「まーさん沖縄八重山料理」カテゴリーアーカイブ

琉球チャイニーズ「TAMA」で 黒胡麻酢豚沖縄そばのチャンプルー

tama青山学院大学の敷地の西側に沿って弧を描く、
青学の西門の接する通りは、
“老舗フレンチ「ラ・ブランシュ」のある通り”として、
すっかり刷り込まれています。
そして、その通りの中程にもう一軒、
ずっと気になっているお店がありました。
そのジャンルを示すショルダーネームに、
どっちやねん!とツッコミを入れざるを得ないのが、
琉球チャイニーズ「TAMA」です(笑)。

TONさん含むsepp先生と仲間達が集ったのは、お店中央の大きなテーブル席。
やや背の高い椅子に腰掛けて振り返れば、オープンな厨房は既に大忙し。tama01壁面のキャビネには、ワインボトルがずらっと並んでいます。

tama02ちょっと使い込まれた感じの手書きメニューにも、
ずらずらっと料理酒肴が並んでる。
如何にも沖縄料理っぽい品名の間に時々中華風の名前が顔を出す。
そんな感じのメニュー構成になっているようです。

当然ながらの「オリオン」なぞで乾杯をして、
まずは、これまたTHE沖縄の「海ぶどう」から。tama03粒々に放つ煌きはやっぱり、気分を彼の地に飛ばす魅惑を含んでいます。

「自家製腸詰」は、云わずもがなのチャイニーズ系お惣菜。tama04ぷちっと噛めば、凝集した旨味と脂の甘さ、そして五香粉を思わすほの香りが弾けます。

「オリオン」を程々にして、「請福」に切り替える。tama05彼の地でも内地でもこの泡盛が定番になってます。

収穫の時期にはまだまだ早いけど、「もずく酢」も欲しくなる。tama06これをいただくと、石垣のダイビングショップ「KATSU」の船上で食べたもずくを思い出す。
出汁を利かせたもずく酢がとっても美味しかったのでありますよ。

「請福」のグラスを手に、
ちょいと変化球でと「さつま芋のスティックフライ」。tama07太めに切るその加減が絶妙の歯触りを生んでいます。

オイチャン、最近はこんなものも注文するようになったんだよと(笑)、
「パクチーサラダ」のお皿を迎えます。tama08こんな風にざっくり刻んで、葱と合わせると益々美味しくいただけます。

「そーめんチャンプル」を頼んだら、素麺の在庫が尽きてるらしく、
相談の結果「沖縄そばチャンプルー」をお願いすることに。tama09平打ちのやや縮れ麺は、チャンプルーするにも適したヤツで、
油に馴染んだソーメンもいいけれど、
それよりももしかして正解だったのじゃないかと秘かに思ったりいたします。

真っ黒で一見なんだか判らないのが、「黒胡麻の酢豚」。tama10黒酢と擂った黒胡麻のあんに絡めてコックリ迫る豚さんが中にいた。
振り掛けられているのは、白胡麻だね。

優しく〆てしまおうかと、「アーサーそば」。tama11アオサの香りふくよかにして鮮やか。
石垣「のりば食堂」の「島アーサー&三枚肉そば」を思い出しつつ、
美味しく平らげるのでありました。

青学沿いに弧を描く裏通りに、琉球チャイニーズを標榜する「TAMA」がある。tama12沖縄系と中華系とが混在するメニューには、まだまだ気になるフレーズが残ってる。
少々沖縄系メニューに寄り過ぎてしまった今回の反省を踏まえ(笑)、
次回は、ワイングラス片手に調理の様子を眺めつつ、
「琉球麻婆豆腐」に「キラマンギン」、「アボカド島豆腐」あたりをいただきたいな。

口 関連記事:
  ふらんす料理の店「ラ・ブランシュLa Blanche」(06年10月)
  味処「のりば食堂」で 島アーサー&三枚肉そばうこん入り黄色麺(09年07月)

