「食し方様々お肉ニク」カテゴリーアーカイブ

HAMBURGER「マウンテンバーガー」でBLTバーガー上池台と坂道とご近所人気と

mountain大田区に上池台という住所がある。
池井戸潤の小説「下町ロケット」の冒頭に会社の所在地として登場したりする。
その範囲は意外と広くて、環七の東側に品川区と境界を接する帯状のエリアを含み、北側は中原街道より東南側一帯を占める。
池上線の長原駅近くから中原街道に沿って、洗足池の信号までもが上池台。
つまりは、いつもお世話になっている洋食屋「クメキッチン」の住所も上池台。
環七を南に下ると夫婦坂で交差するバス通りの北側が上池台で、
南側は中馬込になる。
そのままバス通りの北側が上池台なのかと思ったら、
ピーコックの前で左手に曲がり入る道が馬込エリアとの境目である模様。
それが新幹線の高架のところまで続くのであります。

上池台はなかなかの急坂を抱えるエリアで、
洗足池の大池に対してそう呼ばれていたという小池公園の四方には、
補助動力のないチャリでは決して登れない坂がある。

上池上循環のバスが通る夫婦坂は、
貝塚坂からそのまま新幹線に向かっておよそずっと下り坂。mountain01mountain02荏原病院の前から新幹線に向かう道もなかなかの急坂で、
夫婦坂からやってきた上池上通りとY字に交差して、
新幹線の高架下へと向かう。
その交叉点にある紅い文字が、
「マウンテンバーガー」のサインです。

店先にはこんなアイテムも飾られている。mountain03色褪せ具合もよろしく、旧き良きアメリカの、
どこかのバーガーショップにあったもののようにも映ります。

人気を窺わせる混雑具合に驚きつつ、 しばし空席を待つ。mountain04やっとこ奥のテーブル席へとご案内。
ほとんどコーラを飲むことはないけれど、
ハンバーガーの時だけはどふいふ訳かコーラが飲みたくなるもので(笑)。

お願いしていた「BLTバーガーセット」がやってきた。mountain05トマトを蝶番にして上のバンズが浮き上がり、
パックリと口を開けたようにも見えて微笑ましい。

粗挽き加減と脂の加減、
なにより焼くことで生まれた芳ばしさが引き立てる、
肉そのものの旨味が感じられる、そんなパテがいい。mountain06そんな風に主役が主役の風格をみせると、
ベーコン、レタス、トマトなぞがきっちりと脇役を演じられる、
なんだかそんな感じがいたします。

その点は上下に挟むバンズも弁えていて、
具材の邪魔をしない軽やかさがある。mountain07それでいて、粉の風味をふふんと感じさせる瞬間があるのが、
ちょっとニクいのであります。

上池台の新幹線高架近くのY字路に、
HAMBURGER SHOP「マウンテンバーガー」がある。mountain09西馬込駅からも洗足池駅からも徒歩15分という立地ゆえ、
電車に乗って訪れるひとはきっと、なかなかの少数派。
この混雑を生んでいるのはご近所ファンが大勢を占めていることになる。
今度お邪魔した時にでも”マウンテン”と名付けた意味を訊いてみよう。
なにやら界隈に所用あり気なkimimatsu姐さんも訪れています。

「マウンテンバーガーMAUNTAIN BURGER」
大田区上池台5-37-2 [Map] 03-5754-5611

column/03629

とんかつ「ポンチ軒」でロース豚かつヒレ豚かつひとクラス上の牡蠣フライ

ponchiken神田あたりでイケてるとんかつ店といえば、まず思い浮かべるのは須田町の「勝漫」か「やまいち」でありましょか。
師弟とも云われる両店では、しっかりした身肉の旨味と脂の甘さをそれぞれに思い出します。
そして、「やまいち」では、揚げっぷりのいい牡蠣フライもいただいた。
牡蠣フライといえば、同じ須田町の「万平」の牡蠣フライや牡蠣のバター焼きなんてのもありますですね。

