「粉もんジャンク路面店の発露」カテゴリーアーカイブ

元祖串かつ「だるま」で 見上げる通天閣揚立て旨し元祖串かつ

daruma.jpg天王寺の近鉄前交叉点から動物園前方向へ。 ここだココだと右へと折れ入って、線路を潜れば、 何かのお店の店頭にある大きなビリケンさんが迎えてくれる。 そう、ご存知、ジャンジャン横丁。 早くも行列をつくっている串かつ「八重勝」を横目に覗くと、なんだか新しく明るくなっている。 その先にある将棋クラブは、硝子越しにも独特の琥珀色の空気が伝わってくる。 そのままジャンジャン横丁を抜ければいよいよ新世界の本丸だ。

今話題のタワーといえばやはり、通天閣(笑)。daruma01.jpg みんなホンモノのビリケンさんの足裏を掻きに行くのか、 既に長い行列ができています。

その通天閣の真下で、広い間口で営んでいるのが、串かつ「だるま」の通天閣店。daruma02.jpg そして通天閣を見上げる通りから脇に伸びる路地にあるのが、 「だるま」新世界総本店だ。

ジャンジャン横丁の「だるま」にも行列があったけど、 ここ総本店にも開店前の行列。daruma03.jpg かの有名な文句、「ソースの二度漬けは禁止やで!」と睨みを利かせるオッチャン顔のディスプレイが覗いています。

daruma04.jpg僅か13席のカウンターの左の隅へ。 なんのことやら判らないけど、初めてのお客様には「クロヒョウセット」がオススメというので、そこは素直に仰せに従います。

まだ午前中だけどねと自分に断りつつ、だるま特製麦焼酎でウーロンハイ。 ちゅるちゅるっと口をつけたところへ、さっと「どて焼き」の小皿。daruma05.jpg 所謂煮込みなんだけど、見た目を裏切るあっさり仕立て。 まずはこれで一杯、ってのが常道なのでしょね。

目の前の油切りパットに「クロヒョウセット」の串第一陣が湯気を上げて到着です。daruma06.jpgdaruma07.jpgdaruma08.jpg 帆立、串かつ、レンコン、えび、つくね。 二度漬けなしヨ、と呟きながら串をソースに浸して、余分なソースを切る。 ふーふーしてから齧りつきます。

ああ、串かつがウーロンハイによく似合う。 揚げ立て串揚げの醍醐味が間違いなく、ココにある。

「クロヒョウセット」の第二陣は、しょうが、ウィンナー、キス、力もち。daruma10.jpgdaruma09.jpgdaruma11.jpg まさしく紅生姜色剥き出しの串は、齧って思わず笑っちゃう(笑)。 オススメ通り、ウィンナーもキスも塩でいく。 キスのほっこりに、ウーロンハイをお代わりです。

コースターをいただくに、「クロヒョウセット」としたのは、ゲーム「龍の如く」のシリーズ「クロヒョウ2」と「だるま」のコラボだからということらしい。daruma14.jpg もっとも、この組み合わせのどのあたりが「クロヒョウ」っぽいかは、全くもって判んないけれど(笑)。

もうちょっと欲しいなとお願いしたのが、 復興支援と謳う「石巻名物牛たんつくね串」や、 冬のカキに替わって登場していた夏の串「ハモ」など。daruma12.jpgdaruma13.jpg そうか、仮にちょっと端モノが混じっていたとしても、 つくねにすることでイケる串に仕上がってる。 はふほふと揚げ立てを塩でやる鱧は、ご想像通りの醍醐味だ。

創業昭和四年。 元祖串かつ創業の店「だるま」新世界総本店。daruma15.jpg全13席で囲む狭いカウンターにぎっしり5人ものスタッフで鋭意応対中してくれる。 滞在時間およそ20分でいっちょ上がりです(笑)。

この界隈に来ると必ず、 「じゃりン子チエ」の世界感を髣髴とさせる場所として足を運んでしまうのが、 新世界国際劇場の前あたり。daruma16.jpg残念がらまだ、観劇したことはありません(笑)。


