「あっぱれ郷土食」カテゴリーアーカイブ

麺類丼物一品料理「中西食堂」で特製栄螺ドンブリが曙丼海辺の集落の食堂で

nakanishiずっとずっと昔一度だけ、大分空港を利用したことがある。
その時、空港から市内への移動にホバークラフトに乗ったことを印象深く思い出す。
スカートの下から吐き出した空気に乗りながら滑るように、海上から埠頭に乗り付ける感じがなかなか格好良かったのだけれど、それももう09年に廃止されてしまったと聞く。
そんなこともふと思いながら、生まれて初めて北九州空港に降り立ったのは、師走も最終コーナーに差し掛かった冬の日のことでありました。

スターフライヤーの機材を離れ、車で向かった先は、
JR日豊本線の椎田という駅の近くにある築上町文化会館。
エピソード満載のステージ(笑)の後には、
行橋から特急ソニック号で一路博多へ。
随分とお久し振りに博多へとやってきました。

翌朝、レンタカーを駆って博多駅前を発ち、
真っ直ぐ北上して、海の中道と呼ばれる砂浜の上の一本道を往く。
辿り着いたのは、外周10kmちょっとの小さな陸繋島、志賀島(しかのしま)。
田圃の中から金印、漢委奴国王印が発見されたことから、
金印海道と名付けられた海岸沿いの道へと集落を抜け、
島の北端辺りにある海水浴場で車を降りる。nakanishi01nakanishi02nakanishi03小雨混じりの曇天の下、遠くでサーファーが波を待つ。
向かいの小島には、志賀海神社沖津宮の鳥居が見える。
海岸に立つ石碑が刻んだ歌は、
海辺で働き暮す海人の激しい毎日を直截に表していました。

もう半周をくるっと進むとすぐにさっきの集落近くに戻って来られる。
金印街道がY字に分かれる分岐点辺りで車を停めると、
その近くにお誂え向きに食堂の看板が目に留まる。
掠れた「出前迅速」の文字が、いい。nakanishi04nakanishi05nakanishi06看板が誘う路地の入口には、猫ねこネコ(笑)。
路地の向こうに「中西食堂」の看板が見付かりました。

お店の外観の印象通り、店内も長閑な空気。
厨房の下がり壁に沢山の品札が貼られています。nakanishi07nakanishi08特に大きな貼紙は、「さざえ丼」に「曙丼」。
「さざえ丼」と「壺焼き」のセットなんて手もあります。

注文を終えて、さらに落ち着く。nakanishi09ご常連らしき親爺さんが「特製皿うどん」をやっつけている、
その頭上の壁には芸能人著名人のサイン色紙が並んでいて、
成る程、そこそこ知られた店なのだと気が付きます。

いい感じだもん、呑んじゃったらと相棒に勧めたら、
燗をつけたコップ酒がやってきた。nakanishi10お酒を註文すると此方では、
お酒のお供にと特製、栄螺の内臓の佃煮を出してくる。
鮮度が少々気になる栄螺の肝も、
さっさと佃煮にしてくれているならそんな心配もない。
くっそう、昼間っからこんなの肴にコップ酒なんて、
なんて羨ましいのでしょう(笑)。

傾けるコップ酒の様子を睨みつけつけてたら(笑)、
お願いしていたドンブリがやってきた。nakanishi11nakanishi12「さざえ丼」のデラックス版と謳う、
「曙丼」は、栄螺や海老が「さざえ丼」の倍量載っているという。
確かに溢れんばかりの栄螺さざえサザエ海老。
新鮮で滋味深い磯味の魅力に思い切り喰らい付く。
うーむ、いいなぁ。

相前後して「さざえの壺焼き」もいただいてしまう。nakanishi13煮付けた栄螺の身や肝も良いけれど、
壺にして焼いた栄螺がやっぱり基本中の基本だと思わせる。
ちょろっと垂らした醤油が断然威力を発揮するのは、
皆さんご存知の通りであります。

なんだか勢いついちゃって、
親爺さんが召し上がっていた皿うどんにも感化されて、
やっぱり追加註文してしまう。nakanishi14海辺の町の食堂でいただく、
まろやかな食べ口の「ソース焼きそば」。
なんだかとっても癒されます(笑)。

ご馳走様をして、通ってきた路地を横目に店前の道を辿るとすぐに、
石造りの鳥居の下に出た。nakanishi15「中西食堂」は、参道の入口にある食堂でもあるのですね。

