「踏切脇線路沿い鉄な情景」カテゴリーアーカイブ

とんかつ「自然坊」で丁寧に揚げるロースにヒレかつ唐津焼の表情と安定感が齎すもの

jinenbo蒲田、蓮沼、池上、千鳥町。
蒲田駅を離れた池上線は、ゆっくりと右へ左へとカーブを描きながら大田区の住宅地を進みます。
千鳥町の次の駅が、久が原駅。
此処でも池上線の基本形であるところの相対式ホームで、ホームの端に踏切があり、そこで上下線を行き来するのも池上線でよくみる光景であります。

千鳥町駅から少し標高を上げてきたレールが、
ほんの少しカーブして久が原駅のホームに流れ込む。jinenbo01jinenbo02白いペンキでお化粧してしまったけれど、
旗の台駅のものと同じ造りの木製ベンチが此処でも、
次の電車への待ち時間を過ごす止まり木になってくれています。

踏切を渡って、駅の東側に出て、
その先の五叉路を右に折れ、
道に沿って緩やかに左へとカーブしてゆくと、
左手に目的地が見えてきた。jinenbo03パール様の空色のタイルを貼った、
三階建ての建物のその一階にあるとんかつ店。
ちなみに、この道をさらにずんずんと進むと、
「マウンテンバーガー」のある上池上通りに至ります。

休暇の平日のおひるにお邪魔すれば、
それ相応に落ち着いた雰囲気の店内。jinenbo04L字のカウンターの隅に佇んで、眺めるお品書き。
箸を包んだ帯に刻んだ文字は「自然坊」だ。

注文を終えて、いただいたお茶の器にオッ!となる。jinenbo05少なくとも100均辺りで誂えた湯呑みではないことは、
ド素人にも自ずと判る。
ただの重さとは違う”厚み”と石の中から削り出したような表情がいい。

ふと、目の前の状差しに置かれていたパンフレットが目に留まる。jinenbo06手にとって見る表紙が示すのは、
中川自然坊 遺作展とその会期。
とんかつ店「自然坊」の店名は、
唐津の陶芸作家、中川自然坊氏に由来しているのだという。
お茶を淹れてくれた湯呑みもきっと、
その中川氏の作なのでありましょう。

ゆったーりとした時間が流れて、
あ、なんで麦酒を呑まなかったんだろうと、
やっと気がついたそんな頃(笑)。
お願いしていた「ロースかつ定食」が届きました。jinenbo07丁寧に丁寧に揚げられた様子が、不思議と伝わってくる、
そんな表情の感じがいい。

その断面を拝むと、
みっしりと表裏一体一身胴体の衣と身肉。jinenbo08Wedページには純国産のやまとのみ使用とあるが、
それは程良い脂を含んだもの。
うん、美味しい。
ソースをぶっかけちまうなんて勿体ない。
前半は塩で、後半を醤油でイクのがよく似合います。

日を替えてまた同じ、カウンターの隅。jinenbo09正面の壁に据えた食器棚は、
中が素通し出来る硝子戸の仕様。
整然と仕舞い置かれているのも、
中川氏の唐津焼なのでありましょう。

電熱線に炙られて、南部鉄器と思しき鉄瓶が湯気を吐く。jinenbo10ありそうでいて、
なかなか目にすることが少ない光景なのではないでしょか。

ロースの次にはやっぱり、
「ヒレかつ定食」を所望する。jinenbo11半裁したヒレかつが載せられたお皿もたっぷりした厚みがあって、
その重厚なる安定感が、
その上の小さな宇宙の基盤となっているようにも映ります。

ロースに比べれば勿論、
さらっとした食べ口のヒレかつ。jinenbo12こちらは前半を芥子醤油で、
最終コーナーをソースでいただく。
ふむふむ、うんうん。
綺麗な油で揚げ上げる様子が想像できる透明感がふと過ぎる。
ゆっくり目に刻んだであろうキャベツに、
東銀座「にし邑」のそれを思い出しました。

定食にはお口直しの冷菓がついてくる。jinenbo13とんかつの〆にバニラのアイスが、
これまた不思議とよく似合う。
真夏であってもソルベではなくって、アイスがいい。
何故だか、そんな気がいたします。