「TAMA」渋谷
渋谷区渋谷2-3-2 [Map] 03-3486-5577
http://tama2007.jp/

column/03505

沖縄料理「ととの店」で なーべらーンブシー中味汁ウチナー焼きそば

totonomise大井町線の荏原町駅に時々降りる。
改札からすぐの処にあったのが、
札幌ラーメン「どさん子」。
荏原町商店街の中央通り沿いにあって、
パフェの思ひ出懐かしいのが甘味処「銀星」。
亀屋万年堂の小さな店もあったっけ。
それらを含んだ駅前の区画全体が、
再開発の憂き目に合い、取り壊されてしまいました。

駅前整備事業の区画から本通りと呼ぶ通りを往くと、
左手に支那そば「てつや」がすぐ顔を見せる。
そのまま南下して立会川の暗渠を過ぎた辺りからは、
縁日通りと呼ぶ静かな商店街になります。

通りが二股に分かれるところに小さな祠がある。totonomise01明りを燈した紅い提灯には庚申堂とある。
その脇をよくみると黒ずんだ石柱が建っている。
案内板によるとそれは、品川区の指定史跡の「天明三年銘石造道標」で、
右に行けば鵜ノ木光明寺道で、左に行けば池上道であると刻まれているらしい。
ちょうどその分岐点あたりにあるのが沖縄料理の店「ととの店」だ。

引き戸の内側に掛けられた、宮古島の泡盛「菊之露」の暖簾を払うと、
左手にカウンター。totonomise02奥にちょっとした小上がりがあります。

やっぱりここからでしょうとオリオンビール。totonomise03BEGINの「オジー自慢のオリオンビール」を小さく口遊んでからジョッキを傾ければ、
気分は一気に彼の地に飛んでしまいます(笑)。

口開きは、例えば「すーちーかー」。totonomise04お手製と思う塩豚で、またオリオンのジョッキを傾けるのであります。

幕板に張った品書きとレンジフードのホワイトボードの品書きとを交互に見比べて、
あれこれ迷っての「なーべらーンブシー」。totonomise05なーべらーから滲み出た汁と味噌とがうまいこと絡んで、
玉子やポークとも仲良しで、納得のひと皿。

出汁を利かせた酢の物や天ぷらも勿論良いけれど、
この日の気分は、「もずくの平やち」。totonomise06モチッとさせた生地の中の要所要所でもずくのプチッとが愉し美味し。

別の夜に通りを訪れると、二股の庚申堂で手を合わせるオジサマがいた。totonomise07日常的なお詣りになっているのでしょうね。

やっぱり美しいなと「海ぶどう」の煌めきを眺めつつ、
例によって、お品書きを右に左にと目線を泳がせて物色します。totonomise08オリオンを右手にね(笑)。

するとカウンターの上に置かれたポークの缶が目に留まる。totonomise09ポークの缶詰は、例えばハワイやグアムだと「SPAM」を見掛けることが多かったけど、
沖縄ではこの「TULIP」のシェアも高い気がします。

それならばと、お願いしたのが「ポーク玉子」。totonomise10つるっと厚手に焼き上げた玉子生地にポークが透ける。
ポークの塩っ気を充分に計算した素朴な味付けが、いい。

那覇の竜宮通り社交街の山羊料理「さかえ」を思い出しつつ、
目にすれば注文してしまうのが、「人参しりしり」。totonomise11「さかえ」のネーネーが作るのは、まさにシリシリした人参一本槍だったのに対して、
こちらのは多少青みなぞも混じるもの。

これもまた沖縄料理のラインナップに欠かせないと思うのが、「中味汁」。totonomise12烏賊墨色の汁に一瞬「おお!」と思うも、
おろし生姜を解かして啜る汁は意外なほどあっさり。
所謂煮込みとはちょと違う、より素朴にモツの滋味を味わう術がここにあります。

季節を変えて、また別の夜。totonomise13彼の地にいるとよくお世話になる「さんぴん茶割り」を舐めながら、
改めて品書きを見上げます。

たまには、定番中の定番のひとつ、「ラフティ」あたりから始めてみましょう。totonomise14飴色が濃度を増していて、じつにとろりんとした、そんな角煮は、
あっと云う間に口腔から消えていきました。

