「焼鳥串焼きオヤジ系」カテゴリーアーカイブ

元祖手羽先唐揚「風来坊」で手羽先唐揚げささみ刺身手羽餃子に名古屋めしを思う

furaibo例えば「矢場とん」の八丁味噌をソースにしたとんかつは、諸手を挙げて称えるものとはちょと違う気がする。
鰻蒲焼はそれだけで旨いから、ひつまぶしの三段活用はなくてもいいんじゃないかなぁなんて思ったり。
「味仙」の台湾ラーメンのインパクトは強烈だけれど、一度でいいかなぁと思うのは「二郎」を卒業しちゃった身だからかなぁとか(笑)。
ただ、気の利いたイタリアンが点在していたり、「ままや」「おっこん」といった料理屋や矢場の居酒屋「大江戸」なんかは決して悪くない。
そうそう、居酒屋情緒からいけば、伏見の老舗「大甚 本店」や名駅の「のんき屋」あたりにも複数回足を運んでる。
京都大阪や東京の幅と奥行きがどんだけ広くて厚いんだってってことかもしれません。

名古屋名物と謳うもののひとつに、手羽先の「世界の山ちゃん」がある。
名古屋の街中にいるとここにも此処にもとあちこちで創業者らしき御仁のイラストが入った看板が見つかる。
そのうちの何軒かに入ってみたものの、正直なところこれも”名物に旨いものなし”ってことなのかなと思ったりした(笑)。
でもそれとは違う手羽先の店があると知って向かったのが、ボストン美術館のある金山駅です。

店の名を「風来坊」。
気風のいい力強い揮毫の暖簾を潜ると小ざっぱりした店内と気の置けない風情のオバちゃんたちが迎えてくれます。

燗のお酒をいただいて、まず迎えたのが「ささみ刺身」。furaibo01さっと霜降りした表皮の中から活き生きした鶏の仄甘さが愉しめます。

そしてやっぱり「手羽先唐揚げ」は外せない。furaibo02うんうん、某店の出汁殻みたいな手羽先ではなくて(笑)、骨を包んだ身がたっぷり味わえていい。
味付けも過度な調味料を思わせない自然な仕立てのタレがいい。

初鰹には早過ぎる?とかなんとか云いながら「かつおたたき」。furaibo03しっとりと澄んだ紅色に炙られた桜色が縁取る鰹。
さらっとした仄かな酸味の中に旨味が花開いてゆきます。

当然ながら春限定の「新竹の子の天ぷら」もいただきたい。furaibo04柔らかな筍の歯触りと滴るような甘さ香りは、春先の贅沢のひとつですね、オバちゃん。

「砂肝串焼き」は、ちまちましない大振り切り身でやってきた。furaibo05塩加減もよろしく、独特の歯応えも美味しさの大事な要素もひとつです。

んじゃ下足も焼いてもらおうと「いかげそ塩焼き」。furaibo06このぶつ切り具合が、串焼き屋さんのそれでなく、料理屋さんの串を思わせていいんだ。

しまった、鶏料理もまだまだあるんだったと「手羽餃子」。furaibo07手羽の皮の中にこれでもか!ぐらいに餃子あんを押し込んである。
芳ばしくもジューシーな皮目の旨味と餃子あんの渾然が不味かろう筈がありません。
ちょっと呑み過ぎのご馳走さま(笑)。

元祖手羽先唐揚げを謳う「風来坊」の金山店にやってきた。furaibo08「風来坊」は、小倉出身の創業者が興した店で、いまや名古屋市内を中心に多くの店舗元擁しているらしい。
鶏料理の項には、店の起源でもあるらしい「ターザン焼き」なる一品とか「しもふり」なるお題もある。
またお邪魔しなくっちゃだ。

