「TheBar 愛しの空間」カテゴリーアーカイブ

BAR「THE BANK」でヨロッコビールにkilchoman銀行出張所が今も佇む六地蔵

うろうろ徘徊したお陰か、断片的乍らもなんとなくはその様子が脳裏に浮かぶようになってきた鎌倉・小町通り界隈。
やっぱり路地が好き!な性分が、狭い道や暗い横丁に足を向けさせるためか、野菜料理とワインの店「binot」のクローズ移転を寂しく思ったりする。
そんなにこまめに通えるわけでもないのにね、ホント(笑)。

鶴岡八幡宮の裏手東方、岐れ道と名付けられたY字路の先にも、
色々と気になるお店があるのだなぁと思う一方で、
偶に江ノ電に乗る旅情にも、慣れてなお魅かれるものがあります。

観光客には割りと縁遠いぃと思うは、
鎌倉駅からひと駅目の和田塚駅。
線路に交差する細い通りを南に見下ろせば海の気配。
そちらとは逆に海を背にして踏切を渡り、
六地蔵交叉点方向へとゆっくりと歩きます。

変則六叉路とも思う交叉点に接した細長く尖った三角地。
その敷地の特性を活かすかのように小さくも悠然と佇む建築物。
レトロな色彩も多分なその景色の良さに思わず足を止める、
そんなひともきっと少なくないでしょう。

隅切り部は美しくRを描く。
その壁面には右から左へ”由比ガ浜出張所”と緑青色の文字。その下に据え付けられた硝子の庇には、
「THE BANK」と緑青と同色の文字が載せられている。
味わい深いこの建物は、1927年(昭和2年)に、
鎌倉銀行・由比ガ浜出張所として建てられたものだという。
こんな姿の出張所を建てる銀行ってなんだか実にいい(笑)。

そんな鎌倉銀行・由比ガ浜出張所は、
再編を繰り返す金融機関の定石により、
横浜興信銀行(今の横浜銀行)の出張所となり、
1945年(昭和20年)に閉店した模様。
その建物が、名のあるアートディレクター氏の手によって、
バーへとリニューアルされ、
銀行店舗転じて「THE BANK」という名のBARとなったのです。

これまた緑青色基調の扉を開けば、
正面に石張りで化粧したカウンターの腰壁と、
足置きの所謂バーが目に留まる。銀行の店舗に足置きのバーがあったとは考え難いけど、
もしかしたらカウンターそのものは銀行時代からのものだったりして、
なんて想像を巡らすのがなかなか愉しい。

テラコッタ風の壁や天井の仕上げ、
照明器具などはリニューアルによるものであろうけれど、
それはそれで心地よい雰囲気に仕立ててくれている。入口扉の右の壁に埋め込まれていた”BB”は、
コースターの図案にもアイコンとして収められています。

まだ明るい外の光を硝子越しに受けつついただいたのは、
クラフトビールの「Peninsula Saison」。屈託のない華やかな甘みと香りに思わず刮目してニヤリ(笑)。
「Peninsula Saison」は鎌倉市岩瀬に所在する、
「ヨロッコビール」のレギュラー銘柄のひとつだという。
三浦半島で育った小麦を原料の一部に使用していることから、
Peninsula=半島の名を冠しているとある。
「富山産ほたるいかのスモーク」が意外とよく似合います。

いつぞやこちらでも一度いただいたことのある、
「知多のハイボール」をふたたび。いつもの「角」もあの「白州」のハイボールも勿論美味いけれど、
グレーンウイスキーの「知多」も負けずに美味いのはご承知の通り。

想定外に高根の花になりつつある日本のウイスキー。
そこが最近の悩みの種なんだよなぁなんてひとりごちる。アンチョビとトマトとケッパーの本日のピザをお供に。
冷凍の生地とアンチョビをウチにも常備しなくっちゃと思った次第(笑)。

改めてまだ明るいバックバーに目を凝らす。
右上の棚の左寄り。
見慣れないラベルが色違いで並んだボトルたちに目が留まる。「kilchomanキルホーマン」のsanaigサナイグというヤツ。
キルホーマン蒸溜所の創立はなんと、2005年。
124年ぶりにアイラ島に新しく誕生した蒸溜所だという。
新しくアイラ島に蒸溜所が出来ていたなんて知らなんだ(笑)。
アイラらしいピート香は背景にあって、
メローな妖艶な味わいが主旋律。
こんな美味いアイラを今まで知らなかったなんて、嗚呼。

