「TheBar 愛しの空間」カテゴリーアーカイブ

築地バー「PASTIS」でランチカレーはインド風チキンとホルモンの薬膳サラサラ系

pastis市場通りの築地三丁目信号から築地警察署前を経て、昭和通りの銀座東二丁目信号へと抜けていく通り。
「築地木村家」の前を通って、鉄板焼「Kurosawa」の路地を覗き、「紅蘭」の草臥れた紅い看板を確かめる。
宮川食鳥鶏卵の看板建築を眺めながら信号が変わるのを待って、つきじ「宮川本廛」を横目に横断歩道を渡り切る。
ご存知「魚竹」から漂う気風を感じつつ、「新三浦」築地本店向かいの東京チャイニーズ「一凛」のファサードを一瞥。
築地警察署が近くの角地にあるのが、築地バー「PASTIS」であります。

水垢にひと皮覆われた昼間の「PASTIS」。
くすんでなお目を惹くエメラルドグリーンの壁が印象的です。pastis01仕事帰りに寄り道した図書館の帰りには、
橙の灯りを点したバーの佇まいに、
ちょろっと惹かれていたりした。

ランチはどうなのだろうと店先の黒板を屈み込んで読む。pastis02黒板には「インド風チキンカレー」と「ホルモンカレー」の、
ふた品のみが示されています。

横手の入口から入ると、
正面にふたたびふたつのカレーメニューを書き込んだ黒板が待つ。pastis03短髪の兄さんがひとりで切り回している様子ゆえ、
セルフサーブル前払いの必然の構えでありましょう。

窓際の席に佇めば、
硝子越しに築地警察署の建物が見える。pastis04呼ばれてから腰を上げ、
オーダーしていたお皿を受け取ります。

ありそでなさそな「ホルモンカレー」に、
オプションのサラダを添えてみた。pastis05平皿に広がったカレーは成る程、
サラサラとしていそうな、そんな湖面の表情をしています。

スプーンに掬って口に含んだカレーは、
見た目通りのサラサラ具合。
バシャバシャではなくサラサラだと思わせるのは、
そこにスパイスの粒子を感じさせるから。
新鮮な鶏ガラからとったというスープに、
薬膳ちっくに幾つかのスパイスを織り込んで、
小麦粉主体のカレーとは、
当然のように異なる食べ口になっている。

そんな湖面に適宜浮かぶは、小腸あたりのザ・ホルモン。pastis06ホルモンが苦手なひとには、
スパイシーな風味があれどもウムムとなりそな、
直球系のホルモンな味もする。
それが醍醐味だと思いましょう(笑)。

別のおひるには、
「インド風チキンカレー」を所望する。
温泉玉子をトッピングしてみましょう。pastis07それは、王道チキンカレーのひとつとして素直にいただける。
辛さにばかり着眼した、ヒーヒー系ではなく、
食べ終える頃からじんわりと熱くなる加減もいい。

名店「デリー」のさらさらカレーと比べたりすると、
スープの出来も、粉っぽさの熟れ具合も、
引けを取るのかも知れないけれど、
なんだか時々、思い出しては食べたくなりそうな、
そんなカレーで御座います。pastis08肉大盛りに千切りキャベツを添えたりなってこともありました。

ランチとは別の黒板を眺めると、
いい感じに揃ったバールメニューが並んでる。pastis09その日のグラスワインもしっかり提示されています。

築地警察署斜め向かいに、
ランチはカレーの築地バー「PSTIS」がある。pastis10パスティスといえば、
水に割ると白濁するあのリキュール。
アブサンabsintheの代替品として作られたことで知られるもの。
外壁を彩るエメレルドグリーンはもしかしたら、
アブサンの緑色をモチーフとしたものなのではなんて、
思ったりしています。