「だるま」新世界総本店 大阪市浪速区恵美須東2-3-9 [Map] 06-6645-7056 http://kushikatu-daruma.com/
column/03267

所沢名物焼だんご「奈美喜屋」で 焼き立て湯気と醤油の芳ばしさ

namikiya.jpg所沢駅前のプロペ通り。 和菓子屋「松月堂」の前を通り掛かると、 いつも漂う醤油の焼けた馨しい匂いがない。 振り向けば、まだお昼過ぎだというのにシャッターが閉まっている。 ムムムと想いシャッターに近づくと、 その中央に貼り紙がある。 70有余年の愛顧に対するお礼を示す貼り紙の文字。
同じように貼り紙を覗き込んだオバちゃんが、 やめちゃったってことかしらねぇどうしちゃったのかしらねぇ寂しいわねぇ、 と心境を代弁してくれる。

いつまでもあると思うな…。 そんなことを呟き乍ら、足はその先へと向かっていました。 俗に云う、”ねぎしの交叉点”を旧き銀座通り方向へと渡り、すぐの脇道を右へ折れる。 鄙びた中華料理屋を横に進むと路傍に水色の看板が見えてくる。 看板にはこうある、”所沢名物焼だんご”。namikiya01.jpg焼きだんごが所沢の名物だと知るヒトは、多くはないでしょう。 そうなのです、名物なのです。

そして、ここ「奈美喜屋」も老舗焼きだんご屋のひとつ。 以前は、今のダイエーの並びの茶舗「丸政園」の脇で炭火で炙った煙と芳ばしい匂いで誘う、 人気の焼きだんご屋台だったのだ。 どうも追い出されるように立ち退くことになったらしいけど、 その後今の住居兼店舗で営んでいる。namikiya02.jpg店の脇で観葉植物のケースのようになっているのが、往時の屋台だ。

店の中でおだんごをいただいたことは、今までなかった。 お遣いの女性の背中越しに訊いてみる。 中ででもいただけますか?

頷くオヤジさんに従って、古びた椅子が数脚並べられた扉の中へ。 雑然としている感じは、やっぱりテイクアウトがほとんであることを教えてくれます。 持ち帰る分と頂く分とをお願いしました。

炭のご機嫌を窺ってから焼き台に団子を載せる。 馴れた手付きで紅い団扇をそよそよっと力まず扇いでだんごに焼き色をつけてゆく。namikiya03.jpg面を代えて、また団扇を軽く叩く。 そして焼き台の脇に用意した甕の醤油にとぷっと浸して、ひと炙り。 出来上がりです。

湯気をあげる焼き立てにだんご。namikiya04.jpg既に醤油の焼ける芳ばしさに鼻先は擽られまくり。

持ち帰りすると温める直したりすることが多くて醤油の風味も控えめになるけれど、 焼き立ては醤油がキリッと利いている。 叩いた米の表面を極く薄い膜が覆っていて、それが歯の先で弾けます。 うん、素朴に美味い。

焼きだんご一筋60年、所沢名物焼きだんご「奈美喜屋」。namikiya05.jpg「松月堂」の貼り紙のことを伝えると、ええっ!?と驚くオヤジさん。 ぜひその分も含めて、これからも沢山の焼きだんごを焼いてください。


「奈美喜屋」 所沢市御幸町6-5 [Map] 04-2922-7512
column/03236

そば処「狭山そば」で ホームで立ち食い天玉そばずっとそのまま

sayamasoba.jpg所沢では毎年、その名もそのまま「ところざわまつり」という山車祭りが行われています。 山車を牽くお祭りは、4年に一度くらいの頻度だった気がするのだけれど、今は毎年のことになっているそう。 10基の山車の曳行と重松流と呼ばれる祭囃子。 旧町を貫く銀座通りを埋める屋台村になんとサンバカーニバルまでもが繰り出すらしい。
いつも近くの公民館から聞こえていたお囃子が、山車の上から調子よく。sayamasoba01.jpgひょっとこ面の舞も堂に入っています。