「風来坊」金山店
名古屋市中区金山4丁目1-14 [Map] 052-331-8581
http://www.furaibou.com/

column/03545

炭火焼飯や「武平次」で西京焼き鮭に銀かれいさんまの開きサーモンハラス

buheijiすずらん通りから折れ入った青森創作郷土料理の店「大わ山」のある横丁は、喫茶店「エルパルケ」の前を通って、焼鳥「きや」の脇へと抜けてゆく。
その「エルパルケ」の並びにあるのが、炭火焼の「武平次」。
横丁沿いの窓越しに焼き台を据えていて、炭火焼の煙の気配がなんとはなしに漂っています。
炭火焼の窓辺というと、東銀座の「越後屋八十吉」を思い出す。
なんだか豪快に煙を出して目を挽いていた記憶があるけれど、最近はそう派手なこともないよな気もする。
炭火焼きの店の煙の処理ってのも色々あるのかもしれませんね。

横丁を歩くと、円に「焼魚」と示した行燈看板が目に留まる。buheiji01今日は何にしようかなと考えつつ、やや重めの引き戸を開きます。

愛想と元気のいいお姉さん方に迎えられてカウンターの一席に着く。buheiji02冬場には寒さ対策の膝掛けが準備されています。

お品書きは片面が「武平次定食」の定番メニューが10品で、裏面は週替わりのメニュー2品になっている。
例えば、週替わりメニューから「さんまの開き炭火焼定食」が気になる日がある。
まさに炭火焼の定番でもある秋刀魚開きが、まさにパッカリと両開き。buheiji03新鮮な秋刀魚を炭焼きして肝とともに喰らうのがシズルな旨さなら、干した秋刀魚をホジホジして喰らうのは凝集した旨味をじっくり味わう喜びなのでありますね。

オヤジさんが亡くなってから足が遠のいてしまったけれど、「殿長」の「銀鱈の西京焼き」が好物だった。
西京焼きって佳いよねと刷り込まれた頭には、これまた週替わりの「鮭の西京漬け」がヒットする。buheiji04鮭の身の滋味と脂に西京味噌の香りが重なって、うん、美味しい。

人形町「柿一」を思い出しつつ「伴助ほっけ」なんぞを注文して、腰掛けているカウンターから焼き台を眺める。buheiji05柱には当然のように備長炭使用店の木札が掛かっています。

鮭も良ければ「銀かれい西京漬け炙り焼き」は如何でしょうと所望する。buheiji06銀鱈よりも明らかに繊細な身にひたひたっと西京味噌の風味が滲みて。
嫋やかでちょっと儚いよな魅力でありますね。

定番メニューから例えば、「サーモンハラス干し定食」。buheiji07あれ焦げちゃったのね~くらいに炭に炙られた様子が脂の多さを物語る。
咥えればホロホロとしな垂れ掛かるように解れて、脂の甘さの発露を味わえます。

お魚ばっかりかと思っていたら、定番メニューの後半に「肉」コーナーがある。
そこから「若鶏の唐揚げ定食」を注文んでみた。
そしたらドドドンと意外なボリュームで届いて、ちょっと仰け反る(笑)。buheiji08こいつぁもしかして、最近ご無沙汰の「八丁堀食堂」ノリだなぁとニヤニヤしながら、大口開けて暗い付く。
そりゃもう、満腹なのであります。

カウンター前には、ずらずらっと酒瓶空き瓶が並んでる。buheiji09「獺祭」もあるなぁと眺めていると、「獺祭呑み比べ」なんて貼紙をみつける。
大吟醸、試、磨き二割三分と色々あるのだなぁ。

八丁堀の横丁に炭火焼き焼魚を食べたくなった時の選択肢のひとつ「武平次(ぶへいじ)」がある。buheiji10「武平次」には、こちら八丁堀本店のほかに、に八丁堀桜橋店というのが「生駒軒」の並びにある。
夜の部の「獺祭呑み比べ」は、どちらに行こうかな(笑)。

