「食し方様々お肉ニク」カテゴリーアーカイブ

とんかつ「燕楽」でカツ丼カツカレーロースカツ定食あの頃の溢れる活気と朗らかさ

enraku大門の駅を降りて地上に上がり、第一京浜から一本日比谷通り側の裏道を新橋方面へと歩く。
駅に近いだけあって幾つもの飲食店が連なっていて、角にある中国薬膳料理「味芳斎」の店先なんかを懐かしく思い、今もヌードポスターが貼ってあるのかと硝子越しに覗き込んだりする(笑)。
どふいふ訳か、焼肉系のお店が多いエリアだなぁと思ったりもする。
今はどの街でも肉料理の店が凌ぎを削っているけれど、この辺りはそれ以前から韓国料理店を含めた焼肉系のお店が多かったような気もします。

そんな裏通りは浜松町一丁目信号辺りで商店街の端に出る。enraku01頭上を囲うアーチで、
それが「芝神明商店街」であったことが判る。
そしてその向こう正面にポッと点る看板の灯り。
看板には”とんかつ”と書いてあります。

信号を渡り当の看板の主の場所へと近づけば、
岡持ちもまた看板代わりになっている。enraku02enraku03いつから用いているものなのでしょう。
藍染の暖簾がいい感じで色褪せて、
擦り切れたところに穴が空いています。

夕暮れの店内に入ってまず驚くのが、
先客のないこと。enraku04卓上のショップカードは、
1950年の創業と伝承の味であることを知らせています。

オーダーを告げたその後に、
コンロの上に使い込んだ親子鍋が置かれた。enraku05五徳が大きくて火が鍋の回りから零れるので、
持ち手が焼けてしまわないか心配になったりする(笑)。

お願いしていたのは「ロースカツ丼」。enraku06完成度を思わせる端正な顔立ちのドンブリである、
と云い切るには少々無理のある見映えではある。
営業形態が変わる前の築地場内「豊ちゃん」の「カツ丼」に見た、
三つ葉のあしらいや溶き玉子のかけ回し具合、
火の通りの加減などと思わず比べてしまいました(汗)。

もうひとつのカツ丼はドンブリが違うのですぐに見分けがつく。enraku07どっちと訊かれたらやっぱり「ロース」と応える。
でも、もうちょっと自分の年嵩が増したら、
「ヒレカツ丼」が好きだと云い始めるかもしれません(笑)。

妙にカレーも食べたくて「カツカレー」を所望した或る夕べ。enraku08コッテリし過ぎていない代わりに、
特段の深みもないカレーをソースとしてロースカツを頬張る。
お蕎麦屋さんのカレーに似た感じやもしれません。

ちょっと呑みたい時には麦酒ではなくてハイボール。enraku09細かく気の利く、中国系の方だと思われる女将さんが、
缶からジョッキに注いでくれるので、
角瓶と炭酸の割合は間違いはない。
「ロースカツ定食」を注文して、
添えてくれる「ポテトサラダ」と「お新香」をアテにして、
もう一杯(笑)。

ロースカツの揚げ上がりに思う遜色はなし。enraku10enraku11店内に貼られたポスターから、
使っている豚は平田牧場の三元豚であるらしい。
衣が豚の身から剥がれてしまっているのが少々残念だけれど、 火の通りや脂の程よい甘さに文句はありません。

季節が冬ともなればやっぱり、アレが気になる(笑)。enraku12enraku13黄色い品札にその名を見つけたならばの「カキフライライス」。
タルタルではなくポテトサラダが添えられるスタイルに、
丁度よいサイズのカキフライが基本形なる5連隊。
噛んでじゅわっと滲み出す牡蠣の旨味を味わいながらふと、
池上の「燕楽」には「カキフライ」があっただろうかと考え始めます。

創業1950年と謳う老舗とんかつ店「燕楽」は、
浜松町一丁目信号の近くの裏道にある。enraku14今を営むはどうやら三代目の方のようで、
女将さんと同じく中国系の方なのではないかと思われる。
ずっとずっと昔何度か訪れた頃の、
職人技の発露に集まるひと達の溢れる活気と朗らかさには、
残念ながら触れることが叶いませんでした。