ひらやーちーも良いけれど、天ぷらもいいねと「もずくの天ぷら」。totonomise15軽い軽い歯触りの中で小さく弾けるもずくの風味に小さく微笑んでしまうのです(笑)。

今夜は、ここいらで食事にしてしまおうと「ウチナー焼きそば」で定食にしてもらう。totonomise16ウチナー焼きそばの多くが、つまりは沖縄そば的ナポリタン。
平打ちの麺にケチャップがしっかりと纏って、なかなかに旨い。

セットしてくれたご飯が、所謂「じゅーしー」であることもまた何気に嬉しくて。totonomise17ジューシーとナポリタンな沖縄そば炒めとのセット、お気に入りなのであります。

荏原町の縁日通り、二股の庚申堂のお向かいに沖縄料理「ととの店」がある。totonomise18カウンターに宮古列島、下地島の通り池の写真が貼られているので、
ご主人に宮古島の出身かと訊ねるとそうではなくて、
沖縄本島、今のうるま市のご出身だと云う。
あの海中道路が導く伊計島は、合併したうるま市に属していんるだね。
「とと」というお店の名前も、離島の方言に由来しているのかなと思えば、
これまたそうではなくて、
ご主人のことを「とと」と呼んでいた娘さんが、
ウチナーグチでの店名を考えていた父親に、
「ととの店なんだから”ととの店”でいいじゃん」としたのが、はじまりだそう。
ヨメとムスメとの多数決に負けちゃってとニヤッと笑う、笑顔がまたいいんだな。

口 関連記事:
  札幌ラーメン「どさん子」で ブーム懐かしや哀愁の味噌ラーメン(09年03月)
  甘味処「銀星」で 昔ながらの風情抹茶パフェにパインパフェ(08年12月)
  支那そば「てつや」で かづ屋系センスある支那そば焼きワンタン(10年11月)
  山羊料理「さかえ」で 山羊さしみに山羊玉ちゃん妖しさと朗らかさ(13年07月)

「ととの店」
品川区中延5-14-26 [Map] 03-3786-8868

column/03502

うちなーすば「ヤージ小」で 煌めく海芝浦小旅行沖縄区ソーキそば

yaaji.jpg夏大好きな我等が村っちゃんこと村田和人が、 pf友成好宏と恒例の海の日に催したのが、 鎌倉歐林洞ギャラリーサロンでのコンサート。 今年もイケてる夏の曲たちで、 盛夏の訪れを知らせてくれました。 そんな鎌倉からの帰り道。 乗り換えた京浜東北線の車窓に映った鶴見の駅。 その時にふと思ったのは、 鶴見線って乗ったことがないなぁということでした。

そんな一瞬を思い出させてくれたのが、ご存知つきじろう師匠。 鶴見線に乗って行く海芝浦駅の光景を日記に綴っているのを読んで、 そいつは素敵!と、出掛けるにいい日和を窺っておりました。

そんなこんなでスカっと晴れた秋の日に。 鶴見駅で乗り換えて、海芝浦駅へと向かいます。 鶴見線は、扇町駅に行く本線、大川駅に行く支線、 そして海芝浦へと行く支線とがあって、 本数も少ないので、注意が必要なのです。

鶴見から、国道、鶴見小野、弁天橋、浅野と経て、 新芝浦では既に海の気配の旭運河沿い。 そして、辿るレールが終点、海芝浦駅へと至るのが見えてきました。yaaji01.jpg左手すぐに、海の色が広がっています。

車窓にみるは、ホームの手摺りの先すぐにある京浜運河。yaaji02.jpg対岸にみえるのは、扇島の東京ガスや昭和シェルの工場設備群のようです。

そしてその先には、東京湾に繋がる京浜港。yaaji03.jpgyaaji04.jpg左手を振り返れば、発電所のような建物が遠く望める。 「海に一番近い駅」として「関東の駅百選」に選ばれているというのが、 至極当然のことのように思います。