そんなアイラを舐めながら壁の額に目を遣れば、
恐らく建設直後の往時のものであろうモノクローム。そして陽が傾き、窓から入っていた明るさが減衰して、
カウンターが次第にアンバーな色合いを濃くしてゆきます。

鎌倉から江ノ電でひと駅目。
和田塚駅から辿る六地蔵交叉点にBAR「THE BANK」は佇む。アートディレクターにして店主の渡邊かをるさんという方が、
2000年にレトロな銀行店舗をBARへとリニューアル。
ただ、渡邊さんが2015年に亡くなったことで、
一時クローズしてしまっていたという。
その後、再興する後継者が現れたということがまず素晴らしい。
往時の空気感もきっと素敵に紡がれているのだろうとそう思います。

「THE BANK」
鎌倉市由比ガ浜3-1-1 [Map] 0467-40-5090

column/03803


Bar「梅邑」で沼津の商店街の奥に潜む開業半世紀のバーの暗がり解れる気持ち

ありそうでなかなかないのが、三島とか沼津に泊まるという機会。
伊豆半島つけ根東側に位置する熱海は、随分廃れたと云っても観光地温泉地として周知であるのは間違いないし、団体客から個人客向けへとシフトして頑張っているお宿もきっと少なくない。
対して、西側の沼津は、「丸天」をはじめとした沼津漁港の飲食店街も魅力的なのだけれど、目的地というよりはやはり、西伊豆への玄関口というか、経由地としての印象が強い。

そんな沼津に初めて泊まった夜のこと。
彷徨い歩いて見付けた焼き鳥店で、
日本酒でひと通りをいただいたほろ酔いの足でまた、
風の冷たい裏町を徘徊していました。上土(あげつち)界隈の沼津銀座通りと呼ぶらしい、
ひと気疎らな通り沿いでふと立ち止まったのは、
「アイデアの料理」というショルダーフレーズを謳う看板。
その横を何気に眺めると、
何処かで読み聞きしたような名のバーの灯り。
「梅邑」というのは此方にあったのですか。

ゲートを潜るように看板を頭上にし乍ら、
狭く古びた通路を恐る恐る奥へと進みます。Bar「梅邑」の看板を前に一度立ち止まるも、
その奥の暗がりが気になってもう少し歩みを進めたものの、
バーという肩書きのスナックを思う「ナミ」の跡があるのみでした。

踵を返してふたたび「梅邑」の前。
バンガロー風の扉の中央に手彫りの表札。
此方も此方でなかなかに入り難い(笑)。ええい儘よ!ってなノリで勢いつけて扉を開ける。

扉の中には早速、バーカウンターのある光景を想定していたら、
ひと気のない狭い空間に拍子抜け。二階への階段が、
「梅邑」のカウンターへの第二のアプローチでありました。

やっとのこと(!?)で辿り着いたカウンターは、
彫刻でデザインの施され、きちんと真鍮のバーを渡した正統派。ただし、暗がりに眼が慣れるまで一定の時間を要することでしょう。

バックバーにはぎっしりとボトルたちが犇いてる。
積年の澱のような気配を漂わせつつも、
ボトルの手入れに抜かりはないようです。およそ正面で目に留まった、
「ROYAL LOCHNAGAR」をロックでいただきました。

店で一番奥まった、バックバーの左最上部をふと見上げると、
銅を織り上げたかのような色合いの特異な形状のボトルが、
列を成している。マスターに訊ねると、ああ、ジム・ビームのボトルですと仰る。
どうやら1976年にリリースされた、
限定版のvintage decantersシリーズであるらしい。
バカ高いものではないようだけれど、
あんなボトルから注いだジム・ビームも一興に違いないと、
そんな風に思いながら、
暗さに慣れてきた視線で見上げるのでありました。

もう一杯だけと選んだのは、
お久し振りの「CAOL ILA」12年。久々に舐めるカリラはやっぱり、
“アイラ海峡”の味わいがしました(笑)。

沼津の上土界隈に開業から半世紀のBar「梅邑」がある。マスターの枯れてより柔和な雰囲気もまた、
傾けるグラスとともに気持ちを解してくれる。
今度お邪魔した時は、
スタンダードなカクテルをいただきたいと思っています。

