「郷愁の武蔵野うどん」カテゴリーアーカイブ

手打ちうどん「一長」で 幻の柳久保小麦うどん6玉ぶずずず

icchou.jpg武蔵野うどんの佳店が一軒あるという。 ところは、東久留米の西口から程なく。 駅をこちら側に出るのは初めてじゃないかなぁと考えながら、例によってあまり個性があるとは云い難い駅前のロータリーを横切ります。 随分と昔のことだけれど、教習所に通っていた頃はまだ、こっちに出口はなかったもんな。 徐々に強まる雨足に急かされるように足を運ぶ。 「一長」の白い暖簾はもうすぐです。
プレハブ的仮設な印象のファサードには、お持ち帰り用の窓が設えてあります。 カウンターに沿って進んで、空いていた奥の椅子に腰掛ける。 「おしながき」から選んだのは、勿論「肉汁うどん」。 温かい汁に、かき揚げ、きざみのり付きにして、「大盛り男性向き」と示された6玉でお願いします。 特盛り10玉だと、さすがに最後がシンドいかなぁと。 ここで、市販のうどんの1個が1玉だと考えてはいけません。 ひと玉って、そうだなぁ、素麺を束ねるように、片手で軽く麺を摘み上げて纏めた感じの量。 icchou07.jpg そして、毎週金曜日と土曜日は、”柳久保小麦うどん”の発売日。 柳久保という小麦は、今の東久留米柳窪の奥住又右衛門という人物が嘉永4年(1851年)に旅先から持ち帰った一穂の麦から生まれた、と卓上の資料icchou01.jpgにある。 量産のし難さから一時途絶えるも、保管されている種から又右衛門の子孫が柳窪で育成し、市内の農家がそれに協力しているのだという。 そんな幻でもあった地の粉は一定量しか穫れないから、金土限定なのだね。 誰がみても、恰幅のいい大将は、大きな鍋の前のご担当。 オーダーを聞くと、さっとうどんを湯気の中に入れて、腕組み。鍋の噴き上がりと会話でもするようにじっと見据えては、注し水を入れる。当たり前のことだけど、麺を打ち終えればあとは、どう湯掻くかが大事だものね。 どーんと大きな漆塗り風のコネ鉢のような器にゆったりと盛られたうどん。 頂に載せた掻き揚げとその周りを覆う刻み海苔。 icchou03.jpg icchou02.jpg竹を輪切りにした器につけ汁が注がれ、そこには勿論豚肉が浮かぶ。 いいなぁ(笑)。 徐ら箸で掴んで、肉汁にとぷと浸して乱暴に啜る。ぶずずず。 icchou04.jpgicchou06.jpg 野卑とは違う力強さが食感と粉の味わいから伝わってくる。 如何にも地粉っぽい風味とはちょと違う洗練も含む感じ。icchou05.jpg 石神井台の「エン座」、上荻の「豚や」をはじめ、地粉の魅力を見極めるように表現したうどんたちと比較しちゃうと、ハッとするようなときめきはないけれど、ここも身近にしたい一軒だ。 肉汁がもっとダラシナく脂ぎってて、かき揚げが揚げ立てだったらもっといいかもね。 東久留米の駅近くに、何気なく佇む手打ちうどん「一長」。icchou08.jpgこちらもまた、武蔵野うどんの一翼を担うお店です。 口関連記事:   武蔵野本手打うどん房 「エン座」 でむほほーの季節の霙糧もり(07年10月)   手打ちうどん「豚や」 で粉ぶわわんの豚肉汁の黒うどん(07年11月) 「一長」 東久留米市本町1-4-28 042-475-5306
column/02674 @1,100-

手打ちうどん「豚や」で 粉ぶわわんの豚肉汁の黒うどん

butaya.jpg青梅街道沿いにうまい武蔵野うどんの店がある! ってことで上荻は荻窪警察署前の「豚や」に寄り道してみました。 白い暖簾を潜り、眼鏡のレンズを曇らせながら店内に入ると、10席のカウンターを囲むようにして左右に空席を待つひと達がみつかります。 人気の程が窺えて、なんだかわくわくしてきました。

「豚や」のうどんは、「豚肉汁うどん」の白と黒の二本柱。 黒は、しょうゆ味スープの黒うどんで、白は塩味スープの白うどん。 ご注文は勿論、より武蔵野うどんらしい、黒であります。 肉の量を1.5倍、2倍できるのも嬉しいサービス。 1.5倍でお願いします。

