がじわじわっと攻めてくる。 やっぱりオプションの温泉たまごのっけをしておくのだった(笑)!

tanizaki08.jpg またまたとある週に階段下の黒板を確かめると其処には、 「豚肉の生姜焼き」。tanizaki09.jpg肉厚のロース肉におろし生姜たっぷりのタレがしっかり絡んで、 ご飯が一気に減っていきます。

そして、シーズン突入の頃には「カキフライ」。tanizaki10.jpgあれ、お肉系のお店だとばかり思っていたけれどと思いつつ、 椅子に座るなり「カキフライ!」と叫んでみたりします(笑)。

半月の網に据えたカキフライが奮発の六丁。tanizaki11.jpg如何にも時季初めを思わせる小振りな牡蠣が、 それでも頑張って滋味を炸裂させてくれました。 また、季節が深まるにつれて変遷する味わいが愉しみですね。

人形町は、彼の谷崎潤一郎生誕の地にしゃぶしゃぶと創作料理の店、 その名もそのまま「谷崎」がある。tanizaki12.jpg主軸であるところの牛肉・豚肉と谷崎潤一郎との関連は、 最早全くきっとないのではなんて、この際言いっこなし。 夜の部ではやはり、 豚のしゃぶしゃぶやすきやき風の牛しゃぶのコースが待ち構えているようです。

口 関連記事:   ほうじ茶「森乃園茶房」で 抹茶と違いほうじ茶パフェは熟々難しい(09年06月)   西洋料理「来福亭」で カキバタヤキ最高のご飯の友(08年10月)   Cafe Bistro「CHEZ ANDRE」で シューファルシとママンの笑顔(08年11月)   西洋御料理「小春軒」で かきフライにかきバタヤキ春さんの面影(08年12月)


「谷崎」 中央区日本橋人形町1-7-10 ツカコシビル1F [Map] 03-3639-0482 http://www.tanizaki.jp/
column/03460

やきとり「国道下」で 戦前なまんまの駅下に昭和なまんまの居酒屋

koudoshita.jpg京浜運河に向けて視界を広げた、 鶴見線海芝浦駅のホーム。 東芝の敷地内にある海芝公園から愛でた、 煌く海辺の景色が脳裏に鮮明です。 鶴見川の向こう側、沖縄区と呼ばれる界隈の、 うちなーすば「ヤージ小」のドンブリも美味かった。 そんな記憶を抱きつつ、 陽が落ちた鶴見線のある駅のホームにいました。

鶴見駅を出たレールが、 鶴見川を渡らんと大きくカーブを描いたところに置かれたホーム。koudoshita01.jpg降りるひとも電車に乗り込むひとも疎らな駅は、 その名も「国道駅」。

改札口へと階段を下って、反対側への通路を進むと、 そこから更に下の通路が見下ろせる。koudoshita02.jpg何気に視線を降ろしたら早速、 お目当てのお店が突然視界に飛び込んできました。

鶴見線の所属駅はすべて無人駅。koudoshita03.jpgそれ故、何処も改札口付近に出場と入場をそれぞれチェックする、 Suicaの改札機が設置されています。

やや薄暗がりの通路を改札口から右へ出ると、 国道を渡る横断歩道に出る。koudoshita04.jpg成る程、国道駅は、国道15号(通称:第一京浜)をガードで渡った、 すぐ際にあるのです。 そして、逆方向に通路を抜けたところにある跨道橋を潜る道が、 旧京濱國道、つまりは明治時代の「1號國道」であるようです。

阪神の今津線にも阪神国道駅というのがあるらしい。 確かに国道の脇にある駅は全国あちこちにあるだろうけど、 トラック行き交う産業道路っぽい道路のガード下に入口を空けた此処にこそ、 古き1号国道の沿道にあり続ける此処にこそ、 この名が相応しいように思えてきます。

国道駅は昭和5年の開業以来、 これといった改築がなされていないという。 ふたたび戻った通路はやっぱり昭和の匂いが色濃く漂ってる。 まるで、ラーメン博物館を設えたのと同じチームが作り込んだセットのよう。koudoshita05.jpg「三宝住宅社」の看板が実に味がある。 中に灯りが点っているのだけれど、もしかして現役なのかしらん。 そして、その向かいには、白雪提供、お酒とお食事「とみや」の看板。 こちらはどうやら、とても残念ながら既に閉めてしまっているようだけど、 看板の下で今にも朽ちようとしている佇まいに昭和の残り香を思います。

そして、店を前にして、 余りに出来過ぎの雰囲気に気圧されて、少々たじろぐ(笑)。 意を決して、暖簾に顔を突っ込んで、空席を訊ねます。 カウンター席は一杯で、その背後に置かれた小さなテーブルの丸椅子に、 居場所を得ました。

瓶の麦酒をと女将さんに所望すると、手渡されたのは、 キリンラガーの瓶とコップ。koudoshita07.jpgこふいふ雰囲気には、此奴が一番似合います。

女将さんを通じて焼き台前に立つオヤジさんに通った注文は、 焼き鳥の盛り合わせ。koudoshita08.jpg大皿に仕込んであった串がもうすぐなくなりそうな、 そんなタイミングで何とか焼き鳥の串にありつけました。 タレの甘さが印象的。 そのためか、辛味味噌が添えてあるのかもしれません。

カウンターのお客様のおひとりが、仲間がやってきたということで、 外で呑むよとカウンターを離れたので、その後釜にと移ります。koudoshita09.jpgいままで座っていた丸椅子辺りを振り返ると、 このスペースが都橋商店街「ホッピー仙人」では、 ダークダックス的立ち飲みスペースになってるんだね、 なんて思ったりいたします(笑)。

お願いしていた「ポテトサラダ」が丁度目の前に。koudoshita10.jpgそれぞれの具材がごろごろっとしながら、 全体がしっとりジャガイモに包まれている感じの仕立てでございます。

奥の壁の隙間に押し込めるように貼られた変形黒板がお品書き。koudoshita11.jpg斜めの天井が階段下のそれだとすると、此処に二階があるのでしょうか。

「もつ野菜煮」は、さらっとした味噌仕立て。koudoshita12.jpg野菜から滲んだ甘さも含んでいるようで、 野菜も一緒に炊いちゃえっていう、ちょっとしたアイデアがいいね。

正面の棚をみるとそこには、近頃珍しいダルマのボトルも並んでる。koudoshita13.jpgこんな処にも昭和にタイムスリップしたような気分にさせるアイテムが潜んでいます。

亀甲柄のジョッキを見つけて、ハイボール。koudoshita14.jpgあ、角でなく、オールドでハイボールにしてもらえばよかったな。

お隣さんの注文の真似をして、「サンマさし」。koudoshita15.jpg脂ノリノリで蕩ける美味さに間違いはありません。

戦前のまんまの国道という名の駅の下に、 昭和のまんまの居酒屋、その名も「国道下」がある。koudoshita16.jpg koudoshita17.jpgkoudoshita18.jpg カウンターで行き交う話題は、地元色の濃いぃもの。 東芝や旭硝子、富士電機の事業所へと通うひと達がそこに混じって、 日毎賑わっている様子を想像したりしています。

口 関連記事:   うちなーすば「ヤージ小」で 煌めく海芝浦小旅行沖縄区ソーキそば(14年10月)   ホッピー専門店「ホッピー仙人」で 白生堀越さん都橋の仙境の男前(14年09月)


「国道下」 横浜市鶴見区生麦5-12-14 [Map] 045-503-1078
column/03459