大田区久が原の住宅地のど真ん中に、とんかつ「自然坊」はある。jinenbo14敢えて云うなら、”オトナのとんかつ”と謳いたい。
冬の時季の「牡蠣フライ」がどんな悦びを与えてくれるか、
それも試しに行かなくちゃだ。

「自然坊」
大田区久が原4-19-24 [Map] 03-5700-5330
http://www.tonkatsu-zinenbou.com/

column/03641

うどん「麺せい」で大津の琵琶湖の景色と外輪船と京阪の路面電車と鍋焼きうどん

mensei滋賀県大津市。
それが何処にあるかというと恐らく、琵琶湖沿岸の何処かにあるのだろうと朧気に推測する。
それじゃあかんと改めて地図を眺めれば然り、琵琶湖の南西に位置するのが大津市。
何気なく地図を退いてみると、京都からも程近い。
調べてみるとなんと、JR琵琶湖線快速で京都から9分の距離にあるのが、大津駅なのでありますね。

大津駅から琵琶湖方面に向かってだらだらと下っていくと、
浜大津の駅に出る。mensei01その先の広い空が琵琶湖のそれ。
穏やかな冬の日の湖面にハクチョウらしき水鳥が、
呑気に浮かんでいました。

そんな大津港マリーナには、
琵琶湖汽船によるクルージングルートがあるという。mensei02訪れた時間に接岸していたのが、
優美な姿の外輪船MICHIGAN号。
船上からは生演奏の音が聞こえてきます。

港を離れてすぐのところにあるのが浜大津駅。mensei03まるで車両基地のような駅舎から滑り出てきたのが、
京阪の石山坂本線の車輌。

そして、ギュルルンと90度の円弧を描いて坂道に向かうのが、
同じ京阪の京津線。mensei04mensei05西近江路という街道の坂道をスルスルっと上り往く4両編成。
やっぱり路面電車って、いいよね(笑)。
ただ、路面を走るのは浜大津からひとつめの駅、
上栄町の手前までのこと。
そして、その先ではなんと路面電車転じて地下鉄になるのだ。

ちょうどお昼時。mensei06京阪京津線がその道の真ん中を走る、
西近江路の坂の途中で見付けた暖簾のひとつ。
見上げた看板には、うどん「麺せい」とありました。

晴天なるも放射冷却で冷え込んだ日和だったので、
店頭のお品書きですぐに決まったメニューは、
本日のサービス麺「鍋焼きうどん定食」であります。mensei07海老天一本が載り、中央に玉子を落とした、
どこぞのサンプルであるかのように正しき表情の鍋焼きうどんだ。

箸にリフトしたうどんそのものはというと、
これもまた極々スタンダードな装いのもの。mensei08地粉やふすまの気配なしにどこまでも白く、
そして、細くも太くもない。
例えば讃岐のそれのような腰付きで迫る素振りを感じさせないのは、
鍋焼きという仕様が故のことなのか。
かといって、大阪うどん、博多うどんに思うやわやわでもない、
そんなおうどんで。
でもね、とっても温まって、ちょっと汗掻いてしまいました。

京阪京津線が路面を走る西近江路沿いに、うどん「麺せい」がある。mensei09今日もきっと、
窓越しに京阪の空色と黄色が過ぎる気配を、
誰も気にも留めることなく、
いつものうどんを啜っていることと思います。

「麺せい」
滋賀県大津市中央1-6-15 [Map] 077-522-8021

column/03640

Weinbau「Zawodsky」でウィーン郊外の清々しい庭のテーブルと自家製ワイン

zawodskyアドリア海北縁に浮かぶ街グラドを離れて、ザルツブルクに戻ってきた。
幼少の頃日本から独逸に渡ったEちゃんに云わせると、ザルツブルクは正確に発音するとサルツブルクとなるらしい。
Eちゃんは、誰かがクシャミをした時に間髪入れずに、Gesundheit!(お大事に!)と叫ぶととっても喜んでくれるのです(笑)。
名残惜しくもそんなサルツブルクを離れる日程が近づいてきました。
翌日の早朝に発つ便のため前泊するウィーンへと、ふたたびWestbahnに乗り込んだのでありました。