「武平次」八丁堀本店
中央区 八丁堀 1-8-9 佐藤ビル1F [Map] 03-5541-5610

column/03528

串焼「いろは」で 串焼きに大蒜味噌燃える男の酒線路際の立ち呑み

irohaイタリア製の腕時計をいただいた。
そう書くとなにやら高価なブランド品のイメージが湧くけれど、 それとはちょっと趣の違うもの。
それは、なんと、木製の腕時計。
それは当然のように軽やかで。
今までごっついダイブコンピューターを普段使いにもしていたので、 その差たるやなかなかのものです。

ところが、ベルトの長さを調整しようと簡素な説明書きを読んでは、
付属していた小さな道具でトライするも上手くいかない。
あんまり強引にすると木製ゆえ欠けたりしてしまいそう。
うー、と悩んで、ここはプロにお願いすることにする。

身近なところでベルト調整してくれそうなところを探して目に留まったのが、
大井町にある某店。
問い合わせを入れると、溝の口に本店があって、
そこならその場で対処できますよってなことで、
まぁ、久し振りに溝の口駅を降りてみるのもいいかと大井町線に乗り込みました。
二子玉川までだった大井町線を田園都市線の混雑緩和のために手を入れて、
急行を走らせ、溝の口まで延伸し、今は時々長津田までそのまま乗って行けるんだ。

たまたまみつけた溝口神社にお参りし、ご朱印をいただいて、
訪ねたのは、時計屋さんというよりは、ブランド買取を主体とした小奇麗な質屋。
ホンマにココかいなと訝りながらも(笑)、無事、ベルト調整を済ませました。

その帰り道のこと。
何本もの道がなんだか複雑に入り組んだ栄橋という交叉点を渡り、
駅方面へと斜めに進んでいき、「時代屋Old Oak」というバーの角を曲がると、
目の前に「溝の口駅西口商店街」という大きな看板とアーケードが出現した。iroha01

へーと思いながら侵入すると、アーケードに漂う煙。iroha02煙の元では幾人もが集るように立ち囲んでる。

いいねぇ、焼鳥「かとりや」、人気あるねぇと思いつつ振り返ると、
Y字に分かれた股のところにすっかりオープンな八百屋がある。iroha03昭和というか、戦後な佇まいに思わずうきうきしてしまいます(笑)。

今来た方とは逆の左手の方へと抜けて行くと、南武線を渡る踏切がある。
そして、振り返ったところで、なんとも素敵な光景に出会すことに!iroha04線路のすぐ脇に建つ商店街の様子がつぶさに判る。
南武線の車両が通り過ぎる度に、
その振動とともにすっかり陽に焼けたポリカの波板がわなわな震える。
でも、その狭い通路を通るひと達は勿論、何事もないように行き交っていくのです。

間口一杯に掲げた看板には、串焼き、そして蒲焼、うなぎ「いろは」とある。
ちょっくらちょいと寄り道していきましょう。

既に6、7人の先客さん達が、各々のポジションで吞んでいる。
さて、どこに両足を据えようかと、ひとまず二三歩踏み入ると、
オニイサンこっちこっち的に通路側の位置を促されました。
そうなればシメタモノ、まずはホッピーをと注文を伝えます。

例によって、焼酎はジョッキの中に入ってくるものと思っていたら、
なにやらスタミナドリンクの入ったようなボトルを手渡される。iroha06え?っと思いつつラベルをみると、「燃える男の酒 焼酎」と書いてある(笑)。
いいねいいね、そしてこれできっと何杯吞んだかよく判るもんね。

真横から眺める位置なので見難いながらも、壁に貼られた品書きを確かめる。iroha14煮込みの類はと訊くと、この日はたまたまないらしい。
まぁ慌てることもないかと、まずは「マカロニサラダ」あたりをいただきます。

まず焼いてもらったのは、「つくね」「なんこつ」に「かしら」をタレで。iroha08キレのよいタレ味に満足しつつ、
お皿に添えてくれた味噌と練り芥子をちょと混ぜて串につけると更に旨味倍増。
味噌に織り交ぜたおろし大蒜の仕業だ。

