「カキタベ!」カテゴリーアーカイブ

大衆酒場「豊田屋」でああ勘違い初平井駅焼酎ハイボール鮟肝牡蠣白子鍋ああ旨い

toyotayaふと気が付けば、錦糸町より先の総武線沿線には、今のところ残念ながら、そして不思議な程縁がない。
特に西船橋に至るまでの江戸川区の各駅周辺には、今までなかなか用事がなかった。
亀戸餃子がずっと気になっていたり、新小岩の大衆酒場が頭の片隅に浮かんだりすることもあるものの、足を向ける行動力がすっかり欠けている。
そんなことに加えて、自分の呆け具合(!)に気づかせてくれたのが、kimimatsu姐さんからの「豊田屋」へのお誘いでありました。

姐さんからのお誘いなら、
いちもにもなく都合を合わせて馳せ参じるつもりが、
どこでどう勘違いしたのか、
日暮里の居酒屋「豊田屋」だといつの間にか思い込む。
お店に一番乗りしたつもりが、大遅刻となり、
面目ないやら、くそ恥ずかしいやら(笑)。

慌てて乗った山手線を秋葉原で乗り換えて、
人生で初めて訪れた平井駅を北口に出て、徒歩4分。toyotaya01蔵前橋通りの向こう側に、
浅草無双と謳う大衆酒場「豊田屋」の雄姿が浮かんでいました。

満席の熱気にすっかり包まれた店内を掻き分けるように進み、
kimimatsu姐さんご無沙汰の油ちゃん
そしてグヤ父さんの待つテーブルへ。
恥ずかしさ紛れに姐さんを詰ったりなんかしつつ(汗)、
すっかり乾いた喉を乾杯のビールでやっとこ潤すのでありました。
いやはや、すんません(^^ゞ。

まずは「ギョーザ」のお皿にこんばんは。toyotaya03やや薄手の皮に包まれた餃子に繊細なる焼き目が載ってる。
あれま、何気にうんまい餃子ではありますまいか。

「シメサバ」も脂のノリと〆加減のバランスやよろし。toyotaya04グヤ父さんが発する「うまいね~」に、深~く頷きます。

「カキフライ」もあるよと振り向いた壁には、
ずららんと品札の列。toyotaya02品札は黒いのと黄色いのとがあって、
黄色い札は差し詰め、
飲み物類に季節のおススメ品といったところでしょうか。

しっかりした衣に包んだ「カキフライ」がやってきた。toyotaya05火傷しないようにそっと齧ると、
やや厚手の衣に守られていた牡蠣のエキスが、
待ってましたとばかりに零れ出る。
うんうん、どこからやってきた牡蠣なのでしょう。

そして、どどんとメインのステンレスの鍋がテーブルの上を占める。toyotaya06改めて壁の品札を眺めると、
鮟鱇の鍋には「キモ入アンコウ鍋」と「アンキモ鍋」がある。
他にも「白子鍋」「白子チリ」「カキ鍋」に、
「カモ鍋」「牛鍋」「とん鍋」「ねぎま鍋」、
さらには「タラチリ」「穴子鍋」「どじょう鍋」などと、
冬場の鍋ニーズに対する隙はなしだ。
そして目の前の鍋は、姐さんが、
あんきもと牡蠣を1人前に2人前の白子を一緒にとオーダーした鍋なのだ。

鍋が煮える間にとお代わりしたのは、
「焼酎ハイボール」。toyotaya07toyotaya08ホッピーをなんて口走ってみたものの、
するっと柳に受け止めて作ってくれたジョッキでもある(笑)。
下町の居酒屋で時々出会える梅シロップ入りのとは、
色合いからもちょと違うよな気もする甘さ控えめの「特製ハイボール」は、
初めてお目にかかったアズマ炭酸のボトル。
成る程、アズマ炭酸は割とご近所の本所吾妻橋の、
株式会社興水舎のブランドであるらしい。

