「焼鳥串焼きオヤジ系」カテゴリーアーカイブ

炭の屋「でですけ」で炭焼き鯖串にレバー串日本固有品種の赤マスAが良く似合う

dedesuke新橋のランドマークと云えばやっぱり新橋の駅前、SL広場にも面して建つニュー新橋ビルでありましょう。
昭和46年に開業したというニュー新橋ビルは、つまりは45歳ほど。
オリンピックの頃には、昭和の後半から平成までの半世紀を眺めてきたビルになる。
昭和の空気どころか戦後の闇市の残り香さえも思わせるような独特の風情を孕んだニュー新橋ビルに対しても再開発の動きがあるらしい。
耐震や防災対策の必要性は否定できないけど、あちこちでみられる古き良き建物の解体には、遣る瀬なさを想うばかりであります。

そんなニュー新橋ビルの裏手、週末の烏森通りは、
駅方向へ向かうひと達とそれとは逆に、
新橋三丁目辺りの店に向かうであろうひと達が、
行き交い擦れ違う賑やかさ。dedesuke01通りを照らす看板のひとつに、
今宵の止まり木、炭の屋「でですけ」の文字を見つけました。

案内されたのは、先客さん達の間を擦り抜けた先のカウンター。dedesuke02頭上には、焼鳥屋の佇まいを表す行燈が浮かんでいます。

口開きの麦酒をバーニャカウダ的お通しと、
「鶏のポテトサラダ」でやっつける。dedesuke03粗くマッシュしたタイプではなくて、
しっとり滑らかにさせたタイプのポテサラだね。

ここでメニューから選んだは、
今夜のお題”日本ワイン”のひとつ、
ジャパンプレミアム「マスカット・ベリーA2012」。dedesuke04グラスに注いだ時の明るめの紅が印象的だ。

マスカット・ベーリーAは、
日本固有の、日本を代表する赤ワイン用品種。
1927年(昭和3年)に”日本ワインの父”と呼ばれる川上善兵衛氏が、
ベーリー種とマスカット・ハンブルグ種とを交配して、
生み出したものだそう。

赤ワインを註文んでおきながら、
目の前の炭焼き台に載せられたのは、
縞模様も鮮やかな「サバ串」。dedesuke05dedesuke07程良く焼き上げられた鯖の串は、
キリっとした醤油タレが塗られて出来上がり。
脂がよーく乗った皮目あたりがめちゃ旨い。

そして、そんな醤油タレの鯖串に、
マスカット・ベリーAの軽やかなにして、
ふくよかな果実味が良く似合う。dedesuke06魚料理に合うのは一般に白ワインだと云われているけれど、
日本ワインはちょと違うと実感させる瞬間だ。

目の前の炭焼き台から続いて届いたのは、
串焼きの「こころ」。dedesuke08一瞬の弾力ある歯応えの後、
包みこんでいた旨みが一斉に弾け出る。
そして、こんな串にもマスAの、
華やかな香りがすっと馴染む。

正直なところ、
カベルネ・ソーヴィニヨンのチリワインあたりに代表される、
重さと濃密さ直球の赤ワインには縁遠くなっているけど、
こふいふ赤だったらもっと目線を向けてもいいかもと、そう思う。

「コショウ鶏」は、その名の通り、
胡椒味仕立ての鶏のソテー。dedesuke09齧ったピンクペッパーの香りに、
やわらかな口当たりの赤を追い駆けましょう。

さらに炭に炙られ、焼き上がったのが、
「レバー」に「つなぎ」。dedesuke10dedesuke11ふんわりと加減良い焼き具合のレバー。
醤油タレに包まれたレバーの甘さが解れ出して思わず唸る。
焼鳥には兎に角日本酒でなんて、
ステレオタイプしちゃっていたけれど、
渋味や重さの代わりに心地よい果実味のある、
日本固有種の赤ワイン、合うんじゃないでしょか。

もしかしたら鮪赤身のづけとか、
銀鱈の西京焼なんて酒肴の美味しさも、
より膨らませてくれるかもしれません。

新橋駅烏森口徒歩1分、
ニュー新橋ビル裏手の烏森通りに炭の屋「でですけ」がある。dedesuke12「でですけ」というとJRの車窓からも眺める、
饂飩も喰える恵比寿のお店だけかと思っていたら、
新橋・銀座にも展開していたのですね。

