「イタめしスペイン南欧系」カテゴリーアーカイブ

手作り南欧料理「風我亭」

fugatei.jpgカジュアルフレンチの店かと思うと、妙に和風のメニューもあったりして、一種不思議なレストランです。
もしかしたら「文明開化」がインテリアのテーマかと思わせる、書画があったりして…。

「風我亭」
横浜市中区元町1-50モトマチパセオ内 [Map] 045-651-5525

column/00046

Ristorante「Aroma-fresca」で 深夜の仔牛の脳のソテー

aromafresca.jpg深夜近くまでやっているものの予約の取れないことでも有名なリストランテ。 有名人になってしまった原田シェフが繰り出すイタリアンを目指して、明治通り広尾5丁目信号近くまで。 半地下への階段を降りて臨む店内は、洗練を感じさせるモダンなインテリアが、けっこう明るめの照明に照らされていました。
奥にも右手にもお近くのシロガネーゼのセレブ風なおねーさま方がテーブルを占めています。 どこか落ち着かない心持ちがしてたことに合わせて、なんといっても印象深いのは、狂牛病が騒がれ始めているというのに、仔牛の脳をソテーしたプレートを口にしてしまったこと(笑)。

その後「アロマフレスカ」は、2003年3月でひとまず閉店し、品川へ。

「Aroma-fresca」  渋谷区恵比寿2-22-10 広尾リバ-サイドG. [Map] 03-5449-4797
column/00275

RISTOTANTE「LA BISBOCCIA」で 4種のチーズのリゾット

labisboccia.jpg外苑西通りの天現寺橋交差点と恵比寿三丁目交差点の間。 慶応義塾幼稚舎近くにあるリストランテ「ラ・ビスボッチャ」。 ウェイティングバーでビールで喉を潤しながら佇んでいると、前を行き交うのはほとんど海外の人達。 この店、外人比率が結構高い。 店内外の設えといい、外国人シェフが調理に勤しむキッチンの様子といい、なにかイタリア現地のレストランに紛れ込んでしまったかのような、気分になってきます。
アラカルトで、絶品の「4種のチーズのリゾット」や「手長海老パッパルデッレ」、 そしてお薦め「Tボーンステーキ」を。

イタリアンってトマトソースとにんにく、かなんか思っていた自分が恥ずかしい。 焼き物も美味しいんだね。 ワイン2本にグラッパ呑んで、満腹で酔っ払いで、大満足の夜でした。

「LA BISBOCCIA」  渋谷区恵比寿2-36-13 広尾SKビル1F [Map] 03-3449-1470  http://www.labisboccia.com/
column/00267

ristorante「DA Noi」で キャベツのスパゲティー

danoi.jpg すでにもう老舗の領域にあるかもしれない、ここダノイ。
でもその実、家庭的な雰囲気と活気が嬉しい親しみあるお店です。
思いのほか狭い店内に居場所を確保するには今でも要予約の状況のよう。
夜はコースで。

キャベツのスパゲティーが面白い。
アンチョビの塩っけと香りがキャベツの甘さとよく合うのですね。
全体に抱く印象は、なにかが突出したりガツンと強い要素のない優しい仕立て、かな。
ワイン呑み過ぎたのか、酔っ払いモードで外苑西通り。
「ダノイ」は、広尾駅から西麻布方面、日赤病院下信号を左折して、さらに右折した右手ビルB1階です。
1階は併設のカフェになってます。

「DA Noi」
港区西麻布4-6-7麻布司研堂ビルB1F [Map] 03-3797-4444
http://www.danoi.jp/

column/00445

ニューイタリア料理「カフェ トスカ」

cafetosca.jpgパンパシフィックホテルの2階にある「カフェ トスカ」でお食事。
椰子の木が伸びた天井は高く、広がりのあるガラス面とで開放的な空間をもつお店です。
夜景もまあまあ。
パルミジャーノと思われるチーズの塊の中で仕上げるリゾットがイケたね~。

「カフェ トスカ」
横浜市西区みなとみらい2-3-7パンパシフィックホテル横浜 [Map]
045-682-2218
http://pphy.co.jp/rest/cafetosca.htm

column/00052