その一方で、最近注目のとんかつ店が、須田町のご近所小川町にあると知ったのは、13年の夏頃のことでした。ponchiken01秋口の雨の日に訪ねた店内には、温かな灯りが点っていました。

カウンターの隅に陣取ると、目の前にはお皿の山。ponchiken05山の間から厨房を覗くと、調理師用なのか、白いキャップを被った黒縁眼鏡の方が慣れた所作で立ち動いているのが目に映る。
何故だかふと、蒲田「鈴文」のオヤジさんの若い頃をみるような気がして、頼もしく思えたのでした。

「ロース豚かつ」の上を定食でお願いしました。ponchiken06こんもりと高く盛ったキャベツを背にし、網の台に載せた豚かつの姿が美しい。

パン粉はその繊細な表情が愉しめる大振りタイプ。ponchiken07狙いによってはわざわざ細かくする場合もあるようだけど、粗めのパン粉を用いる方がきっと技量が要るのではと思ったりもいたします。

とんかつの断面を窺うとみっしりとして均質の身肉が素敵(笑)。ponchiken08そして、衣がしっかりがっしりとその素敵なお肉を包んでいるのもまた素敵であります。
檸檬をさっと搾り振っただけのまま、そっと歯を立てると、軽やかな香ばしさと 婀やかに応える身肉。
脂の甘さだけではない、旨味が脳内を駆け巡ります。

裏を返すようにして、今度は「ヒレ豚かつ」。ponchiken10ponchiken11玉のようなヒレ肉にじわじわっと火を通した様子がなんだか思い浮かぶような断面にしばし見入る(笑)。
これにはちょっと醤油をかけていただきたい衝動に駆られます。
ロースに比べると脂の甘さに代わって、上質な豚のコクのようなものが阿ることなくアピールしてきます。

名物と謳うは、その名も店名を冠した「ポンチかつ」。ponchiken12お品書きには、ローススライスを巻いたジューシーカツ葱と黒胡椒風味、とある。
その断面は、恵比寿の「キムカツ」本店のミルフィーユカツを思い出すひとは少なくないはず。
これみよがしでない感じにまず好感。
成る程、葱風味胡椒風味が利いていて美味しいけれど、どちらかと訊かれたら普通にロースカツをいただく方をきっと選びます。

キャベツの美味しさでいったら、東銀座「にし邑」に軍配かな(笑)。ponchiken09でも、丁寧に刻んだキャベツに遜色はない。
お代わりは自由。
専用のドレッシングを使うにしても、キャベツの水気に晒されることなく最後の一片まで揚げ物を美味しくいただくには、この網ノセは佳い手立てでありますね。

そして、やっとこ冬の時季にお邪魔することができました。
それはもちろん、「かきフライ」をいただくためであります。ponchiken02例によって、恭しく網に載った牡蠣フライ4ヶが整列しています。
牡蠣は、三重は鳥羽から届いたものだそう。

イケてるタルタルがあるならば、ソースも醤油もポンチ軒特製柚子ペッパーソースも要りません。ponchiken04ハフっと齧れば、濃密にして爽やかな牡蠣の滋味が迸る。
ハフハフハフ。
ああ、うまひ。
ひとクラス上の牡蠣フライをいただいた満足にその場でしばし陶然となりました(笑)。

ひるによるに人気のとんかつ店は、東京神田小川町の「ポンチ軒」。ponchiken13Webサイトは、静岡のステーキ・洋食料理「旬香亭」のサブディレクトリに置かれてるので、当の「旬香亭」がその出自なのでありましょう。
14年末に目白にオープンしたという、洋食&ワインの「旬香亭」も気になり始めました。

「ポンチ軒」
千代田区神田小川町2-8扇ビル1階 [Map] 03-3293-2110
http://www.shunkoutei.com/ponchi/

column/03525

とんかつ「吾妻」で牡蠣フライ上ロースカツ鉄板生姜焼き町の食堂

azuma旗の台駅南口の改札口を出ると、棕櫚の木の立つ駅へのアプローチエリアになる。
改修工事の完了時からシツコイくらいに駐輪禁止のスタンドサインを乱立させた成果か、放置自転車はほとんどない。
表示を無視した自転車が一台でもあると、それを契機にしてあっという間にチャリンコの列が生まれるに違いない。
そんなことを考えながら足を踏み出した通りは、旗の台稲荷通り。
中原街道近くの路地にお稲荷さんの小さな祠があるので、そう名付けられているんでしょうね。