「燕楽」
港区新橋6-22-7 [Map] 03-3431-2122

column/03646

とんかつ「自然坊」で丁寧に揚げるロースにヒレかつ唐津焼の表情と安定感が齎すもの

jinenbo蒲田、蓮沼、池上、千鳥町。
蒲田駅を離れた池上線は、ゆっくりと右へ左へとカーブを描きながら大田区の住宅地を進みます。
千鳥町の次の駅が、久が原駅。
此処でも池上線の基本形であるところの相対式ホームで、ホームの端に踏切があり、そこで上下線を行き来するのも池上線でよくみる光景であります。

千鳥町駅から少し標高を上げてきたレールが、
ほんの少しカーブして久が原駅のホームに流れ込む。jinenbo01jinenbo02白いペンキでお化粧してしまったけれど、
旗の台駅のものと同じ造りの木製ベンチが此処でも、
次の電車への待ち時間を過ごす止まり木になってくれています。

踏切を渡って、駅の東側に出て、
その先の五叉路を右に折れ、
道に沿って緩やかに左へとカーブしてゆくと、
左手に目的地が見えてきた。jinenbo03パール様の空色のタイルを貼った、
三階建ての建物のその一階にあるとんかつ店。
ちなみに、この道をさらにずんずんと進むと、
「マウンテンバーガー」のある上池上通りに至ります。

休暇の平日のおひるにお邪魔すれば、
それ相応に落ち着いた雰囲気の店内。jinenbo04L字のカウンターの隅に佇んで、眺めるお品書き。
箸を包んだ帯に刻んだ文字は「自然坊」だ。

注文を終えて、いただいたお茶の器にオッ!となる。jinenbo05少なくとも100均辺りで誂えた湯呑みではないことは、
ド素人にも自ずと判る。
ただの重さとは違う”厚み”と石の中から削り出したような表情がいい。

ふと、目の前の状差しに置かれていたパンフレットが目に留まる。jinenbo06手にとって見る表紙が示すのは、
中川自然坊 遺作展とその会期。
とんかつ店「自然坊」の店名は、
唐津の陶芸作家、中川自然坊氏に由来しているのだという。
お茶を淹れてくれた湯呑みもきっと、
その中川氏の作なのでありましょう。

ゆったーりとした時間が流れて、
あ、なんで麦酒を呑まなかったんだろうと、
やっと気がついたそんな頃(笑)。
お願いしていた「ロースかつ定食」が届きました。jinenbo07丁寧に丁寧に揚げられた様子が、不思議と伝わってくる、
そんな表情の感じがいい。

その断面を拝むと、
みっしりと表裏一体一身胴体の衣と身肉。jinenbo08Wedページには純国産のやまとのみ使用とあるが、
それは程良い脂を含んだもの。
うん、美味しい。
ソースをぶっかけちまうなんて勿体ない。
前半は塩で、後半を醤油でイクのがよく似合います。

日を替えてまた同じ、カウンターの隅。jinenbo09正面の壁に据えた食器棚は、
中が素通し出来る硝子戸の仕様。
整然と仕舞い置かれているのも、
中川氏の唐津焼なのでありましょう。

電熱線に炙られて、南部鉄器と思しき鉄瓶が湯気を吐く。jinenbo10ありそうでいて、
なかなか目にすることが少ない光景なのではないでしょか。

ロースの次にはやっぱり、
「ヒレかつ定食」を所望する。jinenbo11半裁したヒレかつが載せられたお皿もたっぷりした厚みがあって、
その重厚なる安定感が、
その上の小さな宇宙の基盤となっているようにも映ります。

ロースに比べれば勿論、
さらっとした食べ口のヒレかつ。jinenbo12こちらは前半を芥子醤油で、
最終コーナーをソースでいただく。
ふむふむ、うんうん。
綺麗な油で揚げ上げる様子が想像できる透明感がふと過ぎる。
ゆっくり目に刻んだであろうキャベツに、
東銀座「にし邑」のそれを思い出しました。

定食にはお口直しの冷菓がついてくる。jinenbo13とんかつの〆にバニラのアイスが、
これまた不思議とよく似合う。
真夏であってもソルベではなくって、アイスがいい。
何故だか、そんな気がいたします。