志賀島の集落の鳥居の奥に大衆食堂「中西食堂」がある。nakanishi16店内に横綱曙の手形があるのでやっぱりと訊けば、その通り。
「曙丼」は、曙関のために拵えた特製ドンブリが、
メニューに載るようになったものだそうです。

「中西食堂」
福岡市東区志賀島583-7 [Map] 092-603-6546

column/03671

郷土料理「しまや」で早生の毛豆みず油炒め茄子の紫蘇巻貝焼き味噌若生おにぎり

shimaya夏はというとどうしても、南の海や南の島々が気掛かりで、必然そっち方面に足を向けることになる。
残念ながら長めの夏休みを何度も取る訳にいかないのは世の常で、そうした結果、他の景勝地や街々の夏を余り知らないことになる。
例えば北海道なんて、函館を最後に10年以上はご無沙汰なような気がいたします。

そして、真夏に催される東北を代表するお祭りも、
未だに現地では観たことがない。
そう、地域により”ねぶた”とも”ねぷた”とも呼ばれる、
あの夏の祭りだ。

毎年のようにそんなことを考えていた、この盛夏のこと。
青森を訪れる機会に恵まれた。
いつかtakapuが迎えに来てくれた
青森空港にふたたび降り立って、
空港バスで向かうのは、弘前の地。
駅前から更に急ぎタクシーに乗り込んで、
降り立ったのは勿論、
郷土料理「しまや」の暖簾の前です。

ゆたーりとした空気の流れる店内に首を入れて、
予約の名を告げこんにちは。
先客はまだひと組さんで、
カウンターの真ん中に陣取ります。

目の前の天板には例によって、
ホーローのトレーが綺麗に並んでる。shimaya01その晩のお惣菜のあれこれが、
良かったら声を掛けてねと静かに待ってくれています。

一杯だけと麦酒をいただいて、
女将さんにコレをとまず指差したのが目の前のトレー。shimaya02「早生の毛豆」と云われてよくみると、
成る程、産毛が莢の周りにあって、それが活き活きと映る。
莢の中の豆を噛めば、爽やかな青みと濃い滋味が弾けます。

加減良くとろみのついた汁に包まれた「里芋の煮付」。shimaya03グラスの麦酒を飲み干して早速、お酒が欲しくなってきます。

此処に来たなぁと思わせてくれるもののひとつが、みず。shimaya04油炒めしたみずのしゃくっとした歯触りと山野の風味がいい。
なんかこう、心穏やかにさせてくれるような気がします。

棒鱈は、ここでは介党鱈の干物だそう。shimaya06乾いて凝集した旨みが、
手間をかけて柔らかくなったその身から解れてくる。
「豊盃」のお代りをいだたきましょう。

地元の方らしき先客さんが註文していたのが、茄子の紫蘇巻き。
そこに便乗してこちらにもと所望します。shimaya07女将さんが取り出すのは、立派な紫蘇。
その紫蘇に「しまや」専用という特製米味噌を薄く塗り、
茄子を包んでさらに軽く焼く。
潜ませた味噌が着実な仕事をしてくれています。

濃いぃ飴色に照るは身欠き鰊。shimaya09鱗をとる作業が重要かつ難儀であるらしい。
そんな手間を含めて、有り難くいただくことといたしましょう。

「しまや」には、近くの女子大学生が女将さんの助手役を担っている。
この晩の彼女も然り、素直そうで聡明そうで、
女将さんに教えられるあれこれのひとつひとつを、
健気に愉しんでいるように映って微笑ましいのです。

そしてこれも欠かせないねと、貝焼き味噌。shimaya10周囲の焼けた貝殻に、帆立を焼き混ぜた玉子と味噌。
貝焼き味噌は玉子味噌とも呼ぶらしい。
酒肴はもとより、御飯のお供にも相応しい、
ほっこりとする滋味が堪らない。
味噌は弘前の加藤味噌という醸造元に、
特別に拵えてもらっているんだそうだ。

そしてそして、〆の食事は勿論の若生おにぎり。shimaya11薄く柔らかい1年ものの昆布は、歯の先をそっと受け止める。
そして期待通りの素直な磯の風味と確かな旨味。
有り難くって、思わず手を合わせてしまいます(笑)。

津軽郷土の心に女将さんの創意と感性と心意気が掛け合わさって、
沁みる酒肴と味な惣菜の並ぶカウンターとなる、郷土料理「しまや」。shimaya12訊けばもう創業来48年が過ぎようとしていると云う。
「しまや」の郷土料理たちが次代にも伝わり、
感性豊かな食文化として育まれんことを想います。
takapuを息子のひとりのように思っているという女将さんには、
そんな息子に委ねたいこともあるんだそう。
女将さんの願いはいつ実現するのかな。

