「まーさん沖縄八重山料理」カテゴリーアーカイブ

島料理「森の賢者」で島かぼちゃのサラダ二色のピクルスくらかけ豆のおひたし

kennjya石垣島に来て、焼肉「やまもと」には行けなくても、ここには一度は寄っていたい。
そんなお店として思い浮かべる筆頭の止まり木が、島料理の「森の賢者」。
そうは云っても5度程の履歴しかありませんけれど、島の食材の表情と独特の温かな空気とに毎度癒されてしまうのです。

お世話になっていた民宿「楽天屋」を出て、
「辺銀食堂」とは逆方向へと向かいます。
いつも気になる「すし太郎」の前を通り、
そのままゆいロードを新川方面へ進むと、
すぐに辺りは暗くなってきます。
桃林寺の信号のところから、
大衆酒場「魚仁」のある筋との間を走る裏道を辿ります。

こんばんはとご主人に会釈を送って、
いつものカウンターの隅に腰をおろす。

島豆腐をいただいて、勿論のオリオン。kennjya01久し振りのダイビングの静かな興奮と、
仄かな疲れが解れてゆきます。

今夜は相方の体調もあって軽めあっさり方向で。
「島かぼちゃのサラダ トマト風味」は、
濃いぃ味わいの南瓜をトマトの酸味で輪郭を纏めた、
そんな小粋なサラダ。kennjya02瓢箪型だったり、茄子みたいだったりと、
島南瓜はカタチも独特であるみたいです。

いつもの「請福」をいただいて、
「二色のピクルス ゴーヤーと赤丸オクラ」。kennjya03kennjya04ピクルスにしたゴーヤは少ししんなりとして、
でも噛めばコリっとして、
酸味と苦みがいいバランス。
赤丸オクラのピクルスはホントに真っ赤。
ビーツの赤というよりも紫蘇で染めたような、
そんな鮮やかな色合いが印象的です。

「森の賢者」異色の定番が信州素材のお惣菜。
この日の日替わりから「あっさりくらかけ豆のおひたし」。kennjya05信州の幻の豆と説かれた鞍掛豆は、
部分的に焦げたような挿し色があるのも特徴か。
歯触りを残しつつ、
出汁をしっかり煮含んだ豆がそっと滋味深い。

あっさり路線だったのにちょっと脱線して(笑)、
これは是非にと「島素材の天ぷら」。kennjya06長命草にアーサー、四角豆にアダンの新芽。
わたもそのままのゴーヤーの輪切り等々。
その日にどんな島素材に出会えるかは、
一期一会の運次第。
ここに来たらハズせない島の天麩羅であります。

石垣の島食材を活き生きと、島料理「森の賢者」。kennjya07市街地から少し外れた静かな佇まいがしっくりとくる。
少し早目の予約がよろしいようです。

「森の賢者」
石垣市新川49-2 [Map] 0980-83-5609
http://www.beeline.co.jp/moriken/

column/03614

トニーそば「栄福食堂」で朝からいただくヤギそばトニーそばオジイの日焼け笑顔

eifuku「辺銀食堂」近くの民宿「楽天屋」で目覚めた朝。
隣の家の犬が甘えるように鳴いている。
部屋の窓を覆う庇の上で鳩が鳴いている。
今日はダイビングをせずに、ドライブと浜での海遊びに興じる日。
早めに出掛けて、何処か朝ごはんできるお店がないか探しながら海に向かおうと、レンタカーに乗り込みました。

走り出してすぐ、
もしやと思って市役所の方向へとハンドルを切る。
目指したのは、水色の壁の店。eifuku01期待通りに「栄福食堂」の店先に、
暖簾が掛かっているのが見つかりました。

おはようございま~す!と暖簾を潜るも店内にひと気なし。
いつもオジイがいる店の外の隅切の椅子にもオジイの姿なし。

ひとまずテーブルへと腰を下ろす。
久々に眺める「栄福食堂」の店内。eifuku02eifuku03 ここを訪れるのはいつ以来かと当日記を捲れば、
それはもう9年も前のこと。
壁に並ぶトニーこと赤木 圭一郎は、
きっと当時のままのキメ顔であります。