東京都中央区築地1-8-1 泉ビル [Map] 03-5565-9365
http://tsukijipastis.seesaa.net/

column/03607

BarTaverna「PATRIARCHI」で満月の夜VECCHIA ROMAGNAとRON ZACAPA

aipatriarchi夏の行楽シーズンにはまだ早い、そんな時季のグラドGradoの夜は、ひと影も疎ら。
海辺の街ではあるけれど、日本のような湿気がじわじわ迫る感じとはちょっと違う。
薄ら涼しい夕暮れ時には、近くの海岸線の舗道へと出掛けるのが日課となってる人が少なくない。
汐の匂いと波の音に包まれつつ、舗道を行き交うひと達と刻々と色と表情を変えてゆく空を眺めていると、何処からともなく海猫が集まりだしてきます。

海辺を離れて通りを歩くと、
見上げた空に朧に滲む満月が浮かんでる。aipatriarchi01aipatriarchi02例の隙間からサンテウフェミア聖堂の時計台を覗けば、
満月と時計台が並んだ、
これまたなんとも印象的な景色を呈してくれていました。

そんな時計台の脇を抜けるようにして暗がりを歩いていくと、
その先にぼんやりとした灯りが見えてきた。aipatriarchi03果たしてそこが目的地なのでありましょか。

勝手知ったる様子でコンバンハと潜り込む、
その後に続いて灯りの中に入るとそこは、
多くのひと達の肘で磨かれたカウンター前でありました。aipatriarchi04

人懐っこそうでいて、どこか訳知り顔のマスターが、
アンタは何吞むのかな、なんならコーラもあるよというような、
悪戯っこな眼差しを送ってくるので(笑)、
見上げた棚にあったブランデーのボトルを指差してみる。aipatriarchi05

すると、お、そうきたか、
それは意外だなぁとかなんとか呟きつつ、
グラスに注いでくれた赤味の鮮やかな琥珀色。aipatriarchi06「VECCHIA ROMAGNA」の滴を、
ちょっとづつ舐めるようにいただけば、
濃縮した香りが舌の上から鼻腔へと、
解き放たれてゆきます。

「VECCHIA ROMAGNA ETICHETTA NERA」は、
エミリア・ロマーニャ州ボローニャ市の産で、
オークの小樽で3年以上熟成したものであるようです。

と、足許では愛嬌たっぷりの仔犬がじゃれてくる。aipatriarchi07お客さんが連れていた犬が忽ち、マスコットのような存在に。
仔犬の動き回る様子や表情を愉しく眺めながらグラスを傾けていると、
ひたひたと酔いが襲ってくるのです。

そしてなんと、同じカウンターに翌夜もいた(笑)。
前夜のブランデーからの流れなのか、偶々なのか、
今度はラムの高峰「RON ZACAPA XO」のボトルの封を切ってくれた。aipatriarchi09aipatriarchi10なぜか目の前には、ザッハトルテ。

荒ぶる若いラムとは違う風格を思わせる濃密な赤。aipatriarchi08バーボンやシェリー、さらにはペドロヒメネスの樽やコニャックの樽で熟成したラムたちをブレンドしたものであるらしい。
うーむ、複雑にして一本気。
まろやかにして押しが強い。
そんな一杯のグラスをよくみると、しっかり店の名が刻まれてる。
チェイサーに炭酸水をお願いすればよかったな。

グラドの裏道にBar Taverna「AI PATRIARCHI」がある。aipatriarchi11“PATRIARCHI”は、”家長”や”族長”、
もしかしたら”酋長”といった意味であるらしい。
「AI PATRIARCHI」はバールらしく、
ランチタイムの営業も鋭意遂行中であるという。
ひるに、そして遅い時間の夜半にもふらっと寄れて、
思い思いの酒や食事に会話が愉しめる。
そんな長兄の家の止まり木に、
今日も町のファミリーが訪れてきていることでしょう。

「AI PATRIARCHI」
Campo Santi Ermagora e Fortunato, 5 34073 Grado,Itala [Map]
+39 0431 80149

column/03593

Irish Pub「MURPHY’S LAW」で仄紅いIRISH ROSEとJAMESON豊かな賑い

murphyslawAugustinerのジョッキとパンケーキのスープ「Frittatensuppe」にシュパーゲルの揚げ焼きのお皿をいただき、深い赤銅色のシュナップスを舐めて満足の「BÄREN WIRT」を後にして、ミュルナー・ハウプト通りをゆっくりと歩き出します。
左手にはザルツァッハ川、右手にはメンヒスベルクと呼ばれる岩の壁が聳り立つ。
sepp先生ガイドによれば、ザルツァハSalzachのSalzは塩で、つまりは塩の川。
塩鉱脈を掘り当てたケルト人がせっせと塩を運んだのがこの川だそう。
Salzburgは、Salz塩のburg城だって、もうみんなご存知ですよね(笑)。