背中のすぐ後ろをチャリンコが通り過ぎる。iroha09棚の隅に置いたテレビでは、錦織が全豪オープンを戦っている。
並んで立って吞んでいる常連らしきオッチャン達が、
うおーとかすげーとか云いながら、愉しそう(笑)。

二本目の焼酎ボトルを貰って、お代わりのジョッキをつくったところへ、
次のお皿も手渡してくれるニコヤカなお兄さん。iroha10「鳥」に「鳥皮」、「ピーマン」の串が手招きします。

ビシっ!と大きな音とともに墨が撥ねて大騒ぎ(笑)。iroha11改めて覗き込んだ焼き台では、
綺麗に並べた墨が豊かな熱量を湛えて妖しい色に熾っていました。

焼き上がった茄子や厚揚げには、たっぷりと花鰹。iroha12薄く表面を炙った「ウィンナー」をはふはふと串から齧って、
ホッピーのジョッキをぐいと傾ける。
そろそろお愛想しましょうか。

戦後の風景、溝の口西口商店街のアーケード。
南武線のすぐ脇を通る通路に串焼き「いろは」の提灯が点る。iroha13八百屋さんと境目も曖昧な右側に対して、
左手には扉を開けて入り座って吞めるスペースもある。
でもまぁ、立って吞るのが素直な醍醐味でありましょね。

「いろは」
川崎市高津区溝口2-4-3 [Map] 044-811-4881

column/03511

やきとり「国道下」で 戦前なまんまの駅下に昭和なまんまの居酒屋

koudoshita.jpg京浜運河に向けて視界を広げた、 鶴見線海芝浦駅のホーム。 東芝の敷地内にある海芝公園から愛でた、 煌く海辺の景色が脳裏に鮮明です。 鶴見川の向こう側、沖縄区と呼ばれる界隈の、 うちなーすば「ヤージ小」のドンブリも美味かった。 そんな記憶を抱きつつ、 陽が落ちた鶴見線のある駅のホームにいました。

鶴見駅を出たレールが、 鶴見川を渡らんと大きくカーブを描いたところに置かれたホーム。koudoshita01.jpg降りるひとも電車に乗り込むひとも疎らな駅は、 その名も「国道駅」。

改札口へと階段を下って、反対側への通路を進むと、 そこから更に下の通路が見下ろせる。koudoshita02.jpg何気に視線を降ろしたら早速、 お目当てのお店が突然視界に飛び込んできました。

鶴見線の所属駅はすべて無人駅。koudoshita03.jpgそれ故、何処も改札口付近に出場と入場をそれぞれチェックする、 Suicaの改札機が設置されています。

やや薄暗がりの通路を改札口から右へ出ると、 国道を渡る横断歩道に出る。koudoshita04.jpg成る程、国道駅は、国道15号(通称:第一京浜)をガードで渡った、 すぐ際にあるのです。 そして、逆方向に通路を抜けたところにある跨道橋を潜る道が、 旧京濱國道、つまりは明治時代の「1號國道」であるようです。

阪神の今津線にも阪神国道駅というのがあるらしい。 確かに国道の脇にある駅は全国あちこちにあるだろうけど、 トラック行き交う産業道路っぽい道路のガード下に入口を空けた此処にこそ、 古き1号国道の沿道にあり続ける此処にこそ、 この名が相応しいように思えてきます。

国道駅は昭和5年の開業以来、 これといった改築がなされていないという。 ふたたび戻った通路はやっぱり昭和の匂いが色濃く漂ってる。 まるで、ラーメン博物館を設えたのと同じチームが作り込んだセットのよう。koudoshita05.jpg「三宝住宅社」の看板が実に味がある。 中に灯りが点っているのだけれど、もしかして現役なのかしらん。 そして、その向かいには、白雪提供、お酒とお食事「とみや」の看板。 こちらはどうやら、とても残念ながら既に閉めてしまっているようだけど、 看板の下で今にも朽ちようとしている佇まいに昭和の残り香を思います。