「梅邑」
沼津市上土町50 [Map] 055-963-0248

column/03742

サントリーバー「露口」でハイボールとふたつの笑顔のカウンターに癒される

四国松山と聞いてまず思い浮かべるのが、写真や映像に観る道後温泉本館の佇まい。
そして、坊ちゃんスタジアム、坊ちゃん列車などと公共機関に冠された”坊ちゃん”の名でも判るように、夏目漱石に縁のある土地であること。
正岡子規が確か松山出身で、漱石との交流もあったのではなかったかな、といった感じでしょうか。

道後温泉へは成る程、
松山空港から直行するリムジンバスが組まれている。
バスを降り立てばそこが道後温泉駅。
伊予鉄道城南線、つまりは松山市内を走る軌道、
市内電車の終着駅だ。坊ちゃん列車の終着駅ともなっていて、
駅舎の前には当の坊ちゃん列車用の展示線があり、
夜間の駐機場所となっているらしい。

日本三古湯のひとつとして夙に知られた道後温泉。
そのアイコンたる本館に相見える。本館に至るアーケードや本館前の広場も、
想定外のコンパクトさではあるものの、
建物全体から揮発するオーラのような存在感は、揺るぎない。
神の湯、霊の湯とふたつに分かれている風呂もなかなかの風情。
大衆浴場として現役だというのがなにより素晴らしい。

投宿したホテルから二番町の「たにた」さんへと向かう道すがら。
いい感じに飲食店の建ち並ぶ通り沿いに、
今はもう朽ちてしまったけれど、
きっと往時は味のあるバーだったのだろうなぁと、
そんな風に思わせる建物がありました。

「たにた」さんを辞して同じ通りを戻ってくるとなんと、
その古びた建物に灯りが点っている!
見上げた成型ものの看板には”サントリーバー”の文字。暗がりに浮かぶ樽のディスプレイ。
目を凝らしてみると、
店の額に渡した幕板に店名の名残りが見つかります。

恐る恐る扉を押し開けてさらに驚いた!
奥へと伸びるカウンターが既にぎっしりと満席なのだ。
ちょっと待ってね!と奥から発してくれたお姐さんの声を頼りに、
止まり木が空くまで待ってみようという気になる。
バーの前で席が空くのを待つなんて、なかなかないことだ。
と、そこへ次から次へと客が訪れる。
成る程、そんなに愛されてる店なのか。

暫し後、オニイサンどうぞーと招き入れられて、
カウンターの一隅へ。
古色がこんなにも艶っぽくも穏やかに映るのものなのだなぁと、
ペンダントライトとその上の天井を見上げます。ふと見た壁の額には、
佐治敬三氏の色紙が飾られていました。

ご註文はやっぱり、ハイボール。目を閉じていても同じようにできそうな、
そんな所作でグラスをつくるマスターは、
飄々としつつも実直さが滲み出てしまうとお見受けする。
一体今まで何杯のハイボールをつくってきたのでしょう。

決して薄めではないのに、
なんだか円やかに感じるハイボール。そんなグラス越しにふたつ笑顔が浮かんでいます。

Torys Barの名もあるコースターの縁には、
58th Anniversaryと金の文字で綴られている。
こちらサントリーバー「露口」は、
創業来なんと半世紀を疾うに超える歴史を刻んでいるのですか!
カウンターの中を行き来しするご夫妻おふたりの笑顔からも、
それを素敵に表現したイラストの笑顔からも、
そんな歴史の長さ重さを思わせない、
屈託のない魅力が存分に伝ってきます。

正面のバックバーにラフロイグのボトルを認めて、
もう一杯と所望する。両側のお客さんたちと自然と会話を交わす格好になるのもまた、
カウンターのおふたりの朗らかさによるものに他なりません。

松山の二番町に半世紀超えのサントリーバー「露口」がある。居心地のいいカウンターのひと時に癒されたひと達が、
それはそれは沢山おられることは想像に難くありません。

「露口」
松山市二番町2-1-4 [Map] 089-921-5364

column/03726

BAR「瀬流」でカルバドスChristian Drouin竪町ストリートに寄り添うカウンター

冬場の金沢で、すっかり気に入ったおでん一品料理の店「三幸(みゆき)」。
「かに面」等々の魅力溢るる酒肴で堪能させてくれた「高砂」も勿論いいけれどと話しつつ、義弟と向かった大工町信号近く。
それ相応の混雑は覚悟していたものの「三幸」の店内は、空席待ちで大混雑。
後ろ髪を引かれつつ諦めて、店前の通りを奥へと進む。
「三幸」には兄弟店となる犀川店があるらしいのだよと件の店を覗くとなんと、こちらも満員札止めなのでありました。

