「粉もんジャンク路面店の発露」カテゴリーアーカイブ

洋食スタンド「むさしや」で定番ナポにオムライスハンバーグ丼にカレースパもいい

musashiya既に取り壊しが始まってしまった武蔵小山を筆頭に、駅前の再開発が話題に上る場所が幾つもある。
国分寺駅の北口はきっともう随分と様変わりしちゃったのだろうなと思ったり。
横にも縦にも大規模な再開発が動き出している渋谷駅の北側にあるのんべい横丁から宮下公園の区画にも魔の手が伸びるのもそう遠くないのではと思ったり。
嘗てその1/3が消失するという火災に遭った、新宿西口の俗称ションベン横丁に対しても、地図を塗り替えてやろうと画策している輩がいるに違いないと思ったり。

ハモニカ横丁と呼ばれて人気の、
吉祥寺北口駅前の商店街も元はと云えば戦後の闇市が起源。
闇市の後の横丁路地の粋でオツな風情が今や、
失いたくない稀少なものになりつつあるのです。

新橋駅西口駅前にデンと構えるニュー新橋ビルも、
戦後の闇市をルーツとする区画に建つビル。
此処は既に、疎ましく思う再開発を半世紀近くも前に断行して、
昭和の匂い芬々の雑居ビルとして親しまれてきています。

そんなニュー新橋ビルの一階商店会、
南西の角寄りにあるのが、皆さんご存知「むさしや」。musashiya01嘗ての白い暖簾から今は、
シャビーな縄暖簾で匿ったカウンターの上には、
当地の旧住所が示してある。
東京市芝區烏森四。
現在の23区部に相当する地域であった東京市は、
1878年(明治21年)の当初設けられた東京15区から、
1932年(昭和4年)の東京35区、現在の東京23区と、
市を構成する区が変遷している。
その中に、芝区とか神田区とか、日本橋区、京橋区なんかがあったンだ。
大田区の前身が実は大森区と蒲田区であることは、
知られているようで知らないひとも結構いたりするよね(笑)。

久し振りに「むさしや」の「ナポリタン」。musashiya02musashiya03もうひと超え炒め切ってくれたらいいのにな、
っていうのが正直な感想になる。
ナポリタンって、一定の地点までは、
鍋を返した回数が美味しさに比例するのではと秘かに思ってる。
そこでどうしても思い浮かべ比べてしまうのが、
同じビルの二階にある喫茶店「POWA」のナポリタン。
いやいや「POWA」のナポが美味し過ぎるからイケナイのです(汗)。

ガッツリめに喰らう感じでいきたいなと考えながら、
空席待ちの列に並んだなら、
自家製煮込みの「ハンバーグ丼」がいい。musashiya04musashiya05濃密なデミソースに包まれたコロンとしたハンバーグ。
たっぷりのソースがなにより嬉しい。
スプーンの脇でハンバーグを切り崩しては、
デミソースと一緒にライスを掬う。
刻みハンバーグ付きのデミソースライス、
ってな食べ方をどうかお赦しください(汗)。

「むさしや」のカウンターは、ひとりでも多く座れるように、
厨房側への入口にも板を渡してくれている。musashiya06図らずも覗く格好になる厨房は、
当然のように狭くて年季が入っていて、
雑前とはしているけれど、
小忠実に掃除している様子が窺えます。

「むさしや」自ら謳う代表メニューのひとつが「オムライス」。musashiya07musashiya08フライパンを操ってくれている御仁は、
これまで通算して幾度、玉子で包む所作を繰り返しているのでしょう。
半熟の表情を湛えながら薄く均一にケチャップライスを包んだ玉子に、
手練の為せる技を思います。

シンプルに「カレー」でもいただこうと思い描きながら、
空席待ちの列に並んだおひる時。musashiya09気が付けば何故か、
カレーはカレーでも「カレースパゲティ」を註文していました。
カレー粉によるものが故か、
太麺の炒め具合必要十分で、なかなかいい。
ふと「ジャポネ」の「インディアン」もこんな炒麺だったら、
もっといいのになと思ったりして(笑)。