煮えてきた煮えてきた。toyotaya09鍋の様子をちらちら見守ってくれていた、
オヤジさんのゴーサインを待って、一斉に伸ばす箸。

鮟鱇の七つ道具の幾つかやキモは勿論のこと、
牡蠣も真鱈のものだという白子も小皿に盛り付けてニンマリ。toyotaya10はふはふほふほふ。
おほほ、美味い、美味しい。
スープに溶け出したキモのコク具合が、
過ぎることなくちょうどよい。

綺麗に平らげた鍋に汁を足してもらい、
たっぷりのきしめんを泳がして。toyotaya11toyotaya12ちょうど届いた穴子天をのっけたりなんかして、
〆までもの大満足、大満腹。
はぁー、美味かった!

旧中川と荒川に挟まれたJR平井駅北口の蔵前橋通り沿いに、
浅草無双と謳う大衆居酒屋「豊田屋」がある。toyotaya13大人気居酒屋は、鍋の季節にはさらに予約困難な店になるらしい。
そこへ潜り込んだ姐さんの予約とナイスチョイスに感謝しつつ、
そして膨らんだお腹を擦りつつ、
さっき初めて降りた平井駅へとゆっくりと戻ってゆくのでありました。
また、参りましょう。

「豊田屋」
江戸川区平井6-15-23 [Map] 03-3618-1674

column/03670

洋食屋「クメキッチン」で洗足池の桜と牡蠣フライ揚げ物もハヤシライスも得心の味

kume中原街道沿いにある洗足池。
洗足池駅から歩道橋を渡れば、疾うに閉めてしまった湖畔のレストラン「テラス・ジュレ」の看板が今も正面に見える。
歩道橋を右に降りて、ハワイアンなカフェ「Hukilau Cafe」の先を回り込めば、時々お世話になっている洗足池図書館の玄関前に出る。
歩道橋を左に降りて池に沿って往けば、改装なった池月橋の太鼓橋から千束八幡神社の鳥居に至る。
桜の季節には、池を囲んでずらっと屋台が立ち並びます。

今年、桜の時季に足を運べたのは、
冷たい雨の降った翌日のこと。kume01曇天のグレーを背にして、
仄かに赤みを含んだ桜の花弁から、
前夜の雨の雫が滴ろうとしています。
ぱきっとした青空を背景にした桜の絵も、
華やかで清々しいけれど、
こうした水墨画のような桜も、
風雅なものでありますね。

洗足池のお食事処と云えばやっぱり、
真っ先に頭に浮かぶのがこちら「クメキッチン」。kume02鉄扉の前に掛かった暖簾にもさりげなく、
「クメキッチン」の意匠が施されています。

桜が花開く前までのご馳走と云えば、
毎度お馴染みの「クメキッチン」の「カキフライ」。kume03岡山は寄島町産の牡蠣を、
漁師さんの声を聞きながら仕入れ、
「クメキッチン」の衣に包んでいただく牡蠣フライに、
毎回うんうん頷くのもまたお約束であります(笑)。

「クメキッチン」の揚げ物が素晴らしいのは例えば、
こんがり揚がったポークカツでも良く判る。kume04肌理の整ったパン粉の香ばしさが、
均質な厚みで具材を包み込む。
衣そのものへの微妙な味付けも、
美味しさに寄与しているような気がします。
そんなカツをいただいた「カツカレー」が、
そんじょそこらのカツカレーでないことが、
お皿の表情からも滲み出ています。

カツと云えば「クメキッチン」のメニューには、
「チキンカツ」「チキン南蛮」とふたつの鶏料理がある。kume05ピカタ風に玉子を含んだ衣に包み、
浅葱をたっぷりとトッピングしたのが「チキン南蛮」。
和風のソースのままもよし、タルタルを添えてよしの、
これまたイケてるひと皿であります。

