「郷愁の武蔵野うどん」カテゴリーアーカイブ

本格手打「うどん亭 なべきち」で肉汁もりもりうどん武蔵野ご当地うどんの正しき姿

nabekichi武蔵野うどんを食べ歩いていると、徒歩ではなかなか足を向け難いお店に向き合うことも少なくない。
武蔵野うどんの標準とも云えるお店のひとつ「小島屋」は、最寄りの東村山駅の西口から約1.2Km。
15分くらいのことなので歩けないことはないけれど、バスでもあれば乗ってしまいたいところ。
大泉学園に開業した「長谷川」とも連関する「エン座」があったふるさと文化館は、石神井公園駅から1.3km約15分なので、バスでお邪魔した思い出がある。
畑の中のバッティングセンターに併設されている「桂」は、清瀬駅から1.5km約20分の道程が必要なので、行きはバス、帰りは雨に降られてタクシー乗車と相成った。

所在地清瀬市竹丘二丁目。
公団チックな竹丘二丁目アパート群と日本社会事業大学なる大学の間あたりにあるのが、本格手打の「うどん亭 なべきち」だ。

清瀬駅の南口から「きよバス」という市営のバスに乗り、社会事業大学の脇で降りる。
そこから住宅地を歩いていくと、「なべきち」の自立看板とその下に黄色地の手作り感漲る小さなスタンド看板が見つかります。nabekichi01黄色い看板にはこうある。
「一度は食べたい なべきちうどん」。

店前の駐車スペースから暖簾の前に立つ。nabekichi02壁には「武蔵野のご当地うどん」の手書き文字も踊っています。

ご注文は勿論「特製もりもりうどん」の4L。
武蔵野うどんのお店では、“L”という単位が存在していて、先に触れた「小島屋」や「きくや」、その流れを汲む所沢「涼太郎」あたりでもボリュームを”L”で表示しています。nabekichi03なんだか食べる気満々で(笑)、6玉に相当する4Lでお願いしました。

そして、ほとんどのひとが選ぶのが、ご存知「肉汁」。nabekichi04こちらの肉汁は、豚のバラ肉だけが浮かぶシンプルなタイプだ。

湯掻き立て〆立てと思われるうどんは嬉しい褐色で、じっと見詰めると黒っぽい粒子も見え隠れする。nabekichi05地粉で打つ武蔵野うどんはこうでなくちゃいけません。
うどんの盛りに添えてくれている、掻き揚げも武蔵野うどんの定番です。

肉汁に浸して啜るうどんは、なかなかの噛み応え。nabekichi06農林61系の地粉で打つと自ずとこふいふ歯応え食感になる。
濃い目の汁と豚バラの脂と一緒に啜り上げて咀嚼すると、地粉の甘味風味が存分に愉しめるってぇ寸法なのであります。

店の壁には、手打ちうどんへの想いが綴られている。nabekichi07武蔵野うどんを知らないで召し上がった方の中には、半生煮えじゃないかと訝る向きやクレームをつけるひともいるのかもしれません。
確かに初めて味噌煮込みうどんをいただいた時には「なんじゃこれ!」と一瞬愕いたものね(笑)。
似たようなことがあってもなんの不思議もありません。
そして、茹で置きをせずに提供しようと思うとそれ相応の茹で時間も掛かるものですね。

清瀬の住宅地竹丘二丁目に本格手打「うどん亭 なべきち」はある。nabekichi08駐車場の向かい側に満腹のお腹を擦りながら佇んで、改めて店の様子を眺めたりする。
自宅をアパート併設にしてその端にうどん店を構えちゃった。
そんな経緯を想い浮かべつつ、バス停へと戻りましょう。

「うどん亭 なべきち」
清瀬市竹丘2-2-26 ガーデンハイツ [Map] 042-493-0155

column/03574

手打ち地粉「小平ふるさと村」で小平糧うどんまっこと麗しき武蔵野うどん

kodairakateふたたび小平駅を南口に降りる。
実は前回は、青梅街道沿いの店を目指して、西武線と並行して走る緑道を歩いていました。
薄曇りの空の下、散り始めた桜の花弁が舞い散る散策路はなかなか魅力的。
その途中で偶然見つけた暖簾が、目指していたのと同じ「指田屋」の藍の暖簾だったのでありました。