被写体の定番には、駅名標と時刻表。yaaji06.jpgyaaji05.jpg海縁らしく、金属が塩害を受けるのがいい味わいになっています。

新芝浦駅、海芝浦駅ともに東芝の敷地内にあるそうで、 海芝浦駅の改札の先には、東芝の関係者以外は進めない。 然もありなんと思っても、そこは天下の東芝さん。 自らの敷地の一部を開放して、「海芝公園」と呼ぶサンクチュアリを設けてくれている。

海芝公園の手摺り沿いに佇めば、煌めく景色。 遠くに大黒埠頭へと渡る斜張橋、鶴見つばさ橋の三角形がふたつ望め、 その前を貨物船やプレジャーボートが滑り行く。 なんだかとっても清々しくて、晴れやかな気分にさせてくれます。yaaji07.jpg海芝公園のベンチでお弁当に昼酒と洒落込んだ、 つきじろう師匠の気持ちがよく判る素晴らしい場所。 この京浜運河沿いは、夜ともなれば、 ライトアップした工場を含む夜景を目当てに訪れるひとも多いようです。

鶴見へと折り返す電車までの20分程をたっぷり楽しんだ後、 途中下車したのが、浅野駅。yaaji08.jpg本線へと大きくカーブする場所にホームがあるため、 ホームと電車の間が広く開いてしまっています。

ちなみに、鶴見から向かう車窓で認めたのが、こんな素敵な光景。yaaji09.jpgレールが幾つも交叉したり、うねるようにしている様子が、 何故だか大好きなのであります(笑)。 右へ曲がり行けば海芝浦、左を真っ直ぐ往けば扇町方面で、 どちらのホームも同じ浅野駅。 ホームをもう少し鶴見寄りに作れば、 こんな素敵なことにはならなかったのかもね、なんて思います。

素敵と云えば、のんびりした浅野駅のホームでは、こんな光景も。yaaji10.jpg日向ぼっこしていた猫が、せっせと毛繕いをしていました。

浅野駅の本線側のホームを眺めつつ、 踏切を渡って首都高の横羽線方向に向かいます。yaaji11.jpg撮影スタジオなんかがあるものの、 その道路はまだ東芝の敷地内であるようです。

横羽線高架下の入船橋という交叉点を、 何処にでもありそうな名前だなぁと呟きつつ通り過ぎて、 仲通商店街という一角にやってきました。yaaji12.jpgひと通りは余りなく、 住宅の間の所々にシャッターの閉まった商店が散在している感じ。 沖縄出身者やその二世三世が多く暮す町として知られているようです。

そして、静かな界隈にあって、ひとを集めて賑やかなのが、 うちなーすば「ヤージ小」。yaaji13.jpg「ヤージ小」と書いて、「やーじぐゎー」と読むのです。

人気があるようで、二階にも客間があるというのに、席が空くまで暫し待機。 一階のテーブル席へ相席でお邪魔します。yaaji14.jpgきょろきょろして振り返った壁に、 錚々たる沖縄料理あれこれのご案内。 なんちゃって沖縄料理店ではきっとこうは参りません。

向かいのオジさんが食べている「ナーベラ定食」も気になりつつも、 「フーチバ」をトッピングした「ソーキそば」に「ジューシー」を添えてもらいます。yaaji15.jpgででーん!と効果音が聞こえてきそうなソーキの威容。 そして、フーチバ(よもぎ)の葉もたっぷりと載っています。

大きなソーキを避け避けスープを啜るとそれがまたあなた(笑)。 業務用のスープなんかじゃ絶対再現できないような、 凛として豊かなコクと旨味。yaaji16.jpg丁寧にひいた豚骨スープに鰹の出汁が掛け合わさって、 重層的で奥行きのある汁になっている。 大口開けて齧るソーキの滋味と要所で顔を出すコラーゲンなところとがいいなと、 またスープをひと啜り。 そして、そこにフーチバの青い苦味が色を注す。 フーチバの苦みにふと、遠く石垣島の「栄福食堂」の「やぎそば」を思い出していました。

つるっとして粉の旨味を思わせる平打ちの麺もよろしからずや。yaaji17.jpg茹で置き油塗しのポソポソはなく、それでいてスープにもよく馴染みます。 もしや自家製麺ではありますまいか。