改めて、たもの~!とばかりに大きめの声を出すと、
真っ黒に日焼けしたオジイがひょっこりと厨房から顔を出した。
どっから来たの?というところから話を始めるのは、
オジイの常套句。
ひとしきり会話を交わしたから、
「トニーそば(小)」と「ヤギそば(小)」を註文します。

可愛い盛りの「トニーそば(小)」は、
島のかまぼこなんぞが載っている。eifuku04ああ、こんなにあっさりしたスープだったかな。

以前、ダイビングの船上で、
「昨日トニーそばに行って、ヤギそばたべたよ!」と云ったら、
スタッフ全員に絶句された場面が印象深いのだけど、
フーチバ香るヤギ汁がなかなか旨かったのだ。

そんな、スタッフ全員が毛嫌いするよな臭みは今朝もない。eifuku05それどころかやっぱり、
こんなにあっさりしたスープだったっけ?
というのが素朴な感想になる。
まだ煮詰まっていない感じは、
朝だという時間帯にもその背景があるのかもしれないな。

麺は標準的な八重山そばの麺。eifuku06麺をスープを啜りながら、オジイとの会話は続く(笑)。
訊けばオジイは、結構長い期間、あちこちに外遊をしていたらしい。

「ピパチチャイ」を所望すると、
オジイ手作りの「ピパチ」の話になる。eifuku07ピパーチとのヒバーチ等ともいう、
ピパチには、GABAという成分が沢山含まれていて、
そのGABA(ギャバ:神経伝達物質のひとつ)なる成分には、
血圧上昇の抑制作用があり、
腎臓疾患・肝臓疾患にも効果があるらしい。

そうなのか~。
ということで、2瓶、ご購入(笑)。

オジイの長いご説明をうんうんと聞いていたら、
異人さんのお客さんが朝もハヨからご来場。eifuku08そうそう、オジイも自慢げに何度も繰り返し説明してくれた通り、
旅行ガイドブック「LONELY PLANET」に、
6回も載る世界的な有名店なのだ。

トニーそばといえば、世界的にも知られてる、
石垣市役所近く青い壁のやぎ汁の店「栄福食堂」。eifuku09世界あちこちのヒトと喋ってたのよという、
オジイの云いを裏付けるように、
屋根の上では古びた無線アンテナが傘を広げていました。
オジイ、また寄らせてもらいますね。

「栄福食堂」
石垣市字大川274 [Map] 0980-82-5838
http://tonysoba.web.fc2.com/

column/03611

沖縄料理「わがん」でポーク焼き定食沖縄そばゴーヤチャンプル竹富島ご出身の

wagan一方通行のすずらん通りが八重洲通り交叉するちょと手前。
今や隠れた人気店になってしまった天ぷら「小野」の入るビルや小さな紅いファサードの中華料理店「紅琳飯店」がある辺り。
喫茶店「SONO」との間にあったクリーニング店がいつの間にか「えびすDON-MARU」なる持ち帰りドンブリの専門店になっていたりするその一角。
和菓子「青柳」との間の路地を入った左手に、確か「香庵」という饂飩か蕎麦の店の小さな看板がちょこんと突き出していました。
ただ、営業しているのかしていないのかよく判らない状況で寄れないでいる内になくなってしまっていました。

いよいよ暑さを感じるようになってきた五月晴れの或る日。
「SONO」の裏手の黒塗りした家屋の前に「沖縄料理」と書かれた幟がはためいているのを見つける。wagan01新しいお店が出来上がっていたようです。

早速、狭くて急な階段を上がった二階のフロアは、階段の左手にあって、そのまま真っ直ぐすずらん通りが見通せる。
「SONO」のあるビルをL字に囲むような造りになっているのです。

一番奥、すずらん通りを硝子越しに見下ろすテーブルの丸椅子に腰掛けて眺めるお品書き。wagan02さすがに切子のグラスという訳にいかないものの、国際通り辺りでも売っていそうな蒼のグラスでお冷が届きます。