こうなったら後は、
野生の勘を働かせて選んだ店に突入するしかないと、
辺りをきょろきょろしながら歩み往く。
処は犀川大橋も程近い片町の裏通り。
おでん・家庭料理処と看板に掲げた、
如何にも小料理屋っぽい「ゆきちゃん」へと闖入しました。

カウンターの向こうの女将さんに、
おでんやポテサラなんかをいただいて、
温めの燗がいいと所望する。
と、女将さんの背後の棚に目が釘付けになる。トランペットにアコーディオン、
クラリネットにハープ、バンジョー。
琴や三線に至るまで。
これらすべてがウイスキーなぞのボトルなのだという。
もしかしたらサントリー社内にも現存しないボトルも、
含まれていたりなんかするのではないかしらん(笑)。

そんな「ゆきちゃん」をほろ酔いのまま辞して、
もう一軒参りましょうと義弟のお誘いに勿論と応じて、
忽然とお洒落なタテマチストリート。
通りからちょっと脇に逸れた処に、
目を惹く意匠のサインがありました。

小洒落た通りにも似合う、
オーセンティックな装いのカウンター。
これまたバックバーで目に留まったカルバドス、
「Christian Drouin」をソーダ割りでいただきます。真円でないのがアイスピックで削った氷の証。
仏ノルマンディー産のものだというカルバトスは、
“獅子の心”COEUR DE LIONのセレクション。
熟した果実の滑らかさが息づいています。

三杯目にはカウンターの隅で目に留まった苺のカクテルを。あまおうを押し解いて描いた鮮やかな紅。
華やかな酸味の輪郭の中に澄んで深みのある甘さがそこにある。
なかなかいい気分で金沢の夜を終えられそうです(笑)。

竪町のファッションストリートに寄り添うように構える、
オーセンティックなバーの名は「瀬流souryu」。こうしてきちんとしたバーの空気を持っているのって、
貴重でかつ有難いことなのだと酩酊の中で思うのでありました。

「瀬流」
金沢市竪町12-2 [Map] 076-261-9212

column/03713

BAR「日比谷BAR WHISKY‐S III」で世界5大ウイスキー”フライト”と燻製惣菜と

whiskys“日比谷バー”という響きは、なかなかどうして悪くない。
日比谷にあるバーだからそう名付けたと考えるのが順当で、今も日比谷駅の周囲に3店舗ほどを構えている。
ただ、住居表示はいずれも有楽町で、ふと千代田区日比谷、という住所は聞いたことがないと思い付く。
ちなみに10円カレーでも有名な「松本楼」の住所は、日比谷公園、だ。

訪れたことのある「日比谷BAR」は恐らく、
今はもうないらしい日比谷1号店か、2号店か。
もしくはコリドー街のお店あたりかな。
そんなことを思い浮かべながら通過した改札は、
日比谷でも銀座でもない、三田駅のものでした。

慶応仲通り商店街のアーチを潜って、
ひとつめの横丁に潜り込む。whiskys01NECの本社ビルも間近な横丁に、
「日比谷BAR WHISKY‐S III」はありました。

この7月初旬にオープンしたという、
「日比谷BAR WHISKY‐S III」は成る程、
真新しくもダークな木目を基調としたシックに落ち着いた装い。whiskys02whiskys03whiskys04ポットスチルや有名処の蒸溜所などなど、
ウイスキーに纏わる様々な要素をモチーフにした装飾が、
随所に施されています。

左手にカウンター。
右手には、個室にも区切れるスペースがあり、
奥の壁には印象的な飾り棚がある。whiskys05whiskys06その棚はなんと隠し部屋の扉になっていて、
書棚に囲んだ秘密の書斎のような空間が潜んでる。
此処でお籠りしつつグラスを傾けて、
内緒話するのも一興でありましょう。

卓上には写真集のような装丁のメニューが用意されていて、
「日比谷BAR WHISKY‐S III」の世界観が丁寧に語られてる。whiskys07とびらに明示したコンセプトは、
世界5大ウイスキーと自家製燻り総菜を愉しむお店、だ。