大田区久が原の住宅地のど真ん中に、とんかつ「自然坊」はある。jinenbo14敢えて云うなら、”オトナのとんかつ”と謳いたい。
冬の時季の「牡蠣フライ」がどんな悦びを与えてくれるか、
それも試しに行かなくちゃだ。

「自然坊」
大田区久が原4-19-24 [Map] 03-5700-5330
http://www.tonkatsu-zinenbou.com/

column/03641

HAMBURGER「マウンテンバーガー」でBLTバーガー上池台と坂道とご近所人気と

mountain大田区に上池台という住所がある。
池井戸潤の小説「下町ロケット」の冒頭に会社の所在地として登場したりする。
その範囲は意外と広くて、環七の東側に品川区と境界を接する帯状のエリアを含み、北側は中原街道より東南側一帯を占める。
池上線の長原駅近くから中原街道に沿って、洗足池の信号までもが上池台。
つまりは、いつもお世話になっている洋食屋「クメキッチン」の住所も上池台。
環七を南に下ると夫婦坂で交差するバス通りの北側が上池台で、
南側は中馬込になる。
そのままバス通りの北側が上池台なのかと思ったら、
ピーコックの前で左手に曲がり入る道が馬込エリアとの境目である模様。
それが新幹線の高架のところまで続くのであります。

上池台はなかなかの急坂を抱えるエリアで、
洗足池の大池に対してそう呼ばれていたという小池公園の四方には、
補助動力のないチャリでは決して登れない坂がある。

上池上循環のバスが通る夫婦坂は、
貝塚坂からそのまま新幹線に向かっておよそずっと下り坂。mountain01mountain02荏原病院の前から新幹線に向かう道もなかなかの急坂で、
夫婦坂からやってきた上池上通りとY字に交差して、
新幹線の高架下へと向かう。
その交叉点にある紅い文字が、
「マウンテンバーガー」のサインです。

店先にはこんなアイテムも飾られている。mountain03色褪せ具合もよろしく、旧き良きアメリカの、
どこかのバーガーショップにあったもののようにも映ります。

人気を窺わせる混雑具合に驚きつつ、 しばし空席を待つ。mountain04やっとこ奥のテーブル席へとご案内。
ほとんどコーラを飲むことはないけれど、
ハンバーガーの時だけはどふいふ訳かコーラが飲みたくなるもので(笑)。

お願いしていた「BLTバーガーセット」がやってきた。mountain05トマトを蝶番にして上のバンズが浮き上がり、
パックリと口を開けたようにも見えて微笑ましい。

粗挽き加減と脂の加減、
なにより焼くことで生まれた芳ばしさが引き立てる、
肉そのものの旨味が感じられる、そんなパテがいい。mountain06そんな風に主役が主役の風格をみせると、
ベーコン、レタス、トマトなぞがきっちりと脇役を演じられる、
なんだかそんな感じがいたします。

その点は上下に挟むバンズも弁えていて、
具材の邪魔をしない軽やかさがある。mountain07それでいて、粉の風味をふふんと感じさせる瞬間があるのが、
ちょっとニクいのであります。

上池台の新幹線高架近くのY字路に、
HAMBURGER SHOP「マウンテンバーガー」がある。mountain09西馬込駅からも洗足池駅からも徒歩15分という立地ゆえ、
電車に乗って訪れるひとはきっと、なかなかの少数派。
この混雑を生んでいるのはご近所ファンが大勢を占めていることになる。
今度お邪魔した時にでも”マウンテン”と名付けた意味を訊いてみよう。
なにやら界隈に所用あり気なkimimatsu姐さんも訪れています。

「マウンテンバーガーMAUNTAIN BURGER」
大田区上池台5-37-2 [Map] 03-5754-5611

column/03629

とんかつ「ポンチ軒」でロース豚かつヒレ豚かつひとクラス上の牡蠣フライ

ponchiken神田あたりでイケてるとんかつ店といえば、まず思い浮かべるのは須田町の「勝漫」か「やまいち」でありましょか。
師弟とも云われる両店では、しっかりした身肉の旨味と脂の甘さをそれぞれに思い出します。
そして、「やまいち」では、揚げっぷりのいい牡蠣フライもいただいた。
牡蠣フライといえば、同じ須田町の「万平」の牡蠣フライや牡蠣のバター焼きなんてのもありますですね。

