「踏切脇線路沿い鉄な情景」カテゴリーアーカイブ

レストラン「キッチン カントリー」でハンガリー料理の息吹自由が丘デパートに

自由が丘って、いつから自由が丘なのだろうかとふと思って、Web上にある情報を拾い読んでみる。
wikiによると、1927年(昭和2年)に東京横浜電鉄東横線(現在の東急東横線)が開通して九品仏前駅が設置され、同年に自由ヶ丘学園が開校する。
1929年(昭和4年)に目黒蒲田電鉄二子玉川線(現在の東急大井町線)開通により九品仏の門前に駅が開設されることになり、この新駅が九品仏駅を名乗ることになったことから九品仏前駅は「自由ヶ丘駅」と改称された。
自由ヶ丘学園の名称は駅名として取り入れられるだけでなく当地の通称としても定着し、1932年(昭和7年)には駅周辺の地名を統廃合して自由ヶ丘を新設、東京市域拡張時に東京市目黒区自由ヶ丘となった。
1965年(昭和40年)の住居表示施行時には「自由が丘」となり、その翌年には、駅名も「自由が丘駅」に改称された、とある。

元々は「九品仏前駅」だった「自由が丘駅」の正面口。改修されたロータリーに面して今も佇むは、
自由が丘のランドマーク「自由が丘デパート」だ。

1953(昭和28)年開業という自由が丘デパートは、
ご多分に漏れず階高が低くて、天井が近い。踏み面が短くて上り下りし難いのも味な階段を
えっちらと3階まで上がればそこにあるのが、
ハンガリーレストラン「キッチン カントリー」だ。

お隣のジュエルショップ一誠堂を見下ろす窓際のテーブルにて、
メニューに見付けたウォッカサワーでアペリティフ。カシス割りのグラスはまるでジュースのようで、
ウォッカがじわじわ効いてくる一杯であります(笑)。

訪ねたことはないけれど、
ハンガリーと云えばやっぱりここからと「グヤーシュスープ」。紛うことなきパプリカ色のスープ。
ハンガリーのグヤーシュが伝播して、
ザルツブルクなぞでいただいた「グーラッシュ」になったと聞く。
割と濃密なシチューであるという印象のグーラッシュに対して、
いただいたグヤーシュはバシャバシャのスープ。
どこでどう変化していったのか、
似て非なるところが面白いでありますね。

ぐるぐる選び悩んたメインには、
「グリルチキン カントリー風」。揚げ焼き気味の皮目のジューシーな身肉もいい。
「ハンガリー風チキンパプリカ」に対して、
一転しっかり濃密なデミソースを纏わせた辺りが、
“カントリー風”なのかもしれません。

日を改めてお邪魔したひ昼下りにはビールな気分。選んだのはハンガリーのお隣、
クロアチアのラガー「PAN」。
なんとなく地中海のニュアンスを思うのは気のせいでせうか(笑)。

硝子越しに臨むは西日を浴び始めた東急ビル。渋谷方面ホームに停まる電車の姿もまた眺められる。
それを目当てにテッチャンが此処を訪れるという噂は、
今のところ聞こえてきませんけれど(笑)。

なにかスープをとメニューを眺め直して目に留まったのが、
「冷製サクランボスープ」。冷たいスープ専用と思しきうすはり的グラスには、
氷水に差した葉の緑が瑞々しい。
サワークリームの恩恵か、
サクランボの甘さや酸味をそのまま倍加させたようなスープが美味しい。
夏の日にもすっと和ませてくれよなスープであります。

やっぱりパプリカづかいの料理を何かと、
「ハンガリーパプリカライス」をご註文。日本の食卓ではまだまだ、
定番の材料にはなり切ってはいないと思うパプリカも、
彼の地ではきっと欠かせない食材なのだろうなと思いつつ、
あっという間に平らげてしまうのでありました(笑)。

自由が丘のランドマーク自由が丘デパートに、
ハンガリーレストラン「キッチン カントリー」がある。ハンガリー料理のレストランは都内に何軒もはきっとない。
そう考えるともっと通っておけばよかったなと、
離れてしまってからそう思う。
準備組合が設立され再開発の機運蠢くという自由が丘駅前にあって、
ランドマーク「自由が丘デパート」は、
いつまでその佇まいを留めていてくれるのでしょうか。