まずは「ポーク焼き定食」を所望する。wagan03ポークは、ご存知「スパム」や「チューリップ」といったランチョンミートのこと。

缶詰にして塩蔵品のような塩分があるので、塩辛くなければいいなとシンプルに刻んで両面焼きした「スパム」。wagan05wagan04添えてくれたケチャップを適量つけて口に運ぶ。
最近は「スパム」も減塩なのだなとちょっぴり感心しながら、海ぶどうの載ったサラダと併せて食べ進む。
スパム缶が意外と安くないことに驚いた、牧志市場近くのお店を思い出します。

一週間後のおひるには、奥サマに「沖縄そば・ゴーヤチャンプルセット」をと声を掛ける。wagan06wagan07ご主人が竹富島の出身と聞いていたので、もしかして八重山そばの麺かと半ば期待していたものの、やっぱり普通の平打ち麺。
どふいふ訳か那覇を経由する必要があるようで石垣から直送できず、運ぶの時間もお金も掛かってしまって現実的でないのだそう。

「ゴーヤチャンプル」は、優しいお味。wagan08やっぱりご当地で採れたゴーヤが当然のように似合うけど、それもまた容易なことではないのでしょうね。

すずらん通りの一隅に沖縄料理「わがん」ができた。wagan09「わがん」は「和顔」で、みんな和やかに笑顔でいたいね的な意味合いからだそう。
那覇に本店があって、その店の東京進出店ということにもなるらしい。
でも、折角といったら失礼だけど、竹富島ご出身の料理の担い手はなかなかいないと思うところゆえ、もっとそんな色が強く出てくると嬉しいなぁとも思います。
夜には、生三線と生島唄を聴きながら沖縄料理がいただけるようですよ。

「わがん」
中央区八丁堀2-15-5 2F [Map] 03-6675-8314

column/03586

沖縄料理と島酒「琉球食堂」でしりしりクープ春巻沖縄担々麺沖縄風ちゃんぽん

ryukyushokudo所用があって久々乗り込んだゆりかもめ。
そういえば新橋から終点の豊洲まで乗ったことはないなぁと思ったり、工事はきっと進捗してはいるものの、最寄りとなる市場前駅は今、都内で一番利用者の少ない駅らしいなぁと思ったり。
そんなことを考えなら車窓を過ぎる景色を眺めていたら、あっという間に目的地の日の出駅に到着です。

日の出駅というと思い浮かぶのは、倉庫街と波止場と、その特設会場から見上げた東京湾の華火。
東京湾の華火というと、今はブログお休み中のRomyちゃんのとこの屋上も特等席だったし、嘗てのつきじろう邸のベランダもみんなで寄り合う華火観劇スポットのひとつでした。
その節はお世話になりました。

所用を済ませてふと首都高の高架下を眺めると、横断歩道の向こうに提灯の灯りとはためく幟が目に留まる。ryukyushokudo01あれ、ここって以前お酒やツマミを買出しした酒屋じゃなかったっけと思いながら近づくと、内照式の看板に如何にも急拵えの貼り紙がしてある。
沖縄料理と島酒「琉球食堂」。
いつの間にか酒屋さんが沖縄料理店に変貌していたのです。

それはそれはと早速突撃体制に入る(笑)。
手作り感満載の店内にはテーブルのひとつに先客組があり、厨房に声を掛けて左手のカウンターへと侵攻します。

いつもならまず「オリオン!」と叫ぶところも、偶々強風が冷たく吹く夕刻だったこともあって気分は「さんぴん茶割り」。ryukyushokudo02それでもジョッキは「オリオン」のそれであります。
訊けば泡盛は、目の前にも甕の並んだ だそう。

どうしても最初に注文んでしまうのが「にんじんしりしりー」。ryukyushokudo03いまだに山羊料理「さかえ」のシリシリの呪縛から逃れられないのでありますが、こうして色々食べてみると、シリシリ器そのものにも違いがあるんじゃないかと思えてきます。

「さんぴん茶割り」をお代わりして「クーブ春巻き」を所望する。ryukyushokudo04昆布の千切りメインの炒め物「クーブイリチー」は割りとポピュラーだけれど、春巻の中に詰めちゃったのは初めてです。
昆布の旨味がひと塊に愉しめて、こりゃいいや。