闇市の気配を残すニュー新橋ビルのメインコーナーに、
明治創業と謳う洋食スタンド「むさしや」がある。musashiya10中央の幕板に示した創業年は、明治拾八年。
ニュー新橋ビルの竣工が1971年(昭和46年)のことなので、
ビルが建つずっとずっと前に創業していたお店ということになる。
時代はぐるっと巡って、二度目の再開発が発表されたニュー新橋ビル。
南側の桜田公園あたりまでに陣地を広げての二棟立てらしいけど、
その一角にも「むさしや」の名があることを秘かに願っています。

「むさしや」
港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1F [Map] 03-3501-3603

column/03683

長浜屋台「長浜とん吉一休」でご無沙汰の屋台街の静けさに焼酎お湯割り〆のラーメン

tonkichiずっとずっと昔の博多の思い出の一番は、タクシーで乗り付けた長浜の屋台街。
クルマを降りたところからその先に広がる屋台の連なりにまず驚いて。
おずおずと通りの両側に続く屋台の行燈看板を右へ左へとキョロキョロしながら歩き進んで、一番奥から今度は来た道をまたまたキョロキョロしながら引き返す。
結局どの屋台に入ったらよいのかまったく判らず、目に留まったお店にエイヤと飛び込んだ。
つまんで呑んでつまんで呑んでラーメン食べて、なにをどう計算したのか判らない少な過ぎるお愛想の金額にも吃驚したっけ(笑)。

何年振りかもう憶えていない、
長浜の屋台街へとふたたびタクシーで乗り付けた。
往時には確か、道の両側に屋台が居並んでいた筈なのだけど、
港に向かって右側には屋台がない。tonkichi01左手の屋台の数も随分と減ってしまって静かな印象です。

並びの屋台が兄弟店で、注文したツマミによっては、
別の屋台からそれが届くってなこともあったと思い出す。tonkichi02三つ並んだ「長浜とん吉」の屋台の、
真ん中の屋台に隙間を見付けて、
相棒と一緒に潜り込みました。

足許からスースー冷えるのでと、
焼酎のお湯割を所望する。tonkichi03ブロック塀の際に置かれた寸胴は勿論、
長浜ラーメンのスープでありましょう。

焼酎のお供にと一番最初に届いたのが、
「いわし明太焼き」。tonkichi04明太子を鰯のお腹に挟んで焼いたという、
ただそれだけのことなのだけど、
焼けた鰯の皮目の脂と独特の風味が、
半焼けの明太子に良く似合ってなかなかイケる。

串物類から「豚バラ」「味噌ホルモン」「つくね塩焼き」。tonkichi05恐らく冷凍してあるものを焼いたのだろうと、
そんな風にも思うけど、
こんな屋台にコップの焼酎とに良く似合います。

お代わりしたお湯割り焼酎を舐めているところへ、
自家製「餃子」のお皿が届く。tonkichi06ねっとりしたあんの餃子の、
薄手の皮の焼き目が芳ばしい。
焼き立てはなんでも嬉しいものでと、
また焼酎のコップを傾けます。

ここへ来たならやっぱり、
ラーメンをいただかない訳には参りませんと(笑)、
3つの屋台の背後を行き来するお兄さんに声を掛けます。tonkichi07以前の味はもう憶えていないけれど、
ややあっさりにも思うスープ。
やはりあんまりこってりしたり、獣が匂ったりするのは、
特に女性陣には受けが悪いのかもしれないと、
そんな修正がされてきているような気もします。

長浜屋台街の真ん中で、
三つ並んだ同じ屋号の屋台のひとつが「長浜とん吉一休」。tonkichi08どうやら、長浜の屋台9軒はこの2月に、
この場所から約150メートル離れた、
市鮮魚市場南側の市道に集団移転した模様。
福岡市が定めた屋台基本条例に基づく、
再配置の第1弾であるらしい。
屋台条例は、屋台を締め出して撲滅しようというものでもなく、
博多名物として観光資源になっている屋台の存在意義を明記した上で、
今後の存続を前提としつつ、
屋台に営業ルールを守ることを求めるもの。
地元の事情や賛否はきっと色々あるものの、
ぜひ屋台の情緒と活気を存続させて欲しいと、
たまーにしか訪れないクセして勝手なことを思うのでありました。
今度は天神辺りのあの屋台に行かなくちゃだね。