「キッチン カントリー」
目黒区自由が丘1-28-8 自由が丘デパート3F [Map] 03-3717-4790
http://www.restaurant-country.co.jp/

column/03729

浦村かき直売「中山養殖場」で水に濯ぐ採れ立て生牡蠣と手焼きの焼牡蠣に感服

ふわっとした量感のある麺とコックリとしたたまりの汁の「ちとせ」の伊勢うどんとか、居酒屋「一月家」の「鮫だれ」とか。
「美鈴」の絶品焼餃子とか、蔵に潜んだ居酒屋「虎丸」の佇まいと「かき土手ねぎ焼き」とか。
おかげ横丁の賑わいの先にある、神宮の宇治橋を超えたところで包まれたなんとも云えない神聖な空気もまた印象的な伊勢の街とその表情たち。

日本全国から、いや世界からも人々が足を運ぶ伊勢だもの、
三重県の県庁所在地でもあるのだよねなんて思いがちなのは、
ワタシだけでありましょか。

この日は、伊勢市でも四日市市でもない、
三重県の県庁所在地、津の駅を通り過ぎ、
更に近鉄伊勢市駅や宇治山田駅さえも通過して、
やって来ました鳥羽の町。

寄らせてもらった駅前の古びた旅館の窓からは、
伊勢湾の入口から遠州灘が見渡せる。駅前からの通りに面した男性用大浴場は、
思い切り素通しの硝子張りでありました(笑)。

その旅館から目と鼻の先にあるのが、
ご存知ミキモトの真珠島。
今もさぞかし、質のいい真珠を育んでいるのだろうと思っていたら、
予約しておいたタクシーの運転手のオヤジさん曰くは、
もう随分前から鳥羽では真珠をつくっていないそう。
こんなに綺麗に見える海でも、
真珠養殖に求められる海水の清澄さとか温度とかがきっと、
すっかり変わってしまっているのでしょう。
昨夏またまた大きな被害となった珊瑚の白化を思い出させます(泣)。

そんな現状に照らすと少々物悲しくも響く、
“パールロード”を辿って辿り着いたのは、
永らく気になっていた「中山かき養殖場」。小屋の裏手は生浦湾。
まだ午前9時だというのに人が集まり始めています。

まずは、引き戸の硝子に貼られている表に、
名前と個数を書き込むところから一日が始まる(笑)。これは焼き牡蠣の註文リストとなっていて、
中にはひとりで、20も30も喰らうひともいるようだけど、
控えめが美味しいと心得ているところ。
そんな個数を書き込みました。

焼き牡蠣の註文を済ませたら、小屋の中の列に並ぶ。
そのすぐ脇でお姐さんがせっせと殻を剥いてくれている。積み上げた駕籠の中は勿論、
採れたての牡蠣牡蠣牡蠣。
売るほどあるとはこのことだ(笑)。

お姐さんに剥いてもらった生牡蠣五つ。浜から揚がったばかりとも思う、
剥きたての牡蠣をいただくのは久し振り。

牡蠣剥いてくれたお姐さんの食べ方ご指南はなんと、
殻から外した牡蠣の身を一緒に添えてくれたお椀の水に泳がせて、
塩っ気を濯いでから召し上がれというもの。
海水が塩辛いのは至極当然のことなので、
こうすることでしょっぱさの呪縛から解き放たれて、
塩梅のいい具合で新鮮な牡蠣を堪能できるんであります。
いやぁ、いいね、旨いね。

卓上にはポッカレモンの用意もあるけれど、
ここはひとつ、前夜慌てて探して、
鳥羽のコンビニで見つけた檸檬をちょいと搾りたい。 そして、同じコンビニで仕込んでおいた、
カヴァの小瓶を周囲の目を盗む気分で傾ける。
いやはや、朝っぱらから御免なさい(笑)。

旨い旨い生牡蠣とカヴァをスルンといただいた後は、
註文していた焼き牡蠣の順番待ちの時間となる。
湾の水辺まで降りていってしばし佇んだりなんかしているうちに、
自分の順番が近づいてきてちょっとドキドキしたりいたします(笑)。

ドラム缶を半裁したコンロにふたりが付きっ切りで、
金網に牡蠣を並べ、牡蠣の様子を見えては殻を外す。手馴れた所作と焼き具合の見極めはきっと、
数をこなして自ずと体得したものなのでありましょう。