ハラハラとして、米粒ひと粒ひと粒を薄く覆う油っけが嬉しい感じ。yaaji18.jpg豚の出汁でしょか、 じっくりと潜んだ旨みにうんうん頷いては、 どんぶりのスープを追い掛けて啜ります。 ああ、旨かったです、満足です、ご馳走さま。

横浜市沖縄区とも呼ばれるらしい鶴見の仲通り商店街に、 沖縄料理の店、うちなーそば「ヤージ小(やーじぐゎー)」がある。yaaji19.jpg似非な気取った沖縄料理店がこっ恥ずかしくなるような、 そんな沖縄地元感が構えることなく存分に漂っていて、いい。 「ヤージ」は初代の屋萓(やぎ)さんから。 「グヮー」は”分家”とか”~ちゃん”という意味であるらしい。 今度は、島南部・八重瀬町にある沖縄そばの店、 「屋宜家(やぎや)」のカーラヤーの赤瓦を思い出しました。

口 関連記事:   やぎ汁「栄福食堂」で 塩振り喰らうやぎ肉フーチバ香るやぎそば(06年09月)


「ヤージ小」 横浜市鶴見区仲通3-72-2 [Map] 045-506-5754
column/03457

Drive In「白保食堂」で 鬼糸巻鱏舞う川平前と名残のソーキそば

shirahoshokudo.jpg沖縄本島や八重山諸島は台風の通り道。 南の島に出掛ける予定を組むときは、 当然台風の襲来に遭うこともあると心得ては、いる。 何週間も前から台風がやってくるかどうかなんて、 そもそも予報も予測もできないもの。 勿論、ピーカンで凪いだ海に繰り出したいけれど、 こればっかりはどうにもならない。 それゆえ、妙に気を揉んでも仕方がないと帰りの飛行機の心配だけするようにしています。

過日訪れた、いつもの石垣島は、まさに台風襲来前夜。 雨はさほどでもないものの、強い風が吹き回っていて、海は時化ている。 結局翌日のダイビングの予定はキャンセルとなって、ホテルでのんびりと。 そうそう、そういうこともあるんです。

その翌日は、川平の前の海の上。 ポイントは、マンタスクランブルを押し退けて人気のマンタシティ。 エントリーできるのは5隻までという制限がかけれているポイントで、 順番待ちとなるのです。

のんびり待ってからエントリーしたなら早速、マンタたちがお出迎え。shirahoshokudo01.jpg3枚、5枚、いやそれ以上のマンタが優雅に力強く舞うように滑るように。

マンタ(オニイトマキエイ鬼糸巻鱏)は、 じっと待っていると向こうからやってきてくれる。shirahoshokudo02.jpg頭の先に一対である頭鰭(とうき)がぐるぐると巻いている時は、少々警戒中。

頭鰭が伸びている時は、リラックスしている状態なのだそう。shirahoshokudo03.jpgコバンザメが何匹かお腹に張り付いているのもお約束。 ああ、文句なしのマンタな一本。 秋がマンタのトップシーズンなのでありますね。

充実の3本のダイビングを愉しんだ翌日はもう、残念ながら帰路につく日。 以前の空港と比べて遠くなってしまった新石垣空港へは、 流石にタクシーは乗り難いということで、初めてのバスターミナルへと向かいました。

空港方面へのバスを途中下車したのが、白保小前。shirahoshokudo04.jpg真夏のような陽射しがギラギラと照らす中、 ちょうど開店時間の「白保食堂」に寄り道です。

shirahoshokudo05.jpg禁断のひる前瓶麦酒をいただいてから、 じっと見つめるお品書きには、食堂らしく「そば」「丼物」に続いて「定食」がある。 「豚肉生姜焼き」や「ナポリタンスパゲティ」まであって、迷わせます(笑)。

それでも、暫くは八重山そばは口にできないものなぁと思い直して、 「ソーキそば」をお願いしました。shirahoshokudo06.jpgごろごろっと載るソーキ。 黄色がかった麺は勿論、八重山らしい丸い断面のストレートであります。