「カツカレー」でいただいた欧風カレーの、
気風のいいコク味に、まさに味を占めて、
「ハヤシライス」への期待のハードルを上げて臨んでみる。kume06そうしてハードルを上げ過ぎたことに、
後悔することも少なくないのだけれど、
ベタつくことなく素直な甘味と大人な香ばしさを伝えてくれる、
ハヤシソースの美味しさに思わず、
動かすスプーンのスピードが妙に上がってしまいました(笑)。

二回に一回は、スープセットにしてもらう。kume07日替わりのスープは例えば、じゃがいものポタージュ。
スープにも手作り作り立ての鮮度ようなものが窺えて、
嬉しくなってしまうのであります。

そして、スープをセットした本丸はと云えば、
ご存知「ナポリタン」。kume08デフォルトにしてたっぷりのボリューム。
大盛りにしようとしたらやんわりと制止されてしまいました(笑)。

洗足池のボート乗り場のお向かいに、
町場の枠を食み出す美味しさの洋食屋「クメキッチン」がある。kume09これら一連の腕利き具合は、
一体どこで培ったのだろうかと訊けば、
「クメキッチン」のご主人は、東京會舘に永く勤め、
その後グリル満天にも4年ほどいたのだという。
ああ、成る程!
得心がいく、というのはこふいふことを云うのでしょうね。

「クメキッチン」
大田区上池台2-30-3 ビスタ洗足池 1F [Map] 03-6421-9517

column/03669

魚料理「高はし」で初夏暖簾穴子丼秋暖簾牡蠣豆腐冬暖簾越後村上鮭に喜知次煮付

takahashi20年に開催が決まっている東京オリンピック・パラリンピック競技大会。
デザイン設計や予算措置の相変わらずの官僚的ドンブリヌケ作対応具合を露呈した新国立競技場の建設費はもとより、D社の暗躍とそのヘッポコ具合すらも邪推させる問題を起こしたエンブレムにだって相応の莫大な費用が費やされる。
新たに決まった競技場の設計やそもそもの要件の中に聖火台が含まれていなかったなんて聞くと、その基本的な準備すらできないグダグダ具合にもう笑うしかない。
でもただ嗤って済むほどの事柄ならいいのだけれど、”オリンピックのためですから”という大義名分ためにどれだけの関連費用がぶち込まれ、時にネジ曲がった政治差配がまかり通っているかと思うと辟易となる。
それ相応に予算がついていたとしても、なかなか建設土木的な側面の大震災から復興がなかなか進まないのは、なによりも人手不足によるものだそうだけれど、その人材は今オリンピック関連の工事事業に回ってしまっているのではと考えても何の不思議はない。

晴海に建設されるいう選手村。
その晴海に向かって、
既に虎ノ門あたりから汐留まで開通している環状二号線が、
いまの築地市場の敷地を突っ切って、
豊洲方向へ延伸して完成するという。

計画道路が世界的に知られている市場の場所を通るという、
そんな計画をした奴がそもそもアンポンタンなのだけど、
一度計画してしまうと何が何でもとそれに拘泥して、
機を見るに敏の変更なんてできないのが行政の劣悪なところ。

経済効果をゴニョゴニョ謳っていることはさて置いて、
聖火台のない競技場に400億円も支出するのだったら、
オリンピックなんて止めちまって、
その支出を築地市場の改修に回せば、
今の場所で世界の築地市場が存続させることができるだろうにと、
何度も何度も考えてしまうのだけど、
そう考えるのはワタシだけでありましょか。

閑話休題。

いよいよ移転のための閉場をこの11月に控えた築地場内は、
いつものようにターレが行き交う。takahashi01takahashi02押し寄せる観光客の人並みは時に、
魚がし横丁の通路を埋めてしまう。
此処が遠からずなくなってしまうことをちらっと脳裏に瞬かせながら、
行列のひとりとなっているひとも少なくないでありましょう。

