「食し方様々お肉ニク」カテゴリーアーカイブ

とんかつ「丸栄」で ロースカツ濃いぃ色黒きつね色

maruei.jpg
自由が丘のロータリーからもほど近い路地の一辺に、 一間半ほどの間口で下町チックに佇む「丸栄」。 知らないまま通ると素通りしてしまいそうです。 カウンター中央に陣取って、「ロースカツ」を定食で。 どでかいフライパンの中でラードらしき油がシュワシュワとカツを包んで、 じわじわ揚げられていきます。
揚がった色味は濃いぃ色黒のきつね色。maruei01.jpgちょっと焦げ気味とも映るけれど、口に含むとサックリした衣の感触が迎えてくれます。 厚手の肉と衣が離れず、最後まで一体でいただけるのが嬉しい。 「とんき」も旨いけれど、あのお肉から離れてしまう衣が遣る瀬ないのを思い出しました。
「丸栄」 目黒区自由が丘2-11-16 03-3717-3418
column/00892

とんかつ「とんき」目黒店で ロースかつ定食澄清としたカウンター

tonki.jpg澄清とした白木のカウンターが真摯な気概を伝えます。 ここは人の動きが凄い。 カウンター内のステージで各人が無駄ない応対をしてくれるのが気持ちいい。 そして、みんないい顔してる! そして客の顔と入店の順番と注文をきっちりコントロールしているのは有名な話です。 さりげなくメモとってるのね。
「ヒレ」と迷って、結局「ロースかつ定食」を。tonki01.jpg薄い衣がなんとも不思議。 でも相変わらずお肉とバラバラなのが、唯一気に入らないところ。 ご飯も特製のとんかつソースもそして付け合せのキャベツまでもが旨いよ。 「とんき」目黒店 目黒区下目黒1-1-2 03-3491-9928 [Map]
column/00715

とんかつ「とんき」自由が丘店で ロースかつ定食

tonki_j.jpg目黒駅前の有名店「とんき」の姉妹店。この暖簾の先の狭い階段を昇った2階にカウンターだけのこれまた狭い店があります。鹿児島産薩摩豚を使ったという「ロースカツ定食」を。肉厚のその肉に何度となく小麦粉をつけては卵をつけ、を繰り返した後、目の細かいパン粉をつけて揚げはじめます。衣のサクサク感と染み出る肉汁が旨い。でもこれ、必ず肉と衣が離れてしまう作りになってるように思えてしかたない。B級グルメとしては、肉を叩くかなにかで薄目にして食べやすく、衣がしっかり肉に噛み付いてる状態のカツの方が好きだな。それと、いい肉使ってるとしても1800円はないかと。「とんき」ブランド料ですしょうか。塩っぱめだけれど、豚汁がなかなかイケます。 「とんき」自由が丘店 目黒区自由ケ丘1-29-2ブルーバール街2F 03-3718-5006
column/00334