「ザにっぽんの洋食屋」カテゴリーアーカイブ

洋食元祖「煉瓦亭 新富本店」で季節限定旬メニュー牡蠣料理4種類が嬉しい

新富町のお店と云えばと問われて思い浮かべるのは、例えばご存知「Coulis」。
なかなか予約の取り難い鮨「はしもと」も秘かに存在感を増している。
そしてこのところの寒空の下でふと脳裏に浮かんだのが「煉瓦亭 新富本店」だ。
一方通行の裏通りで鰻「青葉」と並んで、落ち着いた風情で佇む店構えの絵が彷彿としたりして。

特注を思わせるダクトと排気口も何気に目印のひとつ。黒檀のようなカウンターに沿って止まり木が並ぶ様子にもまた、
煉瓦亭らしさを思うんだ。

厨房側の下がり壁には額装したイラストが飾られていて、
その笑顔は兄弟縁者を思わせるように似ています。視線を下ろして厨房を眺めると、
中央に島のようなカウンターがもうひとつあるのが目に留まる。
それを挟むように奥と手前とで所作がなされていて、
オペレーションや動線が実に効率的でスムーズに映る。
年月が培った手馴れや間合いの良さとレイアウトの工夫が、
てきぱきとした調理・サービスを生んでいるようです。

こちらでは、カップのスープも真っ当な洋食屋の矜持のひとつ。そして、この時季はそう、季節限定旬メニューとして、
牡蠣料理4種類が堂々囲み記事になるのです(笑)。

まずはやっぱり「カキフライタルタルソース」。活き活きとしたパン粉の勢いと、
しっかりとした揚げ色が「煉瓦亭」の牡蠣フライ。
特製のタルタルソースをちょんと載せ、徐に齧り付けば、
閉じ込めた牡蠣エキスが一気に弾けて、
やっぱりちょっと熱つつとなる(笑)。
うん、うん、美味い。

時には小ハンバーグと牡蠣フライ2つの組み合わせも悪くない。メニューに明記しているように、
アラカルトを組み合わせたコンビメニューの先駆けとしての自負が、
牡蠣メニューにも滲むようです。

フライにしようかそれともと毎度迷わせるのが、
「カキバター焼き&オニオンソテー」。バターの照りとともに牡蠣の身についた焼き目がいい。
ふるるんとしたその身からは、
火入れによって活性化した旨味が真っすぐ届いて、いや旨い。

新富町の裏通りにちょっとした風格を漂わせて佇むは、
今や老舗なる洋食の「煉瓦亭 新富本店」。冬場の牡蠣メニュー4種や佳し。
A、B、C、Dのランチやセットや盛り合わせは勿論のこと、
ジンジャーポークとナポリタンも健在であります。

「煉瓦亭 新富本店」
中央区新富1-5-5 [Map] 03-3551-3218

column/03770

にっぽんの洋食「新川 津々井」で冬のご馳走カキフライに定番トロトロオムライス

中央区新川で洋食屋と云えば、ご存知「新川 津々井」。
ところは、亀島川を渡る霊岸橋信号と永代通りの新川一丁目信号を結び、箱崎湊橋通りへと繋がる道路沿い。
よくよく見ると、珊瑚色したファサードはなかなか珍しいのではあるまいか。
そんな壁に掲げたアクリルのサインには、”にっぽんの洋食”と標されています。

“にっぽんの洋食”というショルダーフレーズにはどこか、
洋食界を背負って立つような意識も含まれているのかな。そんなことを毎度思いつつ、硝子越しの厨房を横目に、
上階のフロアへとアプローチするのです。

冬の時季の特筆メニューと云えば、
それは勿論「カキフライ」。飾り切りを施した檸檬を戴いたフライ達は、
端正な揚げ口で「つつ井」と刻印したお皿に佇む。
サラダがたっぷりなのも毎度嬉しい処であります。

玉子タマゴしてはいないけれど、
これまたたっぷり目に添えてくれるタルタル。三重県は、浦村湾や的矢湾から届く牡蠣のフライに、
お醤油を少々垂らしてタルタルたっぷりが実に佳い。
ふと、鳥羽の先の浦村「中山養殖場」でいただいた、
焼き牡蠣の旨味を思い浮かべたりなんかいたします。

此処にもやっぱりGingerちん御用達のしょうが焼きがある。何気に、どーだっ!と主張する「ポークジンジャー」の肉厚ロース。
ただただ柔らかい代わりに脂ぎってる、なーんて肉質ではなくて、
割としっかりした繊維質の間に旨味が詰まった感じがいい。
勿論、おろし生姜の風味たっぷりのソースで御座います。