そして、店を前にして、 余りに出来過ぎの雰囲気に気圧されて、少々たじろぐ(笑)。 意を決して、暖簾に顔を突っ込んで、空席を訊ねます。 カウンター席は一杯で、その背後に置かれた小さなテーブルの丸椅子に、 居場所を得ました。

瓶の麦酒をと女将さんに所望すると、手渡されたのは、 キリンラガーの瓶とコップ。koudoshita07.jpgこふいふ雰囲気には、此奴が一番似合います。

女将さんを通じて焼き台前に立つオヤジさんに通った注文は、 焼き鳥の盛り合わせ。koudoshita08.jpg大皿に仕込んであった串がもうすぐなくなりそうな、 そんなタイミングで何とか焼き鳥の串にありつけました。 タレの甘さが印象的。 そのためか、辛味味噌が添えてあるのかもしれません。

カウンターのお客様のおひとりが、仲間がやってきたということで、 外で呑むよとカウンターを離れたので、その後釜にと移ります。koudoshita09.jpgいままで座っていた丸椅子辺りを振り返ると、 このスペースが都橋商店街「ホッピー仙人」では、 ダークダックス的立ち飲みスペースになってるんだね、 なんて思ったりいたします(笑)。

お願いしていた「ポテトサラダ」が丁度目の前に。koudoshita10.jpgそれぞれの具材がごろごろっとしながら、 全体がしっとりジャガイモに包まれている感じの仕立てでございます。

奥の壁の隙間に押し込めるように貼られた変形黒板がお品書き。koudoshita11.jpg斜めの天井が階段下のそれだとすると、此処に二階があるのでしょうか。

「もつ野菜煮」は、さらっとした味噌仕立て。koudoshita12.jpg野菜から滲んだ甘さも含んでいるようで、 野菜も一緒に炊いちゃえっていう、ちょっとしたアイデアがいいね。

正面の棚をみるとそこには、近頃珍しいダルマのボトルも並んでる。koudoshita13.jpgこんな処にも昭和にタイムスリップしたような気分にさせるアイテムが潜んでいます。

亀甲柄のジョッキを見つけて、ハイボール。koudoshita14.jpgあ、角でなく、オールドでハイボールにしてもらえばよかったな。

お隣さんの注文の真似をして、「サンマさし」。koudoshita15.jpg脂ノリノリで蕩ける美味さに間違いはありません。

戦前のまんまの国道という名の駅の下に、 昭和のまんまの居酒屋、その名も「国道下」がある。koudoshita16.jpg koudoshita17.jpgkoudoshita18.jpg カウンターで行き交う話題は、地元色の濃いぃもの。 東芝や旭硝子、富士電機の事業所へと通うひと達がそこに混じって、 日毎賑わっている様子を想像したりしています。

口 関連記事:   うちなーすば「ヤージ小」で 煌めく海芝浦小旅行沖縄区ソーキそば(14年10月)   ホッピー専門店「ホッピー仙人」で 白生堀越さん都橋の仙境の男前(14年09月)


「国道下」 横浜市鶴見区生麦5-12-14 [Map] 045-503-1078
column/03459

休憩茶屋「たぬきや」で 鉄橋眺める河川敷の麦酒特別な心地良さ

tanukiya.jpg川面を眺めながらの河原での夕涼みとか、 川辺でのバーベキューの麦酒とか、いいよね。 海辺の魅力とはまた違う水辺の情緒が素敵です。 その一方で、電車が踏切を滑り抜ける姿とか、 鉄道車両が鉄橋を駆けてゆく光景には、 鉄ちゃんならずとも、しばしそれをじっと眺めてしまう魅力がある。 そんな、川沿いの魅力と鉄道脇の情緒をお酒と一緒に一度に楽しめてしまう場所があると知って、 以前から行きたいなぁと思っていました。