後は食事にして上がろうとふたたびメニュー捲ると沖縄料理店ではなかなか見掛けない「沖縄担々麺」なんてのがある。
「沖縄ナポリタン」と競合して、迷いに迷ってからお願いすることに。ryukyushokudo05挽肉が載った赤いスープに、まぁなんとかそれ風ではあるかなぁと思いつつスープを啜ると、何やら青っぽいタバスコの風味がする。
なんだこれと改めてメニューを良く読むと、タコライスのミートを沖縄そばに入れましたと書いてある。
そふいふことだったのかぁ~(笑)。

何故かご飯もののコーナーに書いてある「沖縄風ちゃんぽん」も気になって、無理を云ってハーフサイズで作ってもらう。ryukyushokudo06それはやっぱり麺ではなくて、ゴハンもの。
まぁ、野菜コンビーフなんかを沖縄そばのスープで炒めた的チャンプルーがゴハンに載っている。
沖縄の町場では既に定番メニューなのかは疑わしい(笑)し、あんまり創作に走ったのは好みじゃないのだけど、愉しいからまいっか、ってな感じ。
ふー、満腹です。

お愛想をして店の裏手に回って芝浦方面へと渡る橋に佇んでみる。ryukyushokudo07漁船の留まる運河の向こうにもビル群が迫っています。

商店乏しい海岸通りの酒店がいつの間にか沖縄料理と島酒の店「琉球食堂」になっていた。ryukyushokudo08スタッフのひとりは、三軒茶屋の「我如古」の大将や荏原町「ととの店」のオヤジさんがそうであるように、如何にもウチナンチューのお顔立ち。
訊けば、首里の出身だそうで、創作も真摯な工夫と受け止めたいし、出来あいのなんちゃって沖縄料理店とは違う色だと信じたい。
ただ、店名に”琉球”を謳うと、「山本彩香」が紡いでくれていた郷土料理としての琉球料理の本気と比べてしまいそうになる。
たまたま高良倉吉先生の著書を読んでいた勢いで、どんだけ”琉球”のことを知っていて「琉球食堂」と名乗っているのかとツッコンでみたくなったりもして困ります(笑)。
今度は、デフォルトの「沖縄そば」をいただきに寄り道しようかな。

「琉球食堂」
港区海岸2-2-2 [Map] 080-8869-0402

column/03546

沖縄料理「我如古」で石垣島野菜ドゥルワカシー抱瓶の於茂登請福沖縄焼きそば

ganeko名画座「三軒茶屋シネマ」の閉館を残念に思いながら、その佇まいを眺めてから闇市の跡を辿るように遠回りして訪ねたのが、武蔵野うどんを謳う「じんこ」でした。
路地が折れ曲がり、袋小路もあったりする、俗に云う”三角地帯”は、冒険心を擽ってなかなか愉しい。
再開発なんかされない裡にまた潜入したいなと思うエリアであります。

この夜向かったのはそんな三角地帯ではなくて、玉川通りから北へと伸びる茶沢通り沿い。
以前お邪魔した琉球料理「古都首里」があった場所の少し手前。
舗道の上に「沖縄料理」とだけ示す突出看板が目印です。

狭い間口のビルの一階には、いい表情をした「すこぶる」という居酒屋。
その右脇の急な階段を上ったところが沖縄料理「我如古」だ。

待ち合わせの面々が揃ったところで、「オリオン」のジョッキを貰う。ganeko01ノンアルコールの「オリオン」があるなんて知らなかったけど、ジョッキに注いだ様子ではそれがまるで判りません(笑)。

お通しは、端正なおでんの小皿。ganeko02テビチもあるのかなと訊いたら、その用意はないそうです。

お品書きの扉裏に書いてあるのが、数量限定と但し書きのある「石垣島より島野菜のサラダ」。ganeko03最西端の島与那国でも多く採れると聞いたことのある「ンジャナ(苦菜)」に緑と紫の葉「ハンダマ」、「チデークニ(島ニンジン)」、島オクラ。
この夜は、「うりずん(四角豆)」が切れていた模様。
アダンの新芽とかオオタニワタリとかは入らないのですかと訊くと、週中辺りに入荷することが多く、なくなれば次の入荷待ちとなる感じだそう。
週一でもコンスタントに八重山の島野菜が届くなんてなんて素敵なのでしょう。