そんな横丁の8号館の真ん中辺り。
ご存知「高はし」の初夏の或る日の暖簾は、
くっきりとした苗色。takahashi03止まり木の覗く開けっ放しの扉たち。
魚がし横丁がより一層開放的な場所になる時季なのかもしれません。

「高はし」が耳目を集める品書きのひとつが、
名物と謳う「あなご丼」。takahashi04takahashi05期待に違わぬふっくら状態で供される穴子。
煮含める加減が過ぎず、不足なく。
煮汁の加減も甘過ぎず、辛過ぎず。
毎朝毎朝の仕込み調理にきっと微妙な匙の違いはあれど、
安定して美味しき穴子くんでございます。

別の或る日のおひるには「刺身定食」。
それは、とり貝にヒラマサに本鮪の赤身なぞ。takahashi06takahashi07定食のお供に出してくれるいつもの小鉢は、
切干大根と里芋の煮付け。
いつもの小鉢にいつも和んでしまうのは何故でしょう(笑)。

季節が移ろって秋が深まってきて気が付くと、
「高はし」の暖簾は深い紺色のものになっている。takahashi08誘うようにまだ少しだけ開け放している扉も、
もうすぐ閉じられてしまいそうな、
そんな気配も漂い始めています。

そんな時季にはやっぱり、
お待ち兼ね!とばかりに湯気を上げる、
この器が欲しくなる。takahashi09takahashi10註文を受けてから火を入れた三陸の牡蠣は、
ふるぷるとして艶かしくも滋味深い。
その滋味には白味噌仕立ての汁がぐっと後押し。
牡蠣と交互にいただくお豆腐は勿論のこと、
もうひとつ相棒の鮪の角切りも粋な役回りを演じてくれています。

霜月の或る日には珍しく”兎に角鮪”な気分になって、
生本鮪赤身と中トロの刺身盛り合わせ」を所望する。takahashi11takahashi12思わず見詰めてしまうのは、
切り分けた鮪の断面の肌理がとっても美しかったから。
こんな贅沢はじっくると目を閉じて堪能しなければいけません(笑)。

年が改まったら替えることにしているのか、
新年早々に訪ねた「高はし」の暖簾は、
雅な気配を帯びた臙脂色。takahashi15流石に閉じている扉の前には例によって、
その日におススメの一品や定番名物の品が貼り出されています。

年末から気になっていたのが、
「越後村上塩引鮭」なる短冊。
値が張るもの故、一度躊躇して、
改めてでもやっぱりと努めて冷静に註文を入れました(笑)。takahashi16takahashi17こんがりと焼き込んだ皮目の厚みに、
鮭の身の胆力を思ったりする。
ほろっと解れる艶やかな身は薫り高く味わいが濃いぃ。
塩分気になるお年頃故、
塩引きでない状態ではいただけたらもっと素敵と思うも、
それが叶うのもなのか大将に訊き損ねてしまいました。

値段に躊躇してついでに腰が引けていたものと云えば、
食堂高はしの煮魚四天王の一角「きんき煮付け」。takahashi18takahashi19takahashi20その紅い皮目の鮮やかなこと。
儚き薄皮に包まれた透明感を含む白き身の甘さよ。
深い海がこんな美味しさを育んでくれるなんてと、
改めて驚いてしまいます。

お向かいの店の前によく木製の台車が置かれている。takahashi21これを見る度に、ずっと昔、
実家の隣にあった青果市場のことを思い出す。
台車に乗っかって引っ張って、
市場の中を走り回ってよく怒られたんだ(笑)。

こだわりの魚料理を市場の気風とともに供してくれる、
築地「高はし」ここにあり。takahashi22毎日のように日参するひとあり。
また遠く名古屋から足繁く通うひともあり。
そんな客筋を少なからず生む魅力を持つこの店も、
豊洲への移転を余儀なくされようとしています。