その一方で、最近注目のとんかつ店が、須田町のご近所小川町にあると知ったのは、13年の夏頃のことでした。ponchiken01秋口の雨の日に訪ねた店内には、温かな灯りが点っていました。

カウンターの隅に陣取ると、目の前にはお皿の山。ponchiken05山の間から厨房を覗くと、調理師用なのか、白いキャップを被った黒縁眼鏡の方が慣れた所作で立ち動いているのが目に映る。
何故だかふと、蒲田「鈴文」のオヤジさんの若い頃をみるような気がして、頼もしく思えたのでした。

「ロース豚かつ」の上を定食でお願いしました。ponchiken06こんもりと高く盛ったキャベツを背にし、網の台に載せた豚かつの姿が美しい。

パン粉はその繊細な表情が愉しめる大振りタイプ。ponchiken07狙いによってはわざわざ細かくする場合もあるようだけど、粗めのパン粉を用いる方がきっと技量が要るのではと思ったりもいたします。

とんかつの断面を窺うとみっしりとして均質の身肉が素敵(笑)。ponchiken08そして、衣がしっかりがっしりとその素敵なお肉を包んでいるのもまた素敵であります。
檸檬をさっと搾り振っただけのまま、そっと歯を立てると、軽やかな香ばしさと 婀やかに応える身肉。
脂の甘さだけではない、旨味が脳内を駆け巡ります。

裏を返すようにして、今度は「ヒレ豚かつ」。ponchiken10ponchiken11玉のようなヒレ肉にじわじわっと火を通した様子がなんだか思い浮かぶような断面にしばし見入る(笑)。
これにはちょっと醤油をかけていただきたい衝動に駆られます。
ロースに比べると脂の甘さに代わって、上質な豚のコクのようなものが阿ることなくアピールしてきます。

名物と謳うは、その名も店名を冠した「ポンチかつ」。ponchiken12お品書きには、ローススライスを巻いたジューシーカツ葱と黒胡椒風味、とある。
その断面は、恵比寿の「キムカツ」本店のミルフィーユカツを思い出すひとは少なくないはず。
これみよがしでない感じにまず好感。
成る程、葱風味胡椒風味が利いていて美味しいけれど、どちらかと訊かれたら普通にロースカツをいただく方をきっと選びます。

キャベツの美味しさでいったら、東銀座「にし邑」に軍配かな(笑)。ponchiken09でも、丁寧に刻んだキャベツに遜色はない。
お代わりは自由。
専用のドレッシングを使うにしても、キャベツの水気に晒されることなく最後の一片まで揚げ物を美味しくいただくには、この網ノセは佳い手立てでありますね。

そして、やっとこ冬の時季にお邪魔することができました。
それはもちろん、「かきフライ」をいただくためであります。ponchiken02例によって、恭しく網に載った牡蠣フライ4ヶが整列しています。
牡蠣は、三重は鳥羽から届いたものだそう。

イケてるタルタルがあるならば、ソースも醤油もポンチ軒特製柚子ペッパーソースも要りません。ponchiken04ハフっと齧れば、濃密にして爽やかな牡蠣の滋味が迸る。
ハフハフハフ。
ああ、うまひ。
ひとクラス上の牡蠣フライをいただいた満足にその場でしばし陶然となりました(笑)。

ひるによるに人気のとんかつ店は、東京神田小川町の「ポンチ軒」。ponchiken13Webサイトは、静岡のステーキ・洋食料理「旬香亭」のサブディレクトリに置かれてるので、当の「旬香亭」がその出自なのでありましょう。
14年末に目白にオープンしたという、洋食&ワインの「旬香亭」も気になり始めました。

「ポンチ軒」
千代田区神田小川町2-8扇ビル1階 [Map] 03-3293-2110
http://www.shunkoutei.com/ponchi/

column/03525

とんかつ「吾妻」で牡蠣フライ上ロースカツ鉄板生姜焼き町の食堂

azuma旗の台駅南口の改札口を出ると、棕櫚の木の立つ駅へのアプローチエリアになる。
改修工事の完了時からシツコイくらいに駐輪禁止のスタンドサインを乱立させた成果か、放置自転車はほとんどない。
表示を無視した自転車が一台でもあると、それを契機にしてあっという間にチャリンコの列が生まれるに違いない。
そんなことを考えながら足を踏み出した通りは、旗の台稲荷通り。
中原街道近くの路地にお稲荷さんの小さな祠があるので、そう名付けられているんでしょうね。