「田芋料理」の項には、「ドゥルワカシー」「田芋の空揚げ」「ドゥル天」の三品が並ぶ。
金武町特産という田芋(ターンム)の料理だ。
それぞれをいただいてもよいのだけど、「田芋の三点盛り」ってなのも用意してくれているのがまた嬉しいところ。ganeko05今はなき琉球宮廷料理の店「山本彩香」の「ドゥルワカシー」の話をするとお店の女性もうんうん頷いてくれました。

「ミミガーの和え物」には、ぽん酢味と酢味噌味とがあって、どちらかというと酢味噌の方がローカルな味だという。
通常コリカリとしたミミガーが酢味噌でまったりとした食べ口にしてくれています。ganeko04ミミガー食べたことないひとってまだ、いるかな(笑)。

ここ辺りで、オリオンのジョッキから泡盛へとスイッチしましょう。
石垣の定番のひとつ「於茂登」を二合の抱瓶(だちびん)でお願いします。ganeko06於茂登というと思い出すのは、石垣の市街地と川平湾側とを隔てる山の稜線とこの泡盛。
雑味のないとろみの中にある仄かな甘さに惹かれます。

「手作りジーマーミー豆腐」は、ピーナッツを芋クズで固めたお豆腐。ganeko10ぷるんとして、濃密でいてあっさりした感じって、これもまたありそでなさそな珍味だと思います。

「人参シリシリ」は、シリシリ器(太千切り用ピーラー)でシリシリした人参をじっくり炒め煮したもの。ganeko08那覇の牧志公設市場近くの竜宮通り社交街にある「さかえ」の「ニンジンしりしり」が絶品なのだけど、対してこちらのシリシリは、どこまでも優しい仕立てだ。

「もずくの天ぷら」のもずくは、久米島産だそう。ganeko07甘酢に浸したもずくもいいしと迷いつつ、こうしてお品書きに見付けると思わず注文んでしまう品のひとつです。
今度は「於茂登」から、これまた定番の「請福」の抱瓶にいたしましょ。

「たらし揚げ」は、石垣島の金城かまぼこ。ganeko11「マーミヤかまぼこ」のお店へは、買い物に出掛けた覚えがあるもの、金城かまぼこへは寄り道したことはない。
すり身にはブダイも使っているとは知らなかったなぁ。

骨まで喰らえるは「グルクンの唐揚げ」。ganeko09グルクンといえば、県魚のタカサゴ。
水の中を群れで泳ぐグルクンは、綺麗なブルーをしているのだけれど、魚屋の店先に並ぶ頃には赤くなっていて、初めて見た時は愕いたっけ。

「沖縄焼きそば」もぜひということで、八重山の丸麺をケチャップ味で。ganeko13さすればそれは、ナポちんも思わず振り向くナポリタン仕様だ(笑)。

みんなでの〆には、「八重山そば」に「ソーキそば」。ganeko14「沖縄焼きそば」と同じ断面の丸いストレート麺が八重山そばの特徴のひとつ。
対して、標準的な沖縄そばは、平打ちの縮れ麺であるよね。
丸麺は、石垣の金城製麺所の麺を空輸したものであるらしい。
もしかしたら彼の地で啜ったことがあるかもしれません。
〆にはフーチバー載せた「ボロボロジューシー(雑炊)」と「アーサ汁」で〆るなんて手もあるね。

口休めに新川にあるという伊佐製菓の塩煎餅。ganeko15麩菓子のような軽やかさになんだか和みます。

三軒茶屋は茶沢通りに沖縄・八重山料理の「我如古(がねこ)」がある。ganeko16宜野湾市に同じ地名があるようだけど、「我如古」というのはまさに、店主の姓そのままだという。
厨房でニッコリする店主は、自らそう仰るように如何にも沖縄、八重山のひとのお顔立ち。
訊けば、石垣の市街地、新川(あらかわ)の具志堅用高記念館の近くの出身だそう。
東京で八重山の地元料理や島の野菜が食べられるなんて、なんて有難いことでしょう。

「我如古」
世田谷区太子堂4-28-9 中村ビル2F [Map] 03-6413-8922

column/03527