「高はし」
中央区築地5-2-1 築地卸売市場魚がし横丁8号館 [Map] 03-3541-1189

column/03662

石臼碾きそば「つきじ 文化人」で雲丹の冷かけ牡蠣せいろ豆腐蕎麦に芹蕎麦もいい

bunkajin何時誰がそう呼び始めたのかは不明ながら、裏築地と呼ばれるエリアがある。
表通りからは離れた裏っ側なイメージは、築地七丁目辺りがその呼び名に一番相応しいかもしれません。
そんな裏築地・築地七丁目。
魚料理「はなふさ」と同じブロックにあったのが、石臼挽き二八蕎麦「土星庵」。
手挽きの旨い「もり」や綺麗にひかれた出汁の「冷やかけ」がイケていた「土星庵」の蕎麦。
ちょこちょこ通おうと思いつつ暫くしたら、いつの間にかなくなってしまっていた、それは幻の蕎麦店なのでありました。

そんな「土星庵」が名前を変えて、
築地の別の場所で営んでいると知る。bunkajin01「布常更科」の暖簾も程近い、
松竹スクエアとコンワビルの間の道の歩道に、
「手打ちそば」と謳うスタンド看板が見付かりました。

潜った暖簾の右手には、
大きくてがっしりした捏ね鉢を据えたテーブルがある。bunkajin02その脇に綿棒が纏められているところをみると、
この場所で蕎麦を打っているのでありましょう。

お好きな処へどうぞと促されつつ、
正面のカウンターの一席へ。bunkajin03頭上の下がり壁には、
その日打った蕎麦の産地が掲示されています。

陽射しギラッとしたある真夏のおひる時。
いただいたのはなんとも贅沢な「雲丹の冷やかけ」。bunkajin04bunkajin05冷やかけの汁に「土星庵」のあの夏の日を思い出す。

明礬の気配なき雲丹の甘さと滋味漂う手打ちの蕎麦の風雅に、
細やかに刻んだ海苔の香りが追い掛ける。bunkajin06bunkajin07どっしりした器にも何気ない拘りを感じさせて、
美味しさを更に後押ししてくれます。

季節は移ろい深まった秋の或る日のこと。
店先の品書きでお薦めの「旬のそば」には”牡蠣”の二文字。bunkajin08お願いしていた「牡蠣せいろ」のお膳が目の前に届きました。

頭上に貼られた短冊を見上げると、
富山県南砺産の秋新そば十割とある。
仄かに翠がかった端正な蕎麦が美しくも美味しそう。bunkajin09bunkajin10雅にして高貴な鉄色の椀には、
自慢の出汁の汁に浮かべたぷるふるの牡蠣。
さあ目を閉じて味わいましょう(笑)。

年明け早々、4日のひるに築地に行ってみた。
休場の明けない築地は当然のように閑散としていて、
営業している店がほとんどない。bunkajin11試しにと「文化人」の前の道を覗くと、
「新そば」の幟が新年の風にはためいてる。
なんだか救世主がここに!みたいな心持ちになりました(笑)。

その時にいただいたのは、
こちらのスペシャリテのひとつ「とうふそば」。bunkajin14緩くあんのかかった汁の上に浮かんだ、
お豆腐は自家製のものだという。
硬めにニガリを打ったお豆腐は、
北海道産の大豆の魅力がそのまんま活きている感じのする。
途中から添えてくれた黒七味で風味を増してみる。
これもまたお供にして呑めそうな、
そんなお蕎麦の器で御座います。

そして、春の気配も忍び寄り始めた今日この頃。
これまた旬の蕎麦をいただきに足を向けました。bunkajin15bunkajin16例のお椀の蓋を外せば目に映るのは、鮮やかな緑色。

一面にそして綺麗に載せられたのはそう、芹の緑色。bunkajin17「芹そば」と云えば、
ご存じ「泰明庵」の根っこ入り「せりそば」が有名処。
野趣の押し出し具合ではやっぱり「泰明庵」のそれにやや軍配なるも、
此処でもたっぷり春の息吹を感じさせてくれました。