そんな「炭の屋 でですけ」には、
サントリーの企画で訪問しました。
希少品を含むサントリーの日本ワインの幾つかは、
amazonから試すこともできるようですよ。

「炭の屋 でですけ」
港区新橋3-16-4 西原ビル1F [Map] 03-3431-3442
http://www.dedesuke.com/

column/03616

串かつ「しろたや」でジャイアントなだし巻き串かつたこ焼き串かつボンクレの会

shirotayaそろそろボンクレのボンがまたやってくるのだけど。
この夏の酷暑の頃、キミマツ姐さんにそう脅されて(笑)、お盆前後にふたたび大井町界隈に集うことを画策しました。
ボンクレの会のクレの前回は、暮れではなくて正月になったものの、元「のスた」裏に素敵な女将さんのいる呑み屋さんを見つけたりなんかして、毎度の愉しい会になったもんね。
あれからもう半年が過ぎたのかとちょっぴり感慨も含みつつ、待ち合わせの大井町駅改札へと向かいました。

あっちの筋でも大活躍ちうのグヤ父さんと、
一時帰国ちうのlaraネエさん
そして黄泉の淵から蘇った、
大井町カリスマブロガーゆきむらと、
向かったのは、ゼームス坂上ときゅりあんとの間辺り。
そうそう、ずっと昔お邪魔したことのある、
北海道料理「藤半」のある横丁だ。

グヤ父さんの目聡さに引っ付いて突撃したのは、
あの、ジャイアント白田の串カツ屋、
その名もそのまま「しろたや」。
フルメンバー予定も、
とあるバンコク事情でGinちゃんが急遽不参加だけど、
キミマツ姐さんとナポちんが合流予定なのだ。

テーブルについてふと壁のポスターをよくよく見ると、
なんと店主白田が旨そうに、
ハイボールのジョッキを傾けているじゃありませんか。shirotaya01ジョッキがグラスに見えるのが面白い。
これってサントリーの販促ツール?
それとも勝手にパロディーしちゃったヤツなのでしょか。

まずはプレモルもらって、
恒例のかんぱーい!O(≧∇≦)Oイェェ~イ♪(笑)
ご注文はひとまず、串カツ文化圏育ちの、
グヤ父さん&ゆきむらクンにお任せしませう。

まずはコレからと大阪名物!と謳う、
「どて焼き」の器がソッコーでやってきた。shirotaya02牛スジを白味噌っぽいタレで煮込んだヤツ。
でろっとせず甘過ぎず、
おろ?イケるんじゃないっと父さんも太鼓判だ。

そしてここから怒涛の串カツラインナップが続くことになる。
どん、どどどん、どんどどどん!shirotaya03shirotaya04shirotaya05うん、串かつの店だものね(笑)。
そして、基本的にウマい。

牛の「串かつ」に「鶏レバかつ」、
「大粒ホタテ」に「たまねぎ」「じゃがいも」。
透けた赤が艶かしい「紅しょうが」に、
白板メニューの「さば」もいい。
うんうん頷くグヤ父さんの様子を眺めているゆきむらが、
おおっとヒいて、目を細めておりました(笑)。

そんな中で更に注視したのは例えば、
ででん!という異形でやってきた「関西だし巻き」。
食べ分けようねと串に沿って半裁すれば、
当然のように姿を現す玉子の黄色。shirotaya06流石に出汁が滴るようなノリではないものの、
おろ?なかなかなんじゃない?と合流したキミマツ姐さんが、
云ったとか云わないとか(笑)。

“しろたや名物ジャイアント串かつ”シリーズには他に、
「ハンバーグ」「なすび一本」「ちくわ」、
そして「フランクフルト」がラインナップ。
註文んでみたいような、ちょっと怖いような(笑)。
そういや随分と長くアメリカンドックって食べてないね、
なーんて話になったりもいたしました。

白田ポスターに誘われて、
いまや定番の「角ハイボール」。shirotaya07何故か、”かんぱーい!イェェ~イ♪”を眺める構図となりまひた。
メニューの角ハイのところにもポスターと同じ写真があるので、
どうやら勝手にパクって作ったビジュアルではなくて、
ちゃんとサントリーとコラボしたものなのでしょう(笑)。

なにやら今度は、真ん円の串カツがやってきた。shirotaya08shirotaya09どれどれと半分にするとなんと中から刻んだ蛸が。
大阪もんはこれを赦すのかどうなのか!
なんてことはさておき、
熱々をハフホフと食べ切ってしまいましょう。