「長浜とん吉一休」
福岡市中央区港1-10 長浜屋台街 [Map] TEL非公開

column/03677

おでん・たいやき「にしみや商店」で 出汁の無垢な正しさ天然物鯛焼

nishimiya新富町の裏通り。
北風吹き抜ける寒い日も、
炎天に汗の滲む真夏の日にも。
からっとした空気が心地いい五月晴れの下でも、
颱風の余波で風雲急を告げる空の下でも。
「おでん」と染め抜いた暖簾と、
「たいやき」と記した暖簾とを庇に下げて、
今日も営む商店があります。

斜向かいの喫茶「バロン」の窓辺から見下ろす「にしみや商店」。nishimiya01角にはカーテンが閉まったままの食堂「かどや」のスタンド看板もちらっとみえます。

小昼時分には、買いに来た女性陣で行列が出来ることもある。nishimiya02その前を通る度にちょっと暖簾に近づいて、
出汁のいい匂いを嗅いだりなんかしていても、
一度テイクアウトしたことがあったっきり、
気になりつつもそのままになっていました。

それは、テイクアウトじゃなくて、
そこで食べたい!という気分が募っていた所為もある。
いつかそうしようと思いつつ刻々と時は過ぎていってしまっていたのでありました。

そんなこんなの幾星霜(笑)。
と或る初秋の日の夕暮れ時に意を決して、暖簾を払う。
「ここで食べて行きたいんですけど、おでん、いいですか」。nishimiya03一瞬「んん」っという表情をされたご主人が、
それならどうぞとスチールの丸椅子を出してくれる。

女将さんがおでん鍋の木の蓋を外すと、
湯気とともに出汁のいい匂いが立ち昇る。nishimiya04ええっと、大根に玉子に昆布、つみれに、えっと、烏賊下足がいいな。
はいよってな感じで熱々の種をお皿に盛り、汁を注ぎ足してくれる。

サッシュ枠の下にぶっつけるように据えられた、
細いカウンター前の丸椅子に腰掛けて、おでんのお皿を受け取って。
小瓶から練り芥子をお皿の脇へと擦り付けます。nishimiya05ふと振り返れば、「バロン」の窓際を望めます。

まずはやっぱり大根から。nishimiya06ああ、煮崩れずしてすっと箸の先で切れる大根とそこに滲みた出汁。
阿ることも飾ることも、勿論誤魔化すこともない実直さを思ったりする。
コンビニのおでんでは決して顕せない、無垢な正しさが宿っているような。
ただ、出汁の材料はちょっと奢っているかもしれません。

別の夕暮れときには、竹輪麩に、巾着などを盛ってもらう。nishimiya07うーんやっぱり出汁が美味い。
邪念過ぎることなく、ただただおいしい感じが佳い。
烏賊下足から滲む油少々もそっと旨さを呷ります。

またまた別の夕方には、串刺しの馬鈴薯あたりもお願いしてみる。nishimiya08でも、やっぱり王道の大根は外せないよね(笑)。

そして、おでんを食べ始める辺りでいつもおにぎりをひとつ所望する。nishimiya09サッシュに留めた厚紙に書かれてある通り、
おにぎりは「しゃけ」「たらこ」「うめ」「おかか」「しそのみ」の5種類各100円也。
お願いするとご主人が、店奥のおにぎりコーナーに入って結んでくれる。
手に塩する様子が想像される、塩のよく利いたおむすびをおでんと交互にいただけば、
なんだか益々癒されるような、そんな気分になるのです。

そしてそして、おにぎりを食べ終わったところで、発する声は、
たいやきひとつ、お願いします。nishimiya10「にしみや商店」の鯛焼きは、俗に云う”天然物”。
行列でも有名な人形町「柳屋」と同じように、一匹づつの型で焼く。
頭からえい!っと齧ると、薄く均質な絶妙な皮がパリッとして、
中から甘さを控えつつ小豆の風味がどっと攻めるつぶあんが顔を出す。
そのあんは勿論、しっぽの先の方までびっしりと詰まってる。
塩っ気が柔らかな甘さを引き立てている感じがいい。

