ラーメン「昭和」で 真好味の素材で昭和のどんぶりあの店はもう

showa.jpg茅場町「真好味」のオヤジさんが亡くなったのは、 いつのことだったかな。 かれこれもう、三年以上が過ぎてしまったかもしれません。 その頃は「真好味」を失った寂しさに、お昼どきにすずらん通りを往くことがちょっと減ったものでした。 そして、「真好味」居抜きのまま開店したのが、 らーめん「昭和」。 当時、「真好味」を引き継ぐお店になるのではという噂がどこともなく囁かれていました。
思い起こすのは確か、「昭和」の開店翌日。 センチな気分にちょっとした期待と懐疑が交錯して、複雑な心持ちのまま座った「真好味」と同じ丸椅子。 啜ったらーめんは、随分とあっさりしたもので、落胆したのが正直なところ。 でもそれは、食べる側の心情が多分に影響してのことでもありました。 その時から、幾年霜。 mi_wa@パンちゃんのところで、なかなかイケる真芳味的どんぶりがあるらしいと知る。 それはそれはと、久し振りに旧「真好味」の丸椅子に座りました。showa01.jpg奥の寸胴の前で捩じり鉢巻きの姿の背中があり、その手前にオバちゃんがいる光景は、 なにやらあの頃を彷彿とさせます。 まずいただいたのは、店名を冠した「昭和ラーメン」。showa02.jpg嘗て残念に思ったのは、きっとこのどんぶりの当時のもの。 澄んだスープにさっと湯掻いたもやしにメンマ、炙ったチャーシューに刻み葱。 12時前に訪れるとサービスしてくれる煮玉子。 あくまで濁りなき塩仕立てスープは、丁寧にひいた出汁の仄かに甘い表情が悪くない。 showa03.jpgshowa04.jpg 麺のかん水臭さを包み込むことは叶わずに、でもそれでいいのさという感じがノスタルジックに「昭和」的でもある。 お品書きに”昭和30年代名店の味”とあるのは、どこか特定のお店の味のことを指しているのだろうと訊けば、店の名前は云えないけれど、西日本の某店の味だそう。 そのフレーズから三丁目の夕日的世相をイメージしたものの、そうか、東京の味ではないのですね。 showa05.jpg 差し詰め「しょうゆラーメン」は、この「昭和ラーメン」の醤油味バージョンといったところでしょうか。 そして件の「辛みそラーメン」。 なるほど、往時を偲ばせるに十分な見映えではある。showa06.jpg どれどれと啜ったスープは、辛さの裏側に明らかな甘さがある。 見た目ほど辛くなく、意外にも間違いなく甘さが支配しているスープ。 showa07.jpgshowa08.jpg 一瞬濃密な甘さにも思う旨みは、帆立の旨みか、海老の旨みか、はたまた昆布か。 「真好味」の「辛みそ」は、この辛さと甘い旨みのバランスがより絶妙だったようにも思うけど、どうだろう。 ちょうど他の客が退けたので、大将に声をかけてみた。 訊けば、大将が「真好味」のラーメンを食べたのは一度あるかないかで、嘗ての常連から「真好味」の味の再現を強要(?)され、残っていた伝票から素材の仕込みや配合を割り出し、敢えてきぬさやのトッピングやどんぶりは変えて、”「昭和」バージョンの真好味の味”に仕立てているそう。showa09.jpg「昭和ラーメン」とは全く違う、縮れのある中太麺にも研究のあとが窺えます。 同じ製麺所から仕込んでいるのかな。 安易に「真好味」の味を再現した、とせず、あくまで慎重に”伝説(真好味)の素材でオリジナル”としているのは、事実その通りであることに加えて、嘗ての「真好味」ファンから無用の反発を被るのは本意ではないからに違いない。 「真好味」の味をも彷彿とさせてくれるどんぶりに素直に感謝するのが美味しいいただき方のようです。