そして、似た様な真ん円がもうひとつ。shirotaya10これね、あのね「紀州南高梅」なんです…。
コレだけはちょっとどうかなぁと、
そう思いつつ齧り付く。
おー、おろ?意外と悪くない、かも(笑)。

あのジャンアント白田が道頓堀に続いて、
串かつ「しろたや」を据える場所に選んだのは、
我等が大井町。shirotaya11大食いタレントが繰り出す店ゆえ、
なんちゃってメニューやぞんさいメニューが、並んでるんちゃうか?
というちょっとした疑念もすっきり吹き飛んで、
心地よく次の店へと向かうのでありました。

「しろたや」大井町店
品川区東大井5-15-10 [Map] 03-6718-4995

column/03612

鳥料理「鳥源」で新宿の思い出と水炊き雑炊コースビルの谷間の創業60余年の佇まい

torigen学生時代、新宿コマ劇場前といえば噴水のある広場でした。
学生やサラリーマン風情が、酔っ払った勢いで突入して奇声を上げている光景を何度も目撃したものです。
中村雅俊主演の青春群像ドラマ「俺たちの旅」のオープニングで、若き中村雅俊演じるカースケや田中健演じるオメダたちが噴水を横切るシーンがあったのは、同じ歌舞伎町の噴水なのでありました。
このシーンをよく憶えている方は、それなりのお歳だということになりますね(笑)。

そんな噴水の背景にいつもあったコマ劇場も、2008年(平成20年)の年末をもって閉場してしまった。
つい先日、物凄く久し振りにコマ劇場があった場所の前を通るとまだ開場前ではあるものの、すっかり建て替わって、シネコンTOHOシネマズのサインも目に留まる。
周囲の上空を見上げる視線に吊られるようにして建物の上方に視線を動かすとなんと!大きな爪のようなものが見える。
ゴジラがそんなところにいる、なんてね(笑)。

そして、待ち合わせは紀伊國屋書店の一階正面。
新宿での待ち合わせといえば、ミドマド(JRのみどりの窓口)か、ココだったものなぁ。
地階のカレーショップ「モンスナック」はまだまだ健在かなぁ。

独逸からの客人とご無沙汰ぁ!と手を振って、都合4名で集ったのは紀伊國屋の横っちょ、今はなき「NEW TOPS」とアドホックビルの間へと抜けていく道。
そこには、何度も何度もその前を通っているのに今まで一度もお邪魔したことのなかった店がありました。torigen01建物と建物の間でちょっと拉げたようにも見える古びた家屋が鳥料理「鳥源」の佇まいです。

予約の名を告げると、お二階へと招かれて狭い階段を上がる。
引き戸の奥は、何やら自然石の置物をずらりと収めた棚の控えるお座敷。
店主のご趣味なのありましょか。
おまかせ「水たき雑炊コース」をお願いしました。

ジョッキの麦酒をいただいているところにまず届いたのが、とりわさ。torigen02お通し的小鉢が、これから鳥料理が始まるヨと知らせてくれるようです。

続く突き出しの鶏皮ポン酢が、地味ながらもなかなか旨い。torigen03ちょっと炒ったような感じが芳ばしく、お酒を誘います。

「つくね」には、表面張力漲る黄身が添えられて。torigen04細か過ぎず粗過ぎずに挽いた鶏の歯触りが、すっきりしたタレと炭火で炙った芳ばしさでいい感じに纏まっている。
つくねをたまごの黄身のソースで喰ってやろうと最初に思い付いたには一体誰なんでしょうね(笑)。

12種類ほどある中から届いた串焼きは、わかどりに相鴨。torigen05合鴨じゃなくて、相鴨と書くのがちょびっといい。
鴨らしい香りが嫌味なく愉しめます。

そしていよいよ、鍋も登場。torigen06鍋の中は、当然のように白濁したスープがなみなみと。
ぶつ切りした鶏の身が顔を出しています。

二階担当のお姐さんの指示のまま、具材を鍋に投入して煮えるのを待つ。
いただいた独逸からのお土産は、シュナップスと可愛らしいスキットルのコンビ、そして小さなボトルが16本も並んだチョコレートリキュール。
ありがとう、でもどんだけ呑兵衛だとおもわれているのでしょう(笑)。