“にっぽんの洋食”「新川 津々井」のスペシャリテのひとつが、
ご存じオムライスのラインナップ。「トロトロオムライス」と呼ぶお皿には成る程、
トロトロねっとりとしたテクスチャー。
ご飯のひと粒ひつ粒が玉子なぞに均質に包まれている。
そんな船体を浮かべた、
トマトの酸味が心地いいソースの働きも見逃せません。

通りにも入口通路にも硝子窓を面している厨房。
思わず覗き込むとちょうど「オムライス」の調理中。偶には「ハムオムライス」を更に豪華にして、
ポークの「オムハヤシ」を奢ってしまう時もある。
ポークやビーフをトッピングしてのハヤシソースなので、
そうか、それでオムライスの中身がチキンライスではないのかと、
そう独り言ちることもありました(笑)。

“津々井名物 三種の丼”の一翼を担うのが、「ステーキ丼」。ステーキ肉のみならず、下のご飯にもたっぷりと滴るは、
バルサミコ的酸味を加味したお醤油基調のとろとろタレ。
シェフが修行したホテルオークラのフレンチのエスプリが、
何気にどこかに潜んでいる、のかもしれません。

そして”津々井名物 三種の丼”の筆頭が「ハンバーグ丼」。繋ぎの決して多くないパテとか、
何より濁りなき味わいのドミグラスがやはり、
正当なる「洋食」を想わせてくれます。

それら名物たちの陰に隠れるように、
やや控えめに註文を待っているメニューのひとつが、
ポーク、チキン、ビーフと揃ったカレー三種。小麦粉を丁寧に炒めた形跡は十分に伝えつつも、
バシャバシャっとしたカレーは、油脂を控えた印象もする。
カレーもまた名物と自ら呼ぶような高みに至るのは、
どうやらこれからのことのようです(笑)。

にっぽんの洋食「新川 津々井」の創業は、
今から70年程を遡る1949年(昭和24年)のこと。終戦から数年後の混乱期にもう、
当地新川に飲食店を興していたことにまず敬意を払いたい。
少々お高いなと思うのも毎度のことなれど、
それでも通ってしまうのは、
それだけの気風を感じさせてくれるからなのです。

「津々井」
中央区新川1-7-11 [Map] 03-3551-4759

column/03743

レストラン「たいめいけん」で牡蠣フライにポーク生姜焼丼海老ナポ老舗の暖簾を思う

永代通りと昭和通りが交わる交差点が江戸橋一丁目の信号。
そこから間もなくの日本橋交差点の角に建つコレド日本橋は、いつの間にか、グランドオープンから10余年が経つらしい。
コレド日本橋の裏手、江戸橋周辺にある老舗洋食店と云えばそれは勿論、日焼け真っ黒三代目シェフでもお馴染みのレストラン「たいめいけん」だ。

10月へとカレンダーを捲ったその週に訪ねて訊いてみた。
カキフライありますか?
さも当然のように頷いて、
コールスローは付け合わせにありますからと云い添えてくれた、
ホールのお姉さんの笑顔に安堵して、暫し。正調を素直に思わせるお皿がやってきました。

頃合いのいいサイズの牡蠣フライが4個。玉子玉子していないタルタルを横から添えるようにして、
今季初めて!と心中に呟きながらそっと歯を立てる。
あ、あああああ!
旨い。
何も衒うこともないそのままの牡蠣フライが、
思わず大きく頷かせるほど、旨い。
そうだ、老舗の暖簾は伊達じゃないのだ(笑)。

コールスローと一緒にたっぷり盛り付けられた素ナポもいい。ケチャップやトマトソースの水分をちゃんと飛ばしてある、
その加減が何気に絶妙なのであります。

「コールスロー」に並ぶサービスメニューのと云えば、
それはご存知「ボルシチ」。大鍋で作るから美味しいという側面もきっとあるはず。
学校併設の給食室で作った汁物の美味しさにも似ているかも、
なぁんて思ったりもする。
マヨネーズを使わないコールスローもなんだか正しい気がします。

ナポちんも絶対食べてる「たいめいけん」のナポリタンは、
メニューの最後に具材を語る「スパゲッティナポリタン海老」。ノーモアアルデンテな素ナポの出来に対して、
ややシャツに飛びそうな仕上がりは賛否の分かれるところか。
ちなみに、海老があるなら「ナポリタン蟹」もあるようです。