待ちに待った手焼きの焼き牡蠣が、
ひとつまたひとつと手許のお皿に届く。周囲の汁がまだ沸いていて、
その真ん中にふっくらとした牡蠣が湯気を上げる。
はふはふ、ほふほふ。
なはははははは(笑)。
生もいいけどやっぱり火を入れた牡蠣は最高、いやホント。
お願いしていた控えめの数も絶妙な設定だったと、
自画自賛するのでありました(笑)。

鳥羽駅から南下すること車で20分ほど。
かき直売「中山養殖場」は生浦湾見下ろす浦村町にある。きっと今日も駐車場を埋める車と牡蠣の焼き上がりを待つひと達で、
大いに賑わっていることと思います。

「中山養殖場」
三重県鳥羽市浦村町1208-1 [Map] 0599-32-5053

column/03715

酒亭「おふく」でおでん牡蠣バター醤油に琵琶湖産公魚天ぷら京阪の軌道のすぐ脇で

ofuku琵琶湖の南西に位置する大津市の街中で一晩を過ごすこととなった宵。
お食事処を漁ろうと当てずっぽうに徘徊を始めました。
JR大津駅近くのホテルを出て大通りを渡り、例によって細い道細めの道へと気の向く方へ進路を取ります。
大津には”京町”と呼ぶ住居表示のエリアもあり、町屋造りの家屋が所々に見付かる。
その内の幾つかは、小料理屋や割烹に仕立て直されていたりする。
知らなかったが故に余計にいい風情に思えて、一々立ち止まって眺めたりなんかいたします。

なんとはなしに浜大津駅方面へクランクしながら歩いていると、
突然にアーケードの入口に出会した。ofuku01暗がりに浮かぶは、丸屋町という大きな文字。
ひと気の少ないアーケードに闖入すると、
店先に大樽を置いた間口の広い店がある。
木彫りの文字が示すのは「平井酒造醸」。
「平井商店」は、万治元年(1658年)創業の酒蔵であるらしい。

アーケードを抜けて、京阪の京津線がスルスルと走る西近江路を渡り、
更にその裏手の方へと廻ってみる。
スナックの灯りが幾つか浮かぶ裏道を抜けると今度は、
京阪の石山阪本線が通る軌道に出た。ofuku02京阪の車輌がすぐ脇を通る角地に見付けたのが、
酒亭「おふく」の灯りです。

暖簾を潜ると早速、
ふわんとお出汁の匂いに包まれる。ofuku03そうとなれば抗うことはなし。
壁に貼られたおでんメニューの短冊から、
基本ラインの大根、玉子、すじ肉辺りをいただきます。
やっぱり寒い頃のおでんの湯気って、いいものですよね(笑)。
品書きに、クジラコロやひろうすがある辺りに、
京都の「神馬」や「蛸長」のおでんを思い出します。

おでんをいただきながらその日メニューを眺めて思案する。
「カキフライ」か「カキバター醤油炒め」か、
はたまた両方か(笑)。ofuku04選んだのは、炒めの頃合いも文句のないバター醤油炒め。
大津だとどの辺りからの牡蠣が多いのかと考えます。

やっぱり日本酒だよなぁと呟きつつ振り返って認めた短冊に、
「浅茅生(あさぢを)」という銘柄の行を見付けた。ofuku05さっき店先の前を窺った、
あの酒蔵のお酒だと合点して女将さんに御燗を頼む。
お猪口を手にうんうんと判ったような所作でほくそ笑みます(笑)。

すっかり日本酒モードになったので、
「鯖へしこ焼き」なんぞにも挑んでみる。ofuku06燗酒には勿論合うのだけれど、
如何せん塩辛いのは、血圧が気なるお年頃だからでしょうか(笑)。

琵琶湖の浜辺にいることを実感させてくれる肴はないかしらんと、
改めてこの日メニューを紐解けば、
「若サギ天ぷら」には”琵琶湖産”と冠がついていた。ofuku07これが琵琶湖の公魚かと、これまた訳知り顔になる(笑)。
大将に訊けば、まだ小振りな時季であるらしい。
もうちょっとカラッと揚げてくれるとより美味しいものと思います。