一見して判るうどんの褐色具合地粉チックな太めのうどんをわらわらと豚肉の浸っているつゆにつけ、啜ると、 ぶわわんと粉の風味が鼻腔を抜けてゆく。 あっちゃー、こいつぁー、うまいー。

豚バラ肉と粉味ふんぷんのうどんとの好相性。 武蔵野うどんの醍醐味をきっちり表現しています。 豚の脂がもっと下品に滑ってくれるとさらにいいかも。

ちょと残念だったのは、 スープ割りしてくれた出汁に昆布のエグ味がでてしまっていたことと、 空席待ちの順番管理が疎かなことかな。 いやいやでもでも、富士街道「エン座」に並ぶ、 武蔵野うどんの良店に出会えました。

口 関連記事:   武蔵野本手打うどん房「エン座」 でむほほーの季節の霙糧もり(過去記事)


「豚や」  杉並区上荻4-19-23 [Map] 03-6762-7665
column/02424

武蔵野本手打うどん房「エン座」で むほほーの季節の霙糧もり

enza.jpgまたまた美味しい武蔵野うどんを探し訪ねて、 石神井公園から柳沢へと抜ける富士街道の中程まで足を運んでみました。 透かし彫りの額に掠れた空色の文字は”○”に”座”。 辿り着いたのは、パッチワーク的色合いの暖簾も印象的な「エン座」さんです。 お昼時の店内は丁度満員。食べ終わったお客さんと入れ替わるように席に着きました。
早速、肉汁だという「季節の霙糧もり」をお願いすると、「お時間いただきます!」と姐さん。 生から茹で上げます、のサインだ。 貼紙によると、平日と土日で麺に使う小麦粉を変えていて、土日はまさに地粉の大泉・石神井片山産の「農林61号」で、平日が讃岐「木下製粉」直送+地場産「農林61号」の全粒粉だという。 食べ比べてもみたいけど、今日はまず地粉の、より武蔵野うどんらしい麺を啜れるってことだと、わくわくしてきた。 壁の「御挨拶」には、地域の風習に因んだ武蔵野うどんの素朴な魅力を伝え供したい旨が手書き文字で記されていて、好感です。 enza04.jpg ジジジとベルが鳴ると厨房から「オーーイ!」と大声が聞こえ、せっせと急ぎ手早く茹で上げをしている空気が伝わってくる。 そして、トルネードするように巻き捻られたうどんが量感を湛えてやってきました。 enza05.jpg なんとも深みのある艶ではありませんか。 中に一本、ほのかにピンクな麺が織り込んである。 赤紫蘇のエキスを挿した麺だそうで、なかなか乙であります。 引き上げたその麺を下ろす先は、 お約束の肉をはじめ、牛蒡や法蓮草、刻み葱などで具沢山。 enza06.jpgenza07.jpg むむ、むほ、むほほほほー(笑)。うまい、こいつぁ、うまひ。 麺のエッジがたおやかなに踊りながら口元を滑り、讃岐チックな力強さを携えつつも、地粉の発する風味をぐぐぐっと押し出してくる。 所謂麺のコシに重きをおかない素朴な仕立てが武蔵野うどんの従来だとすれば、「エン座」のうどんはその洗練形。 つけ汁も、もっと豚の脂がギトっとしててもいいけど、この麺にはこれでいいのかもしれないと思わせる。ううむ、やるもんだ。 添えられた大根おろしをたっぷり足すと、優しい辛味がまた啜る勢いを強くさせる。enza08.jpgそうそう、壁の貼紙には「地域の産物練馬大根を活かしたうどん」とも紹介されていて、きっと冬には練馬大根入りのうどんがいただけるンだね。enza09.jpg 秋冬のみとある温かい「田舎うどん」も気になるなぁと考えていたら、頭上に「地粉うどん完売」の貼紙がされた。 以降は平日仕様の全粒粉で営業を続行するという。 お代わりしちゃおうかな(笑)。enza02.jpg


「エン座」 練馬区石神井台8-22-1第一サンライフ105[Map] 03-3922-0408 http://www1.ocn.ne.jp/~chiyomom/enzaHP/
column/02389