踏切脇ビル2階のCRAFT BEER BAR「TRANSIT」への入口辺りの空気を横目にしながら、中原街道方面へと進みます。
左手に鮮魚「魚夏」という素敵な名前の魚屋さんがあるのだけど、ちらっと覗く硝子ケースには品揃えを絞り込んでいる様子で、一度も買い物をしたことはありません。

一方、そのお隣にあるとんかつ「吾妻」には、時折お世話になっている。azuma01鶯色というか菜種油色というか、独特な色合いのテントが目印です。

暖簾を払って、からからと木戸を開ける。
左手にテーブルが2卓あり、右手は小上がり。azuma02テーブルに腰掛けようとして目に留まるのは、
「宮城のかき」のチラシと「カキフライ定食」の貼紙です。

早速お願いして壁のテレビを見上げていると、
背中の方から揚げ音が聞こえてくる。
ニュースを伝えるアナウンサーの声とぴちぴち揚げ音が交叉します。

「吾妻」のカキフライは、大振りなものの4個盛り。azuma03檸檬をじゅわんと搾り回して、まずはそのままいただきましょう。

やや衣が硬めながら、
じゅんと滲む牡蠣汁も噛む旨味の濃厚さも既に最高潮。azuma04やっぱりタルタルでいただくのが一番牡蠣フライに相応しい。
ソースはキャベツにちょろっとかけるだけでカキフライには不要の代物。
カキフライに練り芥子が添えられるのも未だに理解できません(笑)。

「宮城のかき」のチラシを眺めながら訊ねると、
なんと!今食べた牡蠣は当の宮城の牡蠣ではなくて三重の牡蠣だという。
牡蠣漁師さんに人手が足りないから手伝ってくれたら牡蠣を分けると云われて、息子さんが三重に手伝いに行ったまま帰ってこないんだって。
元々は宮城の牡蠣を使っていたものの、まだ数が出ていないからと女将さんは仰る。
息子さんが人質にとられちゃってたら仕方ないけれど、三陸の牡蠣もきっと粒揃いになっていますよとそう伝えてみる。
三陸の牡蠣がまだまだ以前のような流通を回復できていないことに直面する一場面でもありました。

偶にはちょっと奢って「上ロースカツ」。
牡蠣フライと同じように揚げ色は濃いぃめの揚げ口だ。azuma05いつものように檸檬と醤油でいただきます。

通常版「ロースカツ」と違って、こちらは横にも包丁が入る。azuma06できれば、横に包丁を入れてもなお衣と肉がみっしりと密接しているのが好みだけれど、これはこれで文句はありません。

「吾妻」のお品書きには、「鉄板焼き」ラインナップが3品ある。
そのうちのふたつが生姜焼き。
「ヒレ生姜焼き」なんてのもいいかもと思いつつ、やっぱり「ロース生姜焼き」に食指が動きます。azuma07茄子は熱々でなかなか食べられない(笑)。
通常の倍程の厚さのあるロース肉におろし生姜の利いたタレがたっぷり。
でも、やや硬くなるきらいもあって、ロースはよくあるスタイルに切り分けたヤツの方がいいかなぁ。

旗の台稲荷通りに暖簾が揺れるとんかつ「吾妻」は町の食堂。azuma08帰りがけ女将さんに、店の名前の由来を訊いてみた。
すると、「吾妻」は女将さんの出身地、長崎県は諫早市の吾妻町からとったものだという。
群馬県のは吾妻(あがつま)郡って読むんですってね、って。
最初は、旗の台駅の東口、昭和大学通りで7年営んで、今の場所に移って30年目になるそうです。

口関連記事:
CRAFT BEER BAR「TRANSIT」で 乗換駅旗の台踏切前のカウンター(13年07月)