そこで女将さんからお聞きしたのが、この先に「小平ふるさと村」というものがあり、そちらでは武蔵野手打ちうどん保存普及会会長にして“うどん博士”として知られた加藤有次さんが監修したうどん処があるよということ。
「小平ふるさと村」は、小平駅と花小金井駅のちょうど中間辺り、緑道が新小金井街道を越えて青梅街道との交叉点近くにありました。

入口の前に佇むと郵便局のプレートを掲げた赤いトタン屋根の家屋が迎えてくれる。kodairakate01生垣の手前には、朱色で丸い懐かしき郵便ポストがずっとそこにあるかのように立っています。

敷地の中をゆっくりと散策すると、水車小屋のある光景に出逢う。kodairakate02水車だもの、その内部には当然麦などの穀粉を作る造りになっています。

くるっとひと回りして、入口近くに戻ってきて改めて「小平糧うどん」の案内を拝み見る。kodairakate03kodairakate04植栽の間から覗く家屋は藁葺き屋根で、軒下に縁台が置かれていました。

風除けの日除けのためと思われる、綺麗に四角く刈り込まれた木立の向こうには、長閑なそしてどっしりとした家屋が顔を出す。kodairakate05説明書きによると、回田町にあった神山家というお屋敷で、平成3年にこの地に復元されたもの。
元々は小金井に建てられた建物が回田町に移築され、解体保存された後、ふたたび息吹を得たものらしい。
小平の新田開拓農家としての、江戸中期から後期にかけての住まいの特長をよく留めているという。

さてさて、鳴り始めたお腹を抑えつつ向き合うのは(笑)、母屋の脇に立つ小屋の前。kodairakate06こちらで「小平糧うどん」の注文をするんだ。
大盛りがなく、ひとつ500円の糧うどんはきっとたっぷり盛りではないと推測して、ふたつ下さいとお願いします。
50食限定なのに御免なさい(笑)。

家屋の土間に足を踏み入れると、大中ふたつの竈が並んでいたりする。kodairakate07ここでうどんを湯掻いてくれたりしたら最高なのだけど、やっぱりまぁ、そうはいきませんよね。

板の間がそのまま客間になっていて、空席を探す程に座卓のほとんどが埋まってる。kodairakate08kodairakate10囲炉裏を臨む奥のテーブルに空きがありました。

注文を受けてからうどんを湯掻き始めるのでしょう。
のんびり待ったところへ親爺さんがうどんの笊を運んできてくれました。kodairakate11「たつみや」の”はじッ娘”を思い出しつつ、うどん生地の切れ端を見つめます。

まっこと麗しき武蔵野うどんの雄姿。kodairakate12湯掻き立て〆立てのつるんとしたフォルムに地粉の色合いが穏やかに主張しています。

つけ汁は肉汁ではなくて、細切りの茄子と油揚げのシンプルなもの。kodairakate13kodairakate14添えられた小皿が、このうどんのもうひとつのポイント。
武蔵野うどんエリアで”糧”と呼ぶのが、湯掻いた菠薐草や大根他の根菜などで、ささやかだけれど貴重な栄養源として食されてきたものなのだ。

肉汁に比べればつけ汁のノリは優しい仕立てであるものの、うどんの仕立ては得心なもの。kodairakate15親爺さんに訊けば勿論、農林61号の粉を使っているそうで、またひとつ武蔵野うどんの基準となるべきうどんに出逢うことが出来ました。

素敵な散策路、狭山・境緑道沿いの「小平むさしの村」には、
まっこと麗しき武蔵野うどんをいただける農家屋敷がある。kodairakate16出来ればもっと早く、”うどん博士”がいらっしゃる頃にお邪魔したかったです。
きっと色々なお話が聞けたんじゃないかと思うんだ。

「小平ふるさと村」
小平市天神町3-9-1 [Map] 042-345-8155
http://kodaira-furusatomura.jp/

column/03566

手打うどん「指田屋」で桜咲く小平の緑道と囲炉裏端肉汁うどんは正しき武蔵野うどん

sashidaya小平というとまず思い浮かぶのが、駅の北側に広がる小平霊園。
叔母一族のお墓があり、このところ法事で訪れることがあったためでもあるけれど、考えたら他にはなかなか用事がない。
法事ではマイクロバスなんかで移動してしまうので、小平駅に降り立つのはお久し振りだ。
西武線の特に新宿線沿線は、どの駅も似通った造りになっていて、没個性。
電鉄としてのデザインや造作のセンスはちょっと残念だと思うことも少なくない。
その辺りも頑張って欲しいなぁなどと考えつつ、霊園のある北口とは逆の南口の階段を降りました。