銀座通りの屋台のどこかでちょっと何かをいただいちゃおうかと通りに出てびっくり。 想定外のひとの多さに、怖気づく(笑)。 そそくさと通りを離れて、駅へと向かいます。

それにはちょっとした理由もあって、久し振りに所沢の駅そばを啜りたいと思ったから。sayamasoba02.jpgいつからそこにあるのでしょう。 川越へと向かうホームの真ん中辺り。 跨線橋へと登る階段と階段の下に立ち食いそば処「狭山そば」。

果たして自身何杯目になるかなぁ。 ここに来たらやっぱりと、思わず口をついて出るのは「天玉そば!」。sayamasoba03.jpgsayamasoba04.jpg出汁の香りと掻き揚げの油の匂いが交雑して、食いっ気を誘います。 両手にしたどんぶりをちょっと傾けて、ちゅるっと汁を啜る。 特段上等な仕立てでも勿論ないのだけれど、ずっと変わらぬ味わいにノスタルジックな安寧を思うのです。

掻き揚げの脇から箸の先を突っ込んで、 玉子の黄身を揺らしながら引き上げるそば。sayamasoba05.jpgだからどうということもないものの、 きっと恐らく市内のどこかの製麺所で作っているのだと勝手に思い込んでいる。 挽きぐるみの風情を一抹漂わせつつ、素朴に粉の風味で啜らせる。 ああ、こうでした、こうだった。

時には、「きんぴら天」でうどんをいただく手もある。sayamasoba06.jpg最近は、「春菊天」なんてのが新登場しているのだなぁと頭上の品書きを見上げては、 きんぴら天を箸先で解す。 武蔵野うどんの土地なのに、うどんそのものはちょっと愛想がない感じ。 ここ「狭山そば」では、その名の通りおそばの方がおススメだ。

古びたホームで沢山のお腹を満たしてきた、所沢駅「狭山そば」。sayamasoba07.jpg電車が到着する度に、どんぶり手にする背中が並ぶ。 大改修工事中の駅だけど、この一角はずっとずっとそのままであって欲しい、 そんな光景です。


「狭山そば」所沢店 所沢市日吉町1-11 西武池袋線ホーム [Map] 04-2925-8552
column/03195

Bosna「Balkan Grill Walter」で カレー粉塗しソーセージのボスナ

walter.jpgザルツブルク旧市街の観光メインストリート、 ゲトライデガッセGetreidegasse。 ショーウィンドウを飾る店舗と店舗の間に幅や開口のカタチは様々に中庭や裏手へと抜ける路地・通路が覗けます。 京町家の並ぶ通りから路地を覗く気分にもちょっと似て、それだけでもなんだか愉しいものです。 そんな路地のひとつ、天井にアーチを描く通路の先に見つかるピンク色の看板がその目印。 そこに、いつも行列のグリルスタンドがあるのです。
walter02.jpg ピンクの看板が示すのは、「1.Salzburger Bosna Grill」。 元祖ボスナ・グリルの店!ってな意味でしょか。walter01.jpgwalter03.jpg遊園地のチケット小屋のような一角に順番を待つひと達。 最後尾に並ぶと、どんどんとテンポよく進んで順番が廻ってきます。 walter04.jpg 小屋の壁には、珍しくも嬉しいことに日本語で書かれたメニューがあって、 「ボズナ」5種類のトッピングや味付けの内訳と値段の3EUR。 “オリジナル”と書かれた、タマネギ、パセリ、スパイスのバージョンをいただきましょう。

注文を聞き終わるか終わらないかのうちに手元を動かして、 ソーセージを挟んだパンにカレーパウダーを振り掛けて、 狭いカウンターの上に準備されているスタンドに、はいよ!とばかりに立ててくれます。walter05.jpg 黄色い粉をたっぷりと振り掛けてくれたなーの図。walter06.jpg熱々のところを手に持って、早速その場で齧りつきます。 やや乾いた歯触りのパンに齧ったそばから滲むソーセージの脂、 そしてカレー粉の真っ直ぐな風味。 カレーのそれとはちょと違う辛味は刻んだ玉葱か。 ふーむ、ソーセージそのものも香ばしくてジューシーで旨いのだ。walter07.jpgその焼き立てをすぐ立って食べちゃうことで、さらに臨場感のある美味しさになってる感じ。 素朴だけれど、いいなぁ、やるなぁ。