「吾妻」
品川区旗の台5-13-10 [Map] 03-3781-4381

column/03512

とんかつ「かつ平」で 深い揚げ色カキフライカツライス本町の裏道

katsuhei昭和の風格を湛える日本橋本町の「大勝軒」。
「中華そば」か「炒飯」かを食べ終えて、
界隈をふらふらと徘徊したりする。
天丼の「金子半之助」の頑なな行列に愕いたり、
同じ「金子半之助」でも別棟の天ぷらめし屋は、
意外なほど空いているなぁと覗いたり。
そんなことをしていた中途のちょっとした裏道に、
とんかつ店の灯りをみつけたのでありました。

気風のいい、こざっぱりした佇まいに白い暖簾。katsuhei01暖簾の真ん中に描かれた豚さんは、天真爛漫な笑顔をしています。

ガラガラっと引いた扉の先は、正面右手にL字のカウンター。
左手に二卓のテーブルというこじんまり。
コーナーテレビの下の壁に「カキフライ定食」の貼紙を見付けて早速、
厨房にオーダーの声を掛けると、オヤジさんの丁寧な受け応え。
ぴちぴちとする揚げ音を聴きながら、テレビのニュースをぼんやりと眺めます。

素ナポを添えたカキフライのお皿がやってきた。katsuhei03しっかりと深い揚げ色は、きりっとした油の温度を思わすもの。
やりようによっては、牡蠣の水分が飛び過ぎて、
スカスカの牡蠣になっちゃうパターンもあるのだけど、
その辺りのタイミングなぞの見極めに抜かりないようで、
齧れば例の、いい感じの牡蠣汁が零れ出るのでありました。

別の夕べ、人形町図書館に寄ってから、ふたたび本町方面に足を向ける。
硝子越しに覗いた「大勝軒」のオバちゃんは、テーブルに座って夕刊を広げてる(笑)。
とんかつ食べたい気分満々のままいつぞやの暖簾を払います。

改めてみる「かつ平」のお品書きの品目は、都合五品にて。katsuhei04謹厳実直真実一路な書きっぷりに思わずいいねと呟きます。

オヤジさんは、貸切宴会のやりとりをやっぱり丁寧な気遣いでもって電話応対中。katsuhei02息子さんと思しき兄さんが淹れてくれたお茶を両手で包んで啜りながら、
出来上がりをゆっくりと待ちましょう。

「カツライス定食」のカツもこんがりとした揚げ上がり。katsuhei05齧り付くと音程の高いサックリ音。
でも焦げ臭さの心配は気配もない。
所謂きつね色が揚げ物王道だとは思うけど、
きゅきゅきゅと温度高めの油で攻めて、油切れよくして余熱で仕上げるってのも、
職人技なのだなぁと思った次第です。

日本橋本町の裏道にそっと佇む、とんかつ「かつ平」。katsuhei06帰り際、今はなき上野のとんかつ「平兵衛」をちょっと思い出しつつ、
どなたかの名前に「平」の文字がつくからなんだろうなぁと思いつつ、
オヤジさんに店名の由来を訊いてみたら、意外な応えが返ってきた。
開店の際に、当時の平塚市長が訪ねてきたことをもじり、
平ツカをひっくり返して、カツ平、かつ平(かつへい)としたらしい。
その市長とは深い関係があったのですねーと訊くと、
いやぁそんなことないんですけどね、って。
あれ(笑)?

口 関連記事:
  中華料理「大勝軒」で 中華そば炒飯その佇まいいつまでも其処に(14年11月)
  とんかつ「平兵衛」で 衣二度づけカキフライにみる高次パラダイム(08年12月)

「かつ平」
中央区日本橋本町1-2-3 03-3243-6858

column/03510

とんかつ「にし邑」で 肌理のロースかつ小振り牡蠣フライ旬の甘藍

nishimura.jpg今日は鰯の入荷があったかな?と、 情勢が気になる東銀座「いとう」店頭のお品書き。 「鮭かま」とか「さば味噌」とか「天ぷら」とか、 他に定食メニューがない訳ではないけれど、 「いわし入荷あり」と認めた筆文字の引力には、 なかなかどうして比較し難いところです。 勿論、海況などにより鰯の入荷がないこともある。 そんな時に条件反射的にくるっと後ろを振り向くと、 そこにあるのが、とんかつの「にし邑」です。