ロータリーを西友の前から辿って左に出る。
そのまま行くとすぐに、道が狭まる雰囲気になる。
標識をみるとそこからは「都立 狭山・境緑道」という道になっていて、車の通行は出来ないようになっている。
説明文を読むと、山口・村山貯水池から境浄水場に送るために大正12~14年に敷設した水道施設(水道管)を利用して、散策路・サイクリングロードをしたものだとある。
この界隈は、野火止用水を代表とする水路や水道が幾筋もつくられているのです。sashidaya01のんびりした緑道では、桜の花が散り始めていました。

あじさい公園という公園脇の池を眺めたりしながらてくてく進んだ緑道が斜めに交差した小路の辺り。sashidaya02桜の花弁の向こうにみつけた小さな平屋の家屋に紺鼠色の暖簾が揺れていました。

店先のお品書きを確かめてから暖簾を払うと目に映ったのはなんと!ロの字で囲む囲炉裏端。sashidaya03シブいシブ過ぎる。
残念ながら炭に火は熾っていませんが、ここで晩酌しちゃいたい気分になってきます(笑)。

3人の客人たちの様子をチラ見しつつ、厨房から出てきた女将さんに注文の声を掛けました。sashidaya04ややあって届いたのは「肉汁付きうどん」と「野菜天ぷら」です。

浅いお皿に盛られたうどんはエッジが立っていて、ぐりぐりっと縒れた感じが目を惹きます。sashidaya05噛み応えのある旨いうどんは成る程、手打ちならではだなぁと感心する。

豚バラ肉だけがたっぷり浮かぶつけ汁。sashidaya06女将さん曰くは、うどんにも塩分があるので敢えてつけ汁は薄めにしているそう。
物足りないと思う人もいるかもしれないけれど、アタシはそうしているんだ、と。
成る程、美味しい汁なのだけど、仰る通り少々物足りなくて、ちょっぴり醤油を足しちゃいました、ごめんなさい。
七味を利かすのも手ですよね。

天ぷらも衣がぼってりなんてしない、爽やかな揚げ口。sashidaya07肉汁うどんや糧(菠薐草のお浸しなど)、野菜の天ぷら等を添えるのがこの辺りの風習なのであります。

お願いしていた大盛りの分を女将さんが別皿で届けてくれた。sashidaya08湯掻き立てと思しきうどんは、今しがたいただいたうどんとは明らかに違うもの。
包丁を入れたそのままの長さであるし、透明感がやや強い。
噛み応えの中にしなやかな弾力があり、生地の甘さがよりふくよかだ。
いただくタイミングだけでもこれだけの違いがあるのだから、うどんて面白いよね。

桜咲く狭山境緑道沿いに手打ちうどんの「指田屋」の暖簾がある。sashidaya09女将さん曰くは、ここでもう30数年営んでいるんだそう。
生地には群馬産の粉に外国産を含む粉を加えていて、それは地粉だけよりもやっぱり打ち易いこともあるからだと仰る。
粉、水、塩の量加減は、長年目分量で配合しているそう。
近くの旧青梅街道沿いにあった「指田屋」は閉めてしまったけれど、「ふるさと村」にもうどん処があるよと女将さん。
武蔵野手打ちうどん保存普及会会長にして“うどん博士”として知られた加藤有次さんとも面識があったようで、「エン座」の加藤さんに、やっぱりカトウサンはうどんに秀でるのかなぁ的な話をしたこともあるみたい。
女将さん、誠に正しき武蔵野うどんをありがとう。
今度は「つけカレー汁うどん」に「焼きだんご」あたりをいただきにお邪魔します。

「指田屋」水道道路店
小平市天神町2-5-25 [Map] 042-343-3791

column/03553

手打ちそばうどん「東小金井 甚五郎」で肉づけ合盛り牡蠣うどん武蔵野うどんDNA

jingoro蔦が覆い、懐古趣味が十分馴染んだ趣のある佇まいのお店。
国分寺駅の北口にあった「甚五郎」は、とっても印象に残る、そして本気で打ったうどんが旨いお店でありました。
残念ながらそんな味ある店は、北口駅前の再開発により取り壊されてしまいました。
ただ、倖いなことに既にその近所に構えていた店に移転統合して「国分寺 甚五郎」として営業が継続されています。