「真好味」のあった場所で、オリジナルの「辛みそ」を供してくれるラーメン「昭和」。showa10.jpg判っていても、もしかしたら「貝柱かゆ」を出してくれないかしらん?なんて思ってしまうけど、「昭和」は「昭和」、もう「真好味」はないのです。 口 関連記事:   ラーメン「昭和」で ラーメンとしらすごはん真好味の名残り如何に(07年05月)   らーめん「真好味」で 呑んじゃった翌昼の定番辛みそあぁ旨し(05年10月)   らーめん「真好味」で 意外な注文貝柱かゆ単品やさしい味わい(06年02月)


「昭和」 中央区日本橋茅場町3-8-12[Map] 03-3249-0002
column/03087

レストラン「成田」で 黒豚ロースカツ黒豚しょうが焼き肉屋の食堂

narita.jpg中延駅周辺と荏原中延駅とを結ぶアーケード、 中延スキップロード。 距離のあるアーケードにしては意外過ぎるほどに飲食店は少ないのだけれど、その中の一軒にこのところ通っています。 それは、アーケードを中延駅側からアプローチしてすぐのミートショップです。
お好み焼き、の看板の方が目立って、一瞬通り過ぎそうになる。 ミートショップ「ニッパイ」と示した黄色い看板の下には、硝子ケースが精肉たちを桃色に見せています。 そして、通っているのはその精肉店そのものではなくて、横の通路を奥へ入ったお店。 古びたドアには、モロ手書きマジックで「黒豚の店」。 そう、レストラン「成田」は、精肉店が営む食堂なのです。 恐る恐るドアを開け中を覗くと思わず、きたなシュラン!っと小さく叫びそうになる。 油と埃に煤けた扇風機、黒ずんだコミックの数々、草臥れたテーブルに椅子、硝子の曇ったビール用ケース。 壁には、ベニヤに直接マジックで書いた品書き。 気をとりなおし改めて、壁の品書きから伝わる意図を汲んでみると、お店のイチオシは、黒豚を使ったとんかつであることが判る。 narita01.jpgnarita02.jpg 黒豚は、鹿児島県産のバークシャー種。 小さな字で”一番おいしいと言われる”とマジックペンで書かれてる。 「黒豚ロースカツ」をお願いしました。 ベニヤには、「少なくとも召し上がりはじめの一枚はソースをかけずに」とある。 へー、と思いながら謂いに従ってやおら齧ると、想定以上のサックサクの衣。narita03.jpgこりゃびっくりだと目を丸くしながらもうひと口すると、今度は黒豚の脂の甘さと赤味の旨みが渾然となる。 うひゃひゃ、何気なくも旨いとんかつだ。 ただ白絞油を使って揚げるだけで、こうもサックサクになるとは思えない。narita04.jpg店内にとんかつ専門店の気風はなくとも、密かな自信漲る逸品だ。 そしたら、そんなトンカツをフィーチャーした「黒豚のカツカレー」はとお願いしてみる。 オバちゃんが運んでくれた横長楕円のお皿は、カツ、ライス、カレーの三色旗。narita05.jpgカツはやっぱりサックサクで、いい。 そして意外な出来だったのが、黒褐色さらさら仕立てのカレーソース。 narita06.jpgnarita07.jpg ふと、蓮沼の「インディアン」を思い出す。 あそこまで、どーだ!感はないものの、なかなかどうして悪くないカレーだ。 肉の端切れをどこどこ入れているのか、そこそこにブイヨンしています。 とある夜には「黒豚しょうが焼き定食」。narita08.jpgちょっと硬くなっちゃってるのが残念だけど、わしわしご飯喰らうには十二分。 Gingerちんはなんて云うかなぁ。

中延スキップロードの肉屋営む豚肉食堂、レストラン「成田」。narita09.jpgそうはいっても、黒豚ばっかりでは勿論なくて、「特選佐賀牛のランプステーキ」とか「しゃぶしゃぶ」「牛丼」、「からあげ定食」「トリ鍋」なんかもある。 今度は、「チャンポン」「皿うどん」か、「九州ラーメン」に挑戦してみようかな(笑)。