タワーマンションが林立し躍進目覚しい武蔵小杉駅でJR南武線に乗り換えて、 降り立ったのは稲田堤駅。 そこから一路、多摩川の方向へと向かいます。 多摩川の土手を走る車をやり過ごして、土手の向こうに立てば、 お目当ての建物が見下ろせる。

戸外に置かれたテーブルは既にもう、お客さん達で賑やか。tanukiya01.jpg運よく席を離れる親子がいて、居場所を得ることができました。

早速、厨房があるらしきところの列に並ぶ。 残念ながらもう「牛もつ煮込み」は、品切れの様相と知る。 隅ではおばちゃんが焼きそばを炒めたり、 焼き鳥の串を動かしたりしています。tanukiya02.jpg振り返って眺めた店内が割とガランとしているのは、 こんないい日和の午後にはみんなやっぱり外の席がいいからに他なりません。

さてさて、ジョッキの麦酒をゲットして、いざいざ乾杯!tanukiya03.jpgジョッキを傾け、ぷはーとしたところにそよそよっと風が吹いて、 あー、なんともいい心地であります。

盛り合わせをするにももう、おでん鍋の中は空になる寸前で、 ではそれだけでもと頂戴した「おでん」の竹輪。tanukiya04.jpg残り物にたっぷりと汁が沁みています。

多摩川の向こう岸は、調布の街並み。tanukiya07.jpg鉄パイプを組んだ簡易な屋根に日除けの葦簀。 流れる雲に秋の色が覗いています。

品切れだったけれど、やればできるよと云われてお願いした「枝豆」は、 つまりは湯掻き立て。tanukiya06.jpgまだまだ温かい枝豆をつるんと口に搾れば、ああ旨い。 塩梅よき湯掻き立ての枝豆がいただけるとは思いませんでした。

そして、川のやや上流を走るのが京王の相模原線。tanukiya08.jpgこの自転車に乗り、犬を連れてやってきた捻じり鉢巻きのおやじさんは、 店の入口を入ったり出たりしながら何かしらお世話をしているようだけど、 常連さんなのかな、それともお店のスタッフなのかな、どっちだろ(笑)。

「ホッピー」と迷いつつ、シンプルに「チューハイ」を。tanukiya09.jpg一緒に注文んだ「冷奴」も、このシチュエーションでは格別に美味しく思えます。

そして、タレでお願いしていた「焼き鳥盛り合わせ」5本がやってきた。tanukiya10.jpg「とり正肉」「つくね」「白モツ」と豚の「カシラ」「レバー」あたりでしょうか。 そうそう、この辺りで「焼きそば」もと思ったら、なんと売り切れ。 しまった、さっき注文しておくのだった! ないと知ると益々募る、「焼きそば」恋し(笑)。

そうこうしている裡に、鉄橋の向うに夕陽が沈んでゆく。tanukiya11.jpg川縁からは、爪弾くギターの音が聞こえてきました。

多摩川の河川敷に建つ、心地良き休憩茶屋「たぬきや」。tanukiya12.jpg「たぬきや」はなんと、昭和10年から営んでいるという。 嘗て、鉄橋の下辺りを渡し船が行き来し、土手の両側が桜並木で、 何十軒もの茶屋が並ぶようなちょっとした名所であったらしい。 それが今や、一軒のみ残る川岸の憩いの場となっているんだね。

ちなみに、河川法では、河川を排他・独占的に使用したり、 河川に工作物を設置することを制限している。 河川管理者が特定の者に、河川敷の占用を許可している場所もあるけど、 一般に許可を得られているのは地方自治体である模様。 「たぬきや」の心地よさは、 昭和の初頭からの歴史があるからこそ享受できる特別なことなのかもしれません。

秋が深まった頃には、冬季限定「とりなべ」「湯豆腐」や「みそおでん」で、 お酒を舐めるのもきっといい。 その時には、食べそこなった「牛もつ煮込み」や「焼きそば」もいただかなくっちゃ(笑)。


「たぬきや」 川崎市多摩区菅稲田堤2-9 [Map] TEL非公開
column/03443