そんな「国分寺 甚五郎」からスピンアウトした店があると知って、お邪魔する機会を窺っておりました。jingoro01降り立った東小金井駅は、装い新たな感じ。
蒼穹を背にした駅舎を見上げていると、ここへ以前立ち寄ったのは高架化される前のことなんだろうと気がつきます。

「東小金井 甚五郎」は、南口を出て徒歩2分弱。jingoro02角を折れると、建物側面の壁に木目の看板が見つかる。

店先に暖簾を収める場所はあるのに暖簾は提げてない。
出し忘れってことはないよなーと思いつつ、案内されたテーブル、いやカウンター席に腰を据えます。jingoro03壁にぶつけたテーブル、いやカウンター(ややこしい)は、おひとりさま用にしっかり分かれているのがちょっと不思議な感じがいたします。

ご注文は勿論「肉づけのおうどん」!
ではなくて、「肉づけのおうどんおそばの合盛り」。jingoro04「国分寺 甚五郎」でもいただいたメニューです。

うどんは、如何にも手打ちの灰褐色。jingoro05食べ啜る前からその歯応えが伝わってくるようです。

肉汁は、醤油控えめの具も汁もたっぷり系。jingoro06飲み干せるタイプの汁だとお見受けします。

啜れば納得の粉の風味にゴリムニュ食感。jingoro07やや柔らかめの感じもするけれど、文句はない。
品書きでは、地元武蔵野台地で生産された小麦粉を使用した手打ち麺「武蔵野うどん」と明快に謳っていて、頼もしくも気持ちいい(笑)。
武蔵野台地の何処で生産された粉なのかな。
農林61号ではないのかな。

北風の強い日にふたたび東小金井駅に降り立てば、駅前の「宝華」という中華料理屋の前に数人の空席待ちがある。
油そば的「宝ソバ」とか炒飯が人気らしいのかと考えながら徒歩2分。

寒風に晒されたそんな日には、壁の品札にあった「牡蠣のおうどん」を所望します。jingoro08こね鉢のような大きめのドンブリでドーンと届いた器には、広島産という牡蠣の身がごろごろっと載っている。
早速そのひとつを口に運ぶと、清澄な海域で採れたであろう様子が浮かぶ澄んだ旨味が弾けます。

熱々の汁は味噌仕立て。
その熱々の中にはあっても一定の歯応えを当然のように主張するうどん。jingoro09汁にも牡蠣のエキスが滲んで迫る。
つけ汁でいただくのがやっぱり一番似合うけど、温かいのも負けず劣らず悪くない美味しさです。

「国分寺 甚五郎」からスピンオフして東小金井に陣取れば、その名は「東小金井 甚五郎」。jingoro10「国分寺 甚五郎」の武蔵野うどんDNAを真っ当に引き継ぐ店として覚えておきたい拠り所です。

「東小金井 甚五郎」
小金井市東町4-43-10 [Map] 042-383-0151

column/03540

手打うどん「ちとせ」で自家栽培の農林61号で打つ肉汁うどんは武蔵野うどん

chitose所沢は”航空発祥の地”を標榜するところでもある。
明治44年(1911年)、旧陸軍が現在航空公園のある辺りに日本初の飛行場を造り、後に陸軍航空整備学校となった。
翌明治45年(1912年・大正1年)には、臨時軍用気球研究会所沢試験場を開場して、陸軍大尉徳川好敏による初飛行が行われたという。
その初飛行に使用した飛行機がアンリ・ファルマンによる複葉機だった。
昭和13年には、近くに所沢飛行場前駅が新設され、後に御幸町駅と改称。
敗戦とともに所沢飛行場は接収されて米軍の基地となり、御幸町駅はそこで働く進駐軍の要員や兵隊達が毎日多数利用していたようです。

その後米軍基地は、昭和46年および昭和53年に7割程が返還されたものの今も通信基地が残っていて、ロシアが弾道ミサイルで狙うならまずここの通信基地ではないか、なんて想像もしていました。
返還直後はまだ、米軍が建てたであろう様式の建物があちこちに残っていて、仲間と一緒に探検してドキドキしたこともあったっけ(笑)。
基地跡で花火大会が開かれて、広い原っぱに寝転がりながら花火を見上げたことをちょっぴり憶えています。

