「焼鳥串焼きオヤジ系」カテゴリーアーカイブ

やきとり「鳥福」  

noge1025.jpg双方酔っ払いにつき、記憶おぼろ気。行こうとした店と勘違いして入ったらしい。隣の客が矢鱈と話しかけてきてウザかったね。不思議と覚えているのは、どんなんだろうと思って訊いた「横浜こんにゃく」には旬があるらしく食べれなかったこと、そして星川の駅前で売ってるらしいこと。わざわざ星川まで買いに行くつもりはないけどね。やきとり屋さんに行きながら、やきとり食べた記憶はキレイに残っておりましぇん。渋谷のんべえ横丁の「鳥福」とはなにか関係があるのでしょうか。 「鳥福」 横浜市中区野毛町2-66 045-231-2230
column/00177

旬菜市場「JAN de HUCKLE」

jandehuckle.jpg「ハックリベリー・フィンの冒険」に登場するという隠れ家的な小屋をイメージして作ったという。
ドーム型の形状と白い壁に浮かび上がる「JAN de HUCKLE」の文字や骨太なの扉廻りが本牧通りの通りすがりにもよく目に留まる印象的な面構えです。
高い天井の店内の、無骨な古材を使った長テーブル&長椅子へ。
「芝エビのパリパリ長春巻」「アボガドとマグロのジャパニーズスタイル」なんかの創作系料理をね。
「JAN」には、「焼く」という意味があるらしく、カウンターでは客自ら炭火焼きを楽しめるようになってます。

「JAN de HUCKLE」
横浜市中区本牧間門1-7 [Map] 045-624-5240

column/00095

やきとり「里葉亭」

ribatei.jpg一品一品に工夫が感じられて嬉しいやきとり&串焼きのお店です。
いつも混んでるらしいね。
手羽のから揚げとか鳥さし、レバさしが旨い。
もちろんやきとりも。
秀逸だったのは、大ぶりのピーマンをホイル包みで焼いたもの。
ピーマンからでるスープがこんなに旨いなんて!なんてことない店構えですが、ここおすすめです。
イセサキモールからみて松坂屋の裏手、その奥あたり。

「里葉亭(りばてい)」
  横浜市中区福富町仲通3-2 [Map] 045-251-7676

column/00058