くつくつと煮えたところで、いざいざ。torigen07まずは、表層の白菜、エノキ辺りからいただきましょう。
もしかしたら、ずっとずっと昔博多でいただいた以来の水炊きかもしれません。
京都西陣の「鳥岩楼」でいただいたのは「親子丼」だったしね。

鶏のスープで炊いた野菜やらキノコやらをハフハフいただいてから辿り着いたのが、骨付きの身ややゴロッとしたブロックのような鶏の塊。torigen08まぁ、鶏の身そのものよりもこの白濁のスープにこそ本懐があるのかもしれません。

そうとなれば、雑炊は欠かせない。torigen09どちらも野菜の甘さも取り込んだ美味しい鍋になるけれど、博多の水炊きは一般的な水炊きに比べて鶏エキスのコクでひと味違うよね。

新宿紀伊國屋近くに創業60余年を数えるという鳥料理と博多水炊きの店「鳥源」がある。torigen10とんとご無沙汰の中洲辺りでもう一度、水炊きの鍋に正対したいものだなぁとそう思います。

「鳥源」
新宿区新宿3-17-11 [Map] 03-3354-7868

column/03556

元祖手羽先唐揚「風来坊」で手羽先唐揚げささみ刺身手羽餃子に名古屋めしを思う

furaibo例えば「矢場とん」の八丁味噌をソースにしたとんかつは、諸手を挙げて称えるものとはちょと違う気がする。
鰻蒲焼はそれだけで旨いから、ひつまぶしの三段活用はなくてもいいんじゃないかなぁなんて思ったり。
「味仙」の台湾ラーメンのインパクトは強烈だけれど、一度でいいかなぁと思うのは「二郎」を卒業しちゃった身だからかなぁとか(笑)。
ただ、気の利いたイタリアンが点在していたり、「ままや」「おっこん」といった料理屋や矢場の居酒屋「大江戸」なんかは決して悪くない。
そうそう、居酒屋情緒からいけば、伏見の老舗「大甚 本店」や名駅の「のんき屋」あたりにも複数回足を運んでる。
京都大阪や東京の幅と奥行きがどんだけ広くて厚いんだってってことかもしれません。

名古屋名物と謳うもののひとつに、手羽先の「世界の山ちゃん」がある。
名古屋の街中にいるとここにも此処にもとあちこちで創業者らしき御仁のイラストが入った看板が見つかる。
そのうちの何軒かに入ってみたものの、正直なところこれも”名物に旨いものなし”ってことなのかなと思ったりした(笑)。
でもそれとは違う手羽先の店があると知って向かったのが、ボストン美術館のある金山駅です。

店の名を「風来坊」。
気風のいい力強い揮毫の暖簾を潜ると小ざっぱりした店内と気の置けない風情のオバちゃんたちが迎えてくれます。

燗のお酒をいただいて、まず迎えたのが「ささみ刺身」。furaibo01さっと霜降りした表皮の中から活き生きした鶏の仄甘さが愉しめます。

そしてやっぱり「手羽先唐揚げ」は外せない。furaibo02うんうん、某店の出汁殻みたいな手羽先ではなくて(笑)、骨を包んだ身がたっぷり味わえていい。
味付けも過度な調味料を思わせない自然な仕立てのタレがいい。

初鰹には早過ぎる?とかなんとか云いながら「かつおたたき」。furaibo03しっとりと澄んだ紅色に炙られた桜色が縁取る鰹。
さらっとした仄かな酸味の中に旨味が花開いてゆきます。

当然ながら春限定の「新竹の子の天ぷら」もいただきたい。furaibo04柔らかな筍の歯触りと滴るような甘さ香りは、春先の贅沢のひとつですね、オバちゃん。

「砂肝串焼き」は、ちまちましない大振り切り身でやってきた。furaibo05塩加減もよろしく、独特の歯応えも美味しさの大事な要素もひとつです。

んじゃ下足も焼いてもらおうと「いかげそ塩焼き」。furaibo06このぶつ切り具合が、串焼き屋さんのそれでなく、料理屋さんの串を思わせていいんだ。

しまった、鶏料理もまだまだあるんだったと「手羽餃子」。furaibo07手羽の皮の中にこれでもか!ぐらいに餃子あんを押し込んである。
芳ばしくもジューシーな皮目の旨味と餃子あんの渾然が不味かろう筈がありません。
ちょっと呑み過ぎのご馳走さま(笑)。