といっても、「いとう」の滑り止めと扱っている訳ではありません(笑)。 実は、美味しいキャベツをモリモリ喰らいたいと身体が欲した時に、 「にし邑」へとまっしぐらに足を運ぶのです。

扉を引き、いつものように威勢よく迎えられてカウンターのひととなる。nishimura01.jpg真ん中の女将さんに奥側を守るお母さん、 揚げ台の親仁さんに客サイドを行き交うお姉さんとが、 それぞれの役割分担をせっせと熟すプロトコル。 所作に滞留がない心地よさを思います。 女将さんが絶え間なく発する「はい、はい」も店内に特有のリズムを生んでるね。

いつものご注文は、「ロースかつ膳」。nishimura02.jpgカツが揚がるタイミングに合わせて、 大皿にキャベツがこんもり盛られ、ご飯がよそられ、 とん汁の鍋にレードルが沈みます。

適切な油の温度と揚げ時間を思わせる素敵な揚げ色のカツ。nishimura03.jpg纏ったばかりの衣は、 きちんとロース肉に寄り添って、柔らかに香ばしく。

間合いよく火の入った身肉からは、 程よく脂が滲んで唾を呑み込ませる(笑)。nishimura04.jpg肌理の整った旨さとでも云いましょか。 特製ソースどころか、塩さえもいらないな、なんて近頃考えております。

そして、とんかつ屋さんにとっては大変失礼ながら、 「にし邑」の目玉はこの千切り甘藍。nishimura05.jpg卓上に用意されたマヨプッシュからお好み焼き宜しく流し掛ける。 いざいざ、貪りいただきましょう。 シャクシャクシャク、うんうん、美味いウマい。

nishimura06.jpgメニュー立てが支えるシートには、 「旬のキャベツのお話」と題する解説がある。
キャベツの味が新鮮なほど甘みがよく感じられるのは、 キャベツに含まれるブドウ糖が多いからです。 特に春キャベツの柔らかさに比べ、巻きのよい旬の秋キャベツが歯応えが良いのは、 細胞膜を構成しているペクチンが低温の状態ほど堅くなり、 そのために噛んだ時に歯触りが良くなる訳です。 (中略) 当店では収穫された旬の秋キャベツを翌日早朝に買い付け、午前中にスライスし、 氷水にさらして冷蔵保存したものをベストの状態でご提供いたしております。 成る程、春キャベツではなくて、秋のキャベツが旬だなんて知らなかったよなぁ。

そして、秋もちょっと深まればそう、牡蠣の季節。nishimura07.jpgキャベツの周りをぐるりと牡蠣フライで取り囲む、 1.5人前「かきフライ膳」にも惹かれつつ、 デフォルトでも6個が並ぶ嬉しさよ。

大き過ぎないこのくらいのサイズのフライをふーふーしてからひと口でいくのが、 牡蠣フライの最も美味しいいただき方ではないかしらん。nishimura08.jpg生牡蠣いただく時と同様に、 身がころんとしつつやや小さめの牡蠣のフライがきっと旨い。 薄っぺらに貧相な牡蠣は、揚げると縮む傾向があるので、 そうではない牡蠣が望ましい。 今、「先端SENTAN」の流通はどうなっているのかなぁ。

肌理の整った美味しいとんかつと小振りが旨い牡蠣フライ、 そして旬のキャベツの美味しさを教えてくれるとんかつ「にし邑」。nishimura09.jpgそうそう、味噌濃いめ、具沢山のとん汁も美味であります。

口 関連記事:   とんかつ専門店「銀座 にし邑」 でぐるりと囲む9つのカキフライ(07年11月)   木ようカキ屋「コジシタ」で 世界向け先端カキフライ牡蠣あれこれ(12年10月)


「にし邑」 中央区銀座3丁目12-6 [Map] 03-5565-2941
column/03475