「カキタベ!」カテゴリーアーカイブ

石臼挽き手打「蕎楽亭」で芹お浸し稚鮎天婦羅煮穴子馬刺し鴨ざるお濠端の桜と

都内に桜の名所数あれど。
例年仲間で集う葛西臨海公園では、桜並木の下に車座になって乾杯し、時々桜の花弁越しに背景の観覧車を見上げたり。
身近なところでは、茅場町の通称桜通りを往復してからやき鳥「宮川」の行列に混じったり
薄いピンクに彩られた隅田川沿いの新川公園を散策してから土手に腰掛けて、行き交う遊覧船を眺めたり。

他にふとその様子を眺めに行きたくなる場所のひとつに、
飯田橋のお濠端がある。
神楽坂下信号から外堀通り沿いに四谷方向へ。
舗道際の桜並木で、風に揺れる桜の花を一時愛でる。お濠を見下ろすと、
水上カフェ・レストラン「CANAL CAFE」の賑わいが覗く。
桜の見栄えとしてはなんのことはないのだけれど、
どうも気になるスポットなのだ。

気になる理由が実は神楽坂の坂の上辺りとの連関にある。
それは神楽坂を上がり、
見番横丁へと左に折れたその先にある蕎麦の店。店先では、薄緑色を帯びた蕎麦の実をゆっくりと挽く、
一種の石臼製粉機と思しき道具が稼動しています。

カウンターの真ん中あたりに案内いただいた春には、
味のある筆の文字の品書きの中に「せりのお浸し」を見付ける。細長く掻いた削り節を戴いた芹には勿論根っこも添えてある。
浸した出汁の塩梅や佳く、春の香気が噛むほどに小さく弾ける。
口開きの酒は例えば、
埼玉は上尾の酒蔵による本醸造辛口「鬼若」だ。

目移り必至の「蕎楽亭」の蕎麦前用品書きの、
核のひとつが天麩羅のあれこれ。
例えば、歯触りも愉しき「白魚」だったり。春の定番「ふきのとう」は、
期待通りのほんのりした苦味がいい。

厨房に向かって右手奥にある水槽に目線を投げれば、
いるいる、稚鮎くんたちがちょっと所在なげに泳いでる。それが暫し待っていれば今度は、
卓上の敷き紙の上で泳ぐ姿を拝める。
此方もやっぱり澄んだ苦味、腸の苦味が実にいい。
酒が進んでしまうではありませんか(笑)。

天麩羅もきっと美味しい穴子は例えば、
「煮穴子」という一手に賛同してみる。このために焼いたかのような両端半円の長皿に、
ちょうど良く収まった煮穴子の姿を俯瞰してまず愛でる。
品のよい身の厚さの穴子からは何処か繊細な甘さが届く。
うん、美味しい。

「煮穴子」があれば穴子の「白焼き」も勿論ある。焼き網に炙った表面や芳ばしく、
搾った檸檬やおろし山葵がよく似合う。

あいかわらず品書きの上を彷徨う目線を留めたのは、
例えば「会津の馬刺し」。
モモ、ヒレ、レバーに盛り合わせとある。
調味された味噌をちょんと載せていだけば、
うんうんと思わず何度も頷いてしまう。そうそう、品書きには会津由来の品が幾つもあって、
例えば、会津の郷土料理たる「こづゆ」を始め、
会津の茶豆だったり、会津地鶏の塩焼きなどが鏤められています。

お酒のラインナップも福島ものがほとんどで、
例えば純米「金水晶」とか純米吟醸「泉川」、
例えば特別純米生原酒「飛露喜」、純米吟醸「豊国」などなど。選んだお猪口に、カタチ色々な片口からそれらのお酒を注ぎ、
例えば「出汁巻き玉子」を端からつまんでを繰り返します。

そうこうしている間には何度も、
打ち台で打った蕎麦がアルミのパッドから計量器の上に載せられる。そして、所定の量が湯殿に投入されてが繰り返されています。

冷たいもの、温かいものそれぞれ20品ほどがずらっと並ぶ、
そんな品書きから選ぶは、例えば「鴨ざる」。素朴な筈の蕎麦そのものから確かな旨味を覚えるのは何故でしょう。
それは鴨肉からの出汁や脂をも湛えた汁だけの所為ではない気がする。
汁の中からツクネを見付けた瞬間もまた嬉しからずや(笑)。

蕎麦の註文が繰り返されるが故に、
届けられた蕎麦湯はエキス豊かなものになる。蕎麦湯が旨い蕎麦屋の蕎麦は旨いって、
思えば至極当然のことでありますね。

春先までの季節のおすすめのひとつに「牡蠣そば」がある。小長井産の生牡蠣を板海苔の筏に浮かべた温かい蕎麦。
さっと甘汁で煮含めた半生の牡蠣が旨い。
そして気が付けば、牡蠣の風味を帯びた汁を完飲してしまっています。