少々喉も乾いての口開きに相応しきは、勿論ハイボール。
スコッチにアイリッシュ、バーボンにご存じ「響」と、
5つの国旗と銘柄の並んだラインアップの中から選んだのは、
カナディアンなハイボール、
名付けて「”キング”ハイボール」。whiskys08大きな氷がゴロっとグラスに収まり、
レモンピールを思わせるクリっと螺旋を描いた檸檬の皮。
「カナディアンクラブ」のハイボールが何故に”キング”かというと、
ウイスキーをキンキンに冷やしてて、
笑っちゃうくらいグイッといけちゃうから、なんだって(笑)。

ハイボールとタイミングも合いそうなツマミをと何気に選んだのが、
三田名物と謳う「チーズべったら」。whiskys09キューブ状に刻んだべったら漬けにクリームチーズのコーティング。
心地いい歯触りと発酵した大根の旨味、
そしてなんといってもそっと纏わせた薫香がいい。

ハイボールのグラスをグイッと呷ったところに届いたのが、
「塩サバの燻製直火焼き」。whiskys10なはは~と笑っちゃうくらいに、
燻した薫りと焼いた鯖の芳ばしさがマッチ。
アイラモルトのピート香やヨード臭との相性に連想が繋がります。

そしてして「日比谷BAR WHISKY‐S III」の目玉と云えば、
幾つもの切り口の用意された”ウイスキーフライト”。whiskys11その軸であり、エントリー版なのが、
「世界の5大ウイスキーフライト」。
向かって左手のテイスティンググラスから順番にどうぞ、
とのご指南に従ってグラスの香りを確かめ、傾けます。

左から、カナディアンクラブにジムビーム、
響ジャパニーズハーモニーにカネマラ、ラフロイグ セレクト。whiskys12微妙に色味の違う琥珀色が並ぶ図というのは、
なかなか美しいものですね(笑)。

一番印象的だったのが、
恥ずかし乍らお初と思しき「カネマラ」のグラス。whiskys13-01スムースなアイリッシュにして、
そこはかとなくピートの香り漂う感じがいいんだ。

人生を変えちまう「チェンジマイライフ・フライト」とか、
頑張った自分へのご褒美「トゥーマイセルフ・フライト」とか、
色んなアプローチの”フライト”がこうして用意されているのだけれど、
「世界の5大」の最後に呑んだ「ラフロイグ セレクト」から、
派生するように”フライト”することを選んでみました。

それが「ラフロイグ ロア3 フライト」。whiskys14「ラフロイグ セレクト」をお代わりするカタチになり(笑)、
「ラフロイグ 10年」から伝承LOREと名付けた「ラフロイグ ロア」へと、
ニュアンスの違いを舐めるように愉しみます(笑)。

アイラの、スモーキーな琥珀の代表格に、
間違いなく似合うでしょうと、
「牡蠣のオイル漬け」を呼び寄せる。whiskys15しっかり纏った牡蠣の薫香が、
ラフロイグたちのスモーキーフレーバーと確信犯的に符合します。

メニューのこのページの一文を読んで、
初めて「ラフロイグ」を口にした時を思い出して可笑しくなる。
最初は、試してびっくり!だったのだけど(笑)。whiskys16whiskys17それがいつの間にかクセになったかのよう。
そう思いつつ「ラフロイグ ロア」をトゥワイスアップで。

そうそう「海老カツサンド」も勿論、燻製仕立て。whiskys18チップの香りのするホットサンドなんて初めて食べた。
そして遠からず、
庭に燻製器持ち出しそうな自分を発見するのですね(笑)

帰り際にこんなパスポートの交付を受けた。whiskys19whiskys20「日比谷BAR WHISKY‐S III」で、
各国への”フライト”の記録をスタンプで残しつつ、
このパスポートを手にしての旅もいい。
そう云えば、至近なる兄弟店「日比谷Bar 三田店」が、
新装”改”店したそうですよ。

三田の横丁に世界の5大ウイスキーと自家製燻り惣菜をお愉しめる、
日比谷BAR WHISKY-Sの3号店「日比谷BAR WHISKY-SⅢ」がある。whiskys21-02色々なフレーバーのウイスキーと、
燻製惣菜との組み合わせがウリなんて、
ズルいとしか言い様がありません(笑)!

「日比谷BAR WHISKY-SⅢ」
港区芝5-16-7芝ビル1F [Map] 03-6436-9376
http://www.hibiya-bar.com/whisky-s3

column/03697