時間帯的に毎度毎度という訳にはいかないけれど、
タイミングよく焼き立てにありつけた日には、
その美味しさが倍加する。
正直なところ、「柳屋」のそれよりも好みなんだなぁ。

新富町に残る昭和のひとつ「にしみや商店」。nishimiya11おでん、鯛焼き、そしておにぎりに、
ご主人の職人的拘りが魅力として宿ってる。
出来れば、近所の酒屋で扱っているカップ酒「新富座」あたりを持ち込んで、
ここの丸椅子でおでんで吞りたいと妄想しています(笑)。

口 関連記事:
  食事処「かどや」で 吾が町新富45年お好み惣菜とおにぎり定食(09年12月)

「にしみや商店」
中央区新富1-10-6 [Map] 03-3551-1638

column/03497

名物焼だんご「武蔵屋」で 炭火の焦げと醤油の郷愁道灌団子

musashiya.jpg今は航空公園にある所沢の市庁舎。 航空公園に移転する前は旧町の宮本町に本庁舎があったのだけど、今は何に使われているのかな。 その旧庁舎の向かいには、 所沢唯一と思う醤油蔵「深井醤油」。 そして旧庁舎の裏手には、 小さな神社、所沢神明社がある。
久し振りに旧庁舎裏手から神明社の階段を上る。musashiya09.jpgベンチに座って読書する女性の脇を抜け、手水舎で両手を清め、お参りします。 正月の頃の境内しかおよそ知らないので、反って厳かな気持ちになるもので。

戻る途中から今度は、横手の階段へ進んでみます。musashiya10.jpgこちらの参道は、峰の坂からのアプローチ。 ゆっくりと一歩一歩降りていきましょう。

参道入口近く、峰の坂の中程で見つける櫨色の暖簾。musashiya01.jpgmusashiya02.jpg足元の看板が示すは、名物焼だんご、武蔵屋。 ふとトタン屋根だった頃の店先を思い出します。

ガラガラっと引き戸を開けて、二本だけで御免なさいと声を掛けます。 ちょうど一緒になって、同時に注文したオバさまは、お持ち帰り10本オーダー。 ボクはココでいただいていきますと、既に白いだんごの串を手にした姐さんに伝えます。

ちょっと失礼して、店の外から硝子越しにだんごを焼く様子を拝見する。musashiya03.jpgmusashiya04.jpg当然ながらの慣れた所作で、 団扇を煽り、並びを整え、醤油タレに潜らせては、また団扇を煽る。

はい、お待ちどうさまと小皿に載った焼きだんご。musashiya05.jpg炭火に炙られ、ちょっと焦げたあたりの芳ばしさに漂う醤油の香り。 ちょっと粗めに捏ねた感じの歯応えと醤油の甘辛さが郷愁を誘う。 醤油はきっとご近所、深井醤油のものなのでしょう。

一緒に居合わせたオバさまは、 ちょっと焦げ目を多くして!なんて注文をしてた。musashiya06.jpgオバさま、なるほど、通ですなぁ(笑)。

壁に掛かった額には、所沢焼だんごの由来が示してある。musashiya07.jpg康正元年(1455年)、かの太田道灌が、 江戸城を構築中に鷹狩りにと武蔵野の地を訪れた。 その際に土着の名族が手捏ね団子を焼き、自製の醤油につけて献じたところ、 道灌の賞賛を得たのが名物となってゆくきっかけであったと。 道灌団子とも呼ばれた焼きだんごは、永き歳月の間に徐々に幾分かの変遷を遂げて、 今の竹串に刺したスタイルになったのは、享保年間からと云われているよう。 そしてその頃から、”所沢名物焼だんご”と称されるようになった、とある。 そうか、所沢の焼きだんごは、そもそもは”道灌団子”であったのだね。

峰の坂中程、所沢神明社の参道口辺り。 昭和35年創業、所沢名物焼だんごの老舗「武蔵屋」。musashiya08.jpg額の文書は、こんな句で結んでいます。 武蔵野に鷹狩りをせし道灌の歌宴を偲ぶ焼だんごかな 惣五郎