「成田」 品川区東中延2-10-17[Map] 03-3781-7488
column/03086

Weinlokale「il Barone」で TraminerのSpätlese 品のいい甘さ

ilbarone.jpgミラベル宮殿を抜けて、 すっかり日の暮れたザルツァッハ川の辺へ。 旧市街側へと渡る幾つかの橋のひとつ、ミュールナー・シュテークを渡れば、その橋の上からもホーエンザルツブルク城が望めます。 メンヒスベルクの高台に横たわる幻想的な古城の雄姿に見惚れていると、川面を渡る冷気に頬がちょっと痺れてくる。
少し肩を窄めて橋を渡り切り、そのまま川沿いのプロムナーデを辿ります。 街のシンボルのひとつは、視野から外れることなく、ライトアップに灯りに浮かんでる。ilbarone01.jpg川辺を離れてクシュテッテンガッセを往きます。 見上げる岩壁は漆黒の闇。 その壁に沿うように並ぶ店々の中にある一軒のワインバーにお邪魔しました。 ちいさな店のカウンターには、おでこに眼鏡を上げ、頬杖をついて客の話を聞くマスターと如何にも常連な三人組が朗らかに歓談中。ilbarone02.jpgお邪魔せぬよう、隅のテーブル席へと闖入します。 酸味ほどほどのものをということで、白のグラスを一杯。ilbarone03.jpgヴァッハウ渓谷のシャルドネ。 ミネラルなキレがみるみる解けてゆく感じが面白い。 三人組がしゃべくりながら店を後にしたところで、もう一杯。ilbarone04.jpgエチケットが示すのは、トラミーナーTraminerのシュペートレーゼSpätlese。 甘いのかな?と思いながらグラスに鼻先を寄せると、 如何にもな甘さとはベクトルの違う芳しきアロマ。 つーっと口に含むと、やはりドイツのシュペートレーゼにイメージする甘さではなく、 フフっと膨らむ華やぎに品のいい甘さを含んで広がる感じだ。

クシュテッテンガッセのワインバー「il Barone」。ilbarone05.jpgVINOTHEK、PROSECCHERIA、GRAPPARIA。 イタリアワイン専門かといえば、そんなことなく、オーストリアのものを中心としたワインあれこれやグラッパがグラスで愉しめるお店のようです。


「il Barone」 Gstättengasse 3 Salzburg[Map] 0043664 1038062
column/03085

中華そば専門店「ホープ軒」で 今や懐かしの一杯とんこつ醤油

hopeken.jpg大塚有数の酒処「こなから」で、 気の利いた酒肴をあてにあれこれ呑んで酔った夜。 なはははと笑いながら(笑)、駅へと向かう道すがら。 ちんちん電車が目の前を往く。 そしてその向うに「ホープ軒」の黄色い看板が誘っていました。
誰からともなく、喰っちゃう?ということになる。 嗚呼、禁断の呑んだ挙句の夜半らーめん。hopeken01.jpgでも、たまにはいいよねと自分に言い聞かせ、そうとなればもうなにをどう啜っちゃおうか考えはじめます。 「ホープ軒」で思い出すのは、千駄ヶ谷の本店や吉祥寺のちょい路地の店か。 確か、環七の高円寺陸橋近くにもあったはず。 いまはもっと増殖しているのか、 それとも今どきのラーメンに押されて衰えてしまっているのか。 なにはともあれ、ものすごーく久し振りの「ホープ軒」のラーメン。hopeken02.jpgシンプルに「ラーメン」、でも「玉子」を味付で。 「ニンニク」もちょっと入れてもらっちゃいましょう。 ああ、そうだ、そうです、そうでした。 やや薄めのような気もするものの、その頃、思い出しては時折無性に食べたくなった動物系エキスがうるっと滲む醤油とんこつスープを思い出す。hopeken03.jpg見た目を裏切るさっぱりとそれでも脂にとっぷり、 という味わいに麻薬的な魅力を感じたものです。 むにっとした自家製麺での持ち上げも悪くない。 化調云々もかん水っぽさも不思議とどこ吹く風な気分。 hopeken04.jpghopeken05.jpg これがご馳走だったのだよなーとノスタルジックな気持ちを膨らませつつ、 また啜るのであります。