元祖手羽先唐揚げを謳う「風来坊」の金山店にやってきた。furaibo08「風来坊」は、小倉出身の創業者が興した店で、いまや名古屋市内を中心に多くの店舗元擁しているらしい。
鶏料理の項には、店の起源でもあるらしい「ターザン焼き」なる一品とか「しもふり」なるお題もある。
またお邪魔しなくっちゃだ。

「風来坊」金山店
名古屋市中区金山4丁目1-14 [Map] 052-331-8581
http://www.furaibou.com/

column/03545

炭火焼飯や「武平次」で西京焼き鮭に銀かれいさんまの開きサーモンハラス

buheijiすずらん通りから折れ入った青森創作郷土料理の店「大わ山」のある横丁は、喫茶店「エルパルケ」の前を通って、焼鳥「きや」の脇へと抜けてゆく。
その「エルパルケ」の並びにあるのが、炭火焼の「武平次」。
横丁沿いの窓越しに焼き台を据えていて、炭火焼の煙の気配がなんとはなしに漂っています。
炭火焼の窓辺というと、東銀座の「越後屋八十吉」を思い出す。
なんだか豪快に煙を出して目を挽いていた記憶があるけれど、最近はそう派手なこともないよな気もする。
炭火焼きの店の煙の処理ってのも色々あるのかもしれませんね。

横丁を歩くと、円に「焼魚」と示した行燈看板が目に留まる。buheiji01今日は何にしようかなと考えつつ、やや重めの引き戸を開きます。

愛想と元気のいいお姉さん方に迎えられてカウンターの一席に着く。buheiji02冬場には寒さ対策の膝掛けが準備されています。

お品書きは片面が「武平次定食」の定番メニューが10品で、裏面は週替わりのメニュー2品になっている。
例えば、週替わりメニューから「さんまの開き炭火焼定食」が気になる日がある。
まさに炭火焼の定番でもある秋刀魚開きが、まさにパッカリと両開き。buheiji03新鮮な秋刀魚を炭焼きして肝とともに喰らうのがシズルな旨さなら、干した秋刀魚をホジホジして喰らうのは凝集した旨味をじっくり味わう喜びなのでありますね。

オヤジさんが亡くなってから足が遠のいてしまったけれど、「殿長」の「銀鱈の西京焼き」が好物だった。
西京焼きって佳いよねと刷り込まれた頭には、これまた週替わりの「鮭の西京漬け」がヒットする。buheiji04鮭の身の滋味と脂に西京味噌の香りが重なって、うん、美味しい。

人形町「柿一」を思い出しつつ「伴助ほっけ」なんぞを注文して、腰掛けているカウンターから焼き台を眺める。buheiji05柱には当然のように備長炭使用店の木札が掛かっています。

鮭も良ければ「銀かれい西京漬け炙り焼き」は如何でしょうと所望する。buheiji06銀鱈よりも明らかに繊細な身にひたひたっと西京味噌の風味が滲みて。
嫋やかでちょっと儚いよな魅力でありますね。

定番メニューから例えば、「サーモンハラス干し定食」。buheiji07あれ焦げちゃったのね~くらいに炭に炙られた様子が脂の多さを物語る。
咥えればホロホロとしな垂れ掛かるように解れて、脂の甘さの発露を味わえます。

お魚ばっかりかと思っていたら、定番メニューの後半に「肉」コーナーがある。
そこから「若鶏の唐揚げ定食」を注文んでみた。
そしたらドドドンと意外なボリュームで届いて、ちょっと仰け反る(笑)。buheiji08こいつぁもしかして、最近ご無沙汰の「八丁堀食堂」ノリだなぁとニヤニヤしながら、大口開けて暗い付く。
そりゃもう、満腹なのであります。

カウンター前には、ずらずらっと酒瓶空き瓶が並んでる。buheiji09「獺祭」もあるなぁと眺めていると、「獺祭呑み比べ」なんて貼紙をみつける。
大吟醸、試、磨き二割三分と色々あるのだなぁ。

八丁堀の横丁に炭火焼き焼魚を食べたくなった時の選択肢のひとつ「武平次(ぶへいじ)」がある。buheiji10「武平次」には、こちら八丁堀本店のほかに、に八丁堀桜橋店というのが「生駒軒」の並びにある。
夜の部の「獺祭呑み比べ」は、どちらに行こうかな(笑)。

「武平次」八丁堀本店
中央区 八丁堀 1-8-9 佐藤ビル1F [Map] 03-5541-5610

column/03528