「しまや」
弘前市元大工町31-1 [Map] 0172-33-5066

column/03630

純手打生蕎麦「奥藤 本店」で鳥もつ煮発祥の蕎麦の店信玄公像と舞鶴城公園の桜と

okutou甲府というと思い出すのは、そのちょっと先にある北杜市のこと。
中央本線の小淵沢駅からクルマで赴いたのは、サントリーの白州蒸溜所。
木々の間から覗いたキルンを模したという双頭の建物「ウイスキー博物館」で貴重なボトルたちを眺め歩いてから、蒸溜所のポットスチルをまじまじと見詰めたり、貯蔵庫に壮観に並んだオーク樽の山にオオオとただただ感嘆したり。
勿論、10年12年18年ものを呑み比べたり、「白州25年」なんぞも舐めたりして、とっても有意義な時間を過ごせたのでありました。

それからなんと7年程振りに乗り込む「あずさ号」。okutou01なんか車両がすっかり新しいような、前回もこの車両だったような。
ここでE257系の薀蓄を語れないようでは、鉄ちゃんには なれません(泣)。

そんな中央本線新宿駅9時発JR特急は、あずさ号9号。
あずさ2号は今は、信州に旅立つ旅客ではなくて、松本始発の上りの一番列車であるらしい。
ちなみに新宿発8時ちょうどの列車は、スーパーあずさ5号。
あ、前回はあずさ号ではなくて、きっとスーパーあずさだったんだ。

およそ100分の旅程を経て到着した甲府駅の南口駅前広場。
そこにはデデンと武田信玄公があらせられる。okutou02甲斐の国の守護大名、ここにありという風格でありますね。

午前中の用事を終えて向かったのは、身延線の国母という小さな駅。
辿り着いたのは静かな住宅地の中の蕎麦の店。okutou03okutou04手打ち蕎麦屋なのだけど、暖簾の手前には「元祖鳥もつ煮」の立て看板。
暖簾の内側にも「元祖鳥もつ」の大看板。
その隣には、「B-1グランプリ全国制覇」の文字が躍っています。
そんなことはもう、皆さんご存じですよね(笑)。

素直な気持ちで選んだのは、おすすめの「甲府鳥もつセット」。okutou05鳥もつ煮の小盛りにもりかかけかの蕎麦かうどん、小さめご飯に香の物がつくというものです。

どれどれと「鳥もつ煮」を凝視する。okutou06テラテラと照る様子から既に甘辛い風情が滲み出ています。
レバーにハツ、砂肝、キンカンまでもが濃いぃ飴色に包まれて、それぞれの食感と滋味を何気なく主張してくる。
品書きを改めて読むと、「甲府鳥もつ煮」は戦後間もない昭和25年頃、この店「奥籐」で誕生したとある。
“どこが元祖だ問題”は、色々な土地や事柄で起こり得ることだけど、こちらが甲府の「元祖鳥もつ」発祥の地なのでありましょう。

どうも鳥もつ煮にばかり気が向いてしまいますが、こちらはそもそも蕎麦屋さん。okutou07田舎蕎麦とは趣の違う蕎麦は、量を拵えているがゆえの端正さなのでありましょか。
仄かな香りと喉越しは決して観光地的ものじゃない。
なかなか美味しゅうございます。

腹ペコに勢い込んで註文んでしまっていたのが「信玄鶏の天ぷら」。okutou08初めて見知る”信玄鶏”。
名前そのものにはあやかり系の匂いも少々思うものの、身肉の味わいが濃くって旨い鶏天麩羅。
麦酒が呑みたくなってきました(笑)。

1913年(大正2年)に甲府の駅前に創業した手打蕎麦「奥藤本店」は、
甲府鳥もつ煮発祥の店。okutou09創業来一世紀を経て今なお親しまれ、繁盛している様子は、素晴らしい。
B-1グランプリによる町おこし取り組みも伊達じゃぁないなと、やっとこご当地に来れて思うのでありました。
事務局長、お元気かな。

午後の用事を済ませて、上りのあずさ号の時間までの束の間を甲府駅近くの舞鶴城公園を散策する。okutou10時季は桜の散る頃。
鉄門(くろがねもん)の前に置かれた解説を読むと、甲府城は豊臣秀吉の命で浅野長政・幸長によって築城されたもだという。
武田信玄の城ではないのかと頭の中?マークで一杯になったのも歴史的知識の浅きが故。
信玄公は、生涯城を持たなかったようですね。