「特選ランチメニュー」の中から見つけたのが、
ジンジャーちんも絶対食べてる「ポーク生姜焼き丼」「たいめいけん」の丼物メニューは他に見当たらない。
飾らない盛り付け具合を愛でつつやおら箸の先をドンブリの頭に伸ばす。
キリッと利いた生姜の風味が実にいい。
食べ終わったところでお隣のテーブルのご婦人が声を掛けてきた。
「それって何です?メニューに載ってます?」
それとは別の註文を済ませてしまったものの、
隣の芝生が妙に興味深く見えたようです(笑)。

「たいめいけん」一階のテーブルで食事をしていると、
厨房の右手の隅からカウンターに立つひと達の姿が覗ける。お久し振りにそのカウンターに立つと、
こんなに明け透けに厨房の中を覗けてよいのだろうかと、
そんな気にさえさせるシェフズカウンターである。
もっともここで三代目シェフの真っ黒なご尊顔を拝する機会は、
今のところないのだけれど(笑)。

券売機に「三代目おすすめら~めん」とテプラで示しているのが、
「ローストポークら~めん」。チャーシューの代わりにローストポークを浮かべるのはやはり、
これまた老舗洋食店としての心意気でありましょか。
麺もまた、フェットチーネかタリアテッレかという平打ちタイプ。
まぁ、ねぎチャーシュー麺バターのせ、
あたりの方が好みですけどね(笑)。

夙に知られた老舗洋食レストラン「たいめいけん」此処にあり。一階フロアや麺屋コーナーは幾度となく訪ねているものの、
どうも敷居が高くって、未だ二階へは足を踏み入れたことがない。
どなたか連れていってくれませんでしょうか(笑)。

「たいめいけん」
中央区日本橋1-12-10 [Map] 03-3271-2465
https://www.taimeiken.co.jp/

column/03736

Restaurant「たかじ」でポークソテー生姜ソースにナポリタン上池上循環のバス通り

大森駅西口周辺から発着する東急バスのひとつに上池上循環という路線がある。
馬込銀座信号から環七に入り、夫婦坂交叉点で上池上商店街方向へと左折する。
そのまま坂道を下って新幹線の高架を潜り、第二京浜を横切って、本門寺を廻り込むようにして池上通りを大森駅方面に向かう。
その名の通り、上池上エリアをなぞるようにぐるっとひと廻りするルートの内回りで、逆方向の外回りもある。

そんなバス通りであるところの上池上通りが、
Y字を描く東雪谷五丁目信号近く。
いつぞやお邪魔した「マウンテンバーガー」のご近所に、
Cafe & Restaurant「たかじ」はあります。

’14年03月のオープンと訊けば合点のいく、
まだまだ真新しくて明るい店内。入口のサッシ枠の赤にソファーの赤がアクセント。
案内に沿って着いたテーブル脇の柱の黒板を横目で見つつ、
お品書きを眺めます。

別註のクラムチャウダー。ゆっくりとスプーンを動かしつつ、
のんびりしたひと時を過ごします。

お願いしていた「ポークソテー生姜ソース」のお皿がやってきた。頃合いのいい厚さのロース肉二片が、
ジンジャーソースに浮かんでいるようにも見える角度。

薄く小麦粉の衣を纏っていたのか否か。
噛み応えや脂の甘さのバランスは、こんな感じがいい。もっともっと生姜が利いていても悪くない。
そしてそんなソースに浸したキャベツの千切りが大好きです。

裏を返すように次の次の週末に同じテーブルに。
生姜焼きをいただいておいて、
ナポリタンをスルーするなんて片手落ち(笑)。太麺ノーモアアルデンテ系ではないものの、
相応によく炒めしてケチャップソースがよーく絡んだナポリタン。
ご馳走さまでした。

バス通り上池上商店街の一辺にカフェレストラン「たかじ」がある。 最寄りと思われる西馬込駅でも徒歩15分程と、
循環バスがグルグルする理由がよく判る、
そんな立地ののんびりスポットです。

「たかじ」
大田区上池台3-47-5 [Map] 03-6451-7242

column/03723

レストラン「ほてい家」で有終のほてい家パック海老フライにふんわりハンバーグ

hoteiya所用にて京成線は千葉中央駅という駅の割と近くに明け方までいるということがありました。
深夜の小腹を黙らせようと辺りを徘徊していた時に、懸垂式モノレールの橋脚の向こうに紅いネオンサインが目に留まる。
一瞬、ちょっと妖しい旅館のそれのようにも古びた料理屋のそれのようにも見えたネオンが示していたのは、「レストランほてい家」。
全貌は暗がりの中なれど、なかなか気になる佇まいであるなぁと思いつつ、その場所を離れたのでありました。