ウィーン市街をウロウロっとしてから、
地下鉄U-Bahn Wienで北方向へ。

U4のHeiligenstadt Bfという駅で降りて、バスを待つ。
親切に教えてくれたおばさまと一緒に乗り込んだバスを降りると、
Wiener Tramwayがアーチを潜っていく光景に出会した。zawodsky01zawodsky02zawodsky03StraßenbahnのGrinzingという停留所。
うんうん、何処に行っても路面電車ってのはいいものですね(笑)。

路面電車の軌道を離れ、
住宅地をうねるように進むと、
開けた視界の右手には白い塔。zawodsky04zawodsky05zawodsky06Pfarramt Kaasgraben Maria Schmerzenという、
白い教会を右に折れて往くと、
右手のなだらかな丘に葡萄畑が広がっているのが目に留まる。

なんか、そんな雰囲気になってきたねと足を急がせる。zawodsky07目指す場所はその坂道Reinischgasseの突き当たりにありました。

ここでいいのかなと覗き込むように門の中へ。zawodsky08小高い丘の上にそれらしき建物が佇んでいました。

コンニチハ~と呟きつつ、ドアを押すと、
木肌木目を活かしたボックスシートがコンニチハ。zawodsky09zawodsky10zawodsky11zawodsky12そのすぐ脇にあるカウンターでおねえさんが迎えてくれました。

硝子ケースの中や黒板メニューからお惣菜の幾つかを選んで伝えてから、
奥の階段を上がる。
裏手に広がる緑豊かな庭にはテーブルが配されて、
先発組の皆さんは既にグラスやジョッキを傾けています。zawodsky13zawodsky14清々しい空気。
いやはや、いい雰囲気だ。

隅のテーブルに腰掛けて振り返ると、
さっき眺めた葡萄畑の波が見渡せる。zawodsky15zawodsky16頭上で茂る葉の間から青空を見上げます。

素敵なユニフォームの若きおねえさんにワインを所望する。zawodsky17思わず葡萄畑を背景にしてみたくなる、
Chardonayのグラスが美しい(笑)。

ううむ、美味しい。
ふくよかな滋味とキレを生む酸味の加減がいい。
そこへそよそよ流れる風が美味しさを倍加させてくれます。

強い紅で誘うビーツの根のサラダや、
ポテトサラダErdäpfelsalatなどを盛り合わせ。zawodsky18zawodsky19zawodsky20ラードや南瓜の種のスプレッドkürbiskernaufstrichにパン。
量り売りのお惣菜たちでテーブルさらに素敵な装いになりました。
葡萄の葉で包んだご飯は、ギリシャ料理であるらしい。

お代わりは、Riesling。zawodsky21繊細さと円やかさのトーンが一段Chardonayと違って、
また別の美味しさに愉しくなるのです。

たっぷりのザワークラウトを添えた豚バラのパリパリ焼き。
schweinsbraten乃至はKrustenbrat’lという郷土料理のお仲間。zawodsky22zawodsky23キャラウェイを塗しカリカリに揚がった縁が旨い。
勿論、スープにどっぷり漬け込んだような旨味滴る身肉も旨い。
それは伝統的に食べられてきているものの底力をいただいているような気分でもあります。

黒板の文字から拾ったラタトゥイユ。zawodsky24崩れ過ぎずにしてくたっと炒め煮た野菜たちの美味しきことよ。
白ワインによく似合います。

そうそう、マッシュルームのリゾットは、
黒板にしっかり書き込んであるのに、
今日はできないって(残念!)。

木々に囲まれたテーブルゆえ、
こんなお客さまも勿論やって(降って)くる。zawodsky25間違って潰しちゃったりしないよう気をつけます(笑)。

ひと心地ついたところで、テーブルを変えてみた。zawodsky26建物の横手はテラスになっていて、
そこもまた人気の場所のよう。

屋根越しに葡萄畑を見遣れば、
さっきの教会の塔が臨めます。zawodsky27zawodsky28庭先には、いずれ菖蒲か杜若。
鮮やかな紫色がさらに気分を癒してくれます。