ふとちょっとした悪戯心と天邪鬼が顔を出した日には、
蕎麦ではなくうどんの「肉ざる」を註文してみたりする。つるんと喉越しのよい饂飩に具沢山の肉汁。
正調派武蔵野うどん喰いのひとりとしては、
どうしても斜に構えてしまうものの(笑)、
そんじょそこらのうどん専門店にも引けをとらない、
何処か凛としたおうどんであります。

神楽坂は見番横丁の奥に石臼挽き手打「蕎楽亭」はある。横丁の名もまた然り。
花街情緒の残り香漂う神楽坂の裏通りという、
そんな立地をよくぞ探し当てたものだとそう思う。
大将を中心に回る厨房の有機的な様子がよい。
春先のみならず、季節を変えて訪ねたい蕎麦料理店であります。

「蕎楽亭」
新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1F [Map] 03-3269-3233
http://www.kyourakutei.com/

column/03790

洋食「マロ」でナポリタンカキフライオムライスよみせ通りマロさんのカウンター

或る日のおひる時、千駄木駅の駅上、不忍通り沿いにいた。
何の所用だったか何故かまったく思い出せないのだけれど(笑)。
団子坂下にあった焼鳥「今井」はもう外苑前に移転してしまったのだよなぁなどと考えつつ、谷中銀座方向へふらふらっと歩いて行きました。

この先をもうひと足進むと、
「谷中 鳥よし」の界隈だなぁと思いつつ、
よみせ通りと標したゲートを潜る。と、左手にちょっと掠れたオレンジ色のテントが目に留まる。
そうだ「鳥よし」へ向かう時にも眺めていた光景だ。

酔っ払いにでも蹴っ飛ばされたのでしょうか、
三本珈琲協賛のスタンド看板は、
哀れ真っ二つに割れてしまってる。町の洋食屋さんにショーケースがあればやっぱり、覗き込む(笑)。
そこにあるのは、期待に違わぬ草臥れ具合のサンプルたち。
ふと鮫洲の洋食「木の葉」のショーケースを思い出します。

洋食屋の軒先に架かった和食屋な暖簾を潜れば、
右手に厨房とカウンター、左手に小さなテーブル。
その奥には小上がり風のスペースも覗けます。カウンターの止まり木に腰を下ろして入口を振り返れば、
ブラウン管のテレビでちょうど、
片肌脱いだ桜吹雪のお約束シーンが流れていました。

“昼のランチタイム”メニューから「スパゲティナポリタン」。年季の入った白髪単発のマスターが、
コンロに向かいジャッジャと炒める。
トマトソースやケチャップを使い過ぎることのない、
カラッとしたナポリタンは、
シャツに飛ばない系(©イートナポちん)。

季節柄こいつも試さなくちゃとお願いしたのは勿論「カキフライ」。添えてくれたタルタルはお手製のマヨネーズに近いものだけど、
なんかね、いいんだよね、飾らない感じがね。
「蜂の子」のタルタルやカキフライと決して比べてはいけませんと、
心の内なるものが囁きます。

ふたたび宵闇の中にお邪魔して「オムライス」。世に玉子たっぷりのトロトロバージョンもあれば、
薄衣バージョンのオムライスもある。
テクニックを要するのはきっと、こうして薄衣で綺麗に包むヤツ。
自宅でのフライパン使いが上手くなりたいな、
なんてことをスプーンを動かしながら思うのでありました。

谷根千の一角、千駄木はよみせ通りの一隅に洋食「マロ」はある。マスターに店の名の由来を訊ねたならば、
ヒデマロってぇ名なんだよとのお応えをいただいた。
ふと見上げた頭上の額装には「司厨士等級認定証」が掲げてあり、
そこにヒデマロさんの名が確認できる。
きっと、子供の頃から「マロ!」「マロさん!」と、
親しみを込めて呼ばれてれてきたのでしょうね。

「マロ」
文京区千駄木3-41-12 [Map] 03-3822-0036

column/03782

元祖かきそば「玉川庵」で釧路の冬空に厚岸の牡蠣ごろごろのかきそばで温まる

冬の釧路はやっぱり寒い。
どん曇りの空から今にも雪の結晶が舞い降りてきそう。
そんな時には、地元釧路の老舗ラーメン店へ足を向けて温まるのも悪くないなと吐く息で両手を温めつつふと思う。
何気なく地図を広げて、縮尺をひいて眺めれば、そうだ!
釧路は牡蠣の産地として夙に知られた厚岸にも近いではないか。
ここで牡蠣をいただかない訳にはいかないと、
そう思い直すのでありました(笑)。