「武蔵屋」 所沢市宮本町1-8-14 [Map] 04-2922-5614
column/03268

元祖串かつ「だるま」で 見上げる通天閣揚立て旨し元祖串かつ

daruma.jpg天王寺の近鉄前交叉点から動物園前方向へ。 ここだココだと右へと折れ入って、線路を潜れば、 何かのお店の店頭にある大きなビリケンさんが迎えてくれる。 そう、ご存知、ジャンジャン横丁。 早くも行列をつくっている串かつ「八重勝」を横目に覗くと、なんだか新しく明るくなっている。 その先にある将棋クラブは、硝子越しにも独特の琥珀色の空気が伝わってくる。 そのままジャンジャン横丁を抜ければいよいよ新世界の本丸だ。

今話題のタワーといえばやはり、通天閣(笑)。daruma01.jpg みんなホンモノのビリケンさんの足裏を掻きに行くのか、 既に長い行列ができています。

その通天閣の真下で、広い間口で営んでいるのが、串かつ「だるま」の通天閣店。daruma02.jpg そして通天閣を見上げる通りから脇に伸びる路地にあるのが、 「だるま」新世界総本店だ。

ジャンジャン横丁の「だるま」にも行列があったけど、 ここ総本店にも開店前の行列。daruma03.jpg かの有名な文句、「ソースの二度漬けは禁止やで!」と睨みを利かせるオッチャン顔のディスプレイが覗いています。

daruma04.jpg僅か13席のカウンターの左の隅へ。 なんのことやら判らないけど、初めてのお客様には「クロヒョウセット」がオススメというので、そこは素直に仰せに従います。

まだ午前中だけどねと自分に断りつつ、だるま特製麦焼酎でウーロンハイ。 ちゅるちゅるっと口をつけたところへ、さっと「どて焼き」の小皿。daruma05.jpg 所謂煮込みなんだけど、見た目を裏切るあっさり仕立て。 まずはこれで一杯、ってのが常道なのでしょね。

目の前の油切りパットに「クロヒョウセット」の串第一陣が湯気を上げて到着です。daruma06.jpgdaruma07.jpgdaruma08.jpg 帆立、串かつ、レンコン、えび、つくね。 二度漬けなしヨ、と呟きながら串をソースに浸して、余分なソースを切る。 ふーふーしてから齧りつきます。

ああ、串かつがウーロンハイによく似合う。 揚げ立て串揚げの醍醐味が間違いなく、ココにある。

「クロヒョウセット」の第二陣は、しょうが、ウィンナー、キス、力もち。daruma10.jpgdaruma09.jpgdaruma11.jpg まさしく紅生姜色剥き出しの串は、齧って思わず笑っちゃう(笑)。 オススメ通り、ウィンナーもキスも塩でいく。 キスのほっこりに、ウーロンハイをお代わりです。

コースターをいただくに、「クロヒョウセット」としたのは、ゲーム「龍の如く」のシリーズ「クロヒョウ2」と「だるま」のコラボだからということらしい。daruma14.jpg もっとも、この組み合わせのどのあたりが「クロヒョウ」っぽいかは、全くもって判んないけれど(笑)。

もうちょっと欲しいなとお願いしたのが、 復興支援と謳う「石巻名物牛たんつくね串」や、 冬のカキに替わって登場していた夏の串「ハモ」など。daruma12.jpgdaruma13.jpg そうか、仮にちょっと端モノが混じっていたとしても、 つくねにすることでイケる串に仕上がってる。 はふほふと揚げ立てを塩でやる鱧は、ご想像通りの醍醐味だ。

創業昭和四年。 元祖串かつ創業の店「だるま」新世界総本店。daruma15.jpg全13席で囲む狭いカウンターにぎっしり5人ものスタッフで鋭意応対中してくれる。 滞在時間およそ20分でいっちょ上がりです(笑)。

この界隈に来ると必ず、 「じゃりン子チエ」の世界感を髣髴とさせる場所として足を運んでしまうのが、 新世界国際劇場の前あたり。daruma16.jpg残念がらまだ、観劇したことはありません(笑)。


「だるま」新世界総本店 大阪市浪速区恵美須東2-3-9 [Map] 06-6645-7056 http://kushikatu-daruma.com/
column/03267