通りが二股に分かれるところで壁沿いに進むと、グシュテッテンガッセGstättengasseという裏通りになる。
壁の上にはそろそろ、Museum of Modern Art Mönchsbergがある辺りで一軒のパブに突撃しました。

ガヤガヤと賑うカウンターに沿って人を避けつつ奥の方のカウンターに陣取る。murphyslaw01たくさん準備されたグラスの向こうの吞兵衛たちは皆、にこやかだ。

逆に振り返ってさらに奥を眺めるとそこには、サッカーのユニフォームやメジャーリーグのタオルなどがびっしりと貼られてる。murphyslaw02カウンターの中に据えられたテレビの上には、サッカーの放映予定が掲示されていて、きっと当日当夜には試合前から大盛り上がりになるのでしょうね(笑)。

そのテレビの下に貼られた黒板に「MURPHY’S SHOTS!」のラインナップが紹介されている。murphyslaw03GUINNESSにしようか、それともいっそKAMIKAZEにしてしまおうかと悩んだりする。

届いた小さいロンググラスは「IRISH ROSE」のそれ。murphyslaw04IRISHと名付けているからにはベースの酒はアイリッシュウイスキーか。
まったりとマンゴージュースのように甘いのは、仄紅い色合いとともにグレナデンシロップの為せる技らしい。
うーん、ちょっと甘いかなぁ。

もう一杯だけと久し振りに「JAMESON」をストレートで。murphyslaw05専用グラスにちょびっとな盛りが反ってカッコイイ?
ぺろっと舐めて、さぁ帰りましょう。

ザルツァッハ川も間近の裏通りグシュテッテンガッセに面して、
Irish Pub「MURPHY’S LAW」がある。murphyslaw06“MURPHY’S LAW”はご存知、マーフィーの法則。
マーフィーの法則のマーフィーは、米空軍の研究プロジェクトのマーフィー少佐に由来するようで、アイルランドとの連関はよく分らないけど、豊かな賑いは移民を含めた人々のちょっとした拠り所を厳然と供してくれているようにも映るのでした。

「MURPHY’S LAW」
Gstättengasse 33 5020 Salzburg [Map] +43 662 842882

column/03565

サントリーラウンジ「イーグル」で白洲ハイボール67年開業の老舗バーの空気

eagle中野のSUNTRY PUBといえば、
ご存知「BRICK」のこと。
昭和39年(1964年)の創業だから、
なかなかの老舗バーだということになりましょう。
「BRICK」はもう一軒、八重洲通りから一本日本橋寄りの横丁にも現存するけれど、そこには”SUNTRY PUB”のサインは見当たらない。
一度寄りたいなと思っていた大阪のションベン横丁にあった「十三トリスバー」は、残念ながら焼けてしまったという。
宮崎市には「赤煉瓦」というトリスバーがあるらしい。
最盛期には、全国で35,000軒ものトリスバーがあったらしいけれど、今ではそのうちの何軒が残っているのでしょう。

新宿紀伊國屋書店近くの「鳥源」で水炊きのコースをいただいたご一行さまは、もう一軒だけ寄り道しようとアルタの裏手方向へと漫ろに歩く。
「桂花ラーメン」近くの角地に建つシブい鰻店「こばやし」の佇まい眺めつつ、その向かいにある「どれすでん」なんて独逸の都市の名のバーに反応しつつ、紅い看板の前にやってきました。

階段を降りていくといきなり、硝子扉が自動で開いてちょと吃驚く(笑)。eagle01そのまま階下へと足を下ろしていくと、眼下にカウンターやテーブル席が俯瞰できる。

ちょうどお帰りのお客さんたちがあって、それがハケるのをしばし待つ。eagle02センサーがあるんだよねと話しつつ、でも横にスライドしないで蝶番から開閉する自動ドアはなかなか愉しい仕掛けだと今降りてきた階段を振り返ります。