「奥藤 本店」
山梨県甲府市国母7-5-12 [Map] 055-222-0910
http://www.okutou.com/

column/03576

鳥料理「鳥源」で新宿の思い出と水炊き雑炊コースビルの谷間の創業60余年の佇まい

torigen学生時代、新宿コマ劇場前といえば噴水のある広場でした。
学生やサラリーマン風情が、酔っ払った勢いで突入して奇声を上げている光景を何度も目撃したものです。
中村雅俊主演の青春群像ドラマ「俺たちの旅」のオープニングで、若き中村雅俊演じるカースケや田中健演じるオメダたちが噴水を横切るシーンがあったのは、同じ歌舞伎町の噴水なのでありました。
このシーンをよく憶えている方は、それなりのお歳だということになりますね(笑)。

そんな噴水の背景にいつもあったコマ劇場も、2008年(平成20年)の年末をもって閉場してしまった。
つい先日、物凄く久し振りにコマ劇場があった場所の前を通るとまだ開場前ではあるものの、すっかり建て替わって、シネコンTOHOシネマズのサインも目に留まる。
周囲の上空を見上げる視線に吊られるようにして建物の上方に視線を動かすとなんと!大きな爪のようなものが見える。
ゴジラがそんなところにいる、なんてね(笑)。

そして、待ち合わせは紀伊國屋書店の一階正面。
新宿での待ち合わせといえば、ミドマド(JRのみどりの窓口)か、ココだったものなぁ。
地階のカレーショップ「モンスナック」はまだまだ健在かなぁ。

独逸からの客人とご無沙汰ぁ!と手を振って、都合4名で集ったのは紀伊國屋の横っちょ、今はなき「NEW TOPS」とアドホックビルの間へと抜けていく道。
そこには、何度も何度もその前を通っているのに今まで一度もお邪魔したことのなかった店がありました。torigen01建物と建物の間でちょっと拉げたようにも見える古びた家屋が鳥料理「鳥源」の佇まいです。

予約の名を告げると、お二階へと招かれて狭い階段を上がる。
引き戸の奥は、何やら自然石の置物をずらりと収めた棚の控えるお座敷。
店主のご趣味なのありましょか。
おまかせ「水たき雑炊コース」をお願いしました。

ジョッキの麦酒をいただいているところにまず届いたのが、とりわさ。torigen02お通し的小鉢が、これから鳥料理が始まるヨと知らせてくれるようです。

続く突き出しの鶏皮ポン酢が、地味ながらもなかなか旨い。torigen03ちょっと炒ったような感じが芳ばしく、お酒を誘います。

「つくね」には、表面張力漲る黄身が添えられて。torigen04細か過ぎず粗過ぎずに挽いた鶏の歯触りが、すっきりしたタレと炭火で炙った芳ばしさでいい感じに纏まっている。
つくねをたまごの黄身のソースで喰ってやろうと最初に思い付いたには一体誰なんでしょうね(笑)。

12種類ほどある中から届いた串焼きは、わかどりに相鴨。torigen05合鴨じゃなくて、相鴨と書くのがちょびっといい。
鴨らしい香りが嫌味なく愉しめます。

そしていよいよ、鍋も登場。torigen06鍋の中は、当然のように白濁したスープがなみなみと。
ぶつ切りした鶏の身が顔を出しています。

二階担当のお姐さんの指示のまま、具材を鍋に投入して煮えるのを待つ。
いただいた独逸からのお土産は、シュナップスと可愛らしいスキットルのコンビ、そして小さなボトルが16本も並んだチョコレートリキュール。
ありがとう、でもどんだけ呑兵衛だとおもわれているのでしょう(笑)。

くつくつと煮えたところで、いざいざ。torigen07まずは、表層の白菜、エノキ辺りからいただきましょう。
もしかしたら、ずっとずっと昔博多でいただいた以来の水炊きかもしれません。
京都西陣の「鳥岩楼」でいただいたのは「親子丼」だったしね。

鶏のスープで炊いた野菜やらキノコやらをハフハフいただいてから辿り着いたのが、骨付きの身ややゴロッとしたブロックのような鶏の塊。torigen08まぁ、鶏の身そのものよりもこの白濁のスープにこそ本懐があるのかもしれません。

そうとなれば、雑炊は欠かせない。torigen09どちらも野菜の甘さも取り込んだ美味しい鍋になるけれど、博多の水炊きは一般的な水炊きに比べて鶏エキスのコクでひと味違うよね。