そんなこんなで釧路市街から足を伸ばしたのが、
新釧路川を西へと渡った鳥取大通り沿いから少し外れた辺り。

目的地を眼前にして、その粋な佇まいに嬉しくなる。鰊番屋をイメージして建てられたもののようで、
屋根の隅には望楼と思しき櫓が載っている。
屋根に塗られた紅とポストの朱の挿し色もいい。
空色地の幟は、元祖かきそば、の白抜き文字で誘っています。

黒の暖簾のその先もよい風情の佇まい。雪見障子のような障子の硝子越しに、
座卓に置かれた鍋から立ち上る湯気が見える。

入れ込みの座敷には、小屋根が設えてある。座敷の奥の壁へと目を凝らすと、
お面の下に木版が掲げられているのに気づく。
“百歳の命ささえるかきそばや 味と誇りは命一代”
忠輝とありますが、どなたが詠んだ短歌なのでしょう。

振り返って店の奥へと眼を遣ると、
蕎麦打ち場と思しき小部屋の囲いが見付かる。そろそろ註文の品が届きそうな、
そんな気配がしてきました。

まず手許にやってきたのは「牡蠣フライ」。決して大振りではないけれど、
衣に閉じ込められたその身が解けて小さく弾ける滋味は、
太くそして澄んでいて、旨い。

フライを追い駆けるように届いたのが、
名物と謳う「かきそば」のどんぶり。
厚岸の牡蠣がごろごろっと載っています。ふーふーふー、ずずずず。
甘めのかえしの汁には、
牡蠣から滲み出たエキスと若布の風味が滲みている。
ふーふーふー、ずずずず。
磯の野趣を含むどんぶりには太め田舎の蕎麦。
ふーふーふー、ずずずず。
あー、いやー、温まる温まる。

釧路の郊外に地元厚岸の牡蠣による、
元祖かきそばを謳う手打ちそば「玉川庵」がある。「かきそば」を啜って温まりながら、
このどんぶりはもうひと超え職人技の一杯になってもいいのじゃないか、
なーんて思ったりもした。
厚岸からは綺麗な牡蠣が届くはず。
流石に剥き立ての牡蠣という訳にいかないかもしれないけれど、
新鮮な牡蠣をいただけることが期待できる。
そんな牡蠣と若布と出汁なぞが齎す、
澄んだ磯の風味をより活かしたい。
潮汁のようにとなったら極端だけれど、
かえしの甘さや醤油をぎりぎりまで抑えたらどうか、とか。
そんなつゆには、骨太な蕎麦よりも、
つなぎを減らしたやや細めの蕎麦がきっと合う。
あ、でも、やっぱり磯っぽいのが苦手なひとも少なくないし、
一定量を手打ちするための事情もあるだろうしな、
などとグルグルと余計なことを考えつつ、
鰊番屋な建物を後にしたのでありました(笑)。

「玉川庵」
釧路市鳥取大通5-17-17 [Map] 0154-51-4628

column/03771

洋食元祖「煉瓦亭 新富本店」で季節限定旬メニュー牡蠣料理4種類が嬉しい

新富町のお店と云えばと問われて思い浮かべるのは、例えばご存知「Coulis」。
なかなか予約の取り難い鮨「はしもと」も秘かに存在感を増している。
そしてこのところの寒空の下でふと脳裏に浮かんだのが「煉瓦亭 新富本店」だ。
一方通行の裏通りで鰻「青葉」と並んで、落ち着いた風情で佇む店構えの絵が彷彿としたりして。

特注を思わせるダクトと排気口も何気に目印のひとつ。黒檀のようなカウンターに沿って止まり木が並ぶ様子にもまた、
煉瓦亭らしさを思うんだ。

厨房側の下がり壁には額装したイラストが飾られていて、
その笑顔は兄弟縁者を思わせるように似ています。視線を下ろして厨房を眺めると、
中央に島のようなカウンターがもうひとつあるのが目に留まる。
それを挟むように奥と手前とで所作がなされていて、
オペレーションや動線が実に効率的でスムーズに映る。
年月が培った手馴れや間合いの良さとレイアウトの工夫が、
てきぱきとした調理・サービスを生んでいるようです。

こちらでは、カップのスープも真っ当な洋食屋の矜持のひとつ。そして、この時季はそう、季節限定旬メニューとして、
牡蠣料理4種類が堂々囲み記事になるのです(笑)。

まずはやっぱり「カキフライタルタルソース」。活き活きとしたパン粉の勢いと、
しっかりとした揚げ色が「煉瓦亭」の牡蠣フライ。
特製のタルタルソースをちょんと載せ、徐に齧り付けば、
閉じ込めた牡蠣エキスが一気に弾けて、
やっぱりちょっと熱つつとなる(笑)。
うん、うん、美味い。

時には小ハンバーグと牡蠣フライ2つの組み合わせも悪くない。メニューに明記しているように、
アラカルトを組み合わせたコンビメニューの先駆けとしての自負が、
牡蠣メニューにも滲むようです。