市庁舎や市民文化センター、そして広大な敷地を持つ航空公園へと生まれ変わった基地跡。chitose06あの頃チャリンコで走った石畳の名残りがまだそこにあります。

正式には、所沢航空記念公園というのかと改めて入口脇のサインをみてそう思う。chitose01chitose02すっかり冬の枯れ色だけど、放送塔と呼ばれる塔に向けて真っ直ぐに植栽の帯が続いています。

東寄りにある池の近くには、木村・徳田両中尉記念塔がある。chitose03大正2年(1913年)、観覧飛行を行った青山練兵場からの帰路、木村鈴四郎砲兵中尉と徳田金一歩兵中尉の搭乗したブレリオ機が、所沢飛行場を目前にして突風を受け左翼が折れて墜落してしまったという。
航空界初の犠牲者が出たのもまた、所沢だということになります。

そして、野球場と野外ステージの近くにあるのが、フォール大佐像。chitose04フォール大佐は「日本の航空の父」とも呼ばれる方らしく、昭和57年(1982年)に復元した胸像だそう。

公園の北側、市庁舎や警察署寄りの広々した芝生の向こうには、航空発祥記念館がある。
その前に展示されているのが、カーチスC-46A輸送機。chitose05自衛隊では「天馬」の愛称で呼ばれていたようですね。

そんな航空公園を東に抜けて行くとふじみ野に至る県道に出る。chitose07こぶし団地という低層住宅を連ねた古い団地の入口となるバス停のところに、手打ちうどん「ちとせ」はあります。

近くに聖地霊園をはじめとする霊園が多いこともあって、入口には法事のお斎の予約名を示す木札が並んでる。
左手には、硝子越しに覗ける麺打ち場があって、使い込まれた俎板に包丁が置かれています。chitose09chitose08入口右手をふと振り向くとそこには、白い前掛けをした「トコろん」が休憩中でありました(笑)。

お品書きから「きのこと豚のつけ汁うどん」を選んでみる。
届いたうどんは、灰白色。chitose10漂白した真っ白いうどんしか目にしたことのないひとには、違和感があるかもしれないけれど、地粉を使って打ったうどんは、黒ずんだり赤茶色を帯びたりするのです。

相棒のつけ汁には、たっぷりの揚げ茄子にきのこ、そして豚バラ肉。chitose11濃いぃめの汁をぐいっと持ち上げて、滋味香るうどんが口の廻りで踊ります(笑)。

先日、こちらの二階で三回忌のお斎を営みました。
去る秋に二階へのエレベーター設置や椅子席の設定を行ったこともあって、利用し易くなっていたのです。
その際に少々無理を云ってお願いしたのが、会席法要料理につくうどんを所謂武蔵野うどん的「肉汁うどん」にして欲しいということ。
実は「ちとせ」のメニューには、「肉汁うどん」がないのです。
女将さんは、快く受けてくれて、家族親族一同、美味しいうどんをいただくことができたのでした。

改めてお邪魔して、もう一度我が侭を云って「肉汁うどん」をお願いしました。chitose14うどんはやっぱり、灰白色にうねってる。
「ちとせ」では、市内の中富地区の皆様の協力を得て畑15,000坪を確保し、農林61号を完全無農薬で自家栽培し、自社の製粉工場で製粉した粉でうどんを打っているという。
いやはや凄い、素晴らしい!

濃いめの汁は豚バラ肉多めにしてあとは玉葱長葱のみという素朴なもの。chitose13今日も今日とて、旨いなぁと一気喰い(笑)。

湯桶からうどんを湯掻いたお湯をつけ汁に注いでいただくのも、ここでの習わし。chitose15かえしの陰にいた出汁が顔を出すのです。

自家栽培の農林61号で打つ手打ちうどんは「ちとせ」の武蔵野うどん。chitose16営む会社は、有限会社千登勢さん。
ぜひぜひ、シンプルな「肉汁うどん」をお品書きに加えて欲しいなぁとそう思う。
茹で時間なんかの都合もあるかもしれないけれど、もう少し太めに切ったバージョンもいただいてみたいとも思っています。

「ちとせ」
所沢市若松町825-3 [Map] 04-2995-1555
http://www.chitose-udon.com/

column/03523