透明なスープは、やや頼りなさも残るあっさり仕立て。shirahoshokudo07.jpgソーキも載せない「八重山そば(小)」をオヤツにいただく、 なぁんてのが似合うかもねとも思うドンブリでありました。

新空港へ向かう道すがらに、Drive In「白保食堂」がある。shirahoshokudo08.jpgそれは、ドライブインと謳うのがどこか気恥ずかしいような、 部活動帰りの高校生の姿も良く似合う、地元の食堂でもありました。


「白保食堂」 石垣市白保205-6 [Map] 0980-86-7941
column/03423

木灰すば「てんtoてん」で すばおにぎりあまがし丁寧さに和む

tentoten.jpg石垣からの帰り道。 空港を一旦離れて那覇市街に寄り道しました。 のんびり走るゆいレールに乗って安里駅まで。 古いタクシーの運転手オジィに「てんtoてん」まで、 とお願いするとオジィは聞いたことがないという。 有名なお店みたいですよと云ってもどこ吹く風(笑)。 お店に掛けた電話で場所を確かめたオジィのタクシーは、ゆっくりと識名園の方向へと向かいます。

ああ、この琉球三味線店を曲がったところ!とオジィがハンドルを左に切る。 急坂を上って「てんtoてん」の駐車場看板を目にするも、 そのままぐるっと廻ってさっきの三味線店の前(笑)。 オジィに礼を告げて、タクシーを降りました。

坂道をゆっくり歩き上ると先程の駐車場への看板が見えてくる。tentoten01.jpgtentoten02.jpgなるほど、オジィが判らなくても不思議はない。 「てんtoてん」は、そのほとんどを蔦に包まれているのでありました。

扉を開き、タタキにサンダルを脱ぎながら覗く店内は、 吹き抜けのある、外観からは想像し難いゆったりとした空間になっています。

卓上には、粗く手織りした藍のランチョンマットがいい表情。tentoten03.jpg椅子席ではなく、座卓であるのも和んでしまう要因であります。

tentoten04.jpgご注文は、木灰すば(もっかいすば)と、 古代米おにぎり、おまがしのセット。 汗が引いていくのを感じながらのんびりと待つことといたします。

「木炭すば」の器がやってきた。tentoten05.jpgかまぼこに浅葱に紅生姜に女性ならでは繊細さが窺えます。

これまた、丁寧さの伝わる澄んでコクのある豚骨と鰹出汁のスープ。tentoten06.jpgああ、清々しくも旨い、という感じのする。

麺はと云えば、如何にも手打ちな表情のびろびろ仕様。tentoten07.jpg中力粉にかんすいの代わりに灰汁を混ぜてコシを出す、 沖縄伝統の味を再現したという。 もちくにゅっとしてさっと歯切れる口許の食感や歯触りの中にも丁寧な仕立てを想います。

新しい緑の葉の上に、パリっとした海苔で包んだ古代米おにぎり。tentoten08.jpg添えてくれている肉みそとすばのスープと交えてを仄かな香りを愉しみます。

ちなみに以前、石垣の公設市場前で購入した赤米は、 ご飯にちょっぴり混ぜて炊くようにしている。 入れ過ぎるとご飯がびっくりするくらい濃厚な色に仕上がっちゃうんだよね(笑)。

すばとおにぎりの余韻に和んでいるところへ、涼しげな「あまがし」の器。tentoten09.jpg緑豆と押し麦、餅でなす甘過ぎない甘味。 ここにも素朴さと繊細さが覗きます。

那覇は識名の住宅地に蔦の絡まる一軒屋、「てんtoてん」がある。tentoten10.jpg 点と点を結ぶことは、つまりは人と人を結ぶこと。 そんな出会いを大切にする気持ちを籠めて名付けたという「てんtoてん」。 壷屋やちむん通りの「ぶくぶく」も思い出す、 「ぶくぶくー茶」もいただいておくのでありました。

口 関連記事:   うちなー茶屋「ぶくぶく」で 香ばしさ交叉するぶくぶく茶泡下の泡盛(08年10月)


「てんtoてん」 那覇市識名4-5-2 [Map] 098-853-1060
column/03409