緑青色の円形の中央にエンブレムをあしらったパネルが目に留まる。eagle03ここは秘密組織ショッカーのアジトか!と思ったりなんかして(笑)。

テーブル席に収まって、カウンターやバックバーを見渡してみる。eagle04頭上のシャンデリアが、明る過ぎず暗すぎずの仄赤く加減のいい照度を齎してくれています。

ジントニックのお三人に対して「白洲のハイボール」で、Prost ! eagle05角のそれに比べて、スッキリキリリとした吞み口になるのです。

雑炊まで平らげた「鳥源」のお料理でお腹はくちいので、軽いおつまみをひとつだけ。eagle06「薬膳ナッツ」は、木の実あれこれに無花果のドライフルーツ。
ちょっと、兎か栗鼠のような気分も過ぎります(笑)。

グラスを持ち上げてしげしげ眺めたコースターには、こちらの店名の他に「SUBARU」や「ASUKA」なんて名前も記されている。eagle07「昴」はご近所同系列のサントリーラウンジなんだけど、西口にあった「飛鳥」は既に閉店してしまっているらしい。
「SUNTRY LOUNGE」と並んで「HERMES WINE CORNER」という文字もある。
そうそう、池袋にある「ヘルメスワインコーナー」にも未だ訊ねたことがないけれど、そこでは壽屋がサントリーへと名を替える謎が解けるのでありましょか。

もう一杯だけと「モヒート」を。eagle08ラムの匂いとミントの風味に包まれれば、気分は一瞬に初夏になるから不思議なものです。

お会計の際に佇んだ場所の背面には、さらに階下へと辿る階段がある。eagle09地下二階にもカウンターがあるのかな、それともゆったりしたテーブル席があるのかなと想像が膨らみます。

新宿アルタ裏のサントリーラウンジ「イーグル」は、
1967年開業の老舗バー。eagle10-01一朝一夕では醸し出せない、大入り人気も納得のいい空間です。

「イーグル」
新宿区新宿3-24-11 セキネビルB1F・B2F [Map] 03-3354-7700

column/03558

BAR「VICTORIA」でマウントフジ無垢の天板と80余年の時間

victoria富士屋ホテルのメインダイニングルームは、その名も「THE FUJIYA」。
ロワールの白ワインを嗜みつつ、肩肘張らない伝統の料理をいただいて、梅の木の絵の掛かるお部屋でまったりとする。
敷地内の徘徊や館内ご案内ツアー、そして花御殿地階の史料展示室の散策と一気に巡った富士屋ホテルのあれこれが脳裏をぐるぐる巡る(笑)。
夜も次第に深まる中、さらなる探訪を果たそうと策を練り始めました。

窓を開けて部屋に少々冷気を入れる。
すると、向かいの山になにやら瓢箪型の灯りが描かれているのが目に留まって身を乗り出してみる。victoria01ほうほう、と眺めると赤い紐の下に「みやのした」の文字もある。
宮ノ下では例年8月に「太閤ひょうたん祭り」が開催されるようで、「ひょうたん」は、太閤、つまりは秀吉の馬印に由来しているそう。
その際にも明星ヶ岳中腹にひょうたんの象りが夜空に浮かび、花火が打ち上げられるらしい。
宮ノ下が秀吉に所縁のあることが判る光景でもありますね。

夜の探索隊は、改めて花御殿を抜け出して、通路を忍び足(笑)。
灯りの落ちたティーラウンジ「オーキッド」の脇を抜け、静まり返ったロビーをそっと小走りにやり過ごす。victoria02victoria03「THE FUJIYA」の扉と宴会場「カスケードルーム」との間にある階段をふたたび忍び足で辿る。
屋内の階下が朱塗で、欄干に擬宝珠を飾っているホテルなんてなかなかそうあるものではありません。