踏切脇ビル2階のCRAFT BEER BAR「TRANSIT」への入口辺りの空気を横目にしながら、中原街道方面へと進みます。
左手に鮮魚「魚夏」という素敵な名前の魚屋さんがあるのだけど、ちらっと覗く硝子ケースには品揃えを絞り込んでいる様子で、一度も買い物をしたことはありません。

一方、そのお隣にあるとんかつ「吾妻」には、時折お世話になっている。azuma01鶯色というか菜種油色というか、独特な色合いのテントが目印です。

暖簾を払って、からからと木戸を開ける。
左手にテーブルが2卓あり、右手は小上がり。azuma02テーブルに腰掛けようとして目に留まるのは、
「宮城のかき」のチラシと「カキフライ定食」の貼紙です。

早速お願いして壁のテレビを見上げていると、
背中の方から揚げ音が聞こえてくる。
ニュースを伝えるアナウンサーの声とぴちぴち揚げ音が交叉します。

「吾妻」のカキフライは、大振りなものの4個盛り。azuma03檸檬をじゅわんと搾り回して、まずはそのままいただきましょう。

やや衣が硬めながら、
じゅんと滲む牡蠣汁も噛む旨味の濃厚さも既に最高潮。azuma04やっぱりタルタルでいただくのが一番牡蠣フライに相応しい。
ソースはキャベツにちょろっとかけるだけでカキフライには不要の代物。
カキフライに練り芥子が添えられるのも未だに理解できません(笑)。

「宮城のかき」のチラシを眺めながら訊ねると、
なんと!今食べた牡蠣は当の宮城の牡蠣ではなくて三重の牡蠣だという。
牡蠣漁師さんに人手が足りないから手伝ってくれたら牡蠣を分けると云われて、息子さんが三重に手伝いに行ったまま帰ってこないんだって。
元々は宮城の牡蠣を使っていたものの、まだ数が出ていないからと女将さんは仰る。
息子さんが人質にとられちゃってたら仕方ないけれど、三陸の牡蠣もきっと粒揃いになっていますよとそう伝えてみる。
三陸の牡蠣がまだまだ以前のような流通を回復できていないことに直面する一場面でもありました。

偶にはちょっと奢って「上ロースカツ」。
牡蠣フライと同じように揚げ色は濃いぃめの揚げ口だ。azuma05いつものように檸檬と醤油でいただきます。

通常版「ロースカツ」と違って、こちらは横にも包丁が入る。azuma06できれば、横に包丁を入れてもなお衣と肉がみっしりと密接しているのが好みだけれど、これはこれで文句はありません。

「吾妻」のお品書きには、「鉄板焼き」ラインナップが3品ある。
そのうちのふたつが生姜焼き。
「ヒレ生姜焼き」なんてのもいいかもと思いつつ、やっぱり「ロース生姜焼き」に食指が動きます。azuma07茄子は熱々でなかなか食べられない(笑)。
通常の倍程の厚さのあるロース肉におろし生姜の利いたタレがたっぷり。
でも、やや硬くなるきらいもあって、ロースはよくあるスタイルに切り分けたヤツの方がいいかなぁ。

旗の台稲荷通りに暖簾が揺れるとんかつ「吾妻」は町の食堂。azuma08帰りがけ女将さんに、店の名前の由来を訊いてみた。
すると、「吾妻」は女将さんの出身地、長崎県は諫早市の吾妻町からとったものだという。
群馬県のは吾妻(あがつま)郡って読むんですってね、って。
最初は、旗の台駅の東口、昭和大学通りで7年営んで、今の場所に移って30年目になるそうです。

口関連記事:
CRAFT BEER BAR「TRANSIT」で 乗換駅旗の台踏切前のカウンター(13年07月)

「吾妻」
品川区旗の台5-13-10 [Map] 03-3781-4381

column/03512