Bosna Grillの匂いに釣られて路地に迷い込めば、 そこにある小さなスタンド「Balkan Grill Walter」。walter08.jpgバルカン半島はブルガリアからの移民のツァンコ・トドロフさんが、ビール蔵Müllner Bräuの中の店で、秘密のレシピでホットドックを売ったら繁盛してしまい、この小さな小さな小屋で店を興したということらしい。 元々「ナダニッツァ(Nadanitza)」として売り出したものの、発音し難かったことから「ボスナ(Bosna)」と名を改めて人気を博し、いまやザルツブルクの風物詩と云われるまでになっているンだ。


「Balkan Grill Walter」 Getreidegasse 33, im Durchgang gegenüber der Eisgrotte, 5020 Salzburg [Map]
column/03128

お好み焼き「甚六」で かき玉お好み焼そばアーケードの向こう側

jinroku.jpg大阪地下鉄の南森町か、 JR東西線の大阪天満宮駅か。 京浜国道から見上げたのは、日本一長いといわれる商店街、天神橋商店街のアーケード。 大きな躯体の人形4体、ポーズを決めています。 天神祭の船渡御に飾られる「お迎え人形」をモチーフにしたものらしい。 お初天神にもみる人形浄瑠璃の世界だね。
そんな派手な出迎えをしてくれる二丁目商店街も、 一旦足を踏み入れると特段活気に賑わう様子ではなく、 あくまで普段着の商店街であることが判ります。jinroku01.jpg そのままずっと歩いていくとアーケードが途切れるところに辿り着く。 振り返ると、天神橋一丁目表参道を標しています。 そのちょっと先に見つかる赤提灯。jinroku02.jpg提灯には、お好み焼き、と書かれています。 群青の暖簾を払った先は、右手にL字のカウンター、左手にテーブル席。 積年の貫禄を頼もしく感じ風情でありますね。 jinroku03.jpgやっぱしまずは麦酒をいただいて、壁の品書きを見上げます。 如何にも使い込んだ鉄板を見下ろして、ふたたび見上げたお品書きから、 お好み焼きの「かき玉」をお願いしました。jinroku04.jpg 手早くタネを回し溶き、鉄板へ。 あれ?牡蠣はいつ入れたのかな。 何かの鍋の蓋を流用してるのか、それとも特注の調理器具なのか。 パコッと被せて出来上がりを睨むオヤジさん。 ケチャップちょこっと隠し味、ソースをぐるっと塗って刻み海苔を散らして、はい出来上がり。jinroku05.jpgjinroku06.jpgコテで刻んだ中から十分大振りな牡蠣が出てきて、ふーふー、ああ、旨い。 コナモンに牡蠣は、当然の如くよく合うね。 甘すぎず、辛過ぎずのソースに芥子の風味。 やっぱりどろソースは、近畿圏の典型的なソウルフード味のひとつなんだろなぁと思ったり。 ふーふー。 もちょっと生地がしっとりしてればなおいいけれど。 なんだか勢いついちゃって、ウーロンハイを追加して。 焼きそばを「ミックス」でいただきます。 おお、オムレツ的に薄焼きの玉子を載せてくれるなんて、 お洒落じゃないっすか、オヤジさん(笑)。jinroku07.jpgきっと焼きそば自体もソースだからと、玉子には控えめにたらりと垂らすオリバーソース。 割いた玉子の脇から焼きそばを引き摺りだして啜ります。jinroku08.jpgウーロンハイ、もう一杯!

天神橋商店街の外れに今日もある、お好み焼き「甚六」。jinroku09.jpg「甚六」を店の名に冠したのは、オヤジさんがおっとりしたお人好しの長男だから? まったく路線は違うけど、白金の「JINROKU甚六」とは関係あるのかな。


「甚六」 大阪市北区天神橋1-13-11[Map] 06-6353-4816
column/03098