フライにしようかそれともと毎度迷わせるのが、
「カキバター焼き&オニオンソテー」。バターの照りとともに牡蠣の身についた焼き目がいい。
ふるるんとしたその身からは、
火入れによって活性化した旨味が真っすぐ届いて、いや旨い。

新富町の裏通りにちょっとした風格を漂わせて佇むは、
今や老舗なる洋食の「煉瓦亭 新富本店」。冬場の牡蠣メニュー4種や佳し。
A、B、C、Dのランチやセットや盛り合わせは勿論のこと、
ジンジャーポークとナポリタンも健在であります。

「煉瓦亭 新富本店」
中央区新富1-5-5 [Map] 03-3551-3218

column/03770

にっぽんの洋食「新川 津々井」で冬のご馳走カキフライに定番トロトロオムライス

中央区新川で洋食屋と云えば、ご存知「新川 津々井」。
ところは、亀島川を渡る霊岸橋信号と永代通りの新川一丁目信号を結び、箱崎湊橋通りへと繋がる道路沿い。
よくよく見ると、珊瑚色したファサードはなかなか珍しいのではあるまいか。
そんな壁に掲げたアクリルのサインには、”にっぽんの洋食”と標されています。

“にっぽんの洋食”というショルダーフレーズにはどこか、
洋食界を背負って立つような意識も含まれているのかな。そんなことを毎度思いつつ、硝子越しの厨房を横目に、
上階のフロアへとアプローチするのです。

冬の時季の特筆メニューと云えば、
それは勿論「カキフライ」。飾り切りを施した檸檬を戴いたフライ達は、
端正な揚げ口で「つつ井」と刻印したお皿に佇む。
サラダがたっぷりなのも毎度嬉しい処であります。

玉子タマゴしてはいないけれど、
これまたたっぷり目に添えてくれるタルタル。三重県は、浦村湾や的矢湾から届く牡蠣のフライに、
お醤油を少々垂らしてタルタルたっぷりが実に佳い。
ふと、鳥羽の先の浦村「中山養殖場」でいただいた、
焼き牡蠣の旨味を思い浮かべたりなんかいたします。

此処にもやっぱりGingerちん御用達のしょうが焼きがある。何気に、どーだっ!と主張する「ポークジンジャー」の肉厚ロース。
ただただ柔らかい代わりに脂ぎってる、なーんて肉質ではなくて、
割としっかりした繊維質の間に旨味が詰まった感じがいい。
勿論、おろし生姜の風味たっぷりのソースで御座います。

“にっぽんの洋食”「新川 津々井」のスペシャリテのひとつが、
ご存じオムライスのラインナップ。「トロトロオムライス」と呼ぶお皿には成る程、
トロトロねっとりとしたテクスチャー。
ご飯のひと粒ひつ粒が玉子なぞに均質に包まれている。
そんな船体を浮かべた、
トマトの酸味が心地いいソースの働きも見逃せません。

通りにも入口通路にも硝子窓を面している厨房。
思わず覗き込むとちょうど「オムライス」の調理中。偶には「ハムオムライス」を更に豪華にして、
ポークの「オムハヤシ」を奢ってしまう時もある。
ポークやビーフをトッピングしてのハヤシソースなので、
そうか、それでオムライスの中身がチキンライスではないのかと、
そう独り言ちることもありました(笑)。

“津々井名物 三種の丼”の一翼を担うのが、「ステーキ丼」。ステーキ肉のみならず、下のご飯にもたっぷりと滴るは、
バルサミコ的酸味を加味したお醤油基調のとろとろタレ。
シェフが修行したホテルオークラのフレンチのエスプリが、
何気にどこかに潜んでいる、のかもしれません。

そして”津々井名物 三種の丼”の筆頭が「ハンバーグ丼」。繋ぎの決して多くないパテとか、
何より濁りなき味わいのドミグラスがやはり、
正当なる「洋食」を想わせてくれます。

それら名物たちの陰に隠れるように、
やや控えめに註文を待っているメニューのひとつが、
ポーク、チキン、ビーフと揃ったカレー三種。小麦粉を丁寧に炒めた形跡は十分に伝えつつも、
バシャバシャっとしたカレーは、油脂を控えた印象もする。
カレーもまた名物と自ら呼ぶような高みに至るのは、
どうやらこれからのことのようです(笑)。

にっぽんの洋食「新川 津々井」の創業は、
今から70年程を遡る1949年(昭和24年)のこと。終戦から数年後の混乱期にもう、
当地新川に飲食店を興していたことにまず敬意を払いたい。
少々お高いなと思うのも毎度のことなれど、
それでも通ってしまうのは、
それだけの気風を感じさせてくれるからなのです。

「津々井」
中央区新川1-7-11 [Map] 03-3551-4759

column/03743