新宿紀伊國屋近くに創業60余年を数えるという鳥料理と博多水炊きの店「鳥源」がある。torigen10とんとご無沙汰の中洲辺りでもう一度、水炊きの鍋に正対したいものだなぁとそう思います。

「鳥源」
新宿区新宿3-17-11 [Map] 03-3354-7868

column/03556

八幡浜ちゃんぽん「莢」で八幡浜ちゃんぽん長崎でないちゃんぽんは純和風

saya遠くはないのになかなか用事のないのが、例えば新宿御苑辺りとか。
新宿三丁目までは行っても、そこから更に四谷方向へ赴くことはなかなかない。
なんだかコワ~い新宿二丁目というエリアが障壁のように横たわっていることがその理由であることも否定できない。
でも新宿御苑そのものをゆっくり歩いた経験が未だにないことに気がついたりする。
毎年、桜の時季になるとそう思うものの、果たせていない宿題のひとつなのです。

過日、野暮用があって新宿通り沿いの新宿一丁目辺りにいることがありました。
このまま二丁目探検に挑もうかと一瞬思うも踵を返して(笑)、四谷方面へと向かいます。
四谷四丁目の信号を渡ったところで目に留まったのが、植栽の向こうにある「ちゃんぽん」の文字でありました。

あ、”八幡浜ちゃんぽん”のお店は此処にあったのか!と早速のご入場。saya01白基調でシックなインテリアは、郷土料理的麺類のお店とは思えぬ雰囲気です。

一杯だけとウーロンハイを所望して、ちょいとしたツマミに「じゃこ天」をいただく。saya02八幡浜名物と謳う所謂さつま揚げは、ご存知の通り魚のすり身を揚げた”てんぷら”。
石垣島の”かまぼこ”とは違って、その断面は如何にも鰯の小魚を擂りおろしたような色合い。
魚の滋味をそのまま香ばしくいただける感じが嬉しいところ。
ハランボとかいう地魚を使うことが多いようです。

お願いしていたのは「八幡山 海鮮ちゃんぽん」。saya03それは、スタイリッシュなフォルムのドンブリによそられてカウンターに置かれました。

蓮華で啜るスープは、軽やかにして出汁の風味が素直に味わえるもの。saya04いりこ出汁の軸を下支えするように鶏のコクが添えられている様子。
濃さで迫ることなく、ひたひたと表情を現す感じが好ましい。

麺はと云えば、押し出し方式で作ったかのよな丸い断面のツルツル仕様。saya05どっちかと云えば、スープとの馴染みよりも口元のツルツルとシコシコ食感に比重を置いた感じ。
でもでも、たっぷりトッピングしていくれている野菜や魚介と一緒に併せ食べれば、うんうん頷く食べ口になるのであります。

荒木町のキッチン「たか」で「牡蠣のバターソテー」を狙って赴いたものの、どうやら最近では夕方頃までに売り切れ仕舞いになることが多いらしく、すっかりフラレた足をふたたび四谷四丁目にへと向けました。

この夜お願いしたのは「ちゃんぽん」ならぬ「八幡浜 焼ちゃんぽん」。saya06オーダーが通るとすぐに具材が用意された様子で、北京鍋の煽り所作が始まります。

焼きちゃんぽんなので、当然のように麺を浸らすスープはない。saya07でも、立ち昇る湯気の中には、過日嗅いだと同じスープの匂いが含まれています。

ドンブリに盛り付けた所為もあるけれど、麺も具も十分なたっぷり感。saya08焼いたちゃんぽんは、つまりは皿うろんやないんかと長崎の郷土料理を一瞬思い浮かべるけれど、思えば福建料理がベースといわれる博多ちゃんぽんは豚骨も使った白濁スープ。
八幡浜ちゃんぽんは、いりこなどの煮干し出汁主体の実に和風な麺料理なのだ。

それぞれの系譜は詳しくは判らないけど、所違えば品変わるのもまた愉しくも面白いことでありますね。saya09久々に博多の屋台の「焼きラーメン」が食べたくなりました(笑)。

四谷四丁目の交叉点の「莢」は、初めて出会った八幡浜ちゃんぽんの店。saya10八幡浜(やわたはま)ってどこかといえば、四国は愛媛県の佐田岬半島の付け根辺り。
豊後水道の近くゆえ、八幡浜港には地魚もいろいろ揚がるに違いない。
愛媛には、松山しか訪れたことがないので、四万十川から宇和島、八幡浜と巡る旅なんかいいかもなぁなんて思います。

「莢」新宿四谷本店
新宿区四谷4-9 グゥビル 1F [Map] 03-6380-4938

column/03549