手打うどん「福助」で 讃岐系白うどん武蔵野系田舎うどん合盛り

fukusuke.jpg随分と久しぶりに降り立った清瀬駅。炎天下を小金井街道に沿うように野火止用水路に向けて南下。 うへ~、暑っついね~。 目指すは「福助」といううどん屋さん。 店の前にたどり着くと、もう2時になろうとしているのに、空席を待っているヒトがいる。 うへ~、早く空調の効いたところに入りたいぃ。

「福助」は、讃岐の製粉工場で作られた上質な小麦粉で打つのだという「白うどん」と、 上州の地粉を使った褐色の「田舎うどん」との二刀流。 つまりは、讃岐系と武蔵野系の両刀遣いということになるね。

合い盛りも出来ます、ってことで、 量にして三玉の「ざるうどん」中盛りを白と田舎の合い盛りに。 つけ汁は、デフォルト無料の冷汁から、 ごま汁、みぞれ汁、肉汁、カレー汁と5種類から選べる。 基本、武蔵野うどんモードなので、選んだのは当然「肉汁」。 「かき揚げ」とこの日の日替わり天の「土佐紅いも」も添えてもらいましょう。

一人ひとりへの丁寧な接客が気持ちのいい女将さん。 「時間かかりますが、お待ちくださいね~」に、 はいはい、ごゆっくりどうぞ~な気分になる。 すっかり腹ペコなのにね(笑)。

さて、カウンター越しにお膳がやってきました。 ざるに合い盛りされたうどん。 右と左の違いが判りますでしょうか。

まず右手の讃岐系から。 讃岐にイメージする透明感がありツルンとして力強いコシのある感じとは微妙に違っていて、 武蔵野うどんの素朴さが織り込まれている風合いがする。 肉汁で啜っている所為なのかもしれません。

もう一方の左手武蔵野系は、 武蔵野うどんのイチオシ「小島屋」の地粉がしどけなく味わえる感じの路線ではなくて、 ちょっと味噌煮込みうどん的なゴワっとした食感が印象的だ。

土佐紅の天ぷらは、細長いフォルム。 パサつくことなく、しっとりとその甘さを楽しめます。

讃岐系「白うどん」と武蔵野系「田舎うどん」の食べ比べも出来ちゃう「福助」。 うどんに対する真摯な姿勢と心意気が感じられて居心地がいい。 ただ、二刀流がどっちつかずの結果を招いているきらいがある。 できれば両刀遣いを止めて、地場武蔵野うどんに注力して欲しいなぁと思います。

口 関連記事:   手打うどん「小島屋」


「福助」 清瀬市竹丘1-2-10 042-457-2929
column/02324

手打うどん「涼太郎」所沢店で 特製かまだし4L肉汁武蔵野うどん

ryotaro.jpg東村山の有名店「きくや」直営の武蔵野うどん店が所沢にもあると、実家に立ち寄るついでに寄ってみました。 東口から直進した先の三叉路の手前を左に折れた辺り。 表通りからは引っ込んだ住宅地の一軒は、知らずには通り過ぎてしまいそうな何気なさです。 暖簾には「涼太郎」と白抜き文字。 「きくや」直営、所沢店と左右に小さく記されています。
正午過ぎの店内は、いい具合に先客で賑わっていました。 カウンターの一番奥へ。 壁のお品書きには、「特製かまだしうどん」とあって、Lから6Lまでの値段が示されている。 “L”ってなあに?と思いつつオバチャンに訊ねると、男性陣は大体3Lか4Lあたりがちょうどいいボリューム、とのこと。 然らばと、4Lを「肉汁」、「のり」増しでお願いしました。 肉汁なくして、武蔵野うどんは語れないものね。 「おまちどうさまぁ」。 嬉しいてんこ盛りの薬味を豚バラ肉の浮かんだつけ汁に投入して、刻み海苔ごとワシとうどんを引っ掴んで啜り込みます。ryotaro01.jpg武蔵野系の中にあっては、粉の味わいが大人しい変わりに、シコッとした歯応えが返ってくるタイプのうどんだ。 讃岐うどんなどとはまったくもってベツモノと考えているので、べろ~んとしながらも漂白の少ない粉が香るような、もっと野卑なヤツの方が好みだな。 豚バラからもだらしない感じに脂が出ちゃっててもいいもんね。 東村山のお店にも、機会があれば行きたいな。 「涼太郎」 所沢市くすのき台3-14-4 [Map] 04-2993-8877
column/01777