裏築地の「土星庵」から転じて「文化人」と名乗る、
石臼碾き蕎麦の店が築地の一角にある。bunkajin18Webページによると、
店名”文化人”の由来は、「文化と人が集まる場所」。
ここで云う”文化”とは、
“そばという食文化、和の文化”のことを指すという。
頑なな求道系蕎麦店ではなく、
拘りの加減が粋にしてちょうどよい、そんな安心感がいい。
旬のつまみとお酒、そして旬の蕎麦。
そんな愉しみ方も勿論、ですね。

「つきじ 文化人」
中央区築地1-12-16 プレミアム銀座イースト1F [Map] 03-6228-4293
http://www.bizserver1.com/bunkajin/

column/03660

大衆酒場「京極スタンド」でかきフライオムレツすじ肉煮込ハイカラな昭和の匂い

standいつぞやの琵琶湖南西の街、大津からの帰り道。
浜大津駅から上り坂の軌道をするするっと走る京阪京津線の路面電車は、そのままなんと地下鉄になる。
道路の上を走っていた車輌が地下鉄に化けるというのは、世界的にもそんな事例の多いものではないのじゃないかと思うのだけれど、如何なものでしょう。
そんなことを考えている裡に、ややスピードを上げて地下鉄東西線のトンネルを進んでいた電車が、京都市役所前駅のホームへと滑り込む。
久し振りにこの辺りを徘徊してみましょう。

河原町三条から寺町通りへ廻って、
いつぞやの「京都サンボア」の表情を拝み、
そのままずっと南下して、
ひと筋お隣の新京極のアーケードへ。stand01「スタンド」と示すどこかノスタルジックな立体文字が、
行き交うひとの流れの向こうに見付かりました。

白の暖簾越しに中を覗き込むと、
ずっと以前に初めてお邪魔した時と同様、 ほぼ満席状態。stand02ちょっと待ってねと、
奥のほうで一席を捻出してくれるの待つ間、
レジ近くの類さんの写真を眺めます(笑)。


案内いただいた椅子から入口方向を振り返り、
天井を見上げればまたそれもいい表情。stand03赤銅色を天井や照明器具にもってくるなんて、
なかなかのセンスではありませんか。

席の正面の壁を見遣れば、
「かきフライ」の文字。stand04stand05しっかりめに揚がった「かきフライ」は、
いただいた麦酒にも勿論いいお供。
添えてくれたマヨネーズも、なんだかとっても似合います。

「すじ肉煮込み」はきりっとした仕立て。stand07細かめに包丁を入れた蒟蒻にも味が滲みて、
いい合いの手を挿し込んでくれます。

両側からお客さんがぐるりと囲むテーブルのトップは、
長くお仕えしている風の大理石。stand06グラスやお皿を置く瞬間にほんの少し気を遣う。
でもその、レトロな風合いが好ましい。
係りのお名前がしっかり刻まれた伝票も勿論、
どこか懐かしいテイストを保持しています。

お代わりのジョッキを角ハイにする。stand08しっかりめの炭酸がキュッと利く。
ジョッキを口に傾けながら、壁の品札を物色します。

遠く入り口側の品札には、
南蛮漬、シュウマイ、ミックスフライ、ハムカツ、そしてオムレツ。stand09刻んだハムをたっぷし含んだオムレツの、中はふんわり。
なんだかさらに心地よくなってきました(笑)。

新京極の有名酒場と云えば、
ご存じ「京極スタンド」の名が真っ先に挙がる。stand10昭和の匂いを色濃く漂わすハイカラな大衆酒場は、
地元のひとと観光ちっくなひととが袖触れ合って、
きっと今日も混み合っている。
今度は複数名で訪れて、
こんもり盛られた「揚げそば」なんかもやっつけたいな(笑)。

「京極スタンド」
京都市中京区新京極通四条上ル中之町546 [Map] 075-221-4156
http://sutando.aa0.netvolante.jp/

column/03659