もう一杯と運んでもらったグラスは、
Sauvignon Blancの。zawodsky29ひと口して思うのは、ああこれが”猫のおしっこ”かということ。
雑味という訳ではない独特の風味が、
思えば思うほどそう思えてくるのがなんだか可笑しい。
そんな意味でも印象に残る一杯でありました。

と、お隣のテーブルの犬がこちらにも愛想を振り撒いてくれる。zawodsky30フレンチブルドッグパグってことでいいのかな。

陽が傾いてきたのでそろそろとご馳走さまをする。
テーブルで清算を済ませて、外階段を降りたら、
今度は猫がずんずんこちらに近づいてきた。zawodsky31zawodsky32人懐っこいネコって、いいよね。

清々しい風の抜ける庭のテーブルで、
量り売りの惣菜と一緒に自家製のワインが愉しめる、
Weinbau 「Zawodsky」は、ウィーン郊外にある。zawodsky33こんな素敵な場所、よくみつけたね(笑)。
お薦めしてくれたシャンタールさんにも大感謝!

「Zawodsky」
Reinischgasse 3, 1190 Wien [Map] (+43-1) 320 79 782
http://www.zawodsky.at/

column/03604

富山ブラック「西町大喜」本店で成る程黒い中華そばメンマの塩辛いことったら

taiki恐らく少なくとも10年以上振りに訪れた富山の街。
以前は飛行機で来る場所、という位置付けであったけれど、この春開業した北陸新幹線のお陰で、良きも悪きもぐっと近い処になりました。
富山と云えばまず、駅前から路面電車の走る光景が印象的。
新幹線が開業して駅周辺や街は変わったのでしょうか。

降り立った富山駅は、しとしとと降る雨模様。taiki01トコトコと走り行く路面電車を懐かしく眺めながら、
環状線のレールに沿って歩きます。
聞き慣れた地名に同じ、新富町という最初の電停最寄りにあるのが、
ご存知富山ブラック発祥の店とも云われる「西町大喜」の富山駅前店だ。

割と最近外装に手を入れた感じの店構え。taiki02そこそこ混み合う店内の、
くすんだ緑色の張り地で揃えた丸椅子が並ぶカウンターへ。

勝手が判らぬまま註文したのが「チャーシュー麺」。taiki03成る程、”ブラック”と名乗るに足る、
黒っぽいスープでぐいと迫るドンブリだ。

カウンターに置かれた栞には、
麺とスープと具とが三味一体となるよう”まず混ぜよ”とある。taiki05ご指南に従っておよそ天地をひっくり返して啜る麺は、
これまた成る程、スープに染色されて赤黒くなっている。

胡椒の風味と醤油のコックリした酸味が悪くない。taiki04ところが、何気なく口にしたメンマの塩辛さに一気に戦意喪失(笑)。
メンマを横に避けつつ、なんとか食べ終えることとなりました。

再訪なった富山のおひる時。
過日ではちょうど定休日だった西町交叉点近くの本店へと向かいました。
TOYAMAキラリというデザインに凝ったビルの横手を往くと、
駅前店でも見掛けた「富山ブラック」を謳う幟が見えてくる。taiki06本店はなんともこじんまりした佇まい。
ビルとビルに挟まれた谷間に頑張る、
一間半ほどの古屋がそれだ。

店先には「美味求真中華そば」と認めた竹笠が並んでる。taiki07「大喜」と大書きされた群青の暖簾を潜りましょう。

駅前店と同じように奥へと細長い店内の両側にカウンター。taiki08丸椅子の形状は同じでも、
座面はピンクと白とで貼り分けられています。

今回のご註文は「中華そば(大)」。
チェーシュートッピングもご飯の追加も止めておく。
壁のメニューには、スープの濃さ、麺の固さについての希望があったら、
申しつけよとのコメントもある。
でも、なんか、醤油タレを薄くしてしまうくらいなら、
そもそも喰わない方がいいということにもなりそうで、
デフォルトのままのオーダーといたします(笑)。

オバちゃんが運んでくれた「中華そば」。taiki09確かに黒いスープも思えば、
京都の「新福菜館」のドンブリだって、
その流れを汲む「末廣ラーメン本舗」の中華そばだって、
間違いなく黒い汁。

