「あっぱれ郷土食」カテゴリーアーカイブ

九州料理「たもいやんせ」で むかでのり宮崎牛のたたき芋の橘

tamoiyanse.jpg旧山手通りからちょっと奥まったところに提灯の灯りを点している九州料理の店「たもいやんせ」。 店名を記した紫の幕が印象的です。 奥へと進んで、厨房前のカウンターへ。 お品書きには、宮崎・日南の郷土色の強い品々が並び楽しくなります。
柚子胡椒がほんのり香る「牛すじと大根のあっさり煮」や土佐湾沖などで獲れるというアオメエソという珍魚の唐揚げ「目光り唐揚げ」なんぞを。 tamoiyanse04.jpgtamoiyanse05.jpgtamoiyanse02.jpg 「むかでのり」とは、海草の味噌漬けらしく、蒟蒻のような食感の珍味です。 これは旨いなぁと思わず唸ったのは「宮崎牛のたたき」。tamoiyanse03.jpg周囲を炙ったグラデーション。 ホースラディッシュでいただきます。 そして、水炊きにしようかどっちかで悩んだお鍋は「鶏すき鍋」で。 tamoiyanse06.jpgタイミングを誤ったか意外にもお肉が固くなってしまったのが残念ながら、滋味はたっぷし。 お供は、黒糖の「壱乃醸朝日」や芋の「橘」。 なんともじれったいバーレーン戦を観ていたら、「冷や汁」いただくのをすっかり忘れてしまいました。 大将は都城の出身らしく、店名の”たもいやんせ”とは、宮崎の方言で「召し上がれ」という意味だそうです。 「たもいやんせ」 渋谷区神泉町10-10 神泉ビル [Map] 03-3461-4333
column/01442

九州の馳走菜と蔵元焼酎「芋の蔵」で 昼の鴨重焼酎に囲まれて

imonokura.jpg暫く振りにオアゾの6階へ。 店頭メニューに少々惹かれる品を見つけて「芋の蔵」へと入り込んでみました。 これでもかと焼酎の一升瓶をディスプレイに使う手法に少々辟易しつつも、まあ宜べなるかなと独り言つ。 早速「鴨重」をお願いしました。
きっとチープな感じなんだろなと斜構えでお重の隅から掻き込むと、意外や意外、結構イケル。imonokura01.jpg甘くない程よい醤油の味付けでパサつきのない照りに、短冊に刻んだ白葱のアクセント。 端肉を使っているのかもしれないけれど、何故か癖になる吉牛と同じ魅力を感じてしまいました。 食べ終えて改め、焼酎の一升瓶を仰ぎ見る。 やっぱりここではきっと、夜の部で芋を呷るのが本懐を知るところですね。 「芋の蔵」 千代田区丸の内1-6-4 オアゾショップ&レストラン6F [Map] 03-5220-0068  http://www.imonokura.com/
column/01443

和洋創作料理「瀬戸」で味噌串かつMISOODEN名古屋きしめん

seto.jpg急遽トンボ帰りの名古屋紀行となりました。 旬の食材や地物を生かし洋食の技法でアレンジした創作料理がいただけるという栄の「瀬戸」へ。 ビールで喉の渇きを癒しつつ、漬物と鶏肉が絶妙なマッチが楽しいハム状仕立ての「守口漬けチキンロール」や「味噌串かつ」をいただきます。 揚げ物に味噌なんてと思うも、これが案外悪くない。 続いて名古屋の味「MISO ODNE GO」。 八丁味噌を垂らしてからいただくおでんです。 さらに「竹の子味噌和え」。 若筍に味噌が合うんだね。 どーんとした量感とコラーゲンたっぷりの「豚足の激辛煮込み」は、適度な辛さが食欲をそそります。 seto02.jpgseto03.jpgseto04.jpgseto05.jpgseto06.jpgseto07.jpg お相手は、吉野杉の樽貯蔵だという芋の「霧島 和風樽出し」。 〆にと、優しい味付けの「名古屋きしめんコンソメ仕立て」を啜って名古屋駅へ。 今度はいつ行けるのかな。 「瀬戸」 名古屋市中区錦3-17-28 ブルームーンビル2F [Map] 052-962-7212 http://www.seto1998.com/
column/01407

ちゃんぽん・皿うどん「來來來」で ちゃんぽん野菜の旨味甘み

rairairai.jpg茶沢通りをトコトコと進む。 それらしい看板も見当たらず不安が過ぎったところで何気なく見た左手の路地に「來來來」の黄色いサインを見つけました。 暖簾の先は、オヤジさんひとりで切り盛りする極々手狭な店内です。 早速「ちゃんぽん」を、そしてそれに「豚まん」を添えてもらいました。
野菜や魚介の具材と麺を掻き分けてスープを啜ってみます。 ほほう。rairairai01.jpg野菜の旨味・甘みをたっぷり含んだスープがすっきりと美味しい。 こうしてみると日本橋・長崎楼のちゃんぽんが粗野に映り、長崎中華街・江山楼のちゃんぽんがクリーミーに過ぎるような気がしてくるから面白い。 後から隣の席にやって来た男の顔に見覚えがある。 あ、キムタクの「プライド」に端役で出ていた俳優だ。 きっと近所に住んでいるんだね。 「來來來」 世田谷区太子堂4-27-10 [Map] 03-3412-2918
column/01405

九州めし処「じのもん家」で 屋台のすじ串と質朴たかな飯定食

jinomonya.jpgあっという間になくなってしまった焼肉「かわだ」の跡地が新しいお店に変わっていました。 九州めし処「じのもん家」。 “九州”を”くす”と読ますらしい。 どうやらまだ店の認知が進んでいないのか、ガランとした店内です。
「じのもん家」名物で秘伝だという「たかな飯定食」をお願いする。 すると「お待ちの間に、九州のおでんはいかがですか」とニコっと笑顔で勧められてしまった。 お、そうきたか~。 jinomonya01.jpg 「屋台のすじ串」を1本やっつける間に「たかな飯定食」が届きました。 パラパラとした和風仕立ての高菜チャーハンという塩梅のご飯で癖になるような味や旨味の強さはないものの、不思議とガツガツと食べ進められる。 一見とっても質朴なところが魅力なのかもしれないね。 豚汁はもっと味噌が強くて、豚バラの脂がたくさん浮いているほうが好きです。 お品書きをみると、牛すじ料理、霜降り馬刺しに明太子、黒豚や地鶏、大分とり天に福岡筑前煮、焼ラーメンに焼ホルモン、そして本格芋焼酎と九州梅酒と福岡中州が脳裏に浮かぶラインアップ。 うまか九州ロコフード、食べんといかんタイ! 「じのもん家」 中央区日本橋茅場町3-7-2 [Map] 03-5651-9110
column/01157