通路を辿るとそのコーナーには、フロントの所在を示す板張りのサインがある。victoria04それは同時に逆方向に「酒場」があることを知らせてくれています。

レトロな味わいの厠に感心しつつ用を足して(笑)、いざ「酒場」へ。victoria05BAR「VICTORIA」と刻んだ硝子越しにカウンターの様子がぼんやりと覗きます。

止まり木に収まって、梅の木の絵のある大判なキーホルダをカウンターに置く。victoria06victoria07ごつごつした縁取りにして厚手の一枚板の天板がどっしりと迫ります。

振り返ったフロアは想像を超える広さで、隅にはグランドピアノ。victoria08暫くしてこのピアノの前に女性が現れて、インプロビゼーションな音を奏でてくれました。

見上げた天井は、極彩色のアクセントを織り込んだ不思議なデザイン。
白塗りの天井に鮮やかな色合いのタイルが埋め込まれてる。victoria09victoria15カウンターの並びには、ビリヤード・キューのラックがあるのだけれど、ビリヤード台は見当たらない。
バーテンダー氏に訊ねると、元々はビリヤード場であったところをバーに転用したもので、今はもうビリヤード台はバックヤードにもないという。
あ、天井のデザインは、ビリヤード台を表現したものなのだね。

改めバックバーに正対して、メニューを捲ってみる。victoria10victoria11バックバーにはこれまた和装の屋根が載っているのが素晴らしい。
酒瓶が富士山を模しているようにも映ります。

やっぱりこれをいただかなければと、オリジナルクラシックカクテル「マウント フジ」を所望します。
ジンをベースにして、卵白にパイナップルジュース、そしてレモンジュース、砂糖少々をシェイク。victoria12victoria13メレンゲ状に表層を覆うクリーミーとグラスを傾けて喉に辿る仄甘い酸味とパインの風味がいい。
昭和12年(1937年)のメニューに既に掲載されている由緒あるカクテルであるようです。

そう云えば、ホテルから”マウント・フジ”は見られるのだろうかとバーテンダー氏に何気なく訊ねると、大変申し訳なさそうにちょっと訳知り顔で、「実は、見えないんです!」と仰る。
えええー!と大袈裟にびっくりしてみたりして(笑)。
その代わりにバックバーに”マウントフジ”があるのかもしれません。

では何かちょっと変わったものをとバーテンダー氏にお願いしてみる。
ニヤリとした氏が手にしたのは、ケンタッキー・バーボンの「OLD GRAND DAD」の100 proof。victoria14ただし、ボトリングされたそのままのバーボンでないのがミソで、一度取り出して松の葉を漬け込んでからボトルに戻したものだそう。
口に含むと成る程、松の葉を連想させる青みが薫って、バーテンダー氏にニヤリと応えます。

今ではきっと入手困難であろう立派なカウンターの天板の全景を改めて拝み見る。victoria16カウンターの板なんてただの板切れだろうと思うなかれ。
無垢材であるのは勿論のこと、耳付きであるかどうかや全長、木目の表情や色合い等々によって価値が変わり、意外とびっくりするような値段であるらしいんだ。

富士屋ホテルの食堂棟の地階に潜むBAR「VICTORIA」。victoria17BAR「VICTORIA」のオープンはなんと、昭和5年(1930年)のことだという。
明治45年に”バー”の名を掲げたという浅草「神谷バー」には及ばないものの、80余年にもなる時間の積み重ねがここにあることになる。
そうそう、花御殿の各客室に名付けられている「花」をイメージした、43種類の「花御殿カクテル」もいただいておくんだったなぁ。
梅のリキュールを使ったカクテルは、ショートかなロングかな。

口関連記事:
メインダイニング「THE FUJIYA」で花御殿の佇まい素敵なコンソメ優しきカレー(15年02月)
メインダイニング「THE FUJIYA」で継承してきたことを丁寧に供する感じがいい(15年02月)
デンキブラン「神谷バー」で電氣ブランと牡蠣フライ浅草の夕暮れ(12年02月)

「VICTORIA」
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359 富士屋ホテル [Map]
0460-82-2211
http://www.fujiyahotel.jp/restaurant/victoria/

column/03515