ここいらで〆てしまおうと更にメニューを物色すると、
お店の名前を冠した「おふく鶏うどん」というのがある。ofuku08ぶつ切りした鶏の身が、
ゆったりした汁に浮かんでいい感じ。
うどんそのものは、
コシつきで迫るでもやわやわに溺れるでもない、そんなヤツ。
いつぞやのおひるに近所の「麺せい」でいただいたのが、
鍋焼きうどんであったことをふと思い出す。
この辺りは何気にしっかり根付いたうどん文化圏なのでは?
なんてことも思ったりいたします。

浜大津駅前、京阪石山坂本線の軌道のすぐ脇に、
酒亭「おふく」がある。ofuku09近所のスナックのおねぇちゃん達が、
煙草ぷかぷか吸っているのがちょっぴり迷惑だったけど
彼女らがきっと常連だもの、
まずは気にしないように努めるのが、
一見さんの振る舞いでありますね。

「おふく」
大津市浜大津2-4-13 [Map] 077-524-0933

column/03644

とんかつ「自然坊」で丁寧に揚げるロースにヒレかつ唐津焼の表情と安定感が齎すもの

jinenbo蒲田、蓮沼、池上、千鳥町。
蒲田駅を離れた池上線は、ゆっくりと右へ左へとカーブを描きながら大田区の住宅地を進みます。
千鳥町の次の駅が、久が原駅。
此処でも池上線の基本形であるところの相対式ホームで、ホームの端に踏切があり、そこで上下線を行き来するのも池上線でよくみる光景であります。

千鳥町駅から少し標高を上げてきたレールが、
ほんの少しカーブして久が原駅のホームに流れ込む。jinenbo01jinenbo02白いペンキでお化粧してしまったけれど、
旗の台駅のものと同じ造りの木製ベンチが此処でも、
次の電車への待ち時間を過ごす止まり木になってくれています。

踏切を渡って、駅の東側に出て、
その先の五叉路を右に折れ、
道に沿って緩やかに左へとカーブしてゆくと、
左手に目的地が見えてきた。jinenbo03パール様の空色のタイルを貼った、
三階建ての建物のその一階にあるとんかつ店。
ちなみに、この道をさらにずんずんと進むと、
「マウンテンバーガー」のある上池上通りに至ります。

休暇の平日のおひるにお邪魔すれば、
それ相応に落ち着いた雰囲気の店内。jinenbo04L字のカウンターの隅に佇んで、眺めるお品書き。
箸を包んだ帯に刻んだ文字は「自然坊」だ。

注文を終えて、いただいたお茶の器にオッ!となる。jinenbo05少なくとも100均辺りで誂えた湯呑みではないことは、
ド素人にも自ずと判る。
ただの重さとは違う”厚み”と石の中から削り出したような表情がいい。

ふと、目の前の状差しに置かれていたパンフレットが目に留まる。jinenbo06手にとって見る表紙が示すのは、
中川自然坊 遺作展とその会期。
とんかつ店「自然坊」の店名は、
唐津の陶芸作家、中川自然坊氏に由来しているのだという。
お茶を淹れてくれた湯呑みもきっと、
その中川氏の作なのでありましょう。

ゆったーりとした時間が流れて、
あ、なんで麦酒を呑まなかったんだろうと、
やっと気がついたそんな頃(笑)。
お願いしていた「ロースかつ定食」が届きました。jinenbo07丁寧に丁寧に揚げられた様子が、不思議と伝わってくる、
そんな表情の感じがいい。

その断面を拝むと、
みっしりと表裏一体一身胴体の衣と身肉。jinenbo08Wedページには純国産のやまとのみ使用とあるが、
それは程良い脂を含んだもの。
うん、美味しい。
ソースをぶっかけちまうなんて勿体ない。
前半は塩で、後半を醤油でイクのがよく似合います。

日を替えてまた同じ、カウンターの隅。jinenbo09正面の壁に据えた食器棚は、
中が素通し出来る硝子戸の仕様。
整然と仕舞い置かれているのも、
中川氏の唐津焼なのでありましょう。

電熱線に炙られて、南部鉄器と思しき鉄瓶が湯気を吐く。jinenbo10ありそうでいて、
なかなか目にすることが少ない光景なのではないでしょか。

ロースの次にはやっぱり、
「ヒレかつ定食」を所望する。jinenbo11半裁したヒレかつが載せられたお皿もたっぷりした厚みがあって、
その重厚なる安定感が、
その上の小さな宇宙の基盤となっているようにも映ります。