試しにもう一度試してみるけど、
やっぱり無闇にショッパ過ぎるメンマたち。taiki10たとえ肉体労働の方々の白飯のお供として、
オカズとして考案したものだとしても、
これじゃ幾らなんでも塩分補給過多ではありますまいか。

醤油のコクと酸味とがベースのスープと相性よく、
バランスよく仕立ててあれば、それでいい。taiki11そふいふ意味では動物系の濁りが控えめなこのスープは、
比較的丁寧に仕込んだ黒スープなのだと云えましょう。
でもね、どっち?と訊かれたらやっぱり、
「新福菜館」のがイイと応えることでしょう(笑)。

富山と云えば、富山ブラックとひとは云う。
「西町大喜(にしちょうたいき)」は、その本流の流れを汲むと云う。taiki12昭和20年に”オヤッさん”と呼ばれ親しまれた、
高橋青幹氏が編み出したものであるらしい。
湯島天神下の「大喜」は”だいき”だけど、
こちらは”たいき”と読ませるようです。

「西町大喜」本店
富山市太田口通り1-1-7 [Map] 076-423-3001
http://www.nisicho-taiki.com/

column/03603

ピッツァ「リディア」でマルゲリータにラザーニャパンツェロッティ街角のピザハウス

lidia旗の台駅の南口駅前。
ローカルな駅ゆえ、朝のラッシュ時でも夕方の帰宅時間帯でも、通勤通学客でわさわさ混み合う様子はみられません。
池上線のダイヤがちょっと乱れて編成間の距離が縮まってくると途端に開かずの踏切になるのもまぁ、ローカル線の風物詩と思えば、イラつかなくて済むってなもの。
中原街道から荏原町方面目掛けて一方通行下り坂になっているので、稲荷通りを進んできたクルマが数珠繋ぎになっているのが踏切からよく見渡せたりします。

踏切のすぐ脇にあるのが、CRAFT BEER BAR「TRANSIT」への入口で、その並びに炭火やきとり「鳥半」がある。lidia01もう一軒並びにあるのがピッツァの店「リディア」の看板だ。
以前は「Andy」という店名が掛かっていたのだけれど、いつの間にか「LIDIA」という店名に書き換わっていたのです。

店内は「Andy」の頃のまま。lidia02壁に小さめの額が幾つも飾られていて、悪くない雰囲気を醸しています。

ランチメニューにセットしてもらったサラダがまず届く。lidia03メニューには「築地御厨さんから仕入れた新鮮野菜のサラダ」とある。
築地御厨(みくりや)というのは、湊にあるレストラン専門青果店であるらしい。
何気にしゃきっとして旨味のあるサラダだなぁと小さく合点します。

ランチのピッツァは、定番のマルゲリータかマリナーラに本日のピッツァのいずれか。
定番中の定番をお願いしましょう。lidia04店内に炭焼き釜がある訳ではなく、電気釜を駆使したピッツァ。
でも、粉の風味も焼きっぷりも悪くない。
28cmの一枚もぺろっといただけます。

ゆるゆるとした昼下がり。
そんな時には、グラスのワインをいただいての「ラザーニャ」。lidia05lidia06あんまり肉々しい感じじゃないのかもと思いつつ食べ進むと、重ねた生地の間からみっちりとミートソースが顔を出す。
ふーふー云いながら慌てずにいただきましょう(笑)。

時には奥のやや暗いカウンターに佇んで。lidia07酒瓶並ぶその上にも小さな額が折り重なるように掛けられています。

ふとそんな気になっての「パンツェロッティ」。lidia08熱いですので気をつけてと注意が促される包み揚げピッツァだ。
ナイフを挿し込むと湯気とともにチーズが零れ出す。
半円形ではなく、歪で素っ気ないお姿だけど、たまにはいいねと独り言ちます。

「Andy」転じて「LIDIA」となったピザハウスが旗の台南口駅前にある。lidia09「Andy」の前はさらに微妙に違う店名だったような気もするのだけれど、思い出せません(笑)。
白金店や三軒茶屋にも兄弟店があるようです。

「リディア」
品川区旗の台5-13-12 [Map] 03-3785-6672

column/03547