荒川線の車窓を彩る黄色い看板が目印の中華そば専門「ホープ軒」大塚店。hopeken06.jpg hopeken07.jpghopeken08.jpghopeken09.jpg “中華そばなら中華そばの”元祖・ホープ軒、が謳い文句。 開けっ放しの店構えは、屋台の名残りか。 他には、阿佐ヶ谷や古川橋にもあるらしいけど、 まずは千駄ヶ谷に行ってまた、懐かしい想いに浸ろうかな。 口 関連記事:   居酒屋「こなから」で のどぐろ真鱈白子焼酒盗和え酒肴いきいき(10年12月)


「ホープ軒」大塚店 豊島区北大塚2-14-8[Map] 03-3940-0982
column/03084

「GRAND CENTRAL OYSTER BAR」で 九十九島二つの牡蠣フライ

grandcentral.jpgNY発の牡蠣レストラン、 「GRAND CENTRAL OYSTER BAR & RESTAURANT」。 アトレ品川のお店には三度ほどお邪魔したものの、 もう一軒の丸の内にはなかなか足を向ける機会がありませんでした。 病院へ行く途中に寄り道して丸の内、鍛冶橋通り。 丸の内MY PLAZAの地階に向かいます。
ホールからのアプローチには、クラブレストラン「CENTURY COURT」と並んで、 「GRAND CENTRAL OYSTER BAR & RESTAURANT」のロゴ・タイプがこちらへどうぞとシグナルを送っています。grandcentral01.jpg ランチタイムぎりぎりだったので、まだランチ可能か伺いつつ、ホールへと案内いただきます。 なるほどというか当然というか、 品川店と同じテイストの店内意匠は、つまりはNY本店スタイル。 弧を描く天井のタイルや赤いチェックのクロスが印象的。grandcentral02.jpg奥には、牡蠣のトレーが幾つも並ぶバーがあり、入って右手には酒瓶並ぶバーがあります。 ランチメニューからいただくは勿論、「牡蠣フライ 日本スタイルとNYスタイルの盛り合わせ」。 合わせて訊ねたのは、 オイスターマイスター(→日本オイスター協会)の特典、利用できますか、ってこと。 バッチを提示すると、了解ですとばかりに生牡蠣が届きました。 grandcentral03.jpgクラッシュアイスに座った牡蠣殻に佇む綺麗な牡蠣。 訊けばそれは、長崎は九十九島(くじゅうくしま)の産。 お皿に脇には三種類のソースが用意してあって、その中からホースラディッシュを選んで檸檬を垂らした牡蠣の上にちょん。grandcentral04.jpgそして、つるっと口の中に滑らせます。 ああぁ、いい、旨い。 清涼感の中にしかっと旨みを含んですっと消えてゆきます。 シャブリあたりのグラスを添えているわけでもないのに、昼間っからいただく生牡蠣というのはどこかにほんの少し背徳な気分が織り混ざるようで、それがより美味しくさせてくれるみたい。 そして、ふたつのスタイルで牡蠣フライ。grandcentral05.jpg粗めのパン粉で衣しているのが日本スタイルで、細かな衣がNYスタイルか。 ナイフを入れてみると、この日の広島産真牡蠣は小振りな身振り。 タルタルを載せていただけば、さくっと軽めの食べ応え。grandcentral06.jpgきゅっと凝縮したような旨みが、いい。 ただ、もうひと声ぶりっとジューシーな牡蠣フライをと思う刹那もあるのが今季の実情なのかもしれません。 やっぱり長引く残暑は、牡蠣フライに適した特性の牡蠣に大きく影響するということなのかな。

ここ丸の内でもNY本店スタイルの雰囲気のまま牡蠣料理をいただける、 「GRAND CENTRAL OYSTER BAR & RESTAURANT」丸の内店。grandcentral07.jpg今度はやっぱりグランドメニューで、めくるめく牡蠣世界を。 口 関連記事:   「GRAND CENTRAL OYSTER BAR」品川で カキたま丼牡蠣フライ(10年03月)


「GRAND CENTRAL OYSTER BAR & RESTAURANT」丸の内店 千代田区 丸の内2-1-1丸の内MY PLAZA 明治生命館 B1F[Map] 03-6212-6650  http://www.oysterbartokyo.com/
column/03083