ロースに比べれば勿論、
さらっとした食べ口のヒレかつ。jinenbo12こちらは前半を芥子醤油で、
最終コーナーをソースでいただく。
ふむふむ、うんうん。
綺麗な油で揚げ上げる様子が想像できる透明感がふと過ぎる。
ゆっくり目に刻んだであろうキャベツに、
東銀座「にし邑」のそれを思い出しました。

定食にはお口直しの冷菓がついてくる。jinenbo13とんかつの〆にバニラのアイスが、
これまた不思議とよく似合う。
真夏であってもソルベではなくって、アイスがいい。
何故だか、そんな気がいたします。

大田区久が原の住宅地のど真ん中に、とんかつ「自然坊」はある。jinenbo14敢えて云うなら、”オトナのとんかつ”と謳いたい。
冬の時季の「牡蠣フライ」がどんな悦びを与えてくれるか、
それも試しに行かなくちゃだ。

「自然坊」
大田区久が原4-19-24 [Map] 03-5700-5330
http://www.tonkatsu-zinenbou.com/

column/03641

うどん「麺せい」で大津の琵琶湖の景色と外輪船と京阪の路面電車と鍋焼きうどん

mensei滋賀県大津市。
それが何処にあるかというと恐らく、琵琶湖沿岸の何処かにあるのだろうと朧気に推測する。
それじゃあかんと改めて地図を眺めれば然り、琵琶湖の南西に位置するのが大津市。
何気なく地図を退いてみると、京都からも程近い。
調べてみるとなんと、JR琵琶湖線快速で京都から9分の距離にあるのが、大津駅なのでありますね。

大津駅から琵琶湖方面に向かってだらだらと下っていくと、
浜大津の駅に出る。mensei01その先の広い空が琵琶湖のそれ。
穏やかな冬の日の湖面にハクチョウらしき水鳥が、
呑気に浮かんでいました。

そんな大津港マリーナには、
琵琶湖汽船によるクルージングルートがあるという。mensei02訪れた時間に接岸していたのが、
優美な姿の外輪船MICHIGAN号。
船上からは生演奏の音が聞こえてきます。

港を離れてすぐのところにあるのが浜大津駅。mensei03まるで車両基地のような駅舎から滑り出てきたのが、
京阪の石山坂本線の車輌。

そして、ギュルルンと90度の円弧を描いて坂道に向かうのが、
同じ京阪の京津線。mensei04mensei05西近江路という街道の坂道をスルスルっと上り往く4両編成。
やっぱり路面電車って、いいよね(笑)。
ただ、路面を走るのは浜大津からひとつめの駅、
上栄町の手前までのこと。
そして、その先ではなんと路面電車転じて地下鉄になるのだ。

ちょうどお昼時。mensei06京阪京津線がその道の真ん中を走る、
西近江路の坂の途中で見付けた暖簾のひとつ。
見上げた看板には、うどん「麺せい」とありました。

晴天なるも放射冷却で冷え込んだ日和だったので、
店頭のお品書きですぐに決まったメニューは、
本日のサービス麺「鍋焼きうどん定食」であります。mensei07海老天一本が載り、中央に玉子を落とした、
どこぞのサンプルであるかのように正しき表情の鍋焼きうどんだ。

箸にリフトしたうどんそのものはというと、
これもまた極々スタンダードな装いのもの。mensei08地粉やふすまの気配なしにどこまでも白く、
そして、細くも太くもない。
例えば讃岐のそれのような腰付きで迫る素振りを感じさせないのは、
鍋焼きという仕様が故のことなのか。
かといって、大阪うどん、博多うどんに思うやわやわでもない、
そんなおうどんで。
でもね、とっても温まって、ちょっと汗掻いてしまいました。

京阪京津線が路面を走る西近江路沿いに、うどん「麺せい」がある。mensei09今日もきっと、
窓越しに京阪の空色と黄色が過ぎる気配を、
誰も気にも留めることなく、
いつものうどんを啜っていることと思います。

「麺せい」
滋賀県大津市中央1-6-15 [Map] 077-522-8021

column/03640