翌朝遅めにホテルの部屋を出てそのまま、
気になっていた場所へと戻ってみる。hoteiya01hoteiya02成る程、深夜に眺めたのは幻でもなんでもなく(笑)、
葭川という川の上を走るモノレールの高い橋脚越しに、
二階建てながらどっしりとしたフォルムの建物が佇んでいました。

ショーケースと入口を覆うテントには、
since1929と表示してある。
1929年といえば、ええっと、
昭和4年創業ということになるではありませんか!hoteiya03hoteiya04そうなのかぁとショーケースを眺めていると、
開店時間早々だというのにどふいふ訳か、
続々とお客さんと思しきひと達が硝子扉を開けてゆく。
有名老舗にしても随分な人気なのだなぁと慌てて後に続きます。

それでもテーブルは少なからずありそうなので、
特に心配せずに案内を待っていたらなんと、
予約のお客さんでほとんど既に満席なのだという。
一体全体どうなっているのかと訝っていると、
支配人と思しき老紳士が「新聞に出てしまって」と仰る。
訊けばなんと、この10月末で閉店してしまうことが、
記事になり伝わって、混み合っているのだと云う。

そうとは知らずにひょっこりやってきたものの、
ギリギリでなんとか待たずに隅のテーブルに潜り込めた。hoteiya05hoteiya06そこに用意されていたメニューを見てまたびっくり。
この厚みのファイルのページそれぞれに、
一々気になる品書きが待ち構えている。
店内が混んでいることをいいことに、
前から後ろ、後ろから前へと何度もページを捲り返して、
あれこれ思案を巡らせます。

それで結局選んだのは「ほてい家パック」なる、
なにやらお得感漂うネーミングのメニュー。
「ほてい家セット」ではなくて、
“パック”ってところがいい響きです(笑)。

サービスでいただいたグラスの赤を舐めているところへ、
「コーンクリームスープ」のお皿が届く。hoteiya07これが、あれ?ってくらいに濃厚なコーンスープ。
きっと自家製なのだろうと思わせる、
玉蜀黍の自然な甘さもさることながら、
どんだけ煮詰めたの!という濃密さが、
なによりの魅力となっています。

もう食べる機会がないかもと思えば当然、
「スパゲッティ ナポリタン」に食指が動いてチョイス。hoteiya08残念ながら茹で置きの太麺という訳ではなさそうで、
仕立てはシャツに飛びそうな系のナポリタン。
ケチャップよりもトマトソースたっぷりで、
その分炒め麺にはなってない。
でも美味しいので赦しましょう(笑)。

メインの一翼が「天然有頭海老のフライ タルタルソース添え」。hoteiya09hoteiya10デデン!とお皿に横たふ立派な車海老くん。
タルタルをたっぷりと添えていただけば、
濁りなき海老の身の甘さが味蕾を包む。
嗚呼、久し振りにがっつり海老喰った!って感じ(笑)。
ちなみに、天ぷら仕立ても選べるものの、
添えてくれるソースは、フライ同様タルタルソースである模様です。

そしてそしてメインのお肉は、
「ハンバーグステーキ ドゥミグラスソース 温野菜添え」であります。hoteiya11hoteiya12鉄板からふつふつと弾けるソースが、
落ち着いてきたところでやおら、
ハンバーグのご本尊にナイフを挿し入れると、
これがあっけない程にスッといく。
この、ふんわりと柔らかなハンバーグが、
人生最初のご馳走ハンバーグであった子供が、
少なからずいるのじゃないかと、
ふと思ったりなんかいたします。

オレンジのシャーベットをスプーンで掬いながら、
手許にあったナプキンを眺める。hoteiya13店先では見つからなかった、
布袋さんのお姿をその真ん中に認めました。

レストラン「ほてい家」は、1929年(昭和4年)創業の老舗洋食店。hoteiya14七五三のお祝いにとか、誕生日のお食事にとか、
きっとそんな特別な日のテーブルにずっと選ばれてきたのでしょう。
二階は宴会場になっていて、
結婚式の披露宴会場としても定番だったらしい。
この10月末日で閉店するという「ほてい家」に、
寂しさとともに感慨を憶えるひと達が沢山いるに違いありません。

「ほてい家」
千葉市中央区本千葉